今すぐ作れるクレジットカードあります!

バンドルカードが使えないシーンとは?利用できない店舗やシーンについて徹底解説

バンドルカードとは、店頭での買い物・ネットショッピングなどで利用できるもので、支払いの際に利用が可能なVisaのプリペイドカードとなっています。
そんなバンドルカードですが、Visaの取り扱い店舗で利用することが可能となっていますが、利用できない場合もあるようです。
そこで、バンドルカードが利用できないシーンについて本記事では詳しくご説明していきます。
バンドルカードを利用している方、また利用を検討している方もぜひ参考にしてみてくださいね。

【バンドルカードが使えないシーンの前に】バンドルカードとは?

バンドルカードが使えないシーンを見る前に、バンドルカードはどのようなものか見ていきましょう。
バンドルカードは誰でも利用することができる、プリペイドカードです。
登録も簡単で、アプリから簡単にネットショッピング専用のバーチャルカードを発行することができ、 チャージをすればすぐに利用が可能となります。
またリアルカードを発行すると、店舗の買い物などでも利用が可能となります。
さらにVisaが発行しているため利用できる店舗も多いのが、大きなメリットとなっています。

【バンドルカードが使えないシーンの前に】バンドルカードを使うメリット

バンドルカードのサービスを利用するメリットについても詳しく見ていきましょう。
誰でも無料で利用できる点が、バンドルカード最大のメリットと言えるでしょう。
クレジットカードを発行するとなると、審査が厳しく未成年では発行が難しい場合や手間がかかる場合などがありますよね。
しかしバンドルカードは誰でも利用することが可能なサービスで、審査や年齢制限もなく簡単に利用をはじめられます。
また無料で利用することが可能で、 入会費や年会費もかからないのも嬉しいポイントです。

【バンドルカードが使えないシーンの前に】バンドルカードが使える店舗とは?

バンドルカードを利用できる店舗についても、確認しておきましょう。
基本的には、国内外問わずVisaの加盟店であれば利用できるサービスとされています。
ただし、利用しているバンドルカードの種類によっては使えない場合もあるんです。
カードの種類について確認した上で、カードごとの違いについても詳しく見ていきましょう。

【バンドルカードが使えないシーンの前に】3種類のカードのタイプ

先ほども少しお伝えしましたが、バンドルカードのカードは種類が分かれており三種類のカードがあります。
バーチャルカード、リアルカード、リアル+カードの三種類に分かれており、それぞれのカードで発行手数料や利用限度額、利用可能店舗が異なっています。
それぞれのカードの違いについては、この後詳しくご紹介していきます。

バンドルカードのバーチャルカードとは?使えない店舗は?

バーチャルカードはアプリをインストールしてアカウントを登録すると発行されるもので、無料で利用が可能です。
発行手数料は無料となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。
なお国内及び海外のVisa加盟店でオンライン以外では、利用が出来ません。

バンドルカードのリアルカードとは?使えない店舗は?

リアルカードはアプリからリアルカード発行手続きを行うと 発行されるもので、無料で利用が可能です。
発行手数料は300円となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。
国内のVisa加盟店ではオンライン・実店舗、海外のVisa加盟店はオンラインのみが対応店舗となっており、それ以外の店舗では利用が出来ません。

バンドルカードのリアル+カードとは?使えない店舗は?

リアル+カードはアプリからバンドルカード リアル+(プラス)の発行手続きを行うと発行されるもので、無料で利用が可能です。
発行手数料は600円となっており、一回のチャージ金額の上限は10万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は200万円となっています。
もっとも利用できる店舗数が多く、国内及び海外のVisa加盟店において、実店舗・オンラインともに利用が可能です。
したがって、国内外のVisa加盟店以外では利用が出来ないというとこになります。

バンドルカードが使えないシーン

カードの種類によって対応店舗が異なりましたが、種類を問わずバンドルカードを使えないケースもありますので確認しておきましょう。
バンドルカードですが、以下の支払いでは使うことがません。
ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、定期支払い・定期購買、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売、自動券売機など暗証番号の必要なお店、本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店などでの利用は不可となっていますのでご注意ください。
なお、リアル+カードをご利用の場合はイレギュラーでガソリンスタンド、宿泊施設での利用も可能となっています。

バンドルカードはカードの種類や利用内容によって、利用できないケースもある

バンドルカードのサービス内容や利用のメリットを始め、カードが使えないシーンについて詳しく見ていきました。
基本的には世界中のVisa加盟店舗であれば利用が可能となっていますが、カードの種類によってはオンライン限定であったり、国内限定で店舗での利用ができるといった制限もありました。
ご自身の利用用途によって、契約するカードの種類は検討したほうが良いかもしれませんね。
また公共料金なども支払いでは利用が不可となっています。
対応していない支払い内容についても、しっかりと把握しておきましょう。
便利なバンドルカードを、うまく生活の中で活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください