今すぐ作れるクレジットカードあります!

ソニー銀行の定期預金の金利はいくら?おすすめの資産運用法を徹底解説!

「ソニー銀行の金利は?」
「ソニー銀行にお金を預けたらどれほど利息がもらえる?」

このように、ソニー銀行の金利についてお困りではないでしょうか?

結論から言うと、ソニー銀行の定期預金の金利は決して高いものではありません。

ソニー銀行の強みは独自の仕組み預金と外貨預金にあります。

そこで今回は、ソニー銀行の円預金と外貨預金の金利の違いから、独自の仕組み預金についてご紹介していきます。

ソニー銀行で資産運用を考えている方は必見です。

ソニー銀行が取り扱う3つの円預金の金利

ソニー銀行の円預金で得られる金利は主に以下の3種類があります。

  • 円普通預金
  • 円定期預金
  • 積み立て定期預金

ここからは、それぞれ現在の金利をご紹介していきます。

ソニー銀行の預金金利は随時見直されるため、ここで紹介する金利は2019年3月現在のものとなっています。

円普通預金

ソニー銀行の円普通預金の年利は一律0.001%です。

実はソニー銀行の普通預金は決して高くなく、預金に対しての利息には期待ができません。

ネット銀行の中では最低水準の金利で、メガバンクと同程度となっています。

中でもイオン銀行の普通預金は年利最大0.120%で、ソニー銀行の12倍の金利なので、ソニー銀行の円普通預金はおすすめできません。

ソニー銀行で資産運用を考えているのであれば、円定期預金や積み立て定期預金を選択しましょう。

円定期預金

現在、ソニー銀行の定期預金の金利は以下の通りです。

ソニー銀行の定期預金は比較的優秀と言えます。

5〜10年の長期的な定期預金であれば、他行よりも高い金利となり、メガバンクと比較した際に10年後、約5倍の利息がつきます。

しかし、その他銀行には最長5年で0.3%のオリックス銀行、0.25%のSBJ銀行などと比較すると、ほとんど利息がつかないことがわかります。

円定期預金をするのであれば、オリックス銀行やSBJ銀行などその他銀行がおすすめです。

積み立て定期預金

ソニー銀行の積立定期預金金利は以下の表の通りです。

最高金利が1年もので運用して0.05%となっています。

メガバンクやゆうちょ銀行の積み立て定期預金の金利は0.01%なので、ソニー銀行は比較的優秀と言えるでしょう。

しかし、全期間0.08%の金利がつくイオン銀行と比較するとどうしても目劣りしてしまいます。

定期預金と大きな差はないので、ソニー銀行で資産運用するのであれば、自分の目的に合ったものを選択するといいでしょう。

余った資金が多くあるのであれば定期預金子供の教育費や車検等のためにコツコツ貯蓄したいのであれば積み立て定期預金がおすすめです。

ソニー銀行最も金利の高い外貨預金2選

ソニー銀行の外貨預金は12カ国の通貨を取り扱っています。

中でも金利が高くておすすめなのが以下の2通貨です。

  • 南アランド
  • 米ドル

ソニー銀行は外貨預金に力を入れており、為替手数料も安いことから、外貨預金を始めるならソニー銀行がおすすめです。

南アランド

現在、ソニー銀行の南アランド定期預金の金利は以下の通りです。

最も高い年利で5.9%となっており、外貨普通預金・外貨定期預金共に南アランドは高金利です。

さらに、現在「円から始める限定金利」という預け入れ方法があり、外貨定期預金申し込みの際に、円普通預金から預け入れることで、加えて1ヶ月だけ年利30%の金利がつきます。

2019年3月1日時点の南アランドのレートは約7.8円で今後為替変動が予測されますが、約7.2円で強い支持線があるので、近い将来であれば7.2円を大きく割ることは考えにくいでしょう。

仮に1ZAR=7.2円を割っても「円から始める限定金利」の30%の金利があるので、安心して預け入れすることができます。

また、1ZAR=7.8円に対して0.2円もの為替コストがかかりますが、金利が非常に高いので、十分プラスになることが予測されます。

これらより、外貨定期預金を始めるのであれば、今ソニー銀行の南アランドがおすすめです。

米ドル

現在、ソニー銀行の米ドル定期預金の金利は以下の通りです。

同じネット銀行のイオン銀行は米ドルの定期預金金利が最大2.2%なので、ソニー銀行の外貨定期預金の金利は高いと言えます。

米ドルの「円から始める限定金利」は、一律で年利3.0%となっており、大きな利息ではありませんが、万が一の為替変動の支えになるでしょう。

また、USD/JPYのチャートは比較的安定的な動きであり、為替コストも1USD=111円に対して0.15円となっているので、現在よりドル安に多少動いても原資産はプラスになると考えられます。

安定して外貨定期預金で利益を得たいのであれば、米ドルがおすすめです。

ソニー銀行外貨預金の注意点

ソニー銀行で外貨預金を行う場合、以下の2点に注意が必要です。

  • 為替変動
  • 外貨交換時の手数料

為替相場は常に変動しているので、基本的に外貨預金にはリスクが伴います。

例えば米ドルを定期預金して、米ドル自体が増えたとしても、預け入れ時のレートと引出し時のレートが下がっていれば、結局損することが考えられます。

また、仮に為替相場に変動がなかった場合でも、外貨の購入レート・売却レート・基準レートの差で負担しなければいけない為替コストによっては、元本割れすることもあります。

特に、南アランドは1ZARに対して日本円が低く、外貨コストの高いことから、米ドルよりもリスクが高いと言えます。

外貨預金を始める際は、まずリスクがあることを理解しておき、ある程度為替の今後の動きを予測してからにしましょう。

ソニー銀行で定期預金をするなら金利が高い「円定期plus」がおすすめ

円定期plusは、ソニー銀行が提供する仕組み預金の一つです。

円定期plusのポイントは主に以下の3点です。

  • 通常の円定期預金よりも高金利
  • 満期まで保有すれば元本保証
  • 満期日が早まる可能性のある円建て仕組み預金

満期日をお客が決めることはできませんが、その他定期預金よりも高金利で、0.23%〜0.65%の金利が発生します。

通常の定期預金と同様に、預け入れから利息や元本の支払いまで全て日本円で行われるので、為替変動等のリスクがありません。

ただし、原則中途解約ができず、仮に中途解約してしまった場合は元本割れしてしまう可能性があります。

また、円定期plusには、ステップアップ型、フラット型の2種類の金利タイプがあり、好みによってどちらかを選択できます。

1年ごとに金利がアップして利息の受け取りを楽しみたい方は、最長10年で年利0.65%の金利が付くステップアップ型がおすすめです。

一方、安定した高金利を受けたい方は、満期までずっと一律0.23%の金利が付くフラット型がおすすめです。

ソニー銀行の金利まとめ

ソニー銀行の円建て預金は基本的に低金利となっています。

普通預金・定期預金・積み立て定期預金はその他のネット銀行に劣ってしまうので、ソニー銀行で円建ての定期預金をする場合は円定期plusの利用がおすすめです。

ソニー銀行の魅力は何と言っても外貨建ての定期預金です。

ソニー銀行の外貨預金は、金利が高く、取扱通貨が豊富で、為替コストが安いというメリットがあります。

中でも南アランドと米ドルは金利が高く、大きな為替変動がない限りはプラスになる可能性が高いので非常におすすめです。

ソニー銀行で資産運用を始めるのであれば、独自の仕組み預金か外貨預金で行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください