1等は1,000%!PayPayジャンボ開催中💕

正確とは?の意味と使い方を解説

正確
ニュースや新聞などでよく目にし、仕事上でも使う機会が多い「正確」という言葉ですが、ここでは「正確」という言葉を、掘り下げて紹介していきます。
具体的な使い方、漢字の成り立ちや関連する言葉、「正確」はどんな使われ方をして、どう使うのが正しいのか?
英語や中国語での「正確」も含め、例を挙げつつ、解説していきましょう。

正確の読み方

まず初めに、「正確」の読み方から説明します。「正確」は「せいかく」と読み、「正」は訓読みで「ただ(しい)」、「まさ(に)」、「確」は訓読みで「たし(か)」、という読み方になります。「正」という文字は、人名にも使われることが多いです。「確」に関しては、表外読みで「しっか(り)」や、「しか(と)」とも読みます。
それぞれの成り立ちとしては、「正」は目標に真っ直ぐ進むさまを示し、「確」は「石」と「隺」と合わせた字で、固い石を表します。

正確の意味について

次に「正確」の意味を解説していきます。「正確」とは正しく確かなことであり、事実と合致していて、間違いのないことです。
また「正しい」や「確か」とは、どちらも「行動や答えなどが間違えておらず、合っていること」という意味合いになります。「正」に関しては、「正の数」などプラスの数字を表す場合にも用いられ、「確」に関しては「確固」や「確信」など、物事の固さについてや、しっかりしている様子を表す場合にも用いられます。

正確の正しい使い方

次に「正確」の正しい使い方や、間違った使い方を紹介していきます。
上記の意味の通り「正確」とは、何らかの動作や行為、物事に対して、正しく確かで答えが合っており、間違いがないときに使う言葉です。
したがって「正確」という言葉を使うときは、その動作や行為、物事に対して、「正しく確かで答えが合っていて、間違いがない」と言い切れるだけの根拠が必要となるでしょう。たとえば自分の目で見た、データとして出回っているなど、事実という情報が求められます。

正確の間違った使い方

「正確」の間違った使い方ですが、上記の正しい使い方を踏まえ、事実があやふやなときに使うのは間違いになります。
その物事に対しての意見や見解が、本当に正しいのか間違っているのか、分からない場合は使えません。あやふやなときに軽い気持ちで「正確」という言葉を使ってしまうと、プライベートでも仕事でも信用を落としかねず、問題に発展する可能性があるので、注意が必要です。「正確かもしれない」などという風に使うと、相手は正しいのか間違っているのか、判断に困りますね。

正確を使った例文

この「正確」という言葉を使い、会話形式の例文を二つほど紹介します。
「正確」は目にする機会こそ多いものの、どちらかと言えば日常生活よりも、仕事上で使われることが多いです。
「彼女の事務処理は正確性が高い」だとか、「彼の仕事は正確さに欠ける」だとか、結果という事実を前提にした、対象への評価として使われる場合もあります。

正確の使い方【例文その①】

一つ目の例文は、待ち合わせをしている友人同士の、電話でのやり取りです。
「もしもし? 寝坊をしてしまって、電車に乗り遅れた。到着が少し遅れそうだ」
「また遅刻か。こっちはもう着いているよ。毎度毎度、いい加減にしてくれよ」
「ごめんごめん、いつから待っているんだ?」
「待ち合わせが九時なんだから、九時に決まっているだろう」
「相変わらず、お前は時間に正確だなー」

この場合の「正確」とは、待ち合わせの時間に対して、正しく確かということです。

正確の使い方【例文その②】

二つ目の例文は、研究員同士での、仕事上のやり取りです。
「〇〇くん、例の実験の結果はどうなった?」
「先ほど結果が出たので、報告書に纏めておきました。実験は成功です」
「ふむ。ちなみに、実験は何度おこなった?」
「二度です。どちらも成功でした」
「喜ばしい結果だが、二度では偶然の可能性もある。より高い正確さを求めるのなら、もっと回数が必要だ」

こちらの「正確」は、データという事実に対する根拠、という意味になります。

正確は英語でなんて言うの?

「正確」を意味する英語はいくつかあり、事実や基準の正しさは「Correct」、その他には公正的な正しさを表す「Just」、計測したうえでの正確さを表す「Exact」、時間などの規則性に関する「Precise」と、状況や用途によって幅広いです。よく野球で使われる「Just meet」ですが、この言葉はバットの芯でボールを「正確」にとらえ、打球を放つことです。物のサイズに対してか、時間に対してか、行動に対してかで、使い方が分かれます。

正確は中国語でなんて言うの?

「正確」の中国語は、「准确」や「正确」になります。前者の「准确」は動作や行為に対してなので、日本語での「きっちり」、「きちんと」という概念が近いです。精度の高さを表す場合などに使います。
後者の「正确」は事実に対して、テストの回答などへの「正解」という意味合いを持ちます。つまり1+1を解くとして、人間が計算する行為の精度は「准确」、計算の結果である2の数字は「正确」になります。どちらも「正確さ」を表しますが、英語と同じく、概念の違いが見られます。

正確の類義語や関連語は?

「正確」の類義語や関連語については、「的確」や「丁度」、「精細」などがあります。
どの言葉も正しさや、間違いのなさに関しては共通しています。細かな違いは、状況に対してです。物事には必ずしも「正解」があるとは限らず、たとえば会議で正解のない二種類の意見が対立したとき、「彼の意見は的確だ」とは言っても、「彼の意見は正確だ」とは言いません。「正確」とはあくまでも事実上、正しく間違いのない状況でのみ用いられます。

正確の対義語は?

「正確」の対義語は、「不正確」になります。日常生活でも仕事上でも殆ど使われず、目にする機会が少ない言葉です。
理由としては、正確でないものは「間違い」の方が分かりやすいので、用いられる状況が非常に限られます。
例えば真偽が定かでないメモがあり、「間違ったメモ」では全てが間違えているように感じますが、「不正確なメモ」では、少なからず真実が紛れている、と受け取れます。真偽の程合いを示すのに、便利な言葉です。

正確を使った熟語や慣用句、ことわざはある?

「正確」を使った四文字熟語には、「正確無比」という言葉があります。
「無比」とは他に比べものがないことを表し、「正確無比」は、他とは比べものにならないくらい、正確なことを表します。本来の「正確」の意味に比較対象を加え、強調した形です。サッカーにおいて「正確無比なシュート」と言えば、他者よりも正確なシュートになります。これは英語の「Just meet」に近い使い方です。一方で比べる対象がない場合、「無比」は用いられず、「正確無比」は使えません。

正確にまつわるサイト

「正確」に関わるサイトを、二つほど紹介します。「正確」で検索すると、何らかの物事に対するデータが多く見られます。

「AIの正確性」に関する議論は正確に

https://iwatam-server.sakura.ne.jp/

一つ目は人工知能の正確性に関するサイトです。昨今では人工知能が発展していますが、人工知能による判断は正確なのかどうか、見方によって意見が分かれそうです。

二つ目のサイトは、そもそも正しさとは何なのかについて、それぞれの主義に基づく見解が書かれています。主義が違えば正しさも違い、考えさせられます。

正確の意味や使い方についてのまとめ

「正確」とは正しく確かで、答えと合っており、間違いのないことです。
「正確」を正しく使うには、事実や相応の根拠が必要です。誤って使うと信用を落としかねないので、注意する必要があります。
そして動作や行為に対する正しさなのか、データや数字などに対する正しさなのか、状況によってニュアンスが異なり、使い方は多岐に渡ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください