今すぐ作れる即日発行カード27枚を徹底比較💳🚀

ソフトバンクグループ(9984)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説!

ソフトバンクグループ(9984)の株主優待

ソフトバンクグループ株式会社は東証一部上場企業です。
ここのところ投資家の方から注目されていた子会社のソフトバンク(株)が12月19日に上場しました。
親子上場となった形ですがソフトバンクグループの株主優待制度の内容はどうなるのでしょうか?この記事では「ソフトバンクグループ株式会社(9984)の株主優待についてまとめてみました。

ソフトバンクグループの株主優待の内容について

ソフトバンクグループの株主優待は、グループ企業のサービスに対して優待が受けられます。通信費などの基本使用料が無料や割引となります。携帯電話やスマホなら半年で3,000〜6,000円分の優待が利用できますので、ソフトバンクユーザーにとってはお得な優待です。

ちなみに上場したソフトバンク株式会社(9434)の株主優待はまだ何もありません。

下記表の内容が年2回贈呈されます

所有株数優待(3月、9月)
100株以上①携帯電話・スマホの利用料金を6ヶ月間500円~最大1,000円(税抜)割引
【ソフトバンク携帯電話・タブレット/ワイモバイル】 

②インターネットの利用料を6ヵ月間372円~最大1,490円(税抜)割引
【SoftBank 光、SoftBank Air、Yahoo!BB 光 with フレッツなど】

 

ソフトバンクグループの株主優待券の買い方:一般編

ソフトバンクグループの株主優待券の一般的な買い方としては、まず証券口座を開設して株を購入します。

株購入の流れとしては、

  1. 証券口座を開設する
  2. ソフトバンクグループ株式会社の株式を100株以上購入
  3. 3月31日、9月30日の権利確定日(翌日)まで株を保有する
  • 優待は最低取得額825,900円の資金が必要となります。
    ※単元数100株、優待は100株以上 株価8,259円 (2018年12月19日現在)
一般的には株を購入して権利確定の日に株主としての権利があれば優待をもらうことができます。つまり年間でたった1日だけの株主でも株主優待を受けることができます。

株主優待の権利確定日は各企業で決まっていますので、事前に各企業のサイトや証券会社などでも発表されていますので調べておきましょう。

ソフトバンクグループの株主優待券はいつ届く?

ソフトバンクグループの株主優待の場合、無料や割引などされる適用期間が与えられるもなので株主優待券が届くものではありません。

2018年3月分の優待は下記の通りです。
・適用期間は申し込み日の翌請求月から6カ月間
2018年8月請求分から適用されます。

ソフトバンクグループの株主優待券を金券ショップでの買う方法

金券ショップでは取り扱いはありません。ソフトバンクグループの株主優待は基本使用料無料や割引などです。

優待券を購入したい方は、他社の優待券を最寄りの金券ショップの店舗またはオンラインショップで探してみましょう。
ただし、常にお目当の優待券が売られているわけではなく人気の優待券は売り切れてしまします。優待券は各株主に送付後1、2ヶ月が最も多くあると考えられますので、タイミングをみて購入しましょう。

ソフトバンクグループの株主優待の権利確定月は何月?

ソフトバンクグループ株主優待権利確定日

・100株以上・・・・・3月、9月

権利付き最終日に株を保有していると株主優待をもらえる権利が確定します。
※正確な情報は企業WEBをご確認下さい。
ソフトバンクグループ公式サイト

また、権利確定日の直近で株価が高騰しがちですから、購入の際は十分注意しましょう。

株式は購入したその日から株主になれるわけではなく、企業から株主としての権利を得るには権利確定日を待つ必要があります。また、株を買ってから3営業日という期間が求められます。このような権利確定日の3営業日前の日のことを「権利付き最終日」と呼びます。

ソフトバンクグループの株主優待の優待回数は何回?

ソフトバンクグループの株主優待の優待回数は

・100株以上・・・・・年2回

となります。

ソフトバンクグループの株主優待の優待券の種類は?

ソフトバンクグループの株主優待券の種類は、基本使用料無料や割引などです。

100株以上の保有で権利確定されると贈呈されます。

ソフトバンクグループの株主優待の優待利回り

利回りとは投資金額に対してどのくらいお得なのか、株主優待(収益)の割合を示す指標となります。

ソフトバンクグループの優待利回りは、100株購入で年間6,000円の優待をもらうと0.73%になります。また、株主のもう一つのメリットとして配当を受け取れます。こちらは2019年の配当予想は44.0円、予想配当利回りは0.47%です。(2018年12月19日現在)

優待利回り配当利回り
0.73%0.53%

ソフトバンクグループ株式会社の会社概要

ソフトバンクグループ株式会社
本社所在地 / 〒105-7303 東京都港区東新橋1−9−1
電話番号 / 03-6889-2000
業種分類 / 情報・通信
英文社名 / SoftBank Group Corp.
代表者名 / 孫 正義
設立年月日 / 1981年9月3日
単元株数 / 100株
従業員数 / (単独)195人
従業員数 / (連結)74,952人
平均年齢 / 40.5歳
平均年収 / 11,580千円
連結事業 / 【連結事業】国内通信35(21)、スプリント37(8)、ヤフー9(20)、流通15(-2)、アーム2(-16)、ファンド等‥、他1(-23)【海外】52(2018.3)
ソフトバンクグループの事業は、インターネットを事業基盤として「ソフトバンク事業」「スプリント事業」「ヤフー事業」「アーム事業」「ソフトバンク・ビジョン・ファンドおよびデルタ・ファンド事業」「ブライトスター事業」などを展開している企業です。
また、福岡ソフトバンクホークス関連事業も展開しています。

ソフトバンクグループ株式会社の証券コード

ソフトバンクグループ株式会社の証券コードは「9984」になります。

証券コードとは銘柄コードとも言い、上場企業に割り当てられる4ケタの数字のことを言います。

会社四季報などにも企業名の隣りに証券コードが記載されています。
インターネットを利用して銘柄データを検索するときに、この「証券コード」または「銘柄名」を入力すると企業情報をみることができます。

ソフトバンクグループの株主優待券をメルカリやヤフオクで売ってもいいの?

ソフトバンクグループの株主優待券は基本使用料無料や割引などですので、残念ながら売ることができません。

例えば、株主優待券はANAやJALなどの優待券はよく見かけます。
しかし「メルカリ」は以前まで株主優待券の取引がされていましたが、規約変更があり取引が禁止されました。
従来まで出品不可のアイテムに株主優待券については記載がありませんでしたが、現金と同等のものとして「株主優待券」が出品禁止アイテムとして明記されました。

ヤフオクでは現在でも株主優待券を見かけますが、メルカリで株主優待券を手に入れることは無理と考えたほうがよいです。

ソフトバンクグループの株主優待券を買取してもらう方法とは?

ソフトバンクグループの株主優待券の基本使用料無料や割引などですので買取してもらう方法はありません。

無料や割引などや商品券などの優待券だったら金券ショップで高価買取してくれるところが多いので現金化ができます。お近くに金券ショップがある場合は一度確認してみて相場を確かめるのも良いでしょう。

ソフトバンク株式会社の上場とは?

ソフトバンクグループの子会社であるソフトバンク株式会社が12月19日株式上場しました。

ソフトバンクはすでに上場してるのでは?とこの記事でも紹介させていただきましたが、こちらは親会社のソフトバンクグループ(株)で、子会社であり携帯電話を主力として事業展開していたソフトバンクは非上場でした。ソフトバンク(株)が上場すればソフトバンクグループの株主価値を追加予定とのことや、ソフトバンク(株)は知名度も高くIPOの規模も大きので数年前より上場の噂があり、投資家の注目度は高いです。

また、株主優待の内容もどのようになるのか注目していきたいと思います。
ソフトバンク公式ツイッター

ソフトバンクの株主優待内容の違いは?通信キャリアNTTドコモ

ソフトバンクは通信キャリア業界大手3社ですが、ライバルでもあるNTTドコモの株主優待内容はどうなんでしょうか?
ソフトバンクのユーザーにとっては、携帯・スマホなどの基本料金は500円〜1,000円が半年間無料や割引になる株主優待でしたが、ドコモの株主優待制度は残念がら実施されていません。ただし、もう一つのメリットである株主の配当利回りは魅力的なのです。一般的な配当性向の水準が20〜30%に対して、NTTドコモの2017年の実績で46.7%です。
NTTドコモ(9437)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

ソフトバンク とは違って携帯電話などの料金がお得になるものではありませんが、NTTドコモの場合は配当金によって還元を受けることになります。

ソフトバンクの株主優待との違いは?通信キャリアAU

それではもう一つの通信キャリア業界大手のAUはどんな内容なのでしょうか?
先ほども述べましたが、ソフトバンク株主優待は通信機器や回線がソフトバンクユーザーであればメリットがある内容でした。

気になるAUの運営会社であるKDDIの株主優待の内容は、全国47都道府県のグルメ品を「保有株式数」と「保有期間」に応じたカタログギフトから選ぶものになります。こちらも保有する株の通信キャリアユーザーではなくてもメリットがある株主優待内容です。
KDDI(9433)の株主優待の内容とは?お得な使い方〜買取情報まで解説

ソフトバンクグループの株主優待についてのまとめ

ソフトバンクグループ(9984)は100株以上で基本使用料無料や割引などとなる優待が年2回適用されます。通信事業ならではの内容ですが、ソフトバンク携帯電話、サブブランドであるワイモバイルやインターネットの基本料金が、適用期間中の6ヶ月間無料や割引となります。年間約6,000円〜12,000円分の料金が割引されるのでソフトバンクユーザーにとってはメリットが大きいですね。

子会社である携帯通信会社のソフトバンク株式会社(9434)の上場しました。
知名度も規模も大きいので株価や株主優待の内容もどのようになるのか注目していきたいと思います。
ソフトバンク(9434)は株主優待を実施すべきではないか?決算説明で未だ発表なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください