【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

Visa LINE Payクレジットカードはバンドルカードにチャージできる!ポチッとチャージより得する方法

バンドルカード

初年度ポイント還元率3.0%Visa LINE Payクレジットカード

バンドルカードと併用すればキャッシュレス生活の幅が広がると思いませんか?

この記事ではVisa LINE Payクレジットカードのバンドルカードチャージとお得な入金方法についてまとめました。

Visa LINE Payクレジットカードはバンドルカードにチャージできる!

早速ですがVisa LINE Payクレジットカードはバンドルカードにチャージできるクレジットカードです。

国際ブランドがVISAもしくはマスターカードならバンドルカードに登録してお得に使うことができます。

VISAチャージできる◯
マスターカード作れない×
JCB作れない×
アメックス作れない×

3Dセキュアの登録が必須

バンドルカードカードにチャージするにはVisa LINE Payクレジットカードの3Dセキュアの登録が必要になります。

チャージ手数料は無料

Visa LINE Payクレジットカードのバンドルカードチャージは手数料無料です。

ポイントは貯まらない

Visa LINE Payクレジットカードは電子マネーを3.0%のポイント還元の対象外としています。

マイナポイントで25%還元!

2020年9月1日(火)から始まったマイナポイント

Visa LINE Payクレジットカードのマイナポイントはショッピング利用はもちろん、バンドルカードチャージしてから使うことで「バンドルカードチャージ+バンドルカード決済+マイナポイント」の三重還元が受けられるのでおすすめです。

ポチッとチャージはお得?

バンドルカードのポチッとチャージ

バンドルカードの「ポチッとチャージ」は手元にお金がなくてもその場ですぐにチャージしてくれるので、いわゆるチャージの前借りサービスとして便利に利用することができます。

ただ、利用月の翌月末までに申込金額に応じた手数料と合わせて支払いしなければいけませんので、Visa LINE Payクレジットカードをお持ちであればより安くする方法が他にもあります。

Visa LINE Payクレジットカードのキャッシングのほうがお得

Visa LINE Payクレジットカードをお持ちの方であればキャッシングのほうが手数料が安く済みますのでおすすめです。

仮に60日間キャッシングでお金を借りたとしても実質年率18.0%の金利手数料とATM手数料の合算金額よりも「ポチッとチャージ」手数料のほうが高くなります

申込金額手数料(ATM手数料込)
ポチッとチャージキャッシング
10,000円以下510円約406円
20,000円以下815円約812円
30,000円以下1,170円約1,108円
40,000円以下1,525円約1,404円
50,000円以下1,830円約1,699円

Visa LINE Payクレジットカードのプリペイドカードチャージ対応表

主要なプリペイドカードについてVisa LINE Payクレジットカードのチャージ可否を一覧にまとめました。

Kyashチャージできる◯
バンドルカードチャージできる◯
Vプリカ買える◯
dカードプリペイドチャージできる◯
au PAYプリペイドカードチャージできない×
ソフトバンクカードチャージできない×

Visa LINE PayクレジットカードのQRコード決済対応表

プリペイドカード以外にもVisa LINE PayクレジットカードのQRコード決済対応状況について一覧にまとめました。

PayPay登録できる◯
d払い登録できる◯
au PAYチャージできない×
楽天ペイ登録できる◯
LINE Pay登録できる◯

バンドルカードのチャージ方法一覧

バンドルカードにはクレジットチャージや「ポチっとチャージ」以外にもチャージする方法がたくさん用意されています。

  • ドコモ払い
  • コンビニレジ
  • セブン銀行ATM
  • インターネットバンキング
  • セブン銀行ATM
  • ペイジー(Pay-easy,銀行ATM)
  • ビットコイン
  • ギフトコード
  • ソフトバンクまとめて支払い(停止中)

ドコモ払いは手数料あり

ドコモのケータイ料金と合算して支払える「ドコモ払い」でチャージすると、チャージ金額によって所定の手数料がかかりますので注意してください。

チャージ金額手数料
4,000円以下1回につき300円
5,000円以上1回のチャージ金額6.15%

Visa LINE Payクレジットカードとバンドルカードの独自キャンペーンに期待

競合関係にある両者ですが、政府が定めるキャッシュレス決済比率実現のために競合の垣根を超えたキャンペーンや企画が実現する可能性も0ではありません。

そんな日が訪れるまでは、消費者としてお得な店舗や決済サービスを使い分けていくキャッシュレスリテラシーを高めておきましょう。

NO バンドルカード, NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください