今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaのオートチャージでよりお得になろう!Suicaのオートチャージの便利な使い方を徹底解説!

駅

みなさんは通勤や通学にどのような交通系ICカードを使っていますか?Suicaは、交通系ICカードの中で最もシェアがあります。Suicaは電車に乗るだけでなく、お買い物にも使えるのでとても使い勝手がよいのが特徴ですが、そんなSuicaはnanacoやポンタのような電車マネーであるためチャージして使うことになります。チャージ方法はいくつかありますが、オートチャージは、Suicaをより便利に使うことができるでしょう。
今回はSuicaのオートチャージについて紹介していきます。Suicaをもっと使いこなしたい人やオートチャージでポイントを貯めたい人は良かったら参考にしてください。

Suicaのオートチャージを知る前にSuicaの基本を学んでおこう

Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の他にもモバイルSuicaがあり、スマホ一つで利用可のです。ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

Suicaのオートチャージとは?

そもそもSuicaのオートチャージとはどのようなものなのでしょうか?Suicaのオートチャージとはいつくかあるチャージ方法の一つでSuicaの残額が設定金額以下になると、改札入出場時に自動的に設定金額がチャージされます。一番のメリットは残額不足の心配がなくSuicaを利用できること。現金やクレジットカードでわざわざチャージする必要が無いので、Suicaをより便利に使うことができるでしょう。

Suicaのチャージ方法
・駅や券売機で現金によるチャージ
・クレジットカードによるチャージ
・JREポイントをSuicaにチャージ

オートチャージが使えるSuica

Suicaのオートチャージは無記名のSuicaで使うことができません。オートチャージが使えるSuicaは下記の通りです。

オートチャージが使えるSuica
・Suica定期券(記名式)
・My Suica(記名式)
・Suica付学生証 等
・ゆうちょICキャッシュカードSuica

このように「氏名」「生年月日」「性別」の登録された本人利用に限られた記名式のSuicaならオートチャージの設定が可能です。オートチャージを行うためにはクレジットカードの決済が必要なので、無記名のSuicaでは本人の確認ができないので注意しましょう。

Suicaのオートチャージが使えるエリア

Suicaのオートチャージは首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアにてオートチャージを使うことかできます。Suicaエリアもパスモエリアは首都圏・新潟・仙台のほとんどの鉄道に対応していますが、中には簡易Suica改札機、私鉄との乗換改札機、新幹線自動改札機では対応していませんので、Suicaのオートチャージができる鉄道を覚えておきましょう。

Suicaのオートチャージの設定方法

ここからは、Suicaのオートチャージの設定方法を解説しています。まずは、記名式のSuica(Suica定期券、MySuica)とビューカードを用意しましょう。今回は、駅にあるATM「VIEW ALTTE」で設定してみます。

VIEW ALTTEで設定
1・「オートチャージ設定」を選択
2・「Suicaのリンク」を選択
3・「リンク設定/変更」を選択
4・Suicaとリンクさせるビューカードを挿入
5・ビューカードの暗証番号を入力
6・内容をご確認し「確認」をタッチ
7・「同意する」を選択
8・引き続きオートチャージを設定
9・申し込みを選択
10・同意するをタッチ
11・ビューカードを受け取る

Suicaのオートチャージにはビューカード

とても便利なSuicaのオートチャージ機能ですが、注意しなければならないことがあります。それは、Suicaのオートチャージの決裁に使えるクレジットカードはビューカードしか対応していないことです。またビューカードでも法人カードは対応していません。Suica機能のないビューカードも、オートチャージの決済カードとして使うことができますが、Suicaのオートチャージを使いたいならば、ビューカードは必須になってきます。他のクレジットカードを持っている人は覚えておきましょう。

Suicaのオートチャージで貯まるポイント

Suicaを普通にチャージしただけではポイントがつかないの前述しましたが、ビューカードを使ってオートチャージをすればJREポイントを貯めることができます。また、VIEWプラス対象商品をビューカードで払えば通常1000円で5ポイントつくところ、最大3倍のポイントをもらうことができます。VIEWプラス対象商品は下記の通りです。

VIEWプラス対象商品
・乗車券、定期券、回数券、特急券
・JR東日本国内ツアー
・Suica定期券、Suicaカード
・ビューカードでのSuica入金(チャージ)
・オートチャージ
・モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション

このように普通にSuicaを使うよりお得にポイントがもらえるので、Suicaを持っている人はビューカードを契約してオートチャージを設定することをオススメします。

Suicaのオートチャージの解除方法

Suicaのオートチャージな解除は、駅のATMから行うことができます。

ATMからSuicaのオートチャージを解除する方法
1・「オートチャージ設定」を選択
2・「Suicaにオートチャージ」を選択
3・「既にリンク設定されている方」を選択
4・オートチャージを停止したいSuicaを挿入
5・オートチャージのお支払いカードとなっているビューカードを挿入
6・ビューカードの暗証番号を入力
7・「ご利用停止」を選択
8・ビューカードを受け取る
9・Suicaとご利用明細票を受け取る

オートチャージしているSuicaを紛失したときは?

オートチャージしているSuicaやビューカードの紛失・盗難に気づいたら、速やかに連絡しなければなりません。また、警察にも届けることを忘れずに。緊急連絡先は下記の通りです。

  • ビューカード紛失・盗難デスク
  • 03(6685)4800
  • 【受付時間】24時間(年中無休)

紛失の届け出をしたあとは再発行する必要がありますが、再発行には、10日ほどかかり、簡単な審査があることを覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください