【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

バンドルカードのリアルカードとは? カードの種類や利用内容についても徹底解説

バンドルカードとは、ネットショッピングや、店頭での買い物において支払いの際に利用することができる、Visaのプリペードカードとなっています。
そんなバンドルカードには様々なカードの種類があり、リアルカードというカードもあるんです。
リアルカードを利用するメリットとは何か、どのような場所で利用できるのかなど、詳しく見ていきます。
便利なバンドルカードの利用を検討している方や、まだリアルカードを利用していないという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【リアルカードについて見る前に】バンドルカードとは?

まずはバンドルカードはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。
バンドルカードは 誰でも利用することができる、 Visaプリペイドカードとなっています。
登録も簡単で、アプリから簡単にネットショッピング専用のバーチャルカードを発行することができ、 チャージをすればすぐに利用が可能となります。
また、リアルカードを発行すると、店舗の買い物などでも利用が可能となります。

【リアルカードの使い方を見る前に】バンドルカードの種類

種類によって利用出来るシーンが異なるため、使い方について詳しく見ていく前にバンドルカードの種類について確認していきましょう。
バンドルカードは三種類に分けることができます。
カードはバーチャルカード、リアルカード、リアル+カードの3種類に分かれています。
どのカードを利用しても年会費などは発生せず無料で利用することができますが、利用に制限があったり、発行手数料がかかるものもあります。
それぞれのカードの違いについては、この後詳しくご紹介していきます。

【バンドルカードの使い方】バーチャルカードって何?

バーチャルカードはアプリをインストールしてアカウントを登録すると発行されるもので、無料で利用が可能です。
発行手数料は無料となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。
利用可能な店舗は、国内及び海外のVisa加盟店(オンライン)となっています。
したがって実店舗では利用することができません。

【バンドルカードの使い方】リアルカードって何?

リアルカードはアプリからリアルカード発行手続きを行うと 発行されるもので、
無料で利用が可能ですが、
発行手数料は300円となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。
利用可能店舗は、国内のVisa加盟店(実店舗含む)、海外のVisa加盟店(オンライン)となっています。
国内であれば実店舗でも利用が可能なカードとなっています。

【バンドルカードの使い方】リアル+カードって何?

リアル+カードはアプリからバンドルカード リアル+(プラス)の発行手続きを行うと発行されるもので、
無料で利用が可能ですが、発行手数料は600円となっており、一回のチャージ金額の上限は10万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は200万円となっています。
利用可能店舗は、国内及び海外のVisa加盟店(実店舗含む)となっています。
リアル+カードであれば、国内外の実店舗でも利用が可能となります。

バンドルカードのリアルカードを持つメリットは?

バンドルカードのリアルカードを持つもっとも大きなメリットは、実店舗での利用が可能になることでしょう。
バーチャルカードの場合はオンラインでしか利用ができません。
発行手数料は発生してしまいますが、年会費等はかかりませんし、利用の幅が広がるリアルカードを持った方がよりバンドルカードを活用できるでしょう。

バンドルカードのリアルカードの使い方

バンドルカードのリアルカードは様々な場面で利用が可能です。
大きく分けるとオンライン、実店舗での利用が可能となっており、オンラインの場合は通常のネットショッピングの決算同様にカード情報を入力するだけで利用が可能です。
実店舗の場合も、クレジットカードでの支払いと同様に処理をしてもらうことができます。
クレジットカードを利用するような感覚で利用することができるんですね。

バンドルカードのリアルカードのチャージ方法

バンドルカードはプリペイドカードのため、チャージを行う必要があります。
チャージ方法は様々なものがあり、コンビニ、ATMでのチャージ、ドコモ払い、ビットコイン、ネット銀行などでもチャージすることが可能となっています。
またポチッとチャージ機能というチャージ方法もあり、アプリを利用することでチャージできるものとなっており、即座にスマートフォンを利用するだけでチャージが完了するのが嬉しいポイントです。
様々な場所や方法でチャージができるのもバンドルカードの魅力の一つです。

バンドルカードのリアルカードを活用しよう!

バンドルカードのリアルカードについて詳しく見ていきました。
バンドルカードは3種類あり、その中でも実店舗で利用が可能なリアルカードは非常に便利なカードとなっていました。
発行手数料は発生するものの、年会費はかかりませんし、利用の幅が広がることを考えると利用するメリットは大きいでしょう。
ぜひバンドルカードのリアルカードをうまく活用してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください