これぞ至高のスターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)を徹底解剖!

SPGアメックス

皆さんは「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」というクレジットカードをご存知でしょうか。

アメリカン・エキスプレス・カードなら知っているが、スターウッド・プリファード・ゲストは知らないという人が大半でしょう。

そこで今回は、スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードがどんなクレジットカードなのか、皆さんに理解していただこうということでガッツリ紹介させていただきます。

なお少々長いクレジットカード名であるため、これ以降はスターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードの呼称をSPGアメックスとさせていただきます。

好きなテーマから読む

SPG × アメックス = SPGアメックス

SPGアメックス

まずは、そもそもSPGアメックスとはどのようなクレジットカードなのか、その基本的な部分から説明します。

SPGStarwood Preferred Guest、スターウッド・プリファード・ゲスト)については、その後にしっかり説明もしておりますので、順に追って読んでいただければ幸いです。

SPGアメックスの基本スペックを確認しよう

SPGアメックスの券面は、臙脂(えんじ)色とシルバーを基調にしており、背景にSPG参加ホテル名が記載されたおしゃれなデザインです。
よく目を凝らして覗いてみると、「SHERATON」「WESTIN」等の高級ホテルグループの名前があるのに気づくと思います。

申し込み資格は「20歳以上で安定した収入のある方」と比較的良心的ではありますが、年会費が31,000円(税抜)とアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(年会費は29,000円+税)よりも高い年会費が設定されており、なかなかハードルは高いクレジットカードであると言えます。

ただし、SPGアメックスに付帯する様々な優待サービスや他社のゴールドカードを超えるスペックを考えれば、年会費の元を取れるどころか、かなりお得になることは間違いありません。
詳しくは後述しますが、SPGアメックスの高いポイント還元率や高級ホテルの無料宿泊券など、挙げればキリがないほど様々なメリットを有しているのです。

最近注目されているSPGアメックス!支持されている理由とは

SPGアメックスが支持されている理由として、よく挙げられるキーワードは次の3つです。

  • 高級ホテル
  • マイル還元率
  • 海外旅行

特にシェラトン、リッツ・カールトン、マリオット、ウェスティンなど誰もが知っている高級ホテルグループを対象にした優待サービスを有しているのが、SPGアメックス最大の魅力といってもいいかもしれません。

もともとアメックスブランドのクレジットカードはグレードの高い海外旅行を提供するための付帯サービスが充実していましたが、マイル還元率や宿泊施設のサービスにおいて少し見劣りがちでした。
そのため、クレジットカードを複数枚持つことで補う人も少なくありませんでした。

しかし、SPGアメックスはそれ1枚で高いマイル還元率と高級ホテルグループの宿泊優待も一挙に担ったクレジットカードなのです。

そのため、普段から海外に出かける人だけではなく国内の高級ホテルを利用するような人から陸マイラーまで、幅広い人に人気がでたのが、SPGアメックスが支持されている理由です。

 

そもそもスターウッド・プリファード・ゲストとは何なのか?

SPGアメックス

SPGアメックスの詳しい説明に入る前に、「スターウッド・プリファード・ゲスト」(以下SPG)について説明しておかなければなりません。

SPGとは、世界的なホテルチェーンであるスターウッド・ホテル&リゾートグループのロイヤリティ・プログラム、つまり会員サービスの総称になります。
皆さんは、この会員になることでSPGに参加する高級ホテルグループの優待特典を受けられるようになります。

このスターウッド・プリファード・ゲスト会員(以下、SPG会員)をもう少し詳しく知るために、そのメリットについて確認しましょう。

SPG会員のメリットとは

SPG会員は3つのグレードに分かれており、グレードの低い順から「プリファードゲスト」「ゴールドプリファードゲスト」「プラチナプリファードゲスト」となっております。

SPGに申し込むとはじめは「プリファードゲスト」からのスタートになり、1年間に10回の滞在または1年間に25泊の条件を満たせば「ゴールドプリファードゲスト」へ、1年間に25回の滞在または1年間に50泊の条件を満たせば「プラチナプリファードゲスト」へとランクアップしていきます。
以下は会員グレードごとの主な特典をまとめたものです。(プリファードゲスト=PG、ゴールドプリファードゲスト=GPG、プラチナプリファードゲスト=PPG)

PGGPGPPG
獲得できる
スターポイント
2pt/米ドル3pt/米ドル(※1)3-4pt/米ドル(※1,※2)
部屋の
グレードアップ(※3)
なしありあり
ウェルカムギフトなしありあり
客室の
インターネット利用
なしあり(※4)あり
レイトチェックアウトなしありあり
SPGレストラン
バーの食事割引(※5)
ありありあり

※1:SPG参加ホテルの宿泊利用など対象支払い時のポイント付与数です。
※2:ゴールドプリファードゲストは+50%ボーナスがあるので1米ドル3スターポイントの付与、プラチナプリファードゲストは宿泊数に応じて+50〜100%ボーナスになりますので1米ドルあたり3-4スターポイントの付与になります。
※3:チェックイン時の空室状況に応じて部屋のアップグレードが可能です。
※4:ゴールドプリファードゲストはウェルカムギフトでインターネット利用を選ぶ必要があります。
※5:食事料金のみなので、飲み物やチップその他の料金は対象外になります。

SPGのポイントプログラム「スターポイント」とは

SPG会員になると、ホテルの宿泊やSPGアメックスの利用で「スターポイント」というポイントを貯めることが可能です。
日本円の場合は100円で1ポイントのスターポイントを貯めることができますので、通常の還元率は1.0%ということになります。

貯まったスターポイントはホテルの宿泊予約の代金支払いに使えたり、飛行機の航空券と交換したり、マイルに移行したりと非常に柔軟な使い方ができるのが特徴です。

ちなみに、SPGアメックスの入会後3カ月以内に合計10万円以上を利用することで、10,000スターポイントをボーナスプレゼントとして受け取ることができますので、旅行前や大きな出費を控えているときにするなど入会時期を考えて申し込むとよいでしょう。

SPGに参加している高級ホテルグループとは

SPGのスターポイントを貯めることができる参加ホテルは、世界的に有名なホテルばかりが名を連ねています。

  • シェラトン
  • ウェスティン
  • セントレジス
  • ザ・ラグジュアリーコレクション
  • W ホテルズ
  • ル・メリディアン
  • デザインホテルズ
  • トリビュートポートフォリオ
  • エレメント バイ ウェスティン
  • アロフト
  • フォーポインツ バイ シェラトン etc.

国内にも宿泊できるホテルがたくさんありますので、貯まったスターポイントを使って年に一回のご褒美に宿泊するのもおすすめです。

 

SPGアメックスを持つだけでゴールドプリファードゲストへ!

SPGアメックス

SPGの上級会員(ゴールド、プラチナ)になるには、最低でも高級ホテルで10滞在/年以上することが資格要件になりますので、ハードルは決して低くありません。
難易度が高いだけあって、その資格を得たあかつきには様々な恩恵を受けることができます。

しかし、ゴールドプリファードゲストの資格要件を満たすのに、実は正規ルート(SPG参加ホテルで10泊以上/年)の方法以外に別の方法が存在します。

それがSPGアメックスなのです。

SPGのゴールドプリファードゲスト(ゴールド会員資格)とは

冒頭で「SPGアメックスは年会費の元を取れる以上にお得な特典が詰まっている」「誰もが知っている高級ホテルグループを対象にした優待サービスを有しているのが、SPGアメックス最大の魅力」であることを伝えました。

それこそが、「SPGアメックスの保有そのものが、SPGのゴールドプリファードゲスト会員資格の保有することになる」ということです。

正規の方法でゴールドプリファードゲストになるための条件を改めて確認しておくと、プリファードゲストになった上で「1年間に10回の滞在または1年間に25泊」というものでした。

1年間に10回の滞在を行おうとすると、1ヵ月に1回のペースで、SPGに参加するホテルに宿泊しなければいけません。

まずそれだけのペースでホテルに宿泊すること自体も難しいのですが、SPGに参加するホテルはどれも一流ホテルばかりのため、一泊するたびにかかる費用も馬鹿にならないものです。
10滞在することを考えれば、安く見積もっても数十万円の出費になるでしょう。

SPGアメックス

SPGアメックスは数十泊数分の価値!?

SPGアメックスを保有するだけでゴールドプリファードゲストの会員資格を得られるわけですから、年会費の31,000円(税抜)でその資格を実質得ることになります。

このことからも、SPGアメックスの年会費は決して高いわけではないことが分かります。
もしかしたら30万円も50万円もかかるかもしれなかった宿泊費で得られる会員資格だったものを、SPGアメックスに付帯する1つの特典として付いてくるのであれば、これ以上にお得なクレジットカードもなかなかありません。

 

しかも、2016年9月にマリオット・インターナショナルがスターウッド・ホテル&リゾートグループを買収して、SPGとマリオット&リッツ・カールトンのステータスマッチが実現したことから、SPGのゴールド会員資格を有していれば自動的にマリオットとリッツ・カールトンのゴールド会員の資格を有することになったというのも非常に大きなポイントです。

 

では、ゴールドプリファードゲストというものが、実際のところどれだけメリットの大きなものなのか、次章から順に確認してみましょう。

要点まとめ

【コラム】滞在と宿泊の違い

本文に出てきた「滞在」と「宿泊」の定義に注意しましょう。

「滞在」:1泊だろうと5泊だろうと、1回の滞在期間を1滞在
「宿泊」:1泊なら1宿泊、5泊なら5宿泊
覚えておきましょう。

 

優遇されるホテルの予約

まずはホテルの予約が優遇されるという点です。

スターポイントを利用することでSPGの参加ホテルに宿泊することが可能なのですが、多くの宿泊サービスでは年末年始やゴールデンウィークの繁忙期、稼働率が高くなると予想される日程は「ブラックアウト」という特典の適用除外日を設けています。

しかし、ゴールドプリファードゲストを含んだSPG会員ならば、スターポイントで交換できる「無料宿泊特典」において「ブラックアウト」が適用されることはありません。
空室さえあれば、どんな繁忙期だろうと「無料宿泊特典」を使ってホテルを予約することが可能です。

 

また、

まねぷれ
もう少しポイントがあれば無料宿泊特典で宿泊できるのに……

という場合もあるでしょう。

その場合は、スターポイントの不足分を現金で補う「キャッシュ&ポイント」というシステムが便利です。

「キャッシュ&ポイント」を使えば、実質的にポイント分の割引を加えた上で「ブラックアウト」適用外の「無料宿泊特典」をゲットするのことができるのです。

この「キャッシュ&ポイント」は、なにも現金だけではなく「スターポイント+クレジットカード」という組み合わせで支払いを行うことも可能なので、選択肢は非常に広いと言えます。

チェックインを上質なものに

「ブラックアウト」適用はゴールドプリファードゲストだけではなく、SPG会員全員に適用される特典ですが、これから紹介する特典はゴールドプリファードゲストに適用される(プリファードゲストは適用外)の特典です。

それは「チェックイン時に部屋をアップグレード」できるというものです。

ゴールドプリファードゲストであれば、チェックイン時の空室状況によって、コーナールーム(角部屋)、上層階の部屋、より眺めのよい部屋などにアップグレードした部屋に宿泊することができます。

例えば、SPGの参加ホテルにセントレジスホテル大阪がありますが、そこで最も一般的なグレードの部屋は「デラックス」で、繁忙期以外の一般的な宿泊費用はおよそ25,000円~30,000円ほどです。

このホテルでグレードの高い部屋には宿泊費30,000~35,000円の「グランドデラックス」、宿泊費60000円~の「グランドデラックススイート」があります。

たまたま空室があったというだけで、予定していた部屋よりも豪華な部屋に泊まれるというサプライズも楽しみの一つになります。
こう考えるだけでも、ゴールドプリファードゲストの魅力が伝わるのではないでしょうか?

 

また、ゴールドプリファードゲストにはウェルカムギフトも用意されており、ボーナススターポイント、客室内での無料のプレミアムインターネットアクセス、無料のドリンクサービスの3つから好きなものを選ぶことができます。

後述しますが、標準のインターネットアクセスならば他に利用できる方法があるため、ウェルカムギフトで選ぶとしたらボーナスポイントがおすすめです。

要点まとめ

2種類のインターネット接続サービス

スタンダード:ウェブサイトの閲覧やEメールの送受信が快適に
プレミアム:ストリーミングコンテンツの視聴や大容量ファイルのダウンロードも可能に

ゆとりあるチェックアウトを提供

また、ゴールドプリファードゲストにはチェックアウト時の特典もあります。

それは「レイトチェックアウト」です。

ホテルのチェックアウトの時間が思ったより早くて、朝慌てて準備をしなければならなかったという経験がある人も、ゴールドプリファードゲストであればそんな心配は必要ありません。

チェックアウトの時間を16時まで延長できますので(混雑状況によっては不可の場合もあります)、ホテルの部屋でゆっくりと過ごしてからチェックアウトすることも加納です。

 

上記のように、ゴールドプリファードゲストは宿泊予約からチェックイン〜チェックアウトまで、まさに至れり尽くせりの会員サービスと言えるのではないでしょうか?
 

ホテルの予約はSPGがおすすめ

SPGアメックス
最近は、複数のホテルの予約サイトの結果を一括で表示する便利な予約サービスも出てきており、ホテル予約の利便性はますます高くなっており、また透明性も増しています。

そのため、ほとんどの人は旅行予約サイトや比較サイトを利用して予約することが多いと思いますが、ことSPG会員に限って言えば、SPGの公式サイトから予約を行うのが圧倒的にお得なのです。

その理由を、これから説明しましょう。

アプリからのホテル予約は、ベストレートギャランティーが適用

SPGアメックス

SPGの公式サイトやSPGアプリから宿泊予約を行うと、「ベストレートギャランティー」という制度を適用することができます。

「ベストレートギャランティー」とは、SPGの公式サイトで予約を行ってから24時間以内に、Booking.comなどの宿泊旅行サイトで予約当時よりも安い宿泊料金を発見した場合に、「他サイトの金額から20%割引」もしくは「他サイトの金額と同金額で予約を行ったうえで、2,000スターポイントを付与」のいずれかの保証を受けられるというものです。

最近は料金比較サイトのトリバゴのようなサービスもありますので、「ベストレートギャランティー」を適用しやすい環境でもあります。
予約してからが勝負だと思って、安くなっているところがないかくまなく探してみましょう。

室内のインターネット利用も無料に

さらに、公式サイトもしくはSPGアプリ経由の予約で、ホテル室内のインターネット利用が無料になるという特典もあります。

ゴールドプリファードゲストのウェルカムギフトの1つにプレミアムインターネット利用無料サービスがあることは前述しましたが、動画のストリーミングをせずに、メールの送受信や軽いファイルのやり取りをする程度であれば、この標準のインターネットサービスで十分でしょう。

それによって、ボーナスポイントかドリンクサービスを選べば、実質的にウェルカムギフトから2つ選択することになりますので少しだけお得な気分になります。

一部ホテルではキーレス対応も

SPGアプリに「SPGキーレス」というものがあります。

シェラトン、ウェスティン、ル・メリディアンなど一部のホテルでは、事前登録をしておくことで、SPGアプリがルームキーの役割を果たしてくれます。
これでルームキーの管理に煩わされることもなくなり、より快適に宿泊することができるようになるでしょう。
 

SPGアメックスを持つことでさらにお得になる7つの特典

SPGアメックス

ここまでにSPGアメックスを保有するメリットを伝えてきましたが、それらのメリットはゴールドプリファードゲストの会員資格に起因するものがほとんどでしたので、アメックスそのものはどうなのか、その良さを伝えきれていなかったと思います。

ここからはアメックスブランドのクレジットカードを保有するという観点も踏まえて、SPGアメックスを保有することで得られる7つの特典を確認していきましょう。

1. SPGの参加ホテル利用で100円=4スターポイントに

まず最初に紹介するのは、SPGアメックスがポイントを貯めやすいクレジットカードだということです。

通常のクレジットカード利用だと「100円 = 1スターポイント」ですが、SPGの参加ホテルの宿泊代金をSPGアメックスで支払うと通常ポイントに加えて「100円 = 3スターポイント」が加算されますので、実質「100円 = 4スターポイント」も貯まることになります。

これだけポイントが貯めやすければ、スターポイントの交換や補填でりようできる「無料宿泊特典」を何度でも利用できそうです。

また、期間限定キャンペーンをおこなっており、2017年11月15日までの利用ならさらに1スターポイントが加算されます。
これにより通常でも2ポイント、SPG参加ホテルの利用で100円=5ポイントが貯めることができます。

2. アメックスで最も高いマイル還元率!?

そして、貯まったスターポイントはほとんどのマイレージプログラムで等価交換(交換レートが1:1)することができます。

これは、他のアメックス券種と比べても非常に高い水準であることがわかります。(後ほどアメックス・ゴールドとANAアメックス・ゴールドで比較もしています)

さきほど紹介したようにSPG参加のホテル利用であれば、100円 = 4スターポイントが貯まりますので、マイル還元率としては4.0%を誇ることになります。

しかも、20,000スターポイントをマイルに移行するたびに5,000マイルがボーナスとして加算される特典もありますので、ホテル利用だけで20,000スターポイントを貯めたとしたらマイル還元率が5.0%(通常利用であれば1.25%)と、他社のクレジットカードさえ追随できないようなレートとなるのです。

下記はマイレージプログラム毎のポイント交換比率ですので、確認してください。

マイレージプログラムスターポイント:マイル
ANAマイレージクラブ1:1
JALマイレージバンク1:1
エーゲ航空1:1
フライングブルー1:1
アエロメヒコクラブプレミア1:1
Golスマイル2:1
アエロプラン
エアカナダ航空
1:1
海南航空1:1
エアベルリン1:1
ハワイアン航空1:1
中国国際航空
コンパニオン
1:1
ニュージーランド航空
エアポインツ
65:1
ジェットエアウェイズ1:1
アラスカ航空
マイレージプラン
1:1
大韓航空1:1
アリタリア航空
ミッレミリア
1:1
ラタム航空ラタムパス1:1.5
アヴィアンカ航空
LifeMiles
1:1
アメリカン航空/アドバンテージ1:1
マイルズ&モア1:1
エアアジアマイル1:1
カタール航空1:1
アシアナ航空1:1
サウジアラビア航空1:1
ブリティッシュエアウェイズ
エグゼクティブクラブ
1:1
シンガポール航空
クリスフライヤー
1:1
中国東方航空1:1
タイ国際航空
ロイヤルオーキッドプラス
1:1
中国南方航空
スカイパールクラブ
1:1
ユナイテッド航空
マイレージプラス
2:1
デルタ航空/スカイマイル1:1
ヴァージンアトランティック
航空フライングクラブ
1:1
エミレーツスカイワーズ1:1
ヴァージンオーストラリア1:1
エティハド航空1:1

 

3. 贅沢な継続ボーナス

SPGアメックスには継続ボーナスがあります。

入会してから2年目以降は、毎年1泊分の無料宿泊特典をもらうことができます。

この無料宿泊特典は、1~7までのランクカテゴリーに分けられたSPG系列のホテルのうち、カテゴリー6までのホテルに宿泊することが可能です。(継続ボーナスの無料宿泊特典もブラックアウト適用外なので安心してください。)

 

そして、継続ボーナスにはもう一点、プラチナプリファードゲスト会員資格を得る手助けをしてくれる特典があります。
それは毎年の更新ごとに2滞在分の滞在実績と5宿泊分の宿泊実績がプレゼントされるというものです。

プラチナプリファードゲストになるには、1年間に25回の滞在または1年間に50泊が必要になりますので、ほんの少しですがショートカットできるのは嬉しいですね。

4. SPG参加ホテル内のレストランやバーの飲食代が15%オフに

高級ホテルではレストランやバーも贅沢できるのが特長ですが、SPGアメックスで決済すれば、日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストランやバーの食事代金が15%オフになります。

ただし、アルコール飲料やアルコールを含む特典は15%オフの対象外ですので覚えておきましょう。

5. 手厚い付帯保険!国内外の旅行傷害保険と航空便遅延費用

SPGアメックスに付帯された旅行傷害保険ですが、国内ならば最大5,000万円(利用付帯)、海外ならば最大1億円(自動付帯は5,000万円まで、利用付帯で最高1億円)の補償金額が用意されています。
家族特約も付帯しているため、家族カードを持たなくても最低限の安心は手に入れることができます。

また、旅行傷害保険だけでなく海外旅行航空便遅延費用保険も付帯されております。
()内は最高補償金額

  • 乗継遅延費用(最高20,000円)
  • 出稿遅延、欠航、搭乗不能費用(最高20,000円)
  • 受託手荷物遅延費用(最高20,000円)
  • 受託手荷物紛失費用(最高40,000円)

海外の空港でトラブルに遭遇してしまった場合でも、ある程度の補償があるだけで安心できますね。

6. 安心できる複数のプロテクションサービス

そして、付帯保険以外にも複数のプロテクションサービスが用意されているのも特長です。

インターネット上での不正使用から守ってくれる「オンライン・プロテクション」や、カードで購入した商品の破損や盗難に対応している「ショッピング・プロテクション」など、日常利用の不安も取り除いてくれるようなサポートサービスは地味に嬉しいです。

7. その他、アメックスの豊富なトラベルサービス

最後になりますが、アメックスはトラベルサービスに重点をおいたクレジットカード会社として有名です。
特にアメックスは旅行業を登録した国内でも珍しいクレジットカード会社です。

旅行業を登録しているからこそ、電話一本で旅行の手配を行ってくれる「H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク」を自前で開設しています。

その他にもこのようなサービスが用意されております。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港パーキング
  • 空港内の無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール
  • 海外旅行先での日本語サポート
  • 海外用レンタル携帯電話の割引 etc.

旅行の手配が終わったら手荷物宅配サービスや空港までの送迎サービスを利用したり、空港ラウンジを使ったりと、まさに旅行の始まりから終わりまでを一気通貫でサポートできるのがアメックスの強みと言えるでしょう。

 

ゴールドプリファードゲストの特典とアメックスの特典を同時に享受し、組み合わせて利用できるのがSPGアメックスなのです。

 

SPGの家族カードと家族特約について

SPGアメックス

クレジットカードのなかでもSPGアメックスのようなステータスカードには家族カードの他に家族特約も付帯されていることが往々にしてあります。SPGアメックスの場合は、どのような特約内容になっているのか確認してみましょう。

家族特約の内容

SPGアメックスの海外旅行傷害保険の家族特約は利用付帯となっているため、旅行代金や公共交通機関をSPGアメックスで決済しなければ家族特約が適用されません。

しかし、家族特約の補償内容は非常に手厚く、海外旅行であれば障害死亡・後遺障害には最高1,000万円、傷害・疾病治療費用には最高200万円、賠償責任には最高4,000万円といったような補償金が用意されております。

SPGアメックスの海外旅行傷害保険それ自体も、自動付帯で最高5,000万円、利用付帯でさらに5,000万円加算された最高1億円補償と二段階に分かれておりますので、家族特約の内容をフル活用することも含めれば、旅行代金や公共交通機関は事前にSPGアメックスで決済しておくとよいでしょう。

家族カードの内容とデメリット

家族カードは、本カードの年会費の半額である15,500円です。

一般的に家族カードの性能は親カードの性能に準ずる場合が多いので、年会費15,500円でSPGアメックスと同等の性能を享受できると思えば非常にお得な家族カードのように見えますが、実際にはそうではありません。

実は、SPGアメックスの家族カードにはゴールドプリファードゲストの会員資格が付帯されません。

そのため、SPG参加ホテルの特典を100%受けるには、親カード所有者と行動をともにすることを前提にしなければいけません。
もしくは、SPGアメックスの家族カードではなく、それぞれが本カードのSPGアメックスを保有するという選択肢も考える余地はあるでしょう。

少し残念な家族カードではありますが、スターポイントを有効に貯めるだけを考えれば持たせても良いかもしれませんので、家族カードを発行する目的を明確にしておくことをおすすめします。
 

その他のアメックスカードと比較してみると……

SPGアメックス

SPGアメックスはアメックスのゴールドカードの一種という位置づけですが、アメックスにはプロパーのゴールドカードやANAと提携したANAアメックス・ゴールドというゴールドカードもあります。

そこでこれら3つのカードの性能を比較して、SPGアメックスの性能を客観的に把握してみましょう。

 

SPGアメックスアメックス・ゴールドANAアメックス・ゴールド
年会費(税抜)31,000円29,000円31,000円
マイル還元率1.0%〜5,0%0.5%〜1.0%1.0%〜3.0%
国内対応マイルJAL、ANAANAANA
海外旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
最高5,000万円(自動付帯)
最高1億円(利用付帯)
宿泊施設特典ゴールドプリファードゲスト特典提携ホテルが契約するゴルフコースのプレイ代無料提携ホテルの宿泊代金割引
キャンペーン入会&SPG参加ホテル利用で100円 = 5ポイント付与入会&利用で最大40,000ポイント獲得入会&3ヶ月の利用金額に応じて最大50,000マイル相当獲得

 

マイル還元率は利用条件によってバラバラであるため、券種毎に詳しく説明したいと思います。

SPGアメックスはSPG参加ホテル利用で高還元率に

SPGアメックスは通常100円で1スターポイント貯まり、マイルへの交換比率も1:1(1ポイント = 1マイル)が基本であるため1.0%のマイル還元率ということになります。

ただし、以下の方法でマイル還元率を最大5.0%にすることができますので参考にして下さい。

  1. SPG参加ホテルの宿泊料金をSPGアメックスで決済し、100円 = 4ポイント貯める(※)
  2. 50万円利用すれば、20,000スターポイントが貯まる(100円 = 4ポイント換算)
  3. 貯まった20,000スターポイントをマイルに移行し、5,000ボーナスマイルをもらう
  4. 50万円で25,000マイルを獲得することになり、マイル還元率が実質5.0%に

※クレジット利用分として100円 = 1スターポイントが貯まりますが、ゴールドプリファードゲストのSPG参加ホテルの宿泊料金支払いボーナスは1ドル = 3スターポイントとなりますので、為替によって貯まるポイント数が異なります。

入会後3ヵ月以内に10万円以上利用すれば10,000スターポイントのボーナスもありますので、初年度の使いかたによってはより高いマイル還元率を望めることでしょう。

 

アメックス・ゴールドのマイル還元率は決して高くない

アメックス・ゴールドも100円で1ポイント(メンバーシップ・リワード)貯まるのですが、通常のマイル還元率は0.5%と低く、あまり魅力的ではありません。

そこでマイル還元率(その他のポイント還元率も含む)を上げる手段として、別途3,000円(税抜)の年会費がかかるメンバーシップ・リワード・プラスに入会する方法があります。

入会すれば、

  • 提携航空パートナー(ANAを除く)のマイル還元率は0.8%へ
  • ANAのマイル還元率は1.0%へ

引き上げられます。

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスの年会費と合わせるとアメックス・ゴールドの年会費は実質32,000円(税抜)となり、非常にコスパの悪いクレジットカードになってしまいますのであまりおすすめはできません。

ANAアメックス・ゴールド

ANAアメックス・ゴールドも100円1ポイント(メンバーシップ・リワード)貯まりますが、その名の通りANAに特化しているゴールドカードなので、ANA愛用者にとってはお得になります。

  • 通常のフライトマイル
  • 区間基本マイレージxクラス・運賃倍率x25%のボーナスマイル
  • ANAグループの利用でポイント2倍(マイル還元率2.0%)
  • 提携店利用で100円 =1ポイント + 1マイルのダブル付与
  • ANAアメックス・ゴールドの更新で毎年2,000ボーナスマイル

交換先のマイルを選べること、マイル還元率が高いことを考えればSPGアメックス一択ではありますが、普段利用でマイルを貯めるのならばANAアメックス・ゴールドが一番と言えそうです。
 

SPGアメックスは今、最も注目すべきアメックスのゴールドカード

SPGアメックス

その真価を発揮できる場所がSPG参加ホテルに限定されてはしまいますが、それでもSPGアメックスは他のゴールドカードと比べて非常に高いがポテンシャルを持っていると言えます。
そのキーワードとなるのが「外国人観光客の急伸」「IR推進法案」です。

2020年には東京オリンピックもあり、年々外国人観光客も急伸している昨今、国内でも外資系の高級ホテルの開業も増えています。
現に、京都には2014年、2015年に続けて米マリオット・インターナショナル傘下の「ザ・リッツ・カールトン京都」と「翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都」がオープンしており、2020年には奈良にマリオット・インターナショナルの最高級ホテルブランドである「JWマリオットホテル奈良」が開業も予定しています。

それに加えて現在は「IR推進」に向けた法整備および議論も進んでおり、いずれ日本国内にカジノを含んだ総合型リゾート施設がオープンすることでしょう。
そうなるとSPG参加ホテルのような外資系高級ホテルの進出はますます活発になることが考えられます。

SPGアメックスは、海外渡航が多くよりSPG参加ホテルに宿泊する機会が多い人はもちろん、国内旅行でもシェラトンやリッツ・カールトンのような高級ホテルを目にする機会が多くなっていくことを考えると非常に魅力的なクレジットカードになることは間違いないでしょう。

最近は年会費の安いゴールドカードも増えてきているため、なんとなくの見栄でゴールドカードを持つ人も少なくありません。
しかし、ただゴールドカードを持てばいいのでしょうか?

大事なのはゴールドカードを手に入れることでしか得らないサービスや体験です。
SPGアメックスはそんなゴールドカードのなかでも、高いサービスレベルと満足感を与えられるゴールドカードなのです。

SPGアメリカン・エキスプレス・カードが気になったら

SPGアメックス
SPGアメリカン・エキスプレス・カードについて、少しでもその良さやメリットが伝われば幸いです。

SPGアメックスの特典内容を最後にまとめて確認してみましょう。

  • ゴールドプリファードゲスト会員資格を付与
  • 入会後3ヵ月以内に10万円以上の利用で10,000スターポイントのボーナス進呈
  • マイル還元率は最大5.0%
  • クレジットカード継続で一泊一室(2名様まで)の無料宿泊特典をプレゼント
  • トラベルサービスや付帯保険が充実

年会費は31,000円(税抜)ですが、1年後に無料宿泊特典をもらえますのでそれだけでも十分に元を取れるクレジットカードになっています。
その他にも特典が満載のクレジットカードですので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか?

お申込みはこちら

ウェブズキ

楽天株式会社に入社し楽天カード事業部に配属→楽天市場事業に配置転換→信販会社大手のアフィリエイト広告代理店に転職→「おすすめのクレジットカード情報局」の管理人。クレジットカードは20枚以上保有しており、現在のメインカードはSPGアメックスです。私に関する自己紹介ページも用意しておりますので、質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

スポンサーリンク

関連記事

木下さん
【クレジットカード特別インタビュー】大学生、20代女性に大人気のエポスカードに潜入!

MONEY PRESSの読者にも多い学生、20代・30代女性に

2015.11.16 Mon

安くておいしいシャンパン5選

シャンパン好きなら毎日でも美味しいシャンパンが飲みたいですよね

2018.05.23 Wed

おすすめミノキシジル製剤と脱毛治療の現実

日本人男性のおよそ40%を悩ませる薄毛や脱毛の悩み…近年は女性にも髪の

2018.05.23 Wed

ビットコインキャッシュ取引所おすすめ国内3選+海外2選!ビットコインキャッシュ(BCH)が安く買える仮想通貨取引所を選んでみました

ビットコインキャッシュで取引をしたい場合は、まずはビットコインキャ

2018.05.23 Wed

プロペシアを入手するならこの方法がおすすめ

プロペシアは現在日本で初めてAGA(男性型脱毛症)治療用の薬として許認

2018.05.22 Tue

両親、妻、子供に!家庭に贈るおすすめの誕生日プレゼント家電50選

By: Kanko* サラリーマンの皆さん。毎日のお勤め、お疲れ様で

2018.05.22 Tue

もっと見る

  • ウェブズキ

    楽天株式会社に入社し楽天カード事業部に配属→楽天市場事業に配置転換→信販会社大手のアフィリエイト広告代理店に転職を経て「MONEY PRESS」の管理人になりました。クレジットカードは20枚以上保有しており、現在のメインカードはSPGアメックスです。詳しい経歴やお問い合わせについてはこちら

PAGE TOP ↑