今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaは関西で使うことができるの?Suicaを関西で使うときの注意点!

Suica

「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

たくさんある交通系ICカードの中でもSuicaは最も利用客が多いカードの一つです。

Suicaは全国の鉄道会社で相互利用できるのが特徴です。

地方に行ってもSuica一枚持っていれば困ることがないですが、注意しなければならないこともあるようです。

そこで今回は、出張や旅行で行くことも多い関西でのSuicaの使い方を解説します。

Suicaを関西で使いたい人、関西によくいく人は参考にしてください。

Suicaの関西での使い方を知る前にSuicaの基本を知っておこう

Suicaを関西での使い方を知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

Suicaは相互利用できるICカード

上記でも紹介したようにSuicaは全国で使える交通系ICカードです。

Suicaが使える鉄道会社はこちらです。

Suicaと相互利用できる鉄道会社

  • Kitaca 北海道旅客鉄道株式会社
  • manaca 株式会社名古屋交通開発機構
  • TOICA 東海旅客鉄道株式会社
  • PiTaPa 株式会社スルッKANSAI
  • ICOCA 西日本旅客鉄道株式会
  • はやかけん 福岡市交通局
  • nimoca 西日本鉄道株式会社
  • SUGOCA 九州旅客鉄道株式会

Suicaを関西の電車で使ってみる

ここからは、実際にSuicaを関西の鉄道で使う方法を紹介します。

関西ではPiTaPaやICOCA、PASMOを使っている割合が多いですが、これらの会社ではSuicaを問題なく使うことができます。

Suicaの使い方は、駅の改札についているICマークにSuicaをタッチすればチャージ金額から初乗り料金が引かれ、目的の駅のICマークに再びタッチすれば差額が引かれます。

また、Suicaを券売機や多機能券売機に挿入して切符を購入したり、チャージすることも可能です。

Suicaは、観光や出張で関西の中心を走っている地下鉄や鉄道を利用するときは問題はありませんが、関西の地方鉄道などSuicaと相互利用していない鉄道会社もありますで、あらかじめネットで調べたり、駅係員な確認などをしておきましょう。

Suicaが使えない鉄道会社

  • 近江鉄道
  • 京都丹後鉄道
  • 北条鉄道
  • 智頭急行
  • 紀州鉄道

Suicaを関西のお店で使ってみる

Suicaは電車に利用するのが一般的な使い方ですが、Suica加盟店のお店でも使うことができます。

お店でSuicaを使うときは、商品をレジに持っていき、支払いをSuicaでお願いして、IC端末にタッチしましょう。

また、コンビニではチャージもできますので覚えておいてください。

Suicaが使えるかどうかの判断は、Suicaと相互利用しているICカードが使えれば問題なく使うことができます。

お店にICOCAやPiTaPa、PASMO対応と記載があることを見て、Suicaを利用しましょう。

Suicaを関西で使うときの注意点

Suicaは関西の多くの鉄道やお店て使うことができますが、気を付けなければならないこともあります。

中でも西日本エリアではできないことを覚えておきましょう。

関西でSuicaを使うときの注意点

  • オートチャージが使えない
  • エリアをまたいで使えない

オートチャージが使えない

Suicaを関西で使うときの一つ目の注意点は、オートチャージが使えないことです。

オートチャージとは、駅の改札やお店でSuicaを使ったときに、設定金額になったら自動的にクレジットカードからチャージしてくれる便利なサービスです。

しかし、Suicaはオートチャージが使えるエリアが決まっており、首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアでしかオートチャージを利用できません。

その他エリアのチャージは、あらかじめSuicaにチャージしておくか、Suicaと提携している鉄道会社の券売機などで現金でチャージしましょう。

西日本エリアでも東日本エリアと同じ使い方ができないことを覚えておきましょう。

エリアをまたいで使えない

Suicaは全国の相互利用ができる鉄道会社で利用ができることが利点ですが、利用可能エリア内完結での利用しかできません。

異なるエリアをまたがって利用する場合は、あらかじめきっぷを買う必要があります。

在来線を乗り継いで西日本エリアにいく場合はSuicaは使えないことを覚えておきましょう。

SuicaとICOCA、PiTaPa

SuicaがICOCA、PiTaPaエリアでできること、できないことをまとめてみました。

  • 改札機の入出場
    →可能
  • エリアまたがりの移動
    →できない
  • 自動券売機・入金機等でのチャージ
    →ICOCA可能、PiTaPa一部不可
  • チャージ残高での切符購入(自動券売機)
    →ICOCA可能、PiTaPa一部不可
  • 自動券売機での履歴印字
    →ICOCA可能、PiTaPa一部不可
  • 電子マネーとしてのご利用
    →ICOCA可能、PiTaPa不可
  • オートチャージ
    →不可
  • 紛失・障害再発行登録
    →不可
  • 紛失・障害再発行
    →不可
  • バスでのご利用
    →可能

 

Suicaを関西で購入できるの?

残念ながら関西でSuicaを購入することはできません。

SuicaはJR東日本が発行するカードだからです。

そもそも関西エリアでは、ICOCA、PiTaPaの方が便利でわざわざSuicaを購入する必要がないですよね。

どうしてもSuicaを購入したかったら、Suicaアプリで新規発行するかSuica機能付クレジットカードを申し込めば購入が可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください