【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

りそなウォレットがりそな銀行に登場!りそなウォレットの開始時期と機能を徹底予測します!

りそなウォレッ
大阪府に本店を構える大手都市銀行のりそな銀行が、独自のスマホ決済サービス「りそなウォレット」のサービス開始を発表しました。

銀行がリリースしているスマホ決済には、すでに横浜銀行の「はまPay」や、福岡銀行の「YOKA!Pay」がありますが、りそな銀行の参入によって銀行由来のサービスが盛り上がることが予想されます。

・りそなウォレットの登場はいつ?
・りそなウォレットの機能は?

このように、普段りそな銀行を利用しているユーザーであれば、りそなウォレットの登場時期と機能について気になるのではないでしょうか?

そこで、この記事ではりそな銀行がサービスを開始するりそなウォレットについて、参入時期と機能について徹底予測していきます!

りそなウォレットの参入時期は

りそなウォレットは2019年2月25日に開始されることが公式サイトより発表されました。

既存のサービスである「りそなデビットアプリ」をアップデートし、「りそなウォレットアプリ」としてサービス開始されるようです。

比較的後発のスマホ決済サービスですが、キャッシュレス決済として広く普及する可能性が高いと思われます。

その理由は、支払い方法のマルチ化にあります。

りそなウォレットの決済方法

りそなウォレットの決済方法は、QRコード決済をはじめ、クレジットカード決済、デビットカード決済、ポイント決済に対応予定です。

現在「後払い」「即時払い」「前払い」の全てに対応しているスマホ決済はなく、りそなウォレットはユーザーのニーズに寄り添ったスマホ決済となるでしょう。

中でも、銀行口座と連携した「りそなPay」に注目です。

りそなPayとは「銀行Pay」と呼ばれる決済手段を採用したサービスで、同様に「銀行Pay」を採用している提携金融機関であれば、その加盟店で決済が可能となります。

例えば、すでにサービスが開始されている福岡銀行の「YOKA!Pay」は銀行Payを採用しているため、YOKA!Pay加盟店でもりそなPayが利用できます。

そのため、りそなウォレット開始後は、金融機関を中心に銀行Payが採用されたスマホ決済サービスの増加が予想され、あらゆる場面でりそなPayが利用可能になるでしょう。

りそなウォレットの機能を予想してみた!

りそなウォレットに搭載される機能を3つ予想してみます!

  • 決済手段のマルチ化
  • お釣り貯蓄
  • 借り入れ機能

 

決済手段のマルチ化

りそなウォレットは決済手段のマルチ化を進めています。

QRコード決済をはじめ、クレジットカード払い、デビットカード払い、独自のプリペイドカード機能での支払いもすでに導入予定です。

特に銀行Payの決済方法採用したりそなPayの導入は、キャッシュレス化の促進が狙いだと考えられます。

現在、スマホ決済はそれぞれの加盟店でしか使えないことが多く、インフラの整っていない決済サービスはユーザーの利用機会が少ないと言えます。

また、加盟店側にとってさまざまなスマホ決済サービスが乱立している現状、どの決済サービスを導入すればいいのかわからない状態にあるでしょう。

そういった背景がある中、りそなウォレットは金融機関をはじめとした提携業者の決済サービスの加盟店であれば、どこでも利用できるりそなPayを開発しました。

すでにサービスが開始している横浜銀行の「はまPay」、福岡銀行の「YOKA!Pay」、5月にサービス開始予定の「ゆうちょPay」加盟店ではりそなPayが利用可能となっています。

決済手段のマルチ化によって、これまで現金を利用していたユーザーにもメリットを与え、キャッシュレス化の促進に繋がることが予想されます。

おつり貯蓄

りそなウォレットでは、自動貯金サービスを提供するfinbeeと協力して「おつり貯蓄」機能の追加が予想されます。

おつり貯蓄とは、あらかじめ設定した端数に沿って、支払いの際にその端数分は貯金に回されるという機能です。

例えば500円単位で設定していた場合、550円の買い物をすれば450円、1200円の買い物をすれば300円のおつり分が貯金されます。

りそなウォレットは銀行由来のスマホ決済サービスということだけあって、「銀行でできることは全て機能化させたい」という意向が伺えます。

今後はおつり貯蓄だけでなく、ローンの借り入れを行う機能など、その他銀行でできることがスマホアプリでも可能となるかもしれません。

おつり貯蓄機能があれば、普段の利用でいつのまにか貯金されることとなります。

家族と共有して利用することで、例えば家族旅行の資金を貯めるといった目標を持って楽しく気軽に貯金ができるようになるでしょう。

借り入れ機能

おそらくりそなウォレットは、借り入れが審査なしで利用できる「借り入れ機能」の追加が将来的に実現されると思われます。

りそなウォレットは銀行由来のスマホ決済サービスであることから、銀行でできることは全てスマホアプリで簡潔化させるのではないでしょうか?

中国の大手QR決済サービスである「Alipay(アリペイ)」には、Alipayの利用やクレジットカードの使用状況等によって、個人の信用度を数値化する芝麻信用(ジーマ信用)という機能があります。

高い数値を獲得したユーザーには、例えばシェアリング商品を借りる際のデポジットが不要になったり、消費者金融の利率が下がるなどの経済的なメリットが与えられます。

りそなウォレットが芝麻信用のような機能を追加すれば、利用者は審査なしで一定額の融資を受けられたり、ローンの融資条件が緩くなるなどが考えられます。

日本ではまだない個人信用に関わる機能ですが、銀行由来のりそなウォレットであれば将来的に導入することがあるかもしれません!

りそなウォレットへの期待

りそなウォレットは現在サービス開始が進んでいる銀行由来のスマホ決済サービスです。

すでに、はまPayやYOKA!Payとの提携が確定しており、今後はゆうちょPayや熊本銀行のスマホ決済サービスとの提携が予定されています。

将来的にはメガバンクに加え、全国の地方銀行との提携を進め、ほとんどのお店でりそなウォレットのりそなPayが利用可能になるのではないでしょうか?

そうなれば、りそなウォレットの利便性もあいまって、全国で多くのユーザーを獲得することができ、日本国内のキャッシュレス化を一気に進める可能性があります。

後発のスマホ決済でありながら、今後の機能追加やサービスの向上に期待が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください