【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

リクルートカードは学生におすすめ?限度額や審査・キャッシングについて解説

クレジットカードを学生が作る時、どのクレジットカードにしたら良いか悩む学生も多いかもしれません。

この記事では学生でもリクルートカードは作れるの?についてまとめました。

申込資格18歳以上(学生可)
年会費無料
国際ブランドVisa,mastercard,JCB
海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険国内・海外 年間200万円
おすすめポイント国内旅行傷害保険も最高1,000万円(利用付帯)付いてるので国内旅行にも安心!
リクルート系列のため使える店舗が超豊富!1.2%と言う高い還元率!

リクルートカードは学生でも作れる?

リクルートカードを学生が持つおすすめポイントは?

リクルートカードの旅行保険は?

リクルートカードの学生の利用限度額は?

他のおすすめのクレジットカード!

気になる部分は下の目次から、各見出しに飛んでもらえればすぐ読めます!

リクルートカードも良いですけど、以下の記事では学生おすすめのクレジットカードなどを紹介しているので、お時間がある人は読んでいただければと思います。

参考学生におすすめのクレジットカードキャンペーン!元楽天カード社員が選ぶお得な9枚を紹介

目次

リクルートカードは学生でも審査に通る?

リクルートカードは、一般カードだけど学生でも申し込みできるの?と思っている人はご安心下さい。

リクルートカードの入会資格は高校生を除く18歳以上なので、大学・短大・専門学校に在学中なら申し込めるクレジットカードです。

年会費が永年無料ということは、学生だけでなく主婦やアルバイトと多くの人に利用してもらいたいと考えて作られているので、比較的審査の裾野は広いと考えられます。

通りやすいといえます。

申し込み時の虚偽記載は絶対にNGですし、個人情報やアルバイトで得た収入はきちんと記入しないと、審査に時間がかかったり通らないこともあるので注意してください。

リクルートカードを申し込む際、学生でも未成年の場合は注意

リクルートカードを学生が申し込む場合まだ18歳や19歳の未成年の場合は親権者の同意が必要になるので、あらかじめリクルートカードを申し込む前にはご両親に伝えておきましょう。

リクルートカードを学生が持つメリットは?

学生が持ちやすいクレジットカードといえば「年会費無料」のカードですよね。

リクルートカードは初年度だけでなく2年目以降も年会費無料になりますよ。

しかも後述しますがリクルートカードはポイントを貯めやすいので、公共料金の支払いやネットショッピングと幅広く使えます。

普段使いのクレジットカードとして、使いやすいカードを探している学生にはリクルートカードをおすすめできます。

さてリクルートカードのメリットを一つ一つ詳しくみていきましょう。

リクルートカードは学生でもポイント高還元率

リクルートカードは学生でも1.2%のポイント還元率を享受できるクレジットカードです。

またリクルートカードは学生専用カードではなく一般カードなので卒業後もそのまま利用ができます。

学生特典が付いているカードの中には社会人になるとポイント還元率が下がるという所もありますが、リクルートカードは卒業してもポイント還元率は変わりません。

学生の間は実家で暮らしていた方も社会人になったことをきっかけに一人暮らしを始める方もいることでしょう。

そのような場合には光熱費の引き落としをカード払いにすれば、ポイントが貯めやすいですよね。

リクルートカードは100円で1.2ポイントと少額利用でも貯まるので、普段使いで利用するのに向いています

ポイント還元率だけでみるとリクルートカードは学生問わず優れたカードといえます。

リクルートカードは学生でも年会費無料!しかも永年!

そんなリクルートカードですが学生でも年会費が永年無料です。

ポイント還元率常時1.2%で年会費無料のカードは他をみてもリクルートカード以外に見かけることはほとんどありません。

リクルートカードは学生でも新規入会キャンペーンでポイントをもらえる

リクルートカードを学生のうちからおすすめな理由が、新規入会と利用で1,000〜9,000ポイントがたまります。

ただし学生も注意が必要なのは、リクルートカード入会だけでもらえるポイントとリクルートカードを利用しないともらえないポイントがあるのであらかじめ確認しておきましょう。

リクルートカードで貯めたポイントを学生に便利なPontaポイントに交換可能

クレジットカードを作るなら貯めたポイントが自分のよく利用するショップで使えるというのも大事ですよね。

リクルートカードのポイント交換先にはPontaポイントがあるのでローソンやゲオなどの利用が多い学生はお得といえます。

そのうえ少しレートは下がりますが、JALのマイルへも交換ができるのでマイル利用の学生はリクルートカードをどれくらい利用すればどのくらいのマイルがたまるか確認しておきましょう。

リクルートカードにもポイントの有効期限があるので貯まったら、ある程度商品やマイルに交換したりサービス利用に使ったりしてリクルートカードのポイントを失効しないようにしましょう。

リクルートカードで学生が気になる旅行保険は?

リクルートカードには年会費無料で学生でも旅行障害保険が付帯しています。

ただし利用付帯なので、自動的に保険が付帯されるわけではないことに注意しておきましょう。

リクルートカードの海外旅行保険

海外旅行障害保険とは海外旅行中に病気にかかったり、事故に巻き込まれて障害者になったり死亡したさいに補償してもらうことができます。

リクルートカードのでは学生でも最大2,000万円の海外旅行保険が利用付帯で補償されます。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを探しているなら、リクルートカードと合わせて「エポスカード」もおすすめです。

リクルートカードの国内旅行保険

リクルートカードには国内旅行保険も付帯されています。

利用付帯で最大1,000万円が補償されます。

年会費無料のクレジットカードだと、海外旅行保険はついていても国内旅行保険は付帯されていないというケースが多いので、学生向けカードを探している場合はリクルートカードを選ぶ一つのポイントといえるでしょう。

リクルートカードで学生が選べる国際ブランドは?

リクルートカードはVISA・mastercard・JCB3つの国際ブランドが選べます。

初めてクレジットカードを作る学生はこの3つの国際ブランドの中で迷ったらリクルートカードVISAを選択するのをおすすめします。

なぜなら、VISAは世界シェアNo.1ブランド、世界中に加盟店があり、日本で加盟店が多いので国内外で利用することが可能です。

mastercardもVISAと同じく世界中に加盟店があるので、日本で使う分にはVISAと遜色がない国際ブランドです。

JCBは日本を代表する国際ブランド、国内では加盟店No.1ですが、海外では、VISA、mastercardに比べると加盟店が少ないので利用できない可能性もあります。

海外旅行の予定があるならVISAかmastercard、普段使いでポイントを貯めるのが目的ならJCBというように、リクルートカードの国際ブランドも用途に合わせて選ぶとさらに使いやすくなるでしょう。

リクルートカードで学生も利用できる電子マネーは?

小銭がないときでも使いやすい電子マネー、チャージ型だとちょっと面倒ですが、クレジットカードに付いているものならチャージは不要です。

リクルートカードでは国際ブランドによって、VISAとMastercardでは楽天EdyとnanacoさらにはモバイルSuica・SMARTICOCAを利用することができます。

リクルートカードJCBではnanacoとモバイルSuicaのみ利用ができます。

電子マネー利用を重視される方はリクルートカードの国際ブランドをVISAかMastercardにしておきましょう。

リクルートカードは学生でもETCカードを発行できる?

リクルートカードはクレジットカードが発行できれば、ETCカードも追加で作ることができます。

ETCカードは高速道路や有料道路の支払いに使うカードで車の車載機に入れて使用します。

学生の場合高校を卒業した時点で運転免許を持っている人もいるでしょう。

大学生だとお休みの日だけでなく、学校に行く時も車でという人もいますよね。

そうした場合にリクルートカードのETCカードがあれば高速道路の支払いもスムーズに済ませられます。

車を運転するなら、リクルートカードを作る際にETCカードも併せて作っておくと便利です。

ただしリクルートカードのETCカードはJCBの場合手数料無料で発行できますが、VISAとMastercardでは別途1,000円+税がかかるので注意が必要です。

リクルートカードのETCカードについての記事もまとめてあるので、参考にどうぞ!
参考リクルートカードはETCカードを年会費無料で発行できるの?

リクルートカードは学生でもキャッシングできる?

リクルートカードでキャッシングを利用するには、申し込み時に「キャッシング利用可能枠」の設定をしなければなりません。

このキャッシング利用可能枠収入がなければ付けられないので学生の場合はアルバイトやパートで収入がないと難しいといえます。

クレジットカード利用者の4人に1人がキャッシング利用しているとはいえ、キャッシングは「借金」になるので、学生にはおすすめできません。

リクルートカードに限らずキャッシングを利用するということは「クレヒス」にも影響してくるので、ステータスを上げたいと考えているなら、利用するのは慎重になったほうがよいでしょう。

学生がクレジットカードを申し込む際に気をつけたいキャッシング枠

クレジットカードの中には、学生でも少額のキャッシング枠を設定できるものがあります。

まず、キャッシングとは設定したキャッシング枠の中で現金の借入れができるシステムです。簡単にいうと借金ですね。

学生でクレジットカードを申し込む際にこのキャッシング枠はできるだけ0で申し込みたい条件の一つでもあります。
それにはいくつかの理由があり、ここで解説していきたいと思います。

クレジットカードの総利用枠

クレジットカードにはショッピング利用枠とキャッシング利用枠があります。

この二つの枠を「総利用枠」の中でやりくりしなければなりません。

例えば、「総利用枠が10万円」でショッピング枠とキャッシング枠が共に10万円が上限だったとして、キャッシング枠で10万円使ってしまった場合そのカードでショッピングをすることができない。といった具合になります。

ショッピング枠とキャッシング枠が共に10万円だから合わせて20万円になる!とはいきません。注意してください。

年収の3分の1以上の借入れができない総量規制

総量規制の関係でキャッシング枠を受け付けてもらえない場合もアルバイトなどをしていない年収が0の学生などは、キャッシングの希望をしても法律上の問題で受け入れてもらえません。

アルバイトなどをしていてキャッシング枠が設定できてしまった場合も注意が必要です。

少額でもキャッシングを利用してしまうと、後々感覚が麻痺してしまい「引き落とし日に口座に残高がない。」という状況にもなりかねません。

このような事態を繰り返していると信用情報に傷がついてしまい、社会人になった時や本当に現金が必要な時に借りれなくなってしまったりしてしまうので、基本的には学生がクレジットカードを申し込む際にはキャッシング枠は0にしましょう!

リクルートカード学生の利用限度額目安は?

リクルートカードのショッピング利用限度額は10万円~200万円程度と思われますが、これはリクルートカードの審査で決められますので、学生は一番低い10万円が目安にしておきましょう。。

10万円といえば普段の支払いに使う分には十分だと思いますが、海外旅行やパソコン購入に利用するには微妙な感じもします。

リクルートカードは海外旅行などクレジットカードを使う機会があるときには利用可能枠を変更申請することができます。

こちらにもリクルートカードの審査があるので、利用状況によっては希望が通らないこともあるでしょう。

リクルートカードは学生にお得なサービスも充実

リクルートカードは年会費永年無料、ポイント還元率は1.2%と高還元のクレジットカードです。

またリクルートカードはリクルートグループのサービスであるじゃらんやホットペッパービューティーの利用では、さらにポイントの還元率が高くなります。

リクルートカードは学生にデメリットもある?

リクルートカードにおける学生のデメリットはポイント交換がPontaポイントだけというところでしょうか?

学生に人気の楽天ポイントやTポイントにはリクルートカードでたまったポイントを直接交換することはできません。

年会費が永年無料であったりポイント還元率が高いのはメリットといえることなので、携帯電話やプロバイダ料金、光熱費の支払いというように普段使いに使うのにはリクルートカードはとてもよいクレジットカードといえます。

学生におすすめなクレジットカードランキング

入会後3ヶ月はポイント還元率が2.5%の三井住友VISAデビュープラスカード

年会費実質無料
申込資格18歳〜25歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA
最大10,000円もらえる入会キャンペーン
  1. 新規入会&Vpassアプリへログインで3ヵ月後末まで利用すれば最大10,000円(利用金額の20%)
  2. 抽選で全額タダになるチャンスも!(上限10万円)
  3. 全国のセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルド店頭利用が5倍に!
三井住友VISAデビュープラスカードの特徴
  • ポイントが常に2倍、入会後3か月は5倍
  • ポイント還元率は最大2.5%に!業界最高水準のお得さ
  • 18~25歳限定だから審査基準も学生向き
  • ETCカードの年会費は初年度無料、年1回以上の利用で翌年も継続無料
  • 業界最高峰のセキュリティ体制
注意
※年会費は初年度無料、年1回以上の利用で翌年も無料。通常年会費は1,250円+税。

PayPay連携で20%還元の対象になるヤフーカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
最大10,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく4,000ポイント
  2. 申込月を含む2カ月目の末日までにYahoo!JAPANカード利用1回につき2,000ポイント(最大6,000ポイントまで)
Yahoo!JAPANカードの特徴
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用で毎日3倍Tポイントが貯まる
  • 月額490円+税のプラチナ補償の初月無料
  • ETCカードは年会費500円+税
  • Tポイント一体型。TSUTAYAのレンタル会員カードとしても利用可能

海外旅行や留学を考えるなら学生専用ライフカード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード
学生専用ライフカードの特徴
  • 海外のショッピング利用額の5%がキャッシュバック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が自動付帯
  • 初年度からポイント1.5倍!翌年以降も年間利用額に応じて最大2倍
  • 誕生月はETCカード利用も含めてポイント3倍
  • フリーコールで相談できる学生専用の問い合わせ窓口も設置

お得でカッコいいOrico Card THE POINT

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短8営業日
国際ブランドマスターカード
最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会で1,000オリコポイント
  2. キャンペーン期間中に10万円以上の利用&6つの条件クリアで5,000オリコポイント
  3. マイ月リボの新規登録&10万円以上の利用で2,000オリコポイント
Orico Card THE POINTの特徴
  • 入会後6ヶ月間はポイントが2倍
  • オリコモール経由なら最大17.5%還元のネットショッピングに!
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 電子マネーiDとQUICPayのダブル搭載
  • 貯まったポイントはAmazonギフト券はじめ好きなポイントや優待券にリアルタイム交換

カンタン申し込み!みんなが使ってる楽天カード

年会費永年無料
申込資格18歳以上
発行時間最短3営業日
国際ブランドVISA,JCB,マスターカード、アメックス
最大8,000ポイント入会キャンペーン
  1. 新規入会でもれなく2,000ポイント
  2. 申し込み日の翌々月末までに楽天カードを1円以上利用で6,000ポイント
楽天カードの特徴
  • 楽天市場利用なら最大14倍のポイント特典(SPU適用時)
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • ETCカードは年会費500円+税。プラチナ・ダイヤモンド会員なら年会費無料に!
  • 楽天Edy、楽天ポイントカード一体型
  • お買いものパンダ、バルセロナ、Yoshikiデザインなど選べる券面デザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください