楽天カード入会で最大7,500円分もらえる❗

損保自動車保険補償内容は?あまり知られていない自賠責保険の補償金額についても詳しく解説

車
自動車保険とは自動車で公道を運転する場合には必ず加入しなければいけない自賠責保険と任意に加入できる任意保険とがありますが、そもそも自動車とは何でしょうか?自賠責保険の保険金額や任意保険についても詳しく解説します。

損保会社が出している自動車保険の自賠責保険とは?

自動車保険の自賠責保険とは正式名称は「自動車損害賠償責任保険」と言います。

略して自賠責保険と呼びますが、自賠責保険は自動車損害賠償保障法(自賠法)よって、自動車で公道を走行する場合は必ず加入することを義務付けている、いわゆる強制保険です。

自賠責保険は自賠法が施行された1955年に交通事故が発生した場合に被害者の保護を図ること、自動車運送の健全な発達に資することを目的に制定された法律です。

自賠責保険の補償対象は自動車の保有者や運転者が他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。

人身事故だけ対象のため、物に対する賠償責任などは対象外です。

補償内容は1名に付き死亡3000万円・傷害120万円・後遺障害に応じて4000万円です。

これは被害者1名に対してです。複数人の被害者がいる場合はそれぞれに保険金が支払われます。

また、自賠責保険では被害者救済と加害者の賠償能力を目的にしていることから、飲酒運転や無免許運転の場合も保険金の支払対象になります。

自賠責保険に加入せずに自動車を公道で運転した場合、厳しい罰則があります。

1年以下の懲役または50万円以下の罰金。そして行政処分としてさらに6点という点数が引かれ、一発で免許停止処分になります。自賠責保険は必ず加入するようにしましょう。

損保の自賠責保険に加入が義務付けられている自動車とは何か

自賠責保険は公道で自動車を運転する場合は加入が義務付けられていると説明しましたが、そもそも自動車とは何が当てはまるものなのでしょうか。

自動車とは道路交通法及び道路運送車両法では次のように定められています。

道路交通法

自動車・原動機を用い、かつ、レールまたは架線によらないで運転する車であって、原動機付自転車、自転車及び身体障害者用の車椅子並びに歩行補助車その他の小型の車で政令で定めるもの。よって自動二輪車も自動車に含まれるが、路面電車・トロリーバスは架線を用いるので該当しないです。

原動機付自転車は内閣府令で定める大きさ以下の総排気量または定格出力を有する原動機を用い、かつ、レールまたは架線によらないで運転する車であって、自転車・身体障害者用の車椅子及び歩行補助車以外のものです。

道路運送車両法

自動車・原動機により陸上を移動させることを目的として制作された用具で、軌条若しくは架線を用いないものまたはこれにより牽引して陸上を移動させることを目的として作成した用具であって次項に規定する原動機自転車以外の物もの(同法第2条第2項)自動二輪車は「二輪の軽自動車・二輪の小型自動車」です。

原動機付自転車は国土交通省令で定める総排気量または定格出力を有する原動機により陸上をい移動させることを目的に作成した用具で軌条若しくは架線を用いないものまたはこれにより牽引して陸上を移動させることを目的に作成した用具です。
つまり、原動機付自転車・バイク・車は自動車に当たり自賠責保険への加入が義務付けられています。

損保会社は自動車保険として自賠責保険の他に任意保険という保険も用意

近年は交通事故の賠償額が高額化してきていて、場合によっては1億円を超えることもあります。

そのため、自賠責保険ではまかないきれない事例が多く、交通事故の被害者に限らず、加害者も経済面で大変苦労をします。

被害者や加害者のライフプランに大変大きな影響をもたらします。ですが、残念ながら車を運転する方なら自動車事故は誰でも加害者になる可能性があります。
そのため十分な備えをしておくことが重要になります。

任意保険では自賠責保険ではまかないきれない部分の補償をしてくれます。主な補償内容としては、対人賠償・対物賠償・人身傷害・搭乗者傷害・自損事故・無保険車傷害・車両保険の7種類と、対人に限らず物や自身の補償までしてくれます。

ほとんどの損害保険会社で任意の自動車保険を取り扱っており、基本的な補償内容は一緒です。
ただ、事故対応サービスや特約など、各損害保険会社で異なるため、自身のニーズに合わせ検討てみてください。

損保の自動車保険についてのまとめ

自動車保険は自動車を運転される方なら必ず加入しなければいけない自賠責保険と任意に加入できる任意の自動車保険に分ける事ができます。

自賠責保険に加入せずに自動車を運転した場合は厳しい罰則が待っているだけじゃなく被害者にも甚大な被害が及びますので自動車を運転される場合は必ず加入してください。

任意の自動車保険は任意とは言いますが、交通事故で他人を死傷させてしまった場合に限らず、物に対する賠償責任なども補償してくれます。

そして、人身の賠償は高額になります。ご自身のみならず自身の家族、被害者、被害者の家族のためにも任意保険に加入されることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください