今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaの残高確認はどうするの?たくさんあるSuicaの残高確認を知っておこう!

改札
みなさんは通勤や通学で電車を使うときにどのような交通系ICカードを利用していますか?今では鉄道会社が発行している交通系ICカードがたくさんありますが、Suicaは交通系ICカードの先駆けだけ合って一番のシェアを誇っています。駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、Suicaにチャージしておけばお買い物にも使える便利なカードですが、残高確認は大切です。Suicaの残高確認の方法はいくつかありますが、以外な方法で残高確認することもできます。そこで今回はSuicaの残高確認についてご紹介します。

Suicaの残高確認を知る前にSuicaの基本を学んでおこう

Suicaの残高確認を知る前にSuicaの基本について学んでおきましょう。Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の他にもモバイルSuicaがあり、スマホ一つで利用可のです。ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。そんなSuicaの残高確認について紹介します。

Suicaの残高確認とは?

そもそもSuicaの残高確認とは、どのようなものなのでしょうか?Suicaは電子マネーのためお金をチャージして使うことが基本となります。そこで、今現在どのくらいSuicaの中にチャージした金額があるのか確認することを残高確認と言います。残高確認をする方法はいくつかありますのでそれぞれ解説します。

Suicaの残高確認する方法

Suicaの残高確認をする方法は、主に下記のようになっています。

Suicaの残高確認をする方法
・駅のインフォメーションやみどりの窓口で残高確認をする
・券売機で残高確認をする
・多機能券売機で残高確認をする
・チャージ専用機で残高確認をする
・改札にSuicaを通すときに残高確認をする
・パソコンで残高確認をする
・モバイルSuicaで残高確認をする
・コンビニで残高確認をする

一番簡単な残高確認は、毎日通勤や通学でSuicaを使っている人ならば改札にタッチすることで確認できます。あまりSuicaを使わない人はモバイルSuicaやパソコンで残高確認することをおすすめします。

Suicaの残高確認を駅で行う

Suicaの残高確認を駅でする方法はインフォメーション、みどりの窓口、券売機、多機能券売機、チャージ専用機、改札にタッチするの主に6つです。

・インフォメーションやみどりの窓口で残高確認
→駅のインフォメーションやみどりの窓口がある駅で駅員に自分のもっているSuicaを渡して残高確認をお願いすれば教えてくれます。
・券売機や多機能券売機、チャージ専用機で残高確認
→券売機や多機能券売機、チャージ専用機に自分のSuicaを挿入した後、チャージ画面をタッチすることで残高確認ができる。チャージしたいときはそのままお金を入れ、チャージの必要がなければ取り消しを押す。
・改札にSuicaをタッチして残高確認
→駅に設置してある改札のICマークのあるところにSuicaをタッチすれば残高が表示される。Suica定期券の場合は、有効期限が表示される。表示は一瞬なので見逃すこともあるので注意する。

パソコンでSuicaの残高確認

あまりSuicaを電車で使用しない、Suicaの残高確認をすぐにしたい、他の交通系ICカードを使っている人は、パソコンで残高確認をしましょう。JR東日本では、Suicaを利用することでポイントがたまるJREポイントサイトがあります。このJREポイントサイトに自分のSuicaを登録することでポイントが貯めることができますが、Suicaの残高確認もできます。

JREポイントサイトでできること
・Suicaの残高確認
・JREポイントの確認
・Suicaのチャージ
・Suicaグリーン券への交換
・ポイントを商品に交換する

PaSoRi(パソリ)を使ってSuicaの残高確認

SuicaだけでなくPASMOやそのほかの交通系ICカードの確認をしたい人は、PaSoRi(パソリ)を購入することで残高確認が可能です。PaSoRi(パソリ)の正式名称は、SONY 非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi(パソリ) USB対応 RC-S380です。PaSoRi(パソリ)を自宅のパソコンにつなげて、端末にSuicaをタッチすることですぐに残高確認をすることができるので、とても簡単です。注意点としては、PaSoRi(パソリ)は購入するのに2500~3000円程度のお金が必要と言うことと、iPhoneでは別のPaSoRi(パソリ)になりますので覚えておきましょう。

Suicaの残高確認をアプリで行う

モバイルSuicaを使っている人はすぐにSuicaの残高確認をすることができます。モバイルSuicaとは、スマホにアプリをダウンロードすることで、Suicaの情報がわかったり、サービスが受けられることができます。自分のスマホですぐに残高確認もすることができます。使い方は下記の通りです。

Suicaの残高確認をアプリ
1・JRのサイトなどからSuicaアプリをダウンロード
2・新規入会登録を選択
3・会員規約・利用規約に同意するにチェックし、会員情報入力へを選択
4・各種設定へを選択
5・クレジットカード情報入力へを選択
6・確認画面へを選択
7・登録するボタンをタップすれば完了

※ビューカードは年会費無料ですがその他のブランドのカードで登録された場合は、モバイルSuicaの年会費として、1,030円(税込)が必要です。また、EASYモバイルSuicaの場合はクレジットカードは必要ありません。

Suicaの残高確認と払い戻しとは?

Suicaの残高確認とともに覚えておきたいのが残高の払い戻しです。Suicaエリア内のJR東日本の駅のみどりの窓口などでSuicaの中にチャージしてある残高やSuica定期券の払い戻しができます。

・Suicaの残高や定期券の払い戻し
→定期券部分の払いもどし額と入金(チャージ)残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金される
・Suica定期券の定期券部分のみ払いもどし
→定期券部分の払いもどし額から手数料220円を差し引いた金額を返金される
・My Suica(記名式)・Suicaカード・Suicaイオカードの払いもどし(Suicaの返却)
→入金(チャージ)残額から手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金される

※「Suica定期券」および「My Suica(記名式)」の払いもどしには、公的証明書(免許証等)が必要ですので、払い戻しの際は忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください