今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

SFPホールディングス(3198)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説


鳥良や磯丸水産の居酒屋事業を行なっているSFPホールディングスは東証2部上場しています。SFPホールディングスには株主優待があります。この記事ではSFPホールディングス株式会社(3198)の株主優待についてまとめました。

株主優待制度の内容を理解して、お得に活用しましょう。

1株あたりの配当予想26.00円株主優待の価値4,000円相当 (年2回)
配当利回り1.64%優待利回り5.03%
株価1,589円優待の最低取得額158,900円
単元株数100株最新の株価情報YAHOO!JAPANファイナンス

※2019年2月4日現在

SFPホールディングス(3198)の株主優待の内容について

SFPホールディングスの株主優待は、自社グループ店舗で利用できるお食事割引券がもらえます。居酒屋店の鳥良や磯丸水産です。

保有株式数優待内容
100株4,000円相当
500株10,000円相当
1,000株20,000円相当

SFPホールディングス(3198)の株主優待券の買い方:一般編

SFPホールディングスの株主優待券の買い方としては、まず、証券口座を開設してSFPホールディングス株式会社(3198)の株を100株以上取得します。優待を取得する権利が認められると株主優待券をもらうことができます。

SFPホールディングス株式会社(3198)の株主優待券を購入する流れ
  1. 証券口座を開設する
  2. SFPホールディングス株式会社(3198)の株式を100株以上購入する
  3. 2月、8月の権利確定日(翌日)まで株を保有する
  • SFPホールディングス(3198)で利用できる優待の最低取得額158,900円の資金が必要となります。
    ※株主優待100株以上 、株価1,589円 (2019年2月4日現在)

一般的には株を購入して権利確定の日に株主としての権利があれば優待をもらうことができます。つまり年間でたった1日だけの株主でも株主優待を受けることができます。

株主優待の権利確定日は各企業で決まっていますので、事前に各企業のサイトや証券会社などでも発表されていますので調べておきましょう。

おすすめのネット証券会社

おすすめの証券会社
初めて株を始める方におすすめのネット証券会社には、①SBI証券 ②楽天証券 ③松井証券などがあります。こちらは、以下の表のように、少額の取引なら手数料が無料となります。証券会社は多くありますが、初心者の方はあまり規模が小さな証券会社は避けた方が無難でしょう。

証券会社名売買手数料特徴
SBI証券0円(1日10万円以下の取引)・口座開設数430万突破のネット証券最大手
・いつもの銀行から即時入金ができる
・夜間取引ができる
楽天証券0円(1日10万円以下の取引)・取引で楽天ポイントが貰えたり、楽天ポイントで投資信託が買えたりできる
・楽天のSPU(スーパーポイントアップ)の対象に
・日経新聞も無料で講読可
松井証券0円(1日10万円以下の取引・投資デビューに最適
・投資情報ツール&取引アプリがパソコンもスマートフォンも無料・夜間取引ができる

SFPホールディングス(3198)の株主優待券を金券ショップでの買う方法

SFPホールディングスの株主優待券は、金券ショップでも購入できます。金券ショップを活用したい方は、最寄りの金券ショップの店舗またはオンラインショプでチェックして見てください。

ただし、常にお目当の優待券が売られているわけではなく人気の優待券は売り切れてしまします。優待券は各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入しましょう。

注意
ただし、商品券などの金券は古物営業法において規定されていますので、許可を得ている古物商(金券ショップも古物商です)なら取引可能ということになりますので注意してください。

SFPホールディングス(3198)の株主優待の権利確定月は何月?

株主優待の権利確定月とは、株主権利がもらえる権限が確定する月のことをいいます。

SFPホールディングスの株主優待の権利確定月は2月、8月です

権利付き最終日

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

SFPホールディングス(3198)の株主優待券の発送時期と有効期限は?

一般的に株式優待券の送付は、権利確定から3ヶ月後くらいです。

SFPホールディングスの株主優待券の発送は、おそらく2月末日は5月頃の発送、8月末日は11月頃の発送と考えられます。

SFPホールディングス(3198)の株主優待の優待回数は何回?

SFPホールディングス株式会社の優待回数は、年2回となります。

SFPホールディングス(3198)の株主優待券の種類は?

SFPホールディングスの株主優待券の種類は、お食事券になります。

優待を実施する企業によって、様々な株主優待になっています。ご自身で活用しやすい優待をおすすめします。

SFPホールディングス(3198)の株主優待の優待利回りと配当利回り

利回りとは投資金額に対してどのくらいお得なのか、株主優待(収益)の割合を示す指標となります。

SFPホールディングスの場合、最低資金が158,900円で、年間で4,000円相当の優待を受けると、4,000円÷158,900円=優待利回りは4.92%です。
また配当利回りは、株主のもう一つのメリットですが、2019年の予想配当金は26.00円なので、配当利回りは1.64%になります。

優待利回り配当利回り
5.03%1.64%

 

SFPホールディングス株式会社(3198)の会社概要

社名 / SFPホールディングス株式会社
本社所在地 / 〒158-0094 東京都世田谷区玉川2−21−1 二子玉川ライズ・オフィス
電話番号 / 03-5491-5869
業種分類 / 小売業
英文社名 / SFP Holdings Co., Ltd.
代表者名 / 佐藤 誠
設立年月日 / 2010年11月17日
市場名 / 東証2部
上場年月日 / 2014年12月16日
決算 / 2月末日
単元株数 / 100株
従業員数 /(単独)63人(連結)1,173人

SFPホールディングスは、居酒屋「磯丸水産」や「鳥良」が主力事業です。クリエイト・レストランツHDの傘下です。

SFPホールディングス株式会社の証券コード

SFPホールディングスの証券コードは「3198」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

SFPホールディングス(3198)の株主優待券をメルカリやヤフオクで売ってもいいの?

SFPホールディングスの株主優待品を売っても良いのか気になりますよね。

「ヤフオク」では、SFPホールディングスの株主優待品をヤフオクで売ることはできます

ただし、「有価証券」とみなされる株主優待券の場合は注意が必要です。
ちなみに「メルカリ」の場合、株主優待券の取引は2017年10月ごろより「メルカリ」は規約が変わって禁止されました。

SFPホールディングス(3198)の株主優待についてのまとめ

SFPホールディングスの株主優待は、100株以上で4,000円相当のお食事券が、年2回もらえます。数値的に見ても高い利回りの優待ですので、鳥良や磯丸水産ご利用のされる方には、お得な優待ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください