今すぐ作れるクレジットカードあります!

SuicaをApple Payでお得に使おう!SuicaをApple Payで使うための方法を紹介!

Suica

「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

数ある交通系ICカードの中でSuicaはもっとも利用者の多いカードの一つのです。

そんなSuicaはSuicaカードを購入して使用することが一般的ですが、実はApple Payを利用してiPhoneやApple Watchでも使うことができます。

そこで今回は、SuicaをApple Payで使う方法を解説します。

iPhoneユーザーはぜひチェックしてみてください。

SuicaをApple Payで使う方法を知る前にSuicaの基本を学んでおこう

SuicaをApple Payで使う方法を知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

SuicaでつかえるApple Payとは?

SuicaでつかえるApple Payとはどのようなものなのでしょうか?

2016年に日本で利用が開始されたApple Payは、クレジットカードやSuicaと組み合わせてお買い物をしたり、電車に乗れたりできるApple のサービスのことです。

iPhoneやApple WatchにApple Payの設定をしておけば、端末をかざすだけで利用できるので、お財布を持つ必要がありません。

コンビニ、ドラッグストア、スーパーなどApple Payが使えるお店は増えており、キッシュレス化が進む日本でシェアを伸ばしています。

Suicaとの相性も抜群なので、iPhoneやApple Watchを使っている人は是非利用してみましょう。

SuicaのApple Payが使える端末

すべてのiPhone端末でSuicaをApple Payで使えるわけではありません。

SuicaでApple Payが使える端末は以下の通りです。

  • iPhone 7以降のiPhone
  • Apple Watch Series 2以降のApple Watch

※iPhone 7、iPhone 7 Plus、Apple Watch Series2については、海外で販売されたものはSuica非対応となっています。

SuicaをApple Payで使う前に、自分の端末を確認しておきましょう。

SuicaのApple Payの使い方

ここからは、実際にSuicaでApple Payを使うまでの方法を紹介します。

まず大切なことはApple Payで使える種類のSuicaを確認しましょう。

Apple Payで読み込めるSuicaの種類

  • Suica(無記名)
  • My Suica(大人用記名)
  • Suica定期券(通勤・大学)

SuicaをApple Payに読み込む手順

SuicaをApple Payに読み込む手順は以下の通りです。

  1. Apple StoreからSuicaアプリをダウンロード
  2. Walletアプリケーションを開き、上段Apple Payの右上+ボタンをタップ
  3. Apple Payの案内画面で「続ける」をタップ
  4. カードの種類で「Suica」を選択
  5. 取り込むSuicaのSuica ID番号(券面裏のJEから始まるもの)下4ケタと生年月日を入力し「次へ」をタップ
  6. 規約など確認して同意をタップ
  7. カードを転送

※クレジットカード一体型や社員証付等含む)は対象外となり、取り込めるSuicaカードの電子マネー残高は19,500円以下ですので注意しましょう。

SuicaのApple Payで使えるクレジットカード

SuicaをApple Payで使用するためにはクレジットカードの登録が必要です。

登録できるクレジットカードは以下の通りです。

  • JCB
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • ビューカード
  • 三菱UFJニコス
  • アメックス
  • エポスカード
  • au WALLETクレジットカード
  • TS CUBIC CARD
  • 楽天カード
そのなかでも楽天カードは、Apple PayでのSuicaチャージも楽天スーパーポイントの付与対象となっており、還元率1%であるため、おすすめのクレジットカードです。

SuicaのApple Payで定期を作りたい

SuicaをApple Payで使いたい人のなかには、Suica定期券にしたいという人もいるのではないでしょうか?

Apple PayではSuica定期券を作ることもできます。

ここでは、新しくApple PayでSuica定期券を作る方法を紹介します。

  1. Suicaアプリをダウンロードする
  2. トップ画面(Suica一覧)で「Suica発行」をタップ
  3. Suica発行画面で「Suica定期券」をタップ
  4. 画面の内容に従い必要事項を入力

 

SuicaのApple Payはオートチャージが便利

SuicaをApple Payで使うにはオートチャージが便利です。

オートチャージとは、お買い物をしたときにSuicaをタッチしたり、駅の改札にタッチしたときに、設定した残高以下になっていたら自動的にクレジットカードからチャージしてくれる便利なサービスです。

Suicaのオートチャージを利用すると残高不足を防ぐことができます。

残高不足を気にしたくない人は是非利用してみましょう。

以下の方法で登録できます。

  1. Suicaアプリを開く
  2. オートチャージ設定をタップ
  3. クレジットカード情報登録へをタップ
  4. ビューカードのカード番号と有効期限を入力して、「次へ」をタップ
  5. セキュリティコードを入力
  6. 登録するをタップ
  7. オートチャージ申込/変更をタップ
  8. 同意するをタップ
  9. オートチャージ金額を設定
  10. 申込/変更するをタップ

 

SuicaのApple Payをカードに戻せるの?

SuicaをApple Payで取り込んだあと、やっぱりSuicaカードの方がよかったと思う人もいるかもしれません。

一度Apple Payに取り込んだSuicaはもう一度カードに戻すことはできるのでしょうか?

結論から言えば残念ながらSuicaカードに戻すことはできません。

また、すでに持っていたSuicaカードをApple Payに取り込んだあとは、そのカードは使えなくなってしまいます。

SuicaカードからApple Payに追加はできるのに、逆は不可能なのでApple PayにSuicaを登録する際は、よく考えて利用しましょう。

そんなときの対処方法を紹介します。

・iPhone、Apple Watchに取り込んだSuicaやSuica定期券を払い戻す

・新しくSuicaカードを購入する

SuicaのApple Payが使えないときは?

SuicaをApple Payに登録がうまくできないときはどうしたらよいのでしょうか?

そんなときは以下の原因が考えられます。

  • 取り込むSuicaが磁気不良を起こしている
  • 残高が19500円以上入っている
  • 対象外のクレジットカードを登録しようとしている
  • 最新のバージョンではない
  • 通信環境がよくない

 

これらの原因をすべて取り除いても登録ができないときは、モバイルSuicaコールセンターに問い合わせてみましょう。

【モバイルSuicaコールセンター】
050-2016-5005

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください