今すぐ作れるクレジットカードあります!

バンドルカードを利用する上での「現金」に関する疑問を徹底解説!

バンドルカードとは、店頭での買い物・ネットショッピングなどで利用できるもので、支払いの際に利用が可能な、便利なVisaのプリペイドカードとなっています。
そんなバンドルカードですが、現金と併用できるのか?また現金化とは何か?など「現金」に関連した疑問を持つ方も多いようです。
そんなバンドルカードを利用する上での現金に関する疑問について、本記事では解説していきます。
バンドルカードの利用を検討している方や、現在利用している方もぜひ参考にしてみてくださいね。

【現金に関する疑問を見る前に】バンドルカードとは?

バンドルカードの現金に関する疑問を見る前に、バンドルカードはどのようなものか見ていきましょう。
バンドルカードは誰でも利用することができる、Visaのプリペイドカードです。
登録も簡単で、アプリから簡単にネットショッピング専用のバーチャルカードを発行することができ、 チャージをすればすぐに利用が可能となります。
またリアルカードを発行すると、店舗の買い物などでも利用が可能となります。
さらにVisaが発行しているため利用できる店舗も多いのが、大きなメリットとなっています。

【現金に関する疑問を見る前に】バンドルカードを使うメリット

バンドルカードの現金に関する疑問を見る前に、バンドルカードを使うメリットついても詳しく見ていきましょう。
誰でも無料で利用できる点が、バンドルカード最大のメリットと言えるでしょう。
誰でも利用することが可能なサービスで、審査や年齢制限もなく簡単に利用をはじめらることから、未成年や学生でもサービスを受けることができます。また無料で利用することが可能で、 入会費や年会費もかからないのも嬉しいポイントです。
ただし、場合によっては発行手数料がかかるカードもありますのでご注意ください。
また、利用店舗が国内外のVisa加盟店となっており、店舗またはオンラインでの利用が可能となっています。

バンドルカードの現金でのチャージ方法

ここからはバンドルカードへの、現金でのチャージ方法について解説していきます。
現金でチャージする方法は、現在ではコンビニでのチャージのみに限定されています。
対応しているコンビニはファミリーマート、ローソン、サークルK、サンクス、ミニストップ、セイコーマートとなっていますので、対応店舗にてチャージを行いましょう。
基本的にはFamiポートやLoppiなどの端末で申込券を発行して、レジで支払うといった流れになっています。

  1. コンビニでチャージする手順ですが、まずアプリでチャージリクエストを作成します。
  2. その後、コンビニ端末で申込券を発券し、レジで支払いを行えばチャージは完了となります。

それぞれのコンビニで、端末の種類や利用方法が違いますので、細かい操作方法についてはバンドルカードの公式サイトをご確認いただくことをおすすめします。

バンドルカードと現金は併用できる?

次は、バンドルカードを利用した際に現金も併用できるのかという疑問にお答えしていきます。
結論から言うと、バンドルカードと現金は併用不可となっています。
また、現金に限らずクレジットカードや電子マネー、プリペイドカードとも併用できないということですのでご注意ください。
基本的にはバンドルカードを利用して支払いを行う際は、全額バンドルカードで支払いといったシステムになっています。

バンドルカードの現金化とは?

バンドルカードの現金化という言葉を聞いたことがある方もいるかと思います。
現金化とはどういったことなのでしょうか?
これはバンドルカードだけに限らず、クレジットカードなどでも行われていることですが、カードを利用して購入した商品やギフト券を売却し、その利益が現金として手元に入ってくるといった仕組みです。
即日現金が欲しいといった場合に、金融ローンなどを組まずすぐに現金が得れるということで、この現金化を行う人もいるようです。
バンドルカードの場合は、amazonでも利用できることからamazonのギフトカードを購入して売却した利益を現金として得るといった方法を行っている人もいるようです。

バンドルカードの現金化は違法?

バンドルカードの現金化についてお伝えしてきましたが、現金化は違法とはなっていません。
ただし、クレジットカードを支払い方法に選択している場合はクレジットカードの規定違反、また大量にAmazonのギフトカードにて利益を得ようとした場合はAmazonの規定違反になるケースもあるよう。
いずれにしても、利用するサービスの規定に反した場合は、今後サービスを利用が出来なくなることにもなりかねません。
現金化を行うことは避けましょう。
またバンドルカードの場合、未成年も所持できることから未成年が現金化を行おうとするといったケースもあるようです。
未成年に所持させる場合は、使い方についてもしっかりと把握しておく必要がありそうです。

バンドルカードの「現金」に関する疑問を解消!

バンドルカードの「現金」に関する疑問についてお答えしていきました。
現金でのチャージ方法や、現金との併用について、また現金化についても見ていきました。
特に現金化に関しては違法ではありませんが、様々なサービスの規定に反する場合もあります。
違反した場合は今後そのサービスが利用出来なくなることもありますので、現金化は行わないようにしましょう。
また、バンドルカードは未成年も利用できるものですので、こういった現金化などを行わないよう利用方法については把握しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください