【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

40代の派遣で考えておくべきこととは?40代派遣社員の仕事の探し方と注意点

40代の派遣社員は仕事が少なくなり、派遣として働き続けるのが難しいと言われます。
理由は「年齢の壁」。
働く意欲も経験も十分な40代なのに、なぜ年齢がネックになるのでしょうか。
ここでは、40代派遣社員に年齢の壁がある理由と、40代でも派遣社員として活躍し続けるための方法を紹介します。

派遣社員と年齢との関係性とは?

40代の派遣社員が働くときに気になってくるのが年齢のこと。
派遣社員と年齢にはどんな関係があるのでしょうか。
求人数、紹介予定派遣、正社員への可能性について年齢との関係を探っていきます。

ボリュームゾーンは30代

厚労省がおこなった派遣労働者実態調査によると、派遣労働者の年齢層は30代が全体の35%ともっとも多く、40~44歳は15.1%、45歳~49歳は11.1%と、年齢が高いほど割合が少なくなっています。
このデータに派遣会社社員の話などを踏まえて考えると、時代にあわせて年齢層が高めに移行しているものの、派派遣の求人紹介は30代を中心としておこなわれていることがわかります。
40代で派遣の仕事が全くないわけではありませんが、40歳を目安に徐々に派遣求人が紹介されにくくなると感じる人は少なくないでしょう。

  • ※参照:厚労省「派遣労働者実態調査」
  • http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/haken/12/index.html

紹介予定派遣は20代中心

正社員になることを前提とした紹介予定派遣では、20代を中心に紹介されることが多くなります。
紹介予定派遣は、経験がなくても育ててくれる企業からの募集がメイン。
長期的なキャリア形成が目的となると、若くて伸びしろに期待できる若手人材を企業が欲しがる傾向にあるのです。
40代が紹介予定派遣で正社員転職を目指そうと思っても、そもそも紹介自体が受けられにくい状況です。

40代で派遣から正社員への転職可能性とは?

今の40代は、就職氷河期を経験し、新卒で正社員として就職できないまま派遣を続けてきた人も多いでしょう。
その事情は企業の人事担当者は理解していますが、40代で正社員経験がないとなると、やはり難しいものがあります。
可能性はゼロではありませんが、高いスキルや特殊な経験など、何か強みがない限りは厳しいと思っておきましょう。

40代が派遣で働くことが難しい理由とは?

40代になると派遣で働くことが難しくなると言われています。
一般企業における40代と言えばバリバリ働く世代ですよね。
なぜ派遣の場合は働きにくくなるのでしょうか。
ここでは、40代が派遣で働くことが難しい理由を紹介します。

覚えるスピードが遅くなってくる

派遣の場合、派遣先が数か月単位で変わるため、その都度新しい仕事を覚える必要があります。
個人差は大きいものの、覚えるスピードでは若い人が圧倒的に有利。
脳年齢というより、若い人の方が知らないことが多いため吸収する余白があるのです。
40代は経験や知識が豊富な分、新しい仕事を覚えるのは苦労する人が多くなります。
教える側としても、「年齢が上がると覚えが悪い」と固定観念があるのでしょう。
たとえ覚えが早い40代がいたとしても、企業側が採用を躊躇する傾向にあります。

他の派遣会社との競合案件に弱い

企業が派遣社員を募集するとき、複数の派遣会社を競合させて、より適性がある派遣社員を紹介してもらおうとするケースがあります。
派遣会社としては、当然自社の派遣社員を採用してもらいたいため、選りすぐりの派遣社員を紹介しようと考えますよね。
一般的には年齢が若い派遣社員を欲しがる企業が多いため、他社との競合案件に40代は弱いのです。
結果として40代の派遣社員は若い人より求人紹介が受けられなくなり、希望の仕事に就きにくくなると言えます。

派遣先上司より年齢が上がる

派遣社員の具体的な仕事の指示は派遣先上司がおこないます。
スタッフの指導や教育を直接おこなう上司は20代後半から30代の人がメイン。
40代になると、派遣先上司より年齢が上になるため、派遣先としては「教えにくい」と考えるのです。
知識や経験が豊富な40代は、教え方に不備があると指摘したり、若い人からすれば「上から目線」と思われることがあります。
優秀な40代の派遣社員であっても、派遣先からすれば、年下で指導しやすい若い人の方がいいのです。

本人の許容範囲が狭くなる

40代になると人生経験を積み、自分なりの考え方が構築されています。
それはそれでいいことでもあるのですが、考え方の柔軟性という点では若い世代に劣る可能性も。
仕事のやり方に納得できない、仕事内容を選り好みするなど、本人の許容範囲が狭くなる傾向にあります。
更新されにくくなったり、求人探しの際に選択肢がなくなってきたりするのです。

40代でも派遣社員として活躍する方法

求人紹介が受けにくくなってくる40代の派遣社員ですが、中には企業から引く手あまたの人材もいます。
派遣社員として活躍を続ける40代になるには何が必要なのでしょうか。
ここでは、40代の派遣社員が働くときに大切なポイントを紹介します。

何よりもスキルが重要

40代は何よりもスキルが重要なので、未経験の仕事を探すのはやめましょう。
これまで培ってきたスキルを存分に発揮できる求人を中心に選ぶ必要があります。
紹介を受けるためには、スキルアップをし続けることも大切。
派遣会社にはさまざまなスキルアップ支援制度がありますから、積極的に利用しましょう。
特に、得意分野での専門性を高めることを意識してください。
資格があればいいわけではないですが、スキルのわかりやすい証明になるため、働きながらどんどん取得するのも1つです。
積極的な姿勢が認められればチャンスが広がります。

30代までに何を身につけてきたのか

30代までの職業経験の中で、具体的に何を身につけてきたのか整理することも大切です。
それが分からないと、経験を活かした仕事を探すのが難しくなるでしょう。
特に40代の場合は、派遣であっても指導を任されることもあるため、指導経験やまとめ役を担ってきた実績があれば派遣先にアピールできます。

40代ならではの圧倒的なビジネスマナーと気遣い

40代が20代、30代と差をつけられるのはビジネスマナーなどの基礎力と、若い人にはできない気遣いです。
さまざまな企業で働いてきた経験があるからこそ、高度のビジネスマナーを備え、周囲へ抜群の気遣いができるはず。
特に、営業、接客、事務系職種などでは求められるスキルになります。
ビジネスマナーや気遣いなどできて当たり前と思うかもしれませんが、「さすがは40代」と思われるよう、さらに磨いておきましょう。

同じ派遣会社で信頼関係を築く

求人紹介を受けやすくするには、派遣会社との信頼関係も重要です。
複数の派遣会社を単発で利用するより、同じ派遣会社を長く利用する方が40代にはおすすめ。
派遣会社の担当も人間ですから、長く働いてくれている派遣社員に仕事を紹介したいと思うもの。
担当者とはよくコミュニケーションを取るように意識し、信頼関係を築いておきましょう。

条件にこだわり過ぎないこと

仕事内容に勤務先、時給など、派遣として気になる条件は複数あるはずです。
しかし、求人自体が少なくなる40代ですから、条件面は緩めに設定することも必要です。
これだけは譲れない条件に絞り、選択の幅を広げることで、引き続き求人紹介を受けることができます。

人手不足な業界を狙うのも手

これまで働いた経験がある業界の方が、安心感があって働きやすいかもしれません。
ただ、業界によっては年齢がネックになって仕事が少なくなることもあるため、業界にこだわり過ぎないことも意識しましょう。
同じ職種でも、人手不足の業界を狙うことで求人紹介が受けやすくなることも。
今ならIT系、介護、運輸業などは人手不足のため、雇用形態に関わらず積極的に人員を募集していますよ。

40代派遣が生き抜く道を見極めよう!

40代が派遣で働き続けるには厳しいハードルもありますが、経験を活かし、スキルを磨き続ける努力ができれば、仕事はまだまだあります。
条件や環境にこだわり過ぎず選択の幅を広げることで、求人紹介が受けやすくなるだけでなく、自分自身の成長にもつながるでしょう。
40代派遣として生き抜く道をしっかり見極め、今後の仕事に活かしてください。

40代の女性が派遣で工場に転職するときの注意点とは?

40代の女性で未経験でも、派遣で工場で働くことはできます。

女性に限ったことではないですが、40代になると需要が少なくなってくるので、働く工場で長く続けられるのか考えながら求人を探す必要があります。

下記では、40代の女性が派遣で工場で働くときの注意点をまとめてみました。

できるだけ派遣やアルバイトを選ばない

40代の女性が未経験から工場に勤めるとき、派遣やアルバイトの求人は多く目にすると思いますが、当然ながら正社員の方が派遣やアルバイトよりもスキルや収入が上がりやすいです。

50代になると、より正社員へのハードルが上がってしまうので、正社員の募集を見つけたら真剣に考えて応募してみるのもよいでしょう。

体力が持つ仕事か考える

女性に限ったことではございませんが、40代になると体力が落ちてくるのを認めざるをえません。

せっかく派遣でも工場で採用されて働くことになったとしても、「自分の体力では限界!」
と続かなくなることも考えられます。

こういったことを事前に防ぐためにも、申し込む工場の仕事が自分の体力でも長く続けられそうか、仕事内容をイメージしながら探した方が良いでしょう。

工場を見学させてもらう

上述したような体力面が大丈夫かどうかや、派遣先の工場で長く続けれそうかなどを事前に知るために、工場を見学させてもらったほうがよいでしょう。
実際に工場を見学すれば、職場環境や一緒に働く人たちの雰囲気も感じとれるのでミスマッチも防げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください