三井住友カードのSuica付帯型とは?メリットや注意する点などを解説!!

三井住友カードのSuica一体型とは?

三井住友カードのsuica一体型とはその名のとおり、三井住友カードにSuica機能が付いたカードのことです。

従来のクレジット機能しか持たない三井住友カードよりも、Suica一体型にすることでより便利に三井住友カードを使うことができます。

三井住友カードのSuica一体型のメリットとは?

三井住友カードにSuicaを付帯させるメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • 2枚が1枚になるから持ち運びが便利
  • オートチャージで改札をスムーズに通れる
  • オートチャージでポイントが貯まる

それでは一つ一つ見ていきましょう!!

三井住友カードのSuica一体型のメリット①2枚が1枚になるから持ち運びが便利

これはどういうことかというと、クレジットカードとSuicaって一般的に別々のカード媒体ですよね。

ですので、クレジットカードを使おうとして、実は使えなかったときなど、クレジットカードの代わりに電子マネーを使う場面に出くわしたとき、電子マネーを出すの割と面倒だし恥ずかしいですよね。

また、カードが増えるとその分お財布が膨らむの嫌な人も多いと思います。

そんなとき便利なのが、Suicaと一体型の三井住友カード。

一体型ですので、クレジットカードで払えなくても、Suicaを出さずに「じゃあSuicaで」と言うことができます。

また、2枚が1枚で済むので財布の膨らみも軽減されます。

三井住友カードのSuica一体型のメリット②オートチャージで改札をスムーズに通れる

みなさんは改札を通るとき残高不足で足止めされたことありませんか?

あれ、人がいない時間帯だとそれほど恥ずかしくないですが、朝と夕方の通勤・退勤ラッシュのときに足止めされるとまぁ大変ですよね。

舌打ちされたり、露骨に嫌な顔されたり…。

いくらその日が晴れていたとしても、会社で褒められたとしても暗い気持ちになりますよね。

そんな心配を吹き飛ばすのがオートチャージ機能。

その名のとおり、設定金額を下回りそうになるとオート(自動で)チャージしてくれるんです。

ですので、「チャージしてなくて改札ひっかかる」心配がなくなるんです。

三井住友カードのSuica一体型のメリット③オートチャージでポイントが貯まる

三井住友カードには「ワールドプレゼント」というポイント制度があります。

「ワールドプレゼント」とは、三井住友カードを1000円分利用すると1ポイント(還元率0.5%)貯まるポイント制度のことです。

貯まったポイントは楽天スーパーポイントやiDなど別のポイントへの移行や、ジェフグルメカードやamazonギフト券などのギフト券への交換ができるんです。

そしてこの「ワールドプレゼント」のポイントはモバイルSuicaにチャージする際は、貯めることができないんですが、オートチャージを利用してオートチャージ対応のクレジットカードにチャージするとポイントを貯めることができるんです。

そして上で貯まったポイントは他のポイントに交換できるとお話しましたが、Suicaも例外ではなく、貯まったポイントはSuicaに還元することもできるんです。(200ポイントごと、600円相当)

三井住友カードのSuica一体型は3種類

三井住友カードでSuica一体型のクレジットカードは以下の1種類です。

ANA VISA Suicaカード

こちらのカードは「Suica」機能だけでなく、「ANAカード」も付いたクレジットカードです。

マイルも通常のフライト分のマイルに加え、割り増しボーナスマイルも貯まります。

ANAを良く利用する人にはとてもおススメな1枚です。

また、他にも、Suicaでない、PASMOユーザー向けのクレジットカードとして以下の2つがあります。

  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
  • 京王パスポートPASMOカード VISA

特に、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードは、「ANAマイル」・「TOKYU POINT」・「PASMO」・「定期券」・「クレジット」の5つの機能がすべて一つで収まるし、年会費も初年度無料でとてもおススメです。

三井住友カードのsuica一体型のチャージ方法とは?

三井住友カードのsuica一体型のチャージ方法は、普通にチャージするよりも、オートチャージを設定しておく方法がおすすめです。

オートチャージは、Suicaの残高があらかじめ設定しておいた金額を下回ると、自動でチャージしてくれるサービスです。

オートチャージを設定しておけば、チャージ忘れによる改札での足止めの心配がなくなります。

三井住友カードのsuica一体型はポイントは貯まるの?

前述した通り、オートチャージ対応の三井住友カードの場合、ポイントを貯めることができます。

ただし、モバイルSuicaへのチャージは貯めることができないので注意してください。

三井住友カードのsuica一体型の注意する点

三井住友カードのsuica一体型は、カードが2枚から1枚で収まるので持ち運びに便利です。

しかし、反面失くすと大変です。

クレジットカードの盗難補償があるとはいえ、Suica機能は停止しない限り使われてしまう可能性があります。

三井住友カードsuica一体型まとめ

  • 三井住友カードのsuica一体型とはその名のとおり、三井住友カードにSuica機能が付いたクレジットカード
  • 三井住友カードにSuicaを付帯させるメリットとして、①カードが2枚から1枚に収まるから持ち運びが便利②オートチャージでチャージ忘れによる、改札での足止めとおさらば③オートチャージでポイントを貯めることができることが挙げられる
  • 三井住友カードでsuica一体型のクレジットカードはANA VISA Suicaカードの1種類のみ、ただしPASMOであればANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと京王パスポートPASMOカード VISAの2種類があり、こちらもオートチャージが可能
  • 三井住友カードのsuica一体型は、カードが2枚から1枚で収まるので持ち運びに便利だが、反面失くした場合は、Suica機能の停止手続きをとるなど、早急に対処する必要がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください