セブンイレブンで20%還元☕✨

ソニー生命の変額保険とは?その特徴と仕組みを知ろう

保険
ソニー生命で生命保険の資料請求や相談をすると、一般的な生命保険とは別に「変額保険」を勧められることがあります。変額保険とは、受取れる保険金が変動(増減)する保険なのですが、いったいどういった仕組みなのでしょうか。
ここでは、ソニー生命変額保険についての特徴から実際の運用方法まで詳しく説明していきます。

まずはソニー生命変額保険の特徴を見てみましょう

ソニー生命の変額保険は、保険料の一部を保険契約者本人が株式や債券などに投資、運用することで受取れる保険金の額が変動します。運用実績が良ければより多くの保険金が受取れる反面、株価や債券の下落などで運用がマイナスになり、解約返戻金などが大きく減る可能性もあります。
保険の種類により保障される内容が異なりますので、詳しくみてみましょう。

変額保険・終身型オプションA

終身型の特徴
1.保障は一生涯続きます。
2.運用がマイナスだった場合でも、契約時に決めた基本保険金額(死亡時や所定の高度障害状態になった時に支払われる)は最低限保障され、運用がプラスだった場合は基本保険金額にプラス分も加算されて支払われます。
3.解約返戻金が運用実績により変動するため、最低保障金額がなく、払い込んだ保険料より大きく下回る可能性があります。

以下はオプションAの特徴です。

オプションAの特徴
・積立機能重視で、運用実績が3%を超えるとオプションBと比べオプションAのほうが積立金(運用される金額)が大きくなります。
・運用実績がプラスの場合、年に2回に限り減額できます。ただし減額した額と同額が積立金から減らされます。(減額に関してはあとで詳しく説明します)
・変動保険金額は運用実績に応じて毎日増減します。
・保険契約後、オプションBに変更することができません。

変額保険・終身型オプションB

終身型の特徴は上記1~3まで同様です。

以下はオプションBの特徴です。

オプションBの特徴
・保障機能重視で、運用実績が同一の場合、オプションAと比べオプションBのほうが変額保険金額が多くなります。
・運用実績がプラスの場合でも減額することができません。
・変動保険金額は所定の計算方法で毎月1日に増減し、月内は一定です。
・契約後オプションAに変更することができます。

変額保険 有期型オプションA

有期型の特徴
①保障は契約時に設定した満期日までです。
②満期時までに死亡や所定の高度障害状態になった場合、その時点で運用がマイナスだった場合でも基本保険金額が保証され、プラスだった場合はその分も加算されて支払われます。
③満期時に満期保険金が受取れますが、最低保障金額がないため運用実績に応じて増減します。運用がプラスだった場合はその分が加算されて支払われますが、運用がマイナスだった場合は基本保険金額より少なくなる可能性があります。
④.解約返戻金が運用実績により変動するため、最低保障金額がなく、払い込んだ保険料より大きく下回る可能性があります。

上記有期型の特徴に加え、オプションAの特徴は終身型と同様です。

変額保険 有期型オプションB

有期型の特徴は上記①~④と同様です。
オプションBの特徴は終身型オプションBと同様です。

ニー生命変額保険の運用実績確認から運用変更までの流れを見てみましょう

ソニー生命変額保険の特徴がわかったところで、次に保険契約時から運用実績の確認、運用変更までの流れを見てみましょう。

保険契約時から運用実績の確認、運用変更までの流れ
1.保険契約時に、初期設定として運用タイプを決めます。営業担当のライフプランナーにもよりますが、たいてい、ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターン、その中間の安定タイプの3タイプを紹介され、どれかを選びます。
2.契約から数日経つと「お客さまWEBサービス」登録番号を記したハガキが届きますので、ソニー生命ホームページから新規登録をします。
3.登録がすんだら「お客さまWEBサービス」にログインし、ページ上部にある「契約内容の照会」から「変額/外貨詳細情報」ボタンを押すといつでも運用実績が確認できます。
4.運用実績を確認し、運用を変更したい場合はページ下部にある「この契約の繰入比率の変更、積立金移転の手続きに進む」ボタンから手続パスワードを入力し、運用を変更します。なお、変更できる回数が契約日を起算として1年間で12回と制限がありますのでご注意ください。

ソニー生命変額保険の運用について基礎知識を確認しましょう

ソニー生命の変額保険の運用は、8つの特別勘定といわれる運用先に分かれています。
契約時から最初に自分が運用変更するまでは、保険契約時に決めた運用タイプ別にソニー生命があらかじめ設定した数値で運用されています。
「お客さまWEBサービス」から運用実績を照会すると「変額(年金)保険金額」として運用結果の金額が確認できます。必要ならば運用を変更するのですが、運用方法は、8つの特別勘定に金額ではなくパーセンテージで割り当てていきます。

<運用変更ページのイメージ>
保険-img

変更前の数字は現在の運用比率で、動かすことができません。変更後の欄に数字を入力していきます。
入力し、確定ボタンを押したら変更終了です。以降は変更後の比率で運用されます。
ソニー生命では、過去の運用実績やマーケット情報など、運用に必要なさまざまなデータをホームページ上に用意しています。

参考 変額保険等に関するご注意ソニー生命株式会社

運用変更のさいに参考にしてください。

*保険料繰入比率とは、保険契約者が支払っている保険料の自己運用部分の金額のうち、それぞれの特別勘定に振り分ける割合のことです。
*積立金比率とは、特別勘定で運用された結果の金額(積立金)のうち、それぞれの特別勘定に振り分ける割合のことで、運用により毎日増減します。

ソニー生命変額保険・減額について知りましょう

ソニー生命変額保険の特徴について説明した部分でふれましたが、終身型、有期型共にオプションAは運用実績がプラスの場合のみ、年2回に限りプラスの金額範囲内で変額部分を減額することができます。
減額とは、変額金額から本来積立金に回るお金を減らし、その分保険契約者は現金を手にすることができる制度です。
減額方法は、担当のライフプランナーに連絡し、減額手続きのための書類を記入、ソニー生命に返送するだけで、ソニー生命で手続きがすめば指定の銀行口座に入金されます。
減額しても基本保険金額は契約時に決めた金額から変わりませんが、運用のための積立金が減りますので運用そのものが小さくなりますし、解約返戻金もその分減りますので注意が必要です。

ソニー生命変額保険は年末調整の対象となります

ソニー生命変額保険は、一般的な生命保険と同様、年末調整のさいの生命保険料控除の対象となります。
10月中旬にソニー生命から「生命保険料控除証明書」がハガキか、ソニー生命の保険が3契約以上ならば封書で送られてきます。
ソニー生命のホームページ上に、簡単に控除額を計算することができるサポートツールが用意されていますのでご活用ください。

参考 生命保険料控除申告サポートツールソニー生命株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください