【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

派遣の面接とは?選考禁止理由と顔合わせ面談のポイントを紹介

派遣会社から仕事の紹介を受けていざ就労!の前に、派遣先との面談が実施されることがあります。
「派遣なのに選考されるの?」「不採用になったら派遣されなくなるの?」など、不安に思う方もいるでしょう。
一般的に派遣先との面談と呼ばれるものは、選考ではありません。
なぜなら派遣先が派遣社員を選考することは禁じられているからです。
では、就労前の面談はどんな意味をもつのでしょうか?
ここでは、派遣先が選考面接を禁じられている理由と、顔合わせと呼ばれる面談のポイントを紹介します。

また、楽天リサーチ株式会社が以前調査した派遣に関する報告書がありますので派遣を検討している方は参考にしてみてください。
参考資料派遣労働者実態調査の結果報告書

派遣先の「選考面接」が禁じられている理由とは?

派遣社員として仕事を紹介されたとき、派遣先企業から選考されるのか気になりますよね。
実は、派遣先が派遣社員を選考することは禁じられています
正社員やアルバイトの面接のように「不採用」という概念がないわけですが、一体なぜなのでしょうか。
ここでは、派遣先が選考面接を実施できない理由を解説します。

派遣先による選考は法律上のNG事項

派遣先企業は、派遣社員を特定することを目的として、派遣前の事前面接や履歴書の送付を求めることなどを禁止されています。
労働者派遣法26条7項にて定められている「特定目的行為」と呼ばれるものです。
特定目的行為の範囲は幅広く、派遣社員を求める際に年齢や性別を指定してくるのもNGなのです。

ただ、法律上は禁止されているものの、罰則がない努力義務のため、正常な派遣事業の運営をおこなわない派遣会社や派遣先などでは、選考がおこなわれていることもあります。
大手や評判が高い派遣会社であればよく理解しているはずですから、選考面接がおこなわれることはないでしょう。

派遣社員は派遣先の雇用下にないから

派遣先が労働者を事前に選考面接することが禁止されている理由としては、そもそも派遣先には労働者を選ぶ権限自体が存在しないことが挙げられます。
派遣社員の雇用主は派遣元である派遣会社であり、派遣先とは雇用関係にありません
派遣社員と派遣先との間に存在するのは「指揮命令関係」と呼ばれるもので、具体的な仕事の指示をおこなうことが派遣先の権限です。
派遣社員を選考するということは、他社に対して「あの社員さんに来てもらいたい!」と勝手に言っているようなもの。
いかにおかしなことかは、おわかりいただけますよね。

派遣社員の就労機会を狭めてしまうため

企業が正社員やアルバイトを雇うときは、スキルや経験だけでなく、「人柄がよさそうだ。」「若くて体力がありそうだからこの人に決めた。」などさまざまな判断が下されます。
本人の能力に関係ないことを基準として雇入れをすることは本来できませんが、実際問題としては多くの企業でおこなわれていることです。

では、このような判断が派遣社員に対しておこなわれたらどうでしょうか。
事前面接で選考されることで、派遣社員の就労機会を不当に狭めてしまうことになるでしょう。
もともと契約期間が決まっていて雇用の安定という点で不安定な派遣社員。
さらに就労機会まで減ってしまっては派遣社員が守られなくなります
そもそも、「会ってから決める」とされてしまっては通常の選考面接と変わらなくなりますよね。
派遣社員と派遣先の間を派遣会社が取りもってくれるのが魅力なのに、事前面接で不採用にされては派遣を選ぶ意味がないというものです。

派遣先との面談のポイントとは?

選考面接は禁止されているものの、就労前の顔合わせや打ち合わせなどの面談は「特定目的事項」に該当しないため、問題ないとされています
派遣先との面談が近づいてくると、不安も大きくなり、何を準備すればいいのかという疑問もわきますよね。
ここでは、派遣先との面接のポイントを解説します。

目的は選考ではなく打ち合わせ

派遣先が派遣社員を選考目的で面接することは禁じられていますが、単なる仕事の打ち合わせや顔合わせという目的であれば可能
派遣社員にとっても、「1度も行ったことがない職場に行くのは不安。」「派遣先の人と面識があれば安心できる。」などの意見がありますから、希望すれば派遣先との面談がおこなわれることはあります。
目的が選考ではありませんから機会は1度
今後働くことになる企業の担当者ですから好印象を与える努力をしたいですね。

派遣会社が日程調整や同席してくれる

派遣先との面談を、派遣先と自分の二者でおこなうことはなく、必ず派遣会社の担当者が同席してくれます
面談の日程調整についても、派遣先と自分が直接やり取りすることはなく、派遣会社の担当者がおこなってくれますよ
転職面接などと違い、間に派遣会社の人が入ってくれるため不安が少ないのは嬉しいですね。

自身のスキルを事前に整理しておこう

派遣先との面談では、どんな仕事ができるのかを聞かれることがあります。
選考ではありませんが、派遣先が業務分担を考える参考などにします。
質問されたらスムーズに答えられるように、スキルや経験を事前に整理しておきましょう
貴重な面接機会をとってもらうわけですから、双方にとって有意義な時間にしたいですよね。

できることとできないことを明確にすることも大切です。
できないのに「できます!」と言ってしまうと、実際に働き始めたときに苦労するのが自分。
働きぶりによっては次回の契約更新に影響を与えることもありますから、自分を大きく見せず等身大のアピールをおこないましょう。

個人情報の公開はしなくて大丈夫

派遣会社は、就労前に派遣社員の個人情報が記載された履歴書などを、派遣先に送付することができません。
選考面接と同じように、仕事の能力とは関係ないことで派遣社員を選ばれる可能性があるからです。
このため、面談の際に年齢や住所などの個人情報を聞かれることがあります。
派遣先は一般企業なので、派遣法などをよく理解していない担当者も多いからです。

働くにあたって氏名を述べる必要はありますが、仕事に関係ない個人情報は答える必要はありません。
派遣社員は派遣会社との契約を結んでいますから、派遣先に対して個人情報の公開をする義務がないのです。
面談には派遣会社の人が同席していますから、派遣先の人から困った質問をされたら助けを求めるようにしましょう。

顔合わせ後に辞退することは可能?

派遣会社から事前に聞かされていた仕事内容と違う、実際に行ってみたら雰囲気がよくない職場だったなど、顔合わせ後に「ここはちょっと……。」と感じることはあります。
この場合は、遠慮せず派遣会社の人に相談しましょう。
仕事内容などについて派遣先に交渉してくれ、納得のいく形の契約につなげてくれることもあります。
どうしても無理だと感じたら辞退するのも手
契約を交わしてしまった後だと契約違反になり問題ですが、契約前であれば辞退することはできます

派遣の面接のときの服装とは?

派遣先との顔合わせ面談ではスーツを着ていきましょう
選考の場ではないものの、ビジネスマナーを意識して参加することが大切です。
派遣先での仕事に早く慣れてスムーズに業務に取り組めるよう、「しっかりした人」という印象を与えることが大切ですよ。
スーツをもっていない場合は、ジャケットを着用するなどし、オフィシャルな場面で着ても恥ずかしくない装いを意識しましょう

派遣先との面接という名の顔合わせとは?

派遣先との面接というのは、選考の場ではなく、働き始めるまでの打ち合わせや顔合わせという意味を持つものです。
選考面接が禁止されているという点は、派遣社員にとって安心材料になるでしょう。
とはいえ、これから働く場所の担当者に会うわけですから、ビジネスマナーには十分気をつけ、好印象を与えておきたいですね。
派遣先の担当者に伝えるべきポイントと、言わなくてもいいことを整理しておき、派遣先でスムーズに仕事に取り組めるようにしましょう。

派遣の面接の質問とは?

派遣の面接をするときにどんな質問がされるのか不安になったりしますよね。
派遣の面接の質問は、志望動機や今までの職務経歴や今後のキャリアアッププランなどある程度決まった質問が多いです。

派遣会社の営業担当者が派遣先の採用担当者とある程度情報交換をしているので実際に会ってみて

  • どんな方なのかな?
  • うちに合ってるかな?
  • 途中で辞めないかな?

を見極める程度が多いです。
正社員程厳しいものではありませんが、派遣の場合は第一印象が大事になってきますので、面接で質問の受け答えをする際は、採用担当者に良い印象を与えられるようにしましょう。
派遣会社の営業担当者も同席するケースが多いので、いろいろ相談に乗ってもらうのが得策です。

また、派遣の面接で聞かれる質問についての記事もまとめてあるので、参考にどうぞ!
参考

最後にそもそも派遣とは?

派遣とは、雇用契約を派遣会社と結び、実際に働く場所は派遣会社と契約を結んだ派遣先企業にになります。
最後に派遣という働き方をより活用するために派遣ついての記事もまとめてあるので、今一度派遣という働き方の意味を知るためにも参考にしてみてください!
参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください