今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

派遣ならではの立場が辛い!そんな時に考えたいこと

近年、増加傾向にあるともいえる雇用形態のひとつである「派遣」ですが、どのような雇用形態なのかその詳細をご存知ですか。
またその雇用形態であるがゆえ、派遣には独自のイメージや独自の悩みが存在することを知っているでしょうか。
今回は、意外と知られていない派遣社員について様々な観点からその詳細や悩みについてご説明していきます。

そもそも派遣社員ってどんな人なの?

派遣社員という言葉を近年よく耳にすることだと思いますが、雇用形態などの詳細について知っていますか。
まずは、意外と知ることがない派遣社員についてご説明していきます。

派遣会社に登録または契約している人(登録型と常用型派遣)

派遣社員とは実際に仕事を行う企業では無く、人材派遣会社と雇用関係(登録や契約)がある人のことを指し、雇用上では派遣社員は派遣先企業ではなく人材派遣会社で働いているということになります。
派遣社員を利用する場合、企業は必要な時に必要な即戦力となりえる人材をすぐに確保することが出来ます。
また、正社員を一から雇用する場合に発生する各種保険や福利厚生などの費用負担や手続き等の業務負担を無くすことも出来るのです。

さらに、短期的に人材が必要となった場合に正社員雇用を行っても安易に解雇することは出来ませんが、派遣社員を雇用することで人員調整や費用の管理が容易となるなど多くのメリットが存在するのです。
また、派遣社員側にも自身の望む勤務形態に対応してもらうことができる、職場環境などに問題があった場合人材派遣会社が対応を行ってくれる、自身の得意分野での仕事を中心に行うことが出来るなど多くのメリットがあります。
また、派遣社員と一言で表してきましたが大きく2つの種類に分類することが出来ます。

一つ目が「登録型派遣」と呼ばれる就業形態です。
登録型派遣とは派遣会社にエントリーを行い、派遣会社から仕事の案内を受け就業決定をし、派遣先企業と派遣会社の間で結ばれる派遣契約期間のみ派遣会社と雇用形態を結ぶ形態のことを指します。
この際、派遣期間が終了すると派遣会社との雇用契約は終了となり、その後同じ派遣会社から仕事の案内を受ける際には改めて雇用契約を結ぶことになります。
登録型派遣のメリットは希望の時間や期間など自身のライフスタイルに合わせて仕事を選べるという点であり、派遣社員と言われて多くの方がイメージする雇用形態はの多くはこの登録型派遣だと思います。

二つ目が「常用型派遣」と呼ばれる就業形態です。
こちらは、人材派遣会社の社員として常時雇用している社員を派遣先企業へ派遣する雇用形態のことです。
登録型とは違い、派遣先企業での期間が完了しても派遣会社との雇用関係は継続し、新たな企業へ派遣されます。
この場合、新たな派遣先がすぐに決まらなくとも派遣先が見つかるまで人材派遣会社から給与が支払われるのです。
常用型派遣は専門的なスキルを要する職種に多いとされており、登録型に比べると登録者の安定性がメリットとなります。

派遣社員はマイナスイメージが多い?

このように派遣社員は企業側にとっても労働者側にとっても多くのメリットが存在する雇用形態のように思えますよね。
しかし、実際に派遣社員に対しては、「就職活動に失敗したから派遣社員になっている」「収入や生活が安定していない」「いつ契約が切られるかわからない」「昇給しない」などマイナスイメージを抱かれることが多いと言われています。
これは、TVドラマや映画などでの派遣社員の扱いが不明瞭である点や、実際に派遣社員として働いたことの無い人や雇用形態を把握していない知識の無い人のイメージからくるものであり、派遣社員の実態とは大きく異なるものなのです。
実際には前述のメリットと合わせ自身の働き方に合っているという人が多く、近年では望んで正社員から派遣社員へと雇用形態を変える人も多いと言われています。

そのイメージや形態から派遣独自の辛さが!

実際には多くのメリットがあり、魅力的な働き方のひとつの選択肢である派遣社員ですが、前述のとおりマイナスイメージを抱かれることやその独自の雇用形態であるがゆえに悩みにぶつかることがあるのです。
ここからは、そんな派遣社員独自の悩みに注目してみましょう。

周囲との給与の差に悩む

派遣先企業で仕事を行う場合は同じ職場の多くの正社員と共に仕事をしますが、そういった正社員の人の方が給与が良いことが多いのです。
また、賞与などについても派遣社員は正社員ではないため支給されることがほとんどありません。
さらに多くの場合派遣社員は交通費の支給がありません。
そのため、給与から交通費を自腹で負担し、さらに賞与は無いという収入面での差に悩むことが多くなるのです。

周囲からのマイナスイメージや扱いに悩む

また、前述のとおりマイナスイメージを抱かれることも多い派遣社員は心無い態度や言葉を浴びせられることもあるようです。
マイナスイメージが無くとも「正社員を目指さないのか」「なぜ派遣なのか」と雇用形態やメリットを知らないからこそ、悪気なくそういったことを聞かれることもあるのです。
自身のライフスタイルに合わせて派遣社員という形態を選んでいるとはいえ、このような言葉を受けたり、そういった目で見られることは非常に辛いことであり、悩みに直結する人も多いようです。

毎回人間関係や仕事がリセットされてしまう

また派遣社員は期間が決まっている雇用です。
そのため、せっかく人間関係を上手く築くことが出来たり、仕事で成功を収めることが出来ても期間の終了と共に全てリセットされてしまい、また新しい職場で一から人間関係を築き仕事を始める必要があるのです。
それは当然正社員であっても転勤や異動によって起こり得ることではありますが、派遣社員の比ではありません。
そのことに大きく不安を感じ、悩む人も多いのです。

将来に対しての不安が生まれる

派遣社員は雇用期間が決まっているがゆえに、将来に対して不安を持つ場合があります。
次から次へとタイミングよく派遣先が見つかることが理想ではありますが、企業が不景気になると人材削減のため派遣社員の雇用を控えたり、派遣社員の契約解除を行ったりします。
そのため、次の派遣先がタイミングよく見つからないといった問題が起こる可能性もあるのです。
常にそういった不安を抱えたまま仕事を行うことはとても辛く、それゆえに派遣社員を辞めたいと思う人も多いようです。

でも、派遣には派遣のメリットが!

このように、正社員や契約社員など他の雇用形態の人にはわからない、独自の悩みが多く存在するのが派遣社員です。
しかし、当然派遣社員には他の雇用形態には無い大きなメリットが存在しているのです。
ここからは派遣社員のメリットについて見てみましょう。

正社員との責任の差や競争の有無

まず正社員との大きな違いはその責任の大きさにあります。
正社員の人はその責任の大きさからストレスを感じたり、長時間労働を強いられたりと辛い状況に陥ることも少なくはありませんが、派遣社員はその雇用形態から正社員ほどの大きな仕事や責任を任されることは少ないと言われています。
また、正社員であれば出世のために同僚達と成績競争を行うことも多いですが、派遣社員は人材派遣会社との雇用関係であるため、このような競争を行うことも無いのです。

残業が少ない

派遣社員の場合、勤務時間や業務内容などが細かく設定されている場合が多く、長時間労働等を行っても残業代の支給がないことから設定外の労働や業務内容を行わないように設定していることが多いです。
そのため正社員に比べ残業等が無く、自身のプライベートを充実させることが出来るのです。

期間の制限がある

派遣期間に制限がある派遣社員は、前述のとおり人間関係や仕事がリセットされてしまうという悩みもありますが、それはデメリットばかりでは無いのです。
例えば人間関係を上手く築くことが出来なかったり、仕事が自分に合っていないと感じた場合、正社員であればすぐに辞めるわけにはいきません。
しかし、派遣社員であれば仕事を辞めずとも終了期間が決まっているため、気が楽な点が多く期間制限がメリットとなることもあるのです。
また、さまざまな職場で経験を積みたいと思っている人にとっても期間制限は大きなメリットとなります。

でもやっぱり辛い!そんな時は

独自のデメリットがある一方で、独自のメリットが存在する派遣社員。
しかし、いくらメリットがあるとはいってもデメリットばかりに目がいき壁にぶつかってしまった時、とても悩んでしまうことだと思います。
ここでは、派遣社員としての壁にぶつかってしまった時に考えたいポイントをご紹介します。

一度心に余裕を持って先を考えてみよう

一度悩みを抱えてしまうとそのことばかりに目が向いてしまい、心に余裕が無くなってしまいます。
そんな時は、一度状況を紙に書き出して見たり、何も考えない日を作ることで自身の心に余裕を作るようにしてみましょう。
そうすることで自身の現状や立場、考えを客観的に見ることが出来るようになります。
心に余裕が無い状態で考え続けていても悪い方向にしか考えが進みませんので、一旦考えをリセットすることが大切です。

派遣という立場に引け目を感じないで!

周りから投げかけられる心ない言葉や態度から派遣という立場に引け目を感じたり、居づらさを感じることもあるかもしれません。
しかし、近年において派遣社員という雇用形態は別段珍しいものでもなく、また企業側労働者側の双方にとって大きなメリットがある雇用形態であることは前述のとおりです。
与えられた仕事を全うしているという点においては他の雇用形態と何も変わりはありません。
引け目を感じたりせずに、派遣雇用は普通のことであるということをしっかりと把握し、自身を持ちましょう。

相談や愚痴を話して発散しよう!

また、社内外において自身の愚痴や悩みを言える場を作ることも大切です。
人に話しをすることで客観的に状況を見てもらえることはもちろんですが、話をすることで悪い思考に捉われている自身の状況を改めて把握することが出来るからです。
悪い思考に捉われていると他人を恨めしく思ったり、邪険に扱ってしまうこともあります。
客観的に自身を見つめ直すことで人に対して感謝の気持ちを持つことが出来たり、周囲の良い点を見つめることが出来る切っ掛けにもなるのです。

リフレッシュすることも大切!

休みの日に思い切って遊びに出かけたり、飲み会に参加するなどリフレッシュを行うことも大切です。
仕事について全く考えない時間を作ることで、次に仕事に取り組む際にスッキリとした気持ちで挑むことも出来ますし、悩んでいる時には見えなかった仕事に対する良い点などが見えてくることもあるからです。
仕事に行きづまって悩んだ時には、思い切って悩まない、何も考えない時間を作ることも重要なことです。

思い切って辞める事も選択肢のひとつ!

どうしても辛くて仕方が無く、色々なリフレッシュ方法や解決方法を考え試したものの上手く行かなかった場合には、思い切って退職することも一つの手段であることを覚えておいてください。
精神的、肉体的に無理をして自身を押し込めたまま仕事をして病気になったり、仕事が出来ない状況になってしまうことの方が問題です。
「辞めることも未来への選択肢の一つである」ということを頭の片隅に置いておいてください。
そうすることで精神的な余裕が生まれ、未来に対して希望を持つことで今の仕事に対する認識が変わることもあります。

悩みを解決して快適に働けるようにしよう!

いかがでしたか。
派遣社員には派遣社員にしかないメリットがある一方、その立場ゆえ悩みにぶつかることも多くあります。
今、派遣社員で辛いと思っている人は一度メリットを見つめ直し、そして将来を見直して悩みを解消してみてください。
また、現在派遣社員で無い人は派遣社員という雇用形態について正しい知識を身に付けることが大切です。
派遣社員は現代において求められている雇用形態の一つであるということを把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください