今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaのお得な使い方とは?Suicaの使い方を徹底解説!

Suica

「皆さんは毎日の通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?」

現在鉄道会社各社では、様々な種類の交通系ICカードを発行しています。

交通系ICカードは駅の改札にタッチするだけで電車に乗ることはもちろんのこと、チャージすることで加盟店でお買い物にも使えるのは便利なカードです。

数ある交通系ICカードの中でもSuicaは一番のシェアを誇るカードの一つです。

そんなSuicaを使いこなしていますか?

そこで今回はSuicaの使い方について解説します。

新しくSuicaの購入を考えている人、Suicaを使いこなしたい人は参考にしてください。

Suicaの使い方を知る前にSuicaの基本を学んでおこう

Suica使い方を知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。

パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。

ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

そんなSuicaの使い方について解説します。

Suicaはどこで買えるの?

Suicaを使うためにはまず購入できる場所を知っておきましょう。

Suicaといってもたくさん種類があり、購入場所が違いますので注意してください。

(Suicaが購入できる場所)

  • 無記名Suica
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
  • 記名Suica(MySuica)
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口
  • 子供用Suica(MySuica)
    →みどりの窓口
  • Suica定期券
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口
  • 子供用Suica定期券
    →みどりの窓口
  • 連絡用Suica定期券
    →Suicaエリア内にあるJR東日本の駅の指定席券売機、多機能券売機、みどりの窓口

Suicaの使い方はチャージすることが基本

Suicaは電子マネーであるため、カードやモバイルSuicaにチャージすることが基本的な使い方です。

Suicaは様々な方法でチャージすることができますので、それぞれ解説します。

券売機でチャージ

もっとも一般的なSuicaをチャージする方法は、券売機や多機能券売機、指定席券売機です。

券売機でのチャージはこのようになっています。

  1. JRに設置してある券売機や多機能券売機、指定席券売機を探す
  2. タッチパネルに表示してあるチャージをタッチ
  3. Suicaを挿入
  4. 金額を指定する
  5. 現金を投入

(1回の操作で入金(チャージ)できる金額の単位)
・500円
・1,000円
・2,000円
・3,000円
・5,000円
・10,000円

最大で20000円までチャージすることこができます。

みどりの窓口でチャージ

機械の操作に不安があるという人はみどりの窓口でチャージしてみましょう。

JRに設置してあるみどりの窓口の係員にチャージすることを伝えて、現金もしくはクレジットカードを渡せば簡単にはチャージしてくれます。

モバイルSuicaでクレジットカードでチャージ

Suicaをより便利に使いたいならモバイルSuicaがおすすめです。

モバイルSuicaとは、スマホにSuicaアプリをダウンロードすれば、Suicaの利用状況や乗車券の購入、クレジットカードによるチャージができる便利なサービスです。

モバイルSuicaによるチャージの方法は下記のようになっています。

  1. Suicaアプリをダウンロードして、自分のSuicaの情報を登録する
  2. Suicaアプリを開く
  3. 「SF電子マネー」を選択
  4. 「1.入金(チャージ)」を選択
  5. 入金(チャージ)額を入力
  6. 「入金する(クレジットカード)」を選択
  7. 入金(チャージ)が完了

 

オートチャージ

オートチャージとは、あらかじめ設定した金額以下になると自動的にチャージしてくれる便利なサービスです。

残高不足を防ぐことができるので、わざわざチャージするのが面倒くさいという人におすすめです。

オートチャージの設定は下記のようになっています。

今回はビューカードを使って設定してみます。

  1. 駅にあるATM「VIEW ALTTE」を探す
  2. 「オートチャージ設定」を選択
  3. 「Suicaのリンク」を選択
  4. 「リンク設定/変更」を選択
  5. Suicaとリンクさせるビューカードを挿入
  6. ビューカードの暗証番号を入力
  7. 内容を確認し「確認」をタッチ
  8. 「同意する」を選択
  9. 引き続きオートチャージを設定
  10. 申し込みを選択
  11. ビューカードを受け取る

 

Suicaの使い方

Suicaのチャージを覚えたところで、ここから実際にSuicaの使い方を紹介します。

Suicaの使い方は大きく分けて二つです。

  • 電車での使い方
  • お店での使い方

それぞれ詳しく見てみましょう。

Suicaの電車での使い方

Suicaを電車で使うためには、あらかじめチャージをしておくことが大切です。

電車に乗るときは駅の改札にタッチすれば、初乗り料金が引かれ、降りた駅でまた改札にタッチすれば差額が引かれます。

また、Suica定期にしたカードは、購入した区間は何度でも乗ることができます。

また、スイカを使って磁気の切符を買うこともできるので、家族や複数で電車に乗るときは、一枚のSuicaで何枚も切符を購入することもできますよ。

Suicaのコンビニでの使い方

Suicaの二つ目の使い方は、コンビニやスーパー、ドラッグストアなどで、電子マネーで支払う使い方です。

スイカマークがあるレジのお店では、購入したい商品をSuicaで支払うことができます。

商品をレジに持っていき、支払いをSuicaでお願いすればよいので、とても簡単です。

Suicaが使えるお店(一部抜粋)

加盟店約25店舗

  • (コンビニエンスストア)
    セブンイレブン
    ファミリーマート
    ローソン
  • (スーパー・ショッピングセンター)
    イトーヨーカドー
    イオン
    アリオ
  • (家電量販店)
    ヨドバシカメラ
    ビックカメラ
    コジマ
参考 Suicaが使えるお店JR東日本

モバイルSuicaとPASMOを併用するには?

スマホでSuicaを使っている人の中で、PASMOを使っている人もいると思います。

スマホのケースにPASMOを入れて使いたい人もいるでしょう。

しかし、そのまま駅の改札にタッチしてしまえば、お互いに干渉しあって弾かれてしまいます。

そんなときは市販されている干渉防止シートを使いましょう。

干渉防止シートとは、モバイルSuicaとPASMOの間に挟めばお互い干渉し合うことなく使うことができます。

使いたい面を表にして駅の改札にタッチしてみましょう。

Suicaは私鉄でも使えるの?

SuicaはPASMOとも相互利用が可能なので、首都圏はもちろんのこと全国の私鉄でも利用が可能です。

しかし、首都圏エリアと関西エリアなど異なったエリアをまたがって利用することはできません。

異なったエリアをまたぐような長距離の移動をするときや新幹線を利用するときはモバイルSuicaでチケットを購入したり、あらかじめ切符を買う必要がありますので注意しましょう。

また、モバイルSuicaで新幹線を乗るときはタッチでゴーを利用すれば、新幹線の改札もスマホひとつで利用できるので、よく新幹線を利用する人におすすめのサービスとなっていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください