【今年最後】楽天カード✨7000ポイント入会特典✨

クレジットカードは使い分けが大切!なぜ?使い分けのすべを詳しく解説!!

クレジットカードをたくさん持つことに抵抗を持つ人少なくないですよね。

たしかにむやみやたらにクレジットカードを持つのは年会費がかさんだりして無駄ですが、正しく、使い分けて持つことで一枚だけしか持たないよりもずっと賢く使えます。

そこで今回は、クレジットカードを正しく使い分けことで享受できるメリットやおすすめなメイン・サブクレジットカードの特徴を詳しく解説していきたいと思います。早速みていきましょう。

目次

クレジットカードはメインとサブで使い分け

クレジットカードを普段の生活で有効に使いこなすために、日常それぞれのシーンでお得に使えるカードを複数枚持つ方法があります。

日常生活の多くの場面で基本的に使うメインカードと、補助として、限定的に使うサブカードを使いわけるのが一般的です。

詳しい使い分けの例や、おすすめの使いわけの仕方はあとで書きます。

クレジットカードを使い分けるメリット 得になる使い分け方は?

使い分けのメリットは、各カードの長所を組み合わせること、短所をカバーし合えることです。たとえば、ポイントが多くもらえるカードと、ポイントがあまりもらえないけど自分がよく利用するお店でのみ、格段にポイントがもらえるカードがあったとします。

この場合、「基本的にたくさんポイントがもらえるクレジットカード」と、「特定の店舗を利用する時のみ使うクレジットカード」とを、使い分けることで、ポイントを増やすことが可能です。

クレジットカードは、それぞれに良さもあれば、短所もあります。人間と同じです。そのため、それぞれの得意な部分に応じて、使い分けることが必要なのですね。

クレジットカードを使い分けることで、メインカードの欠点を補完 ネット用とか

日本はクレジットカード後進のため、グローバルな利用よりも、とりわけ主婦や学生などには、Oricocard the pointや楽天カードがなどポイントの還元率が高いカードが好まれるようです。

また他企業と提携し、提携先のポイント高還元に特化した「提携カード」の人気も高く、数多くの種類が発行されており、異なる提携先のカードをいくつか持ち、シーンに応じて有効に使い分ける人も多いそう。

その一方で、社会の表舞台に立つビジネスパーソンなどには、ステータスや格式のある、カード会社単体発行の「プロパーカード」が相応しいとされます。ただプロパーカードはおおむねポイント還元率が低く、メインでプロパーカードを持ち、サブとしてポイント高還元の提携カードをつけ加えるのが、カード使い分けのひとつの基準となっているようです。

異なる国際ブランドを使い分けて、利用できる範囲が広がる

クレジットカードに付加される国際ブランド(VISA、Mastercard, JCB、アメックス、ダイナース…)は、世界各国の加盟店での利用で、優待割引などのさまざまな会員向け特典が受けられる点が魅力。

国際ブランドごとに特典が異なりますので、自分が利用するサービスに合わせて、最もお得な国際ブランドを使うのがお得です。

マスターカードのおすすめを徹底分析!マスターカード選びで知っておきたいこと!

アメックスのおすすめがわかる!!アメリカン・エキスプレス・カード23種を申し込み前に徹底比較・解説!

またクレジットカードが使えるお店でも、「うちではVISAとMastercardしか使えません」など、国際ブランドが限られるお店は多くあります。

そうしたときに、複数の国際ブランドのクレジットカードを持っていると便利。

そこでカードを複数枚持つ際、それぞれ異なる国際ブランドのカードを作ることにより、適用される優待、特典の範囲が広がり、より多くの施設でカード会員ならではのサービスを受けることができるようになります。

施設の種類は身近なコンビニ、レストランや百貨店から、高級ホテルやリゾート施設など多岐にわたるので、範囲が広がれば広がるほど、よりお得で充実した利用時間を過ごせるようになるでしょう。以上のように、カードによって国際ブランドの種類を分けることも、カード使い分けの際のおすすめポイントです。

クレジットカードを使い分ける際のデメリット

カードを複数枚持つことで利用面でメリットはありますが、反面財布やカードケースが嵩張り、持ち歩きや決済時に不便を感じるといった声があります。プラスチック製のクレジットカードが何枚かたまれば嵩張る上に、ポイントカードや診察券などが一緒になればそれこそ財布がパンパンになってしまうので、管理の面からもあまりたくさんカードを持ちすぎないことが重要です。その他、使い分けの際のおもなデメリットとみられる点をみていきましょう。

使い分けのデメリット1 クレジットカードの支払いを滞納・遅滞してしまう…

一般ランクのクレジットカードの多くは、18歳以上から持つことができますが、多忙な社会人生活のなかで、複数枚のカードの利用状況をそれぞれきちんと確認するのはなかなかに大変なこと。どのカードで、どれくらい使ったか把握できなくなるにつれ、返済したつもりがされていなかったり、決済日までに入金しそびれ、知らない間に残高が不足したりといったリスクも増します。その結果、支払遅延や滞納の履歴を残してしまうと、新たなカードや、あるいは将来の車、住宅ローンなどの申込みに不都合が生じるケースも生じるそう。信用情報に瑕をつけないためにも、毎月のカード支払状況をきちんと把握し、滞りのないようにすることが大切です。

使い分けのデメリット2 クレジットカードの年会費がかなり負担になることも…

数多く発行されている提携カードには、年会費無料で気軽に申し込めるタイプのものがたくさんあり、またプロパーカードにおいても、新社会人や若年層向けに年会費が無料、もしくは割安に設定されるタイプが増えてきています。しかしカード1枚のみでは割安であっても、複数枚持つ際は、年会費だけでそれ相応の出費になる場合を考慮する必要があるでしょう。そのうえ月々の光熱費や家賃、さらには家庭を持ち、ローンや子供の養育費などが増えれば、軽視できないどころか出費全体でかなりの負担になってしまうことが考えられます。とりわけ年会費のかかるカードを複数枚持つ時は、なるべく無理のない範囲に枚数を抑えることが肝腎といえるでしょう。

使い分けのデメリット3 クレジットカードの紛失・盗難に気付きにくくなる…

先に述べたように複数枚のカードを持ち歩く際は、決済時に目的のカードを取り出すにも手間がかかり、また万一落としたり、無くしたりしても気づきにくくなるのも大きなデメリットです。紛失したカードが他者の手に渡り、もしもそこでカード裏面に自筆のサインがなければ悪用され、損害を蒙る危険も生じてきます。そのような際は早急にカード会社へ連絡し、カード利用を差し止めるのが先決ですが、普段からできる限り自分でも把握しやすいように、手元のカードを整理しておくことが 重要。それぞれのカードの保管や管理には、常に細心の注意を払うようにしましょう。

使い分けのデメリット4 クレジットカードの審査が厳しくなることも

カード入会時には所定の審査があります。そこで申込みの際の個人情報をもとに、カード会社が入会の合否を判定しますが、基本最も肝要な審査基準となるのが、申込者に一定の返済能力が見込めるかということ。

もしも申込みの段階で既に多くのカードを持っていたり、また他社のカードに同時申込をしたりすれば、審査時にカード会社が収入状況、ひいては返済状況に疑念を抱き、結果審査に通りにくくなるといったケースがあるようです。

多くのカードに申込むことは審査結果にも影響を及ぼしてくるので、年会費やポイント還元率を考慮し、自分にとって本当に利用価値のあるカードを選び持つようにするのが良いでしょう。

使い分ける際のメインにおすすめなクレジットカードの特徴

複数のクレジットカードを使い分ける際、メインカードで使う種類としてはまず、ポイント高還元率のものがおすすめです。また日常の行動範囲内で多くの加盟店を持つ国際ブランドを選択し、加えて旅行傷害保険も充実したものを選ぶようにしましょう。

さらに年会費が割高になりますが、メインにステータスの高いゴールドやそれ以上のタイプを据えるのもひとつの方法です。

使い分けは、クレジットカードのポイント還元率が高いものを選ぼう 楽天カードとサブカードなど!

国内のとりわけ物価が高い都市地域などでは、まずはお得に使えるポイント高還元率のカードがおすすめ。

現行のカードには、楽天カードはじめ通常決済でポイント1%還元の種類が数多くあり、さらに提携先での利用時やオンラインショッピングで、10%前後もしくはそれ以上の還元率になるタイプも少なからずあります。

また近年はプロパーカードでも、ポイント常時2倍や、ポイントプレゼントキャンペーンなどを随時行っているので、カード選びの際検討してみると良いでしょう。
もっともお得な活用法としては、生活圏内で日頃利用する店舗や施設でのポイント還元率に特化した提携カードをメインとするのがポイントです。

国際ブランドで使い分け 国際ブランドは広範囲で使われている

使い分けのメインカード用の国際ブランドを選ぶ際、国内利用を第一に考えるなら、日本発のブランドJCBはまず外せないでしょう。また世界でのグローバルな活用を視野に入れるなら、世界第1位、第2位のシェアを占めるVISA、Mastercardも押さえておきたいところです。

他に著名なブランドはAmerican Express、Diners Club、Discover、UnionPay(銀聯)など。うちAmerican Expressはステータス性があり、Diners ClubやDiscoverとともにアメリカを中心に普及しているブランドです。またUnionPayは中国発で、近年世界各国にシェアを伸ばしてきています。

複数枚カードを持つ際は異なった国際ブランドを揃えることで、より広範囲でサービス特典が適用されるようになるので、自分の行動範囲に合うブランドを幅広く揃えるようにするのが良いでしょう。

使い分けは何枚?…クレジットカードのステータス性が高いものと、そうでないものがおすすめ

一般的にはメインカードとサブカードの2枚が一般的です。メインカードとサブカードの使い分け方の詳しいやり方については、この後詳しく説明します。

使い分けのメインのクレジットカードとして、ポイントよりもクレジットカードの格やステータスを重視するなら、よりハイグレードなタイプの、ゴールドカードやプラチナカードを持つという手もあります。

ただそうしたクレジットカードは上位クラスゆえに相応の年会費が発生し、また種類も限られ、入会資格や審査も一般カードと比べ基準が厳しいものがほとんど。American Expressなどは、ゴールドタイプで数万円の年会費を要します。しかし最近では、数千円単位の年会費のゴールドカードも登場してきており、申込みの際一考の価値はあるでしょう。
またゴールドやプラチナのさらに上位に位置し、クレジットカードの最高ランクとされるブラックカードは、基本招待制で普段滅多にお目にかかれない類のもの。しかし将来の人生設計に向けてステータスを極めたい場合は、選択肢に加えてみるのも一つの方法です。

使い分けは、クレジットカードに旅行傷害保険がついているものを選ぼう

昨今は若い世代にも海外旅行を楽しむ人が増えています。しかし実際、旅行先の慣れない環境で携行品の紛失や盗難に遭ったり、体調を崩したりすることは少なからずあるもの。

プロパーカードはじめ、主要なクレジットカードの大半には、海外や国内での旅先における疾病治療費や、事故による侵害賠償などを補償する旅行傷害保険が付加されています。そこでメインカードを選ぶ際は、なるべく補償額が充実した旅行傷害保険があるものを選択するようにしましょう。半面提携カードのなかには、保険が僅かしか付帯されないものも少なくないようなので、入会時によく内容をチェックするのがポイントです。

使い分けの際サブにおすすめなクレジットカードの特徴

使い分けのメインカードを補完する役割を持つサブカードに関しては、オールラウンドなスペックは基本不要で、年会費も負担にならずに気軽に持てるタイプのものが良いとされます。またメインカードとは異なる国際ブランドを選ぶことで、利用できる加盟店が拡がり、より多くのサービスや優待を受けることができるようになります。

使い分けは、クレジットカードの年会費が比較的安い

日常の買い物などで頻繁に利用し、貯めたポイントで年会費の元が取れるといった場合でない限り、使い分けのサブカードを作る際は、なるべく負担のかからない年会費に抑えるのがおすすめ。
サブとして、特定の店舗や限られたシーンでしかクレジットカードを使わないような場合は、年会費が無料もしくは比較的割安のものを選ぶのが良いでしょう。

提携先でのポイント高還元や割引が適用される提携カードでは、年会費無料の種類が数多く発行されています。そうしたタイプはカードフェイスも、提携先のキャラクターやロゴなどが入ったユニークでポップなものがたくさんあるので、お気に入りのデザインを選りすぐるのも楽しみの一つといえますね。

使い分けは、サブのクレジットカードの国際ブランドはメインと違うものを

先の項でも触れましたが、使い分けのサブカードを作る際、メインとは異なる国際ブランドを選択することで、会員向けのサービスや特典がより拡充されるメリットがあります。現在でも海外や国内において、都市部から離れた地域では、JCB、VISA、Mastercardのうちの何種類しか利用できないといった場合が少なくないよう。さらにAmerican Expressや銀聯などは、シーンによって使える場所がかなり限られ、不都合を生じるようなケースもあります。

より広範囲でアクティブなカードの活用を考えるなら、サブカードでメインと異なる国際ブランドを揃えるのが賢いやり方といえるでしょう。

使い分けは、自分のよく行く場所の優待があるクレジットカードがおすすめ

イオンカードやパルコカードなどは、それぞれ提携先の量販店、百貨店でのポイント高還元や優待割引といった会員限定特典が適用され、カードランキング記事で上位に位置する人気の高いクレジットカードです。そこで日常の生活圏内にそうした店舗があり、普段からよく利用するという人は、ぜひ店舗との提携カードを作ることをおすすめします。

またポイント還元率が低いとされるプロパーカードでも、特定の優待店の利用でポイント付与がアップすることもあるので、身近な活動範囲にそうした店舗を探してチェックしておくのもアリです。

使い分けは、メインのクレジットカードを補完する旅行傷害保険がついている

前項で使い分けのサブカード向きとされる提携先優待カードのメリットを述べましたが、実は反面、そうした提携カードには、旅行傷害保険の付帯が不完全なものが少なくありません。また一方で、メインカード向きとされる種類においても、海外旅行保険は充実しているが国内旅行保険が付帯されないといったタイプがあります。

そこでメインおよびサブカードを選ぶ際は、付帯保険をはじめとするサービス内容において、互いのカードの欠如部分を補うようにするのがベストな方法です。提携カードの種類は膨大な数に及ぶので、それぞれじっくり検討してみるのが良いでしょう。

クレジットカードの使い分けの際の注意点

最後に、クレジットカード使い分けの際、先述のようなデメリットに繋がる状況にしないために、留意すべき点をいくつか挙げておきましょう。つまるところ会員の信用性でお金が動くクレジットカードを、自分で管理しきれないほど多く持つことは、支払遅延や滞納などで信用を失う事態を招きやすくなります。

ほどほどの枚数に抑えておけば、それぞれの利用状況に目が届きやすくなり、信用を損ねずスムーズなクレジットカード利用ができるということです。

使い分け目的でも、クレジットカードを一度に複数申し込まない

カード会社や信販、銀行といった金融機関の多くは、信用情報機関を通じて顧客のクレジットやローンの利用状況、返済状況を互いに共有しています。そこで多種類のクレジットカードを一度に申し込んだ場合、審査の段階で多重申込みが判明し、先に述べたように経済状況や支払能力にカード会社が疑問を持ち、審査落ちのリスクが高くなるようです。

またカードの種類を増やしすぎることでそれぞれのカードの利用状況が把握しづらくなり、遅延や滞納に繋がる可能性があるので、複数枚持つ際もほどほどの枚数にとどめておくようにしましょう。

使い分け目的でも、必要以上に申し込まない

複数のクレジットカードを使いこなし慣れてくると、例えばたまたま魅力的な優待内容のカードに巡りあった時、手元に追加していきたいと思う場合もあるでしょう。しかし、メインカード以外に時たまにしか使わないカードが増えれば、先述のように管理しづらくなり紛失のリスクも高まります。

もしもそうしたクレジットカードが「利用履歴があれば年会費無料となる」場合は要注意。一度も使わなければ年会費が発生するので、カードを寝かせて会費だけを取られてしまうようなことになりかねません。また年会費無料が突如有料になるケースもあるようなので、そうした状況を把握しきれないほど多くのカードを持つのは避けたほうが無難です。

使い分け目的でも、クレジットカードの支払いを遅滞させない

はじめにも述べましたが、複数枚のクレジットカードを持つと管理しにくくなり結果、支払遅延や滞納をしやすくなってしまう傾向があります。クレジットカード契約は会員の信用の上に成立しているので、もしも遅延や滞納の履歴が残れば、信用情報に瑕がつき、新たなカードやローンを申し込みにくくなり、将来の人生設計に影響を及ぼしかねません。

繰り返しますが複数枚のクレジットカードの利用時には、それぞれの返済状況や残高をきちんと把握し、しっかりと返済計画を立てて、月々の返済を滞りなく行っていくようにしましょう。

サブカードの使い分けの例

サブカードの例の一つとして、自分がよく利用する店舗でお得に使えるカードを持つというものがあります。

PARCOカードはパルコでの買い物だけに使う場合

たとえば、PARCOカード。文字通りパルコでお得なカードです。パルコでの優待や割引、カード保有者限定のサービスなどが受けられます。ですが、パルコ以外での買い物で利用するには少し物足りない。

還元率も提携店以外で利用するなら楽天カードやオリコカードなどを利用する方がよいです。

ルミネカードはSuicaチャージやルミネでの買い物専用

ルミネカードは文字通りルミネでお得なカードなほか、Suicaと一体型のクレジットカードです。Suicaへチャージするとポイントがつき、定期券購入やオートチャージの利用でさらにポイントがつきます。

楽天カードなど多くのカードでは、スマートフォンに取り込んだアプリにスイカを登録して、クレジットカードからチャージができます。しかし、ポイントはいっさいつきません。

これならスイカチャージのみルミネカードにした方がオトク。

交通費や定期券など、自然に多くの支払いがなされるので、ポイントも貯まりやすいです。

スイカ利用者は必携のクレカともいえます。

メインとして還元率1%以上のカード、サブでルミネカード、という使い方はおすすめです。

ちなみに、VIEWカードが出しているほかのクレジットカードでも、スイカチャージでお得にポイントをゲットできます。

 

クレジットカードの使い分けポイントまとめ

クレジットカードの使い分けについて、メリットやデメリット、おすすめカードや注意点などを述べてきましたが、参考になりましたでしょうか。
日常それぞれのシーンに適したメインカード、サブカードを持ちすぎない程度に所持し、利用することで、それぞれのカードのメリットをより大きく活かせるようになるでしょう。

充実したカードライフを楽しむために、紛失や遅延などに留意のうえで、各々のクレジットカードを賢く使い分けしていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください