【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

リクルーター面談とは?選考を突破する5つのポイント!

リクルーター面談とは?選考を突破するための5つの対策
一部の企業で行われている「リクルーター面談」。全ての学生がリクルーター面談に呼ばれるわけではないので、その実態はあまり知られていません。
「選考とは関係ないの?」「どんな学生がリクルーター面談に呼ばれるの?」「どんな内容なの?」など、わからないことだらけだと思います。

そこで、そんな就活生のために、リクルーター制度の実態と、その攻略法を徹底的に解説いたします!これを読めば、リクルーター面談対策は完璧です。

そもそもリクルーター面談とは?基本的なポイント

リクルーター面談とは?選考を突破するための5つの対策
まず、そもそもリクルーター面談とは何なのでしょうか?最初に押さえておくべき基本的なポイントを解説いたします。

リクルーター面談の目的

リクルーター面談とは、優秀な学生を早期に絞り込む・囲い込むために行われる面談です。リクルーターとよばれる若手社員(20代〜30代)と学生(1〜3名)がカフェ等で面談をします。

就職活動の後ろ倒しによって、企業は学生をじっくり吟味できません。そこで、リクルーター面談という形をとることで、優秀な学生にアプローチしようという意図があります。

面談は実質的な選考の場

リクルーター面談は、経団連憲章で定めてある就活開始期(8月1日)よりも前に行われます。そのため、「あくまでOBと就活生の会話の場であり、選考とは関係ない」とされています。

しかし、ほとんどの企業では、リクルーター面談が実質的な選考の場です。面談に成功すると、次のリクルーターが紹介され、リクルーター面談を何回か突破すれば、一次面接・二次面接を飛び越えて、いきなり人事面接になる(大手銀行・生保等)、リクルーター面談は選考の場です。

リクルーター面談に失敗すると、選考に進めなくなることが多いので、「面接に行く」気持ちで参加しましょう。

リクルーターをつけるには?

リクルーターは、「プレエントリー」「説明会参加」でつくことが多いです。企業によっては、エントリーシート提出でリクルーターがつくところもあります。

リクルーターがついた場合、リクルーターの個人電話から「OB訪問という形で、少しお話をしませんか?」と提案されます。なお、ここで誘いを断ると、選考ルートが閉ざされてしまうので、必ず参加してください。

リクルーターからの電話は、非通知でかかってくることも多いので、非通知拒否の設定をはずしておきましょう。

リクルーター制度には学歴フィルターがある

残念ながら、リクルーターは全ての学生につくわけではありません。学歴フィルターがあります。

早慶・東京一工・旧帝国大学の学生につくことが多く、MARCH以下の学生にはなかなかつきません。

とはいっても、リクルーター以外の選考ルートも存在するので、リクルーターがつかないからといって諦める必要はありません。エントリーシートがしっかり書けていれば、通常の選考ルートに乗ることは可能だからです。

リクルーター面談を取り入れている企業リストとは

リクルーター面談とは?選考を突破するための5つの対策
では、どんな企業がリクルーター面談を取り入れているのでしょうか?主要な企業をリストアップしてみました。

傾向としては、金融系の企業・インフレ系の企業が大半を占めます。これらの企業は保守的で慎重な企業が多く「じっくり時間をかけて学生を吟味したい」からでしょう。以下の企業にエントリーしている学生は、リクルーター面談のために準備をしておきましょう。

リクルーター面談を取り入れている企業:金融

  • 三井住友信託銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • 日本政策投資銀行
  • 日本政策金融公庫
  • 日本銀行
  • 日本生命
  • 第一生命
  • 住友生命
  • 野村証券
  • 大和証券
  • かんぽ生命
[/box] これらの企業にエントリーをしている学生は、リクルーター面談のために準備をしておきましょう。金融業界のリクルーター面談は、「実質的な選考」の場合がほとんどで、失敗すると、選考ルートが途絶えてしまいます。

OBに聞く質問を用意し、万全に準備をしておきましょう。

リクルーター面談を取り入れている企業;インフラ

  • JR東海
  • JR西日本
  • JR貨物
  • 近畿日本鉄道
  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • NTTコミュニケーションズ
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 九州電力
  • 日本電源開発
  • 大阪ガス
  • 新日鉄
  • JFEスチール
これらのインフラ企業もリクルーター面談を取り入れているので、入念に準備しておきましょう。

リクルーター面談の内容とは?

リクルーター面談とは?選考を突破するための5つの対策
リクルーター面談の主な内容は、以下の二つです。頭に入れておきましょう。

リクルーター面談:就活生からOBへの質問

リクルーター面談は「OB訪問の場」という体で設定されているので、最初に就活生からOBへ質問する時間があります。リクルーター面談の時間の1/3〜1/2は、この質問の時間に使われます。

リクルーター面談は選考の場ですから、質問の態度も、当然、評価対象です。的外れの質問ばかりしていては、結果はついてこないでしょう。事前に質問をしっかり準備してのぞんでください。

リクルーター面談:OBから就活生への質問

リクルーター面談は実質的な選考の場ですから、OBから就活生へも質問がされます。当然、この質問への回答は、面接での評価対象です。面接だと思ってしっかり回答する必要があります。

リクルーターは面接スキルの低い若い社員が多いこと、リクルータ面談は時間が短いこともあり、あまり奇をてらった質問は聞かれません。以下のようなオーソドックスな質問に答えられるようにしましょう。

  • 弊社に興味を持った理由を教えて下さい(志望動機を教えて下さい)
  • 学生時代にはどんなことに力を入れてきましたか?
  • 学生時代には、どんなことを主に勉強してきましたか?
  • 自分の強みはどんなところだと思いますか?
  • 簡単に自己紹介をしてください(1分程度)
主に、上記のような質問が聞かれます。上のような質問は、本番の面接でも必ず聞かれるので、しっかり回答を準備しておきましょう。

リクルーター面談の5つのポイント

リクルーター面談とは?選考を突破するための5つの対策
実質的な選考の場である、リクルーター面談。これを突破しなければ、次の選考には進むことができません。リクルーター面談を突破するために、以下の5つのポイントを意識してください。

ポイント1:事前に質問を用意しておこう

まず、OBに聞きたい質問を事前に用意しておきましょう。リクルーター面談の時間の大半は、「就活生からOBへの質問」に占められます。良い質問をすれば、当然、評価は上がります。

良い質問は、すぐには思いつきません。志望企業のことをしっかり調べあげ、質問を用意しておきましょう。それでも、良い質問が思い浮かばない方のために、リクルーター面談で使える質問リストもご用意しました。参考にしてください。

ポイント2:傾聴力を磨いておく

質問を聞いている時の態度も見られています。自分が質問をしておいてメモをとらなかったり、相槌を打たなかったりすると、「この学生は話を聞いているのかな?」と相手を不快にさせてしまいます。当然、面接の結果にも響くでしょう。

相手の目をみて、大事な部分はメモをとり、適度な相槌をうち、うなづきながら話を聞いてください。

ポイント3:主要な質問への回答を用意しておく

リクルーター面談は、選考の場ですから、OBから就活生へも質問がされます。上手く答えなければ、面談を突破できません。ただ、リクルーター面談では、あまり突飛なことは聞かれず、オーソドックスな質問を中心に聞かれます。したがって、きちんと対策しておけば、上手く回答できるはずです。

ポイント4:身だしなみ・見た目力

リクルーターは、20代〜30代の若手社員が中心です。彼らは、面接の専門的なトレーニングを受けていないので、「じっくり質問をして、学生の良さを引き出す」ことが出来ません。

そのため、リクルーター面談は、他の面接よりも、第一印象によって結果が左右されてしまいます。第一印象で失敗しないために、身だしなみや話し方を磨いておきましょう。

ポイント5:最後はお礼でフォローをすること

面接後には、お礼メールを出し、面談のお礼をしましょう。律儀にお礼メールを送る就活生は少ないので、お礼メールを出せば、面接官の印象に残ります。それだけで合格になるわけではありませんが、出しておいて損はありません。

以下では、例文つきで、リクルーターへのお礼メールの書き方を詳しく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください