今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaの再発行はどうするの?知っておきたいSuicaの再発行手続き!

Suica
「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

たくさんある交通系ICカードの中でもSuicaは最も利用客が多いカードの一つです。

Suicaを使っている人のなかには、紛失してしまって困った経験がある人もいるのではないでしょうか?

実はSuicaは再発行できるのを知っていますか?

一からSuicaを新規発行する前に、自分のSuicaが再発行できるか知っておくことはとても大切です。

そこで今回は、Suicaの再発行について解説します。

Suicaを紛失したときの対応を知りたい人や再発行の手続きを知りたい人は参考にしてください。

Suicaの再発行を知る前にSuicaの基本を知っておこう

Suica再発行を知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

Suicaの紛失したときの対応と再発行について知っておきましょう。

Suicaの再発行とは?

そもそもSuicaの再発行とはどのようなものなのでしょうか?

Suicaの再発行とは、Suicaを紛失してしまっときに、以前のSuicaの情報を新しいSuicaに移して発行してもらうことです。

失くしてしまったSuicaに入っていたチャージ金額や定期券の情報、JREポイントをそのまま新しいSuicaに移行できるので、Suicaを失くしてしまった時は、再発行できることを知っておきましょう。

しかし、再発行には、再発行手数料や発行されるまでに数日から数週間必要で、再発行できるSuicaが決まっています。

Suicaの再発行をする前に紛失の手続きをしておこう

Suicaの再発行をする前に大切なことは、紛失の手続きをすることです。

Suicaの紛失に気づいたらまずは、駅の窓口やみどりの窓口へ行ってSuicaを紛失したことを伝える事とあわせて、警察に紛失届けを提出しましょう。

紛失手続きとは、失くしてしまったSuicaの利用を停止することで、悪用を防いだり、もし、Suicaが届けられた場合に連絡が来るようにする手続きなのでとても大切です。

しかし、Suicaの種類によって紛失手続きできる場所が変わってきますので覚えておきましょう。

(Suicaの種類別、紛失手続きする場所)

  • 記名式Suica
    →駅の改札窓口、みどりの窓口
  • Suica定期券
    →駅の改札窓口、みどりの窓口
  • Suica機能付クレジットカード
    →駅の改札窓口、みどりの窓口とクレジットカード会社
  • モバイルSuica
    →携帯電話を紛失したときの手続きをする
  • 無記名Suica
    →利用停止処理ができない

 

Suicaの再発行の手続き

ここからは具体的にSuicaの再発行する手続きを見ていきましょう。

Suicaの再発行ができるSuicaの種類は下記のようになっています。

  • 記名式Suica
  • Suica定期券
  • モバイルSuica

無記名SuicaはJR側に利用者情報ありませんので利用停止手続きや再発行手続きができません。

また、Suicaの再発行には、再発行手数料(510円)が必要です。

記名式Suicaの再発行

まずは、記名式Suicaの再発行を紹介します。

記名式Suicaとは、Suicaに自分の名前や定期券情報が入っているカードのことです。

  1. 最寄りのみどりの窓口や駅の窓口、バス営業所にいく
  2. 再発行の手続き専用の記入用紙に氏名・電話番号・住所など発行時に登録した個人情報を記入する
  3. 運転免許証や保険証などの身分証明書を提示
  4. 紛失再発行整理票を受けとる
  5. 翌日~2週間以内でSuicaが再発行されるのでSuicaを受け取りにいく

 

モバイルSuicaの再発行

 

  1. モバイルSuica(スマホや携帯電話)の紛失したときは、パソコンのモバイルSuica「会員メニュー」で、「再発行登録(クレジットカードをご登録のお客さま)」を選択
  2. 新しい端末で、モバイルSuica登録iアプリ」、「モバイルSuicaアプリ」をそれぞれダウンロード
  3. モバイルSuicaアプリを起動し、「再発行・機種変更・仮会員登録済の方」のログイン
  4. 「携帯電話メールアドレス」と「Suicaパスワード」を入力して、「1.ログイン」を選択
  5. 初期設定するを選択して、クレジットカード情報の入力
  6. クレジットカード情報を確認し、間違いがなければ「1.登録する」を選択
  7. 「1.次へ」を選択
  8. 「1.実行する」を選択
  9. 再発行操作が完了

※モバイルSuicaコールセンターへの電話でも再発行登録が可能。
電話番号 : 048-645-7007
受付時間 : 年中無休 7:00~23:00

Suicaの再発行をしたあとにSuicaが見つかったときは?

Suicaを失くしてしまった思っていても、実は家に置いてきただけ、カバンの底に入っていたということは良くあることです。

しかし、一度再発行の手続きをしてしまった記名式のSuicaやモバイルSuicaはもう一度利用することはできません。

記名式Suicaはカードを返却をすればデポジット分(500円)は戻ってきますが、それ以外は利用が停止されていますので、戻ってきません。

Suicaを失くしても、再発行手続きをしなければ利用を再開できますので、良く考えて再発行の手続きをするようにしましょう。

Suicaが悪用されたときは保証してくれるの?

万が一失くしてしまったSuicaが誰かに悪用されてしまったときは補償してくれるのでしょうか?

JR側では、再発行をする際、失くしたSuicaの情報を新しいカードに移す基準は、紛失手続きや利用停止手続きをした時点です。

クレジットカードでは遡って補償してくれるところもありますが、Suicaの場合は、失くしてから利用停止手続きするまでに誰かに使われてしまっても、補償してくれません。

Suicaの紛失に気づいたら、すぐに利用停止手続きをすることが大切です。

特にオートチャージ機能やSuica機能付きクレジットカードを利用している人は、すぐに利用停止手続きと共にクレジットカード会社に連絡しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください