今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

派遣先が決まらない人とは?決まらない特徴や決めるための解決法を紹介!

派遣で頑張ろうと思っていても、派遣先が決まらなければ仕事ができません。
やる気はあるのになかなか希望どおりの仕事ができない人は多いようです。
仕事が決まらない理由は様々ありますが、多くの場合、自分自身に問題があるようです。
そこで派遣で働いていても仕事が決まらない人の特徴と仕事が決まるため解決法を紹介します。
派遣先が決まらないと悩んでいる人は参考にしてください。

派遣先が決まらない人の特徴とは?

派遣先が決まらない人にはある共通点が有ります。
もちろん仕事の求人が少ないなどの理由もありますが、求めている条件が厳しかったり、過去にトラブルを起こしていたりする場合があります。
それぞれ解説します。

条件が厳しい

派遣会社は色々な仕事を紹介してくれますが高いスキルを求められたり、時給の金額に差があるものなど条件があります。
特に時給が高い仕事は人気があり、希望する人も多いことが予想されます。
その仕事に見合ったスキルや能力があれば勝ち取ることができますが、なかなか希望どおりの仕事を見つけることは困難です。
そのような仕事ばかり希望していると派遣先が決まらないことは当然と言えます。
派遣会社にとって派遣社員は会社の代表としての側面がありますので、スキルや能力が高い人物を紹介する必要があります。
仕事が決まらない人は条件を落としてみてはいかがでしょうか。

過去にトラブルがあった

過去に派遣先や派遣会社とトラブルを起こしたことはありませんか?
仕事をクビになったり、連絡無しでドタキャンしたりした人は、次の仕事を紹介してくれなくなるのは当然です。
そのような人は派遣で働く前に仕事に対する意識を変えなければどこに行ってもトラブルを起こしてしまいます。
派遣も正社員も仕事に対する責任は変わりません。
与えられた仕事を全うできることが、派遣で働く最低条件といえるでしょう。

求人がすくない

これは、本人の資質とは関係ありませんが、登録する派遣会社に求人が少なければ仕事が決まりづらくなります。
特に地方の派遣会社の場合元々の求人が少ない傾向があります。
比較的求人が多い都市部の派遣会社に登録するか、ホームページなどの情報を見て自分の能力が発揮できそうな派遣会社を選ぶことが大切です。

派遣先が決まらない人が決めるための解決法とは?

派遣会社で派遣先が決まるポイントは主に二つあります。
一つは条件を見直してみる。
二つ目は自分のスキルや能力を発揮して活躍できそうな仕事を選ぶことです。

条件を見直してみる

やはり時給が高い仕事が人気がありますが、それだけ競争率が高くなり決まりづらくなるのは当然です。
派遣で働く人の平均的な時給は1000円から1500円が相場ですが、2000円を超える仕事は求人が集中し、それなりのスキルが求められます。
なかなか希望の仕事が見つからない人は、相場の時給の仕事から始めて、経験を積んでから高い時給の仕事をしてみてはいかがでしょうか。

自分のスキルや能力にあった職種を探す

自分が持っているスキルや能力と希望の派遣先で求められるものが合っていないかもしれません。
例えばパソコンでワードやエクセルなどが得意でも、派遣先は簿記や会計の能力を重視しているかもしれません。
どちらも得意ならば問題ないですが、どちらかの能力しか持っていない場合、派遣先が求めているものを見極める必要があります。
企業にとって派遣社員に求めることは即戦力です。
派遣先で能力を伸ばしてもらおうと考えるより、今持っているものを最大限活かせる職場を探した方が決まりやすいでしょう。
また、スキルは沢山あればあるほど武器になるので、他の人が持っていないような資格を取る努力すればそれだけライバルに勝てることになります。

派遣のメリットを活かした働き方とは?

派遣で働くことのメリットは自由な働き方ができることです。
言いかえれば様々な職場を体験できる仕事だと言えるでしょう。
なかなか派遣先が決まらない人は、まずは自分の現状に合っている仕事から始めて徐々にステップアップすることができます。
どんな仕事でも当てはまりますが、色々な職場で経験を積んだ人はそれだけ優遇されますし、信頼があります。
いきなり条件の良い仕事ではなく、今できる仕事で経験を積むことが大切です。

30代で派遣が決まらない人の解決法とは?

30代になると、20代のときと比べて派遣が決まらないケースが増えてきます。
派遣先企業の指揮命令者よりも年上になってくる年齢なので、扱いづらい印象を持たられたり、多くの応募者がきた場合ある程度年齢に制限をかけて採用するケースもあります。
ただし、まだまだ30代ですし諦めるには早いです!
30代で派遣が決まらない人の解決策をご紹介しますので参考にしてみてください。

複数の派遣会社に登録する

派遣会社は複数登録することをおすすめします。
派遣会社によって扱っている求人が変わるので、1社だけよりも複数の派遣会社から仕事の紹介を受けたほうが派遣の仕事を決める可能性は高くなります。

完璧な求人案件を求めすぎない

30代で派遣が決まらない人の特徴として、自分の希望に叶う完璧な求人案件を求め過ぎている点があります。
金銭的に余裕がなければ、どんどん焦ってしまいますし、ブランクが開いてしまうと印象も悪くなってしまうので、ハードルを少し下げて求人の幅を広げることをおすすめします。

派遣先が決まらない人のまとめ

いかがでしたか?
派遣先が決まらない人の特徴と解決法を紹介しましたが、より良い職場を見つけるためには自分を客観的に見つめて現状を判断することではないでしょうか。
いきなり客観的に見つめることは難しいので派遣会社の担当や知り合いに自分がどんな性格で、どんな仕事に向いているか相談してみるのも良いかもしれません。
派遣先が決まらない人はその原因を見つけることから始めるのが解決の第一歩になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください