【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

Suicaの払い戻しはどうするの?Suicaの払い戻しで知っておくべきこと

券売機
みなさんは毎日の通勤や通学にどのような交通系ICカードを使っていますか?
今では鉄道会社各社から様々な交通系ICカードが発行されており、磁気の切符や定期券よりもICカードを利用している人が増えています。そんな交通系ICカードの中で先駆けともいえるSuicaは一番のシェアを誇っています。
Suicaを駅の改札にタッチするだけで電車を利用でき、Suicaにチャージしておけばお店でお買い物もできてしまいます。しかし、Suicaを使っていてもPASMOなど別の交通系ICカードに乗り換えたい、転勤や移動でSuica定期券を払い戻したい人もいるでしょう。今回はSuicaの払い戻しについてご紹介します。Suicaの払い戻しでいくら戻ってくるのか?どのような手続きが必要なのか、知りたい方は良かったら参考にしてください。

Suicaの払い戻しを知る前にSuicaの基本を学んでおこう

Suicaの払い戻しを知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の他にもモバイルSuicaがあり、スマホ一つで利用可のです。ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。そんなSuicaの払い戻しを解説します。

Suicaの払い戻しとは?

そもそもSuicaの払い戻しとはどのようなものなのでしょうか?Suicaは電子マネーであるため、お金をチャージして使うことになります。チャージしたお金は、電車をのるときの乗車料金はもちろん、Suicaが使えるお店や自販機で使用できますが、Suicaが必要なくなったり、定期券を解約したい人は払い戻しができます。しかし、払い戻しの手続きには220円の払い戻し手数料が必要です。また、駅においてある券売機や多機能券売機では払い戻しができないので注意しましょう。

Suicaの払い戻し方法

では、実際に払い戻しをしてみましょう。無記名Suica、記名式Suica、Suica定期券で払い戻しの方法は違いますので覚えておきましょう。JR東日本以外の駅やバス営業所では、払いもどしできませんので、Suicaエリア内のJR東日本の駅のみどりの窓口などで払いもどしをしましょう。

無記名Suica、記名式Suica、MySuicaの払い戻し
→チャージ残額から手数料220円を差し引いた金額に、デポジット500円を加えて返金される。しかし、入金(チャージ)残額が220円以下の場合は、預り金(デポジット)のみの返金されるので注意する。

<払い戻し例>
残額が1,000円のとき払いもどし額780円と、預り金500円の計1,280円返金

Suica定期券の払い戻し
(Suicaを返却する場合)
定期券部分の払いもどし額とチャージ残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、デポジット500円を加えて返金される

(定期券部分のみ払い戻し)
定期券部分の払いもどし額から手数料220円を差し引いた金額を返金される。払い戻しの後は、チャージ残額はそのままで、「My Suica(記名式)」として利用できる。

Suicaの払い戻しには証明書が必要

Suicaの払い戻しは本人確認のための公的証明書が必要になる場合があります。拾ったSuica定期券や記名式Suicaを他人が払い戻しをするのを防ぐためです。公的証明書は運転免許証や保険証、パスポートであれば良いので、払い戻しの際には忘れないようにしてください。特に、「Suica定期券」および「My Suica(記名式)」の払いもどしには、公的証明書(免許証等)が必要です。また、代理の者が払いもどしをする場合は、記名人本人の証明書および委任状のほか、代理人本人の証明書が必要なので覚えておきましょう。

Suicaの払い戻しで気を付けたいデポジット

Suicaを購入するときは必ずデポジット(500円)を支払う必要があります。デポジットとは、預かり金のことで、Suicaの使い捨てを防ぎ、リライト機能を使ってもらうためのものです。PASMOやICOCAなどSuica以外の交通系ICカードでもデポジットは発生します。そんなSuicaのデポジットは払い戻しの際に返却されます。Suicaに残高が220円以上あった場合、手数料が220円かかりますが、残高が220円未満の場合は手数料がかかりません。手数料が必要なの時も必要ないときも関係なくデポジットは返却されます。Suicaを返却する時のの払い戻し金額を計算するときは、デポジットの金額をプラスしましょう。

クレジットカードSuicaの払い戻し

クレジットカードにSuicaの機能を付帯している人は、通常の払い戻し手続きとは異なってきますので、注意しましょう。ここでは、ビューカードSuicaの払い戻しの方法を紹介します。

ビューカードSuicaの払い戻しの方法
1・JR構内にあるATM「VIEW ALTTE」に行く
2・ATM「VIEW ALTTE」のSuica付きVIEWカードの更新/退会を選択する
3・Suica付きVIEWカードの更新/退会 Suicaチャージの残額の払戻しを選択する
4・Suica機能つきビューカードを挿入する
5・暗証番号を入力する
6・金額を確認して「確認」を選択する
7・現金と利用明細書を受け取る
8・払い戻し完了

モバイルSuicaで払い戻し

Suicaを利用する上で便利なモバイルSuicaでは、スマホでSuicaの払い戻しができます。モバイルSuicaの払い戻し手順は下記の通りです。

モバイルSuicaの払い戻し手順
・モバイルSuicaを開く
・「チケット購入」タブより「定期券」を選択
・「5.払戻」を選択
・注意事項を確認のうえ「1.次へ」を選択
・表示された払いもどしの内容を確認して、「払戻す」を選択
・「1.はい(払戻す・取消不可)」を選択
・払いもどし手続きが完了

定期券の払い戻しは、登録のクレジットカード口座への返金されます。ネット上でSuicaの払い戻しができますのでとても便利です。

Suicaの払い戻しする前に使い切る方法もある

Suicaの払い戻しには手数料が220円発生します。この手数料を払いたくない、わざわざみどりの窓口に行くのは面倒くさいと言う人は、Suicaのチャージ残高を使い切るのも一つの方法です。チャージ額が少額の場合は、コンビニなどで先にSuicaで支払いをお願いして、残りを現金で支払えば使い切ることができるでしょう。チャージがないSuicaでも持っているだけで便利なカードです。いつか使うときのために取っておくのも良いのではないでしょうか?

iPhoneでSuicaの払い戻しをする

iPhoneユーザーがApple Payに追加したSuicaの払い戻ししたいときはどうしたらよいでしょうか?iPhoneのSuicaの払い戻しは下記の手順でできます。

iPhoneのSuicaの払い戻し手順
・[チケット購入・Suica管理]をタップする
・[このSuicaを払戻す]をタップする
・「払戻し手続き案内」に同意する
・払戻額を確認する
・金融機関・支店を選択する
・口座情報を入力する
・[Suicaを払戻す]をタップする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください