たまったマイルでインドへ!TABIPPO創業メンバー小泉翔が教える世界一周後のうまみ

先日、「若者が旅する文化を創る」を理念に活動する、世界一周団体TABIPPO(株式会社TABIPPO)の小泉翔さんに、TABIPPOの活動内容から世界一周をするに至った経緯、そして海外でのクレジットカード利用について、お話を伺いました。

株式会社TABIPPO 小泉翔小泉 翔さん
世界一周団体TABIPPO名付け親の創設メンバー。3歳からサッカーを始め、高校時代は大宮アルディージU-18に所属。立教大学在学中に休学しアメリカに留学後、そのまま世界一周の旅へ出発。TABIPPOで若者が旅する文化を創るために奮闘中。  

これから海外旅行される方は、ぜひチェックしていただくことをオススメします!

スポンサードリンク

海外に行く日本の若者を増やしたい

株式会社TABIPPO 小泉翔

ーまずは世界一周団体TABIPPOについて教えてください。

僕たちは、世界一周経験者・旅に興味がある若者・各種旅⾏系団体などの圧倒的なネットワーク力とプロモーション力を強みとして、イベント企画や、全国での講演活動、ソーシャルメディアでの情報発信を行っている任意団体として、2010年5月に設立しました。

ー最近世界を題材にした番組も多いですが、具体的にどのような活動を行っているのですか?

現在はイベントと企業とのタイアップ企画が主となります。

最近の例で言いますと、2015年の2月に「TABIPPO2015~ココロ踊る、旅に出よう!~」というイベントを東京・大阪・福岡の3会場で実施し、合計6,000人を超える参加者とゲストの皆さんとともに、最高のイベントを作り上げることができました。

過去には、大塚製薬様のポカリスエットと「地球を遊ぼう ~世界一周旅行者10組の旅ブログ~」のタイアップも行った実績もあります。

また、今春から「旅大学をリニューアルしました。新たなコミュニティ作りの場を提供することで、若者が旅する文化を創る社会に向けて、加速させていきたいと思います。

ー今後のビジョンをお聞かせください。

会社としてビジネス規模を大きく、また社会性ある活動を継続していきたいというのは大前提ですが、

3年以内に若者の海外渡航を増やす

これに尽きると思います。

しっかりとビジネスを確立しながら、より大きい影響を与えれるような啓蒙活動を行っていきたいと思います。

 

何かしなければいけないという危機感と焦燥感

株式会社TABIPPO 小泉翔

世界一周旅中に立ち寄ったボリビア ウユニ塩湖にて

ーご自身はどうして世界一周をしようと思ったのでしょうか?

大学時代はサッカーに明け暮れていたのですが、プロを諦めたときに、

「サッカーしかしてこなかった自分はこの先どうすればいいのか」

と急に危機感が感じたんです。そのときに、本当になんとなくなんですが、「英語しゃべれたほうがいいな!」と(笑)

ーすごく単純な発想が、起点だったんですね。

はい、恥ずかしい話ですが(笑)

行動力はもともとあったので、すぐにアメリカのオハイオ州に留学しました。

ただ、オハイオってすごく田舎なので、周りになにもないんですよね。なので、せっかくアメリカ来たならニューヨークも行きたいなと思って、地図を買いに行ったんです。

そしたら、なぜか世界地図を買ってしまって。(笑)

ーなるほど(笑)。留学中に偶然が重なっての世界一周だったんですね

その通りです。(笑)

世界地図を眺めているうちに、南米も行きたい、ヨーロッパも行きたい、あっちも、こっちも行きたいって、だんだん気持ちが高まり、世界一周してしまえ!と。

ー日本の中では海外留学でも珍しいほうだと思いますが、留学することや世界一周に関して抵抗はなかったのですか?

もともと父親が昔バックパッカーだったみたいで。

子供時代のときから、地域の国際交流協会の一環で、ホームステイに来る海外の方を受け入れてたんですよね。

今思うと、そういうバックグラウンドが後押ししてくれたのかもしれません。

ー子供時代の環境はかなり大きいように思います。実際世界一周を終えてみて、いかがでしたか?

あんなに価値観を揺さぶれる経験はなかなか出来ないと思います。それを20代初めで経験し、それが今の自分、これからの自分を形成していく。絶対早いうちに経験することをオススメしたいと思います。

余談ですが、僕は世界一周の初日にバックパックを盗まれました(笑)。そういう笑い話、武勇伝も含めて、みなさんも海外に行かれましたら、僕と情報交換をしましょう!

 

カードも現金もどっちも必要

株式会社TABIPPO 小泉翔

ーところで、まねぷれは金融の情報サイトです。小泉さんには、海外を旅行する上で、クレジットカードの必要性についてお聞きしたいと思います。世界一周するときにクレジットカードは持っていきましたか?

もちろん、持っていきました。

世界一周航空券を購入するときに、一緒にJALカードを申し込みました。大学時代はクレジットカードを持つことはなかったんですが、マイルも貯まるし、ちょうどいい機会だと思いました。

ー実際に、クレジットカードが役に立つことはありましたか?それはどういう場面で役立ちましたか?

そうですね、やはり買い物をするときなどはよく利用しました。

ただ、一番活躍してくれたのは世界一周を終え、日本に帰ってきたときですね。貯まったマイルでインドに旅行に行きました。もちろんマイルで往復航空券は無料です(笑)

ーやはり、世界一周となるとお金もかかる分、マイルが貯まるんでしょうか?

実際いくらくらいかかると思いますか?

僕の場合、実際は渡航費は総額45万円前後でした。あとは物価が安い国や、地元で簡単なアルバイトをしながらだと半年間で100万円もかかりませんでした。

ーおお、それは予想外でした。そのような情報含めて、これから海外旅行する方にアドバイスはありますか?

もちろんクレジットカードも必要ですが、同時に国際キャッシュカード(新生銀行やスルガ銀行で発行)も作る事をオススメします。

ただ、それらは必要最低限なもので、一番大事なのは、どんな状況でも楽しむ気持ちだと思います。

ぜひ楽しんできてください!

 


 

インタビューは以上です。

小泉さん、ありがとうございました!小泉さんが利用していたカードはこちら!

JALカードカード機能
  • 入会後1年間は年会費無料
  • 会員限定のボーナスマイル
  • 海外/国内旅行傷害保険が無料付帯

大手企業に就職しながらも1年で退職し、世界一周というフィールドで挑戦している姿を見ると、こちらまでエネルギーをもらいました。ぜひ、今後も応援していきたいと思います。

 

旅大学を開講中

旅大学

現在オープンキャンパス開講中

冒頭で少し触れましたが、TABIPPOでは「旅大学」を運営しています。興味がある方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

SNSでシェアしよう!

SHARE

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED

この記事を書いた人

WRITER

青森県立高校、早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科 卒

2010年、楽天株式会社に入社。
楽天カードに配属(督促業務、コールセンター業務)→楽天市場キッチン日用品雑貨ジャンルグループのECコンサルタント(月間MIP2位受賞)

2012年、株式会社イノベーターズに転職し、株式会社クレディセゾンWEB支店の営業コンサルタントして獲得型のネットプロモーションの運用を行う。

2013年、株式会社ジーフロンティアが運営するマネープレスの編集長を務める。
メインの支払い方法はApple Pay(SPGアメックス、楽天プレミアムカード、Suica)と楽天ペイ。

質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

皆さんのコメント

COMMENT

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
おすすめの関連記事
  • MONEYPRESS代表のプロフィール
    MONEYPRESS代表の田代豪希

    2010年
    楽天株式会社に入社。
    楽天カードの督促業務研修期間に楽天市場事業部キッチン日用品雑貨ジャンルのECコンサルタントへ異動。楽天市場では月間MIP2位を受賞。

    2012年
    株式会社イノベーターズに転職。
    株式会社クレディセゾンWEB支店の広告営業コンサルタントして、アフィリエイトプロモーションの運用を行う。

    2013年
    株式会社ジーフロンティアに転職。
    MONEYPRESS代表の他、WEBマーケティングを担当。
    クレジットカードは20枚以上。
    SPGアメックス、楽天プレミアムカード、楽天ペイがメイン。

    自己紹介▼
    田代豪希の想い

    Twitter▼

    質問やお問い合わせなども気軽にご連絡くださいませ。

PAGE TOP ↑