クレジットカードを作りたいあなたへ!作りたいカードを発行するための注意点とは?

カテゴリー:クレジットカード 

クレジットカードを作りたい。そんなあなたへ。この記事は、クレジットカードを作りたいと思った方が、審査落ちせず、その方に合った作りたいカードを発行できるために書かれました。作りたいカードを見つけ、クレジットカードを作るための条件は何か、その注意点をしっかり確認して、作りたいカード発行しましょう。

[おすすめのクレジットカードランキング上部]

好きなテーマから読む

クレジットカードを作りたい人へ!クレジットカードの基本的な作り方

さまざまな種類のサービスへの申込みと同様に、クレジットカード入会の際は、個人情報および本人確認書類の提示が必要になります。申込み後はカード会社による審査を行い、無事審査を通過すれば手元にカードが届けられる流れです。以下、申込みから発行までを順を追ってみていきましょう。

クレジットカードを作りたい!作る際に必要なもの

個人の場合、作りたい場合に、他者による不正な申込み防止のため、入会申込の際は本人であることを確認する書類を提示することが法律で定められています。

クレジットカードに限らず、今では何らかのカードを新しく作るにあたり、本人確認書類を求められる場合がほとんどで、外出の際当然のように身分証を携行する人も多いでしょう。

そこでクレジットカードを作りたい場合、基本どのような本人確認書類が必要かについてみていきます。

なおつけ加えて、引き落とし口座の通帳やキャッシュカード、さらに未成年では保護者の同意書が必要になってきます。

クレジットカードを作りたいなら、本人確認書類が必要

クレジットカードを作りたいなら、入会の際必要な本人確認書類は、基本以下の種類です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+現住所記載の公共料金の請求書または領収書
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 外国人の場合は外国人登録証明書や在留カード
  • 学生証(学生の場合)
    なお上記書類に記載の住所と現住所が異なる場合は、現住所記載のある、作りたい場合は公共料金や税金の領収書や納税証明書の追加が必須となります。

クレジットカードを作りたいなら、引き落とし口座の設定が必要

作りたいクレジットカードの申込時には、月々のカード利用額の引き落とし用口座を設定するため、通帳やキャッシュカードが必要になります。以前は申込み手続き後、別途郵送される書類に口座情報を記入、捺印し返送する流れが主でしたが、近年はインターネットの普及により、オンライン上で申込みと同時に口座設定を行うことで、よりスピーディーな手続きが可能となりました。

現在では主要な大手バンクの多くが、インターネットバンキングを導入しているので、そうした銀行に口座を持ちネット環境があれば、いつでもスムーズに口座設定を完結させることができます。

クレジットカードを作りたいなら、未成年の場合は保護者の同意が必要

一般ランクのクレジットカードの多くは、18歳以上から申込みが可能ですが、未成年の場合には上記の必要物に加え、作りたいなら親など親権者や保護者の同意を得なくてはなりません。

クレジットカードを作りたいなら、親権者、保護者に同意書に記入してもらうか、または電話で確認を取ることが必要になってきます。未成年で自身でのカード管理に不安がある場合は、親の家族カードを利用するのもひとつの方法です。

作りたいクレジットカードによって申し込む場所はさまざま

インターネットが普及する前は、新規にクレジットカードを作る際、店頭や窓口まで出向き待ち時間が生じたり、または必要書類を郵送後返送しなければならなかったりと手間でした。

しかし現在はネット環境があれば、24時間いつでも、申込み手続きを行えるようになってきています。

ただすぐにでもカードを作りたい場合、即時発行のカードを作るにあたって、日中の早い時間にオンラインで申込みを行い、その後営業時間終了までに店頭までカードを受け取りにいくなどの過程を要するケースも。

おもに消費者金融系のカード会社の多くは、駅前などに無人契約機が設置され、カード受取の手間も少ないですが、地方在住で受取窓口まで距離がある場合は、移動に費やす時間を考慮せねばならないことを頭に置く必要があるでしょう。

作りたいクレジットカードの必要事項を記入

作りたいクレジットカードの新規入会時には、まず申込項目に属性、個人情報を記載していきます。主な項目は氏名、生年月日といった属性の他に、職業、勤務年数、住所、居住年数、年収、借入額など。

クレジットカード契約は会員の信用情報の上に成り立つゆえ、当然ですが属性以外の年収や職業などは、偽らず正しい情報を記載するようにしましょう。もしも不正に虚偽の申告をし、その後の審査で露顕するようなことがあれば、審査の合否に影響を及ぼし、審査落ちするリスクが高くなるとされるので注意が必要です。

作りたいクレジットカードの審査へ

作りたいカードの申込項目に必要事項を記載し、申込み手続が完了すると、カード会社による審査へ移行します。

駅前の契約機などで手軽に契約できるタイプのカードなら、問題なければ最短十数分~数十分で審査が完了し、その場でカードを受け取ることが可能。しかし一般に審査基準が厳しいとされる銀行系カードや、あるいはJALなどの航空系カードの場合は、おおむね審査に日数を要し、数週間~1ヵ月ほどかかるケースが少なくないようです。

その代わり無事に審査を通過すれば、ことに信頼性、ステータス性のある銀行系カードは、後述するように持つだけで本人の社会的信用がアップし、さまざまな場面でメリットがあるとされています。

審査に通ると作りたいクレジットカードが発行され、送られてくる

問題なく審査を通過するとカードが発行され、契約機や窓口、カウンターで受け取るか、または郵送で送付してもらう流れになります。郵送の場合は書留などと同じく、不在時には不在票が投函され配送会社で一定期間カードが保管されるので、後刻受け取りに出向くことでカードを手にすることが可能。何日も家を空けるなどで不在が続き、配送会社での保管日数が長期に渡れば、一旦カード会社へカードが返送され再送手続が生じるので、発行後なるべく早いうちに受け取るようにするのがスムーズな流れといえるでしょう。

作りたいクレジットカード使用開始

作りたかったカードが届いた!クレジットカードを手にしたら、まずは裏面に自筆のサインを入れることが重要。もしもサインなしで利用すれば、万一紛失や盗難に遭った際悪用される恐れがあります。

慣れた人だとついサインなしのまま使うこともあるようですが、リスクを避けるためにも、裏面に自著によるサインを入れてから使い始めるようにしましょう。

クレジットカードを作りたい人へ!クレジットカードを作るメリット

あなたがクレジットカードを作りたいと思ったのはなぜですか?

多くの人がクレジットカードの利点として挙げるのが、カード決済で付与されるポイントで現金払いよりもお得になり、また各地のカード加盟店でさまざまな優待を受けられるといった面でしょう。他にも旅行保険の付帯などさまざまなメリットがあり、またカードを持つことで社会的信用のアップにも繋がるケースがあるようです。

クレジットカードを作りたい人にも嬉しい!特典が充実

特典が充実しているから作りたいと思う人も多いようです。

クレジットカード会員のメリットとして、加盟先の店舗やレストランから、ホテルやレジャー施設、リゾート施設まで、利用時に会員限定のさまざまなサービスや優待を受けられることが挙げられます。

とりわけ主婦や学生にとっては、日ごろ利用するスーパーやカラオケ店などでポイントアップや割引が適用されれば嬉しいですね。またカードの提携先によっては、好きなアーティストのライブやスポーツ観戦などで優待が適用されることも。数多く発行されているカードの中から、好みの特典がある種類を選りすぐってみてはいかがでしょうか。

作りたい1枚が出てくるかもしれません。

特定のクレジットカードを提携店舗で利用すると割引が受けられることも

イオンカードやパルコカード、ヤマダLABIカードなどは、それぞれ提携先店舗での決済により10%前後、あるいはそれ以上の還元率でポイントが付与され、また指定の日には利用額の数割値引されるセールを行うことがあります。いずれも利用者にとってお得感満載のサービスといえるでしょう。

自分がよく利用する店舗でお得な1枚を作りたいものです。

初めて作りたいと思っている人でもクレジットカードを持つことで信用度アップ

先に述べた店舗との提携カードに比べ、三井住友VISAクラシックカードOrico Card THE POINT、みずほマイレージクラブといったいわゆる銀行系カードは、入会時の審査が厳しく敷居が高いとされます。

しかし一方で信頼性やステータス面にすぐれ、持つだけでその人の社会的信用度がアップする場合があるそう。またスタイリッシュな券面のAmerican Expressや、各カードのゴールドタイプ、プラチナタイプも、ビジネスシーンなどで提示することで印象アップに繋がるといったケースがあります。

将来に向け社会的ステータスを高めていくなら、クレジットカードはぜひ作りたいアイテムといえますね。

初めて作りたいと思っている人でもクレジットカードのポイントがザクザク貯まる

クレジットカード後進とされる日本でも、近年徐々に現金に代わりカードを利用する人が増えているようです。

またカードの利用で付与されるポイントを有効活用できれば、普段の買い物でも現金払いよりカードのほうが遥かにお得で便利!といった声もあります。

とりわけ提携先の店舗利用におけるポイント還元に特化した種類の提携カード、また楽天カードなどポイント高還元で人気のカードは、利用ごとにどんどんポイントが貯められる点がメリットです。さらに貯まったポイントは、景品や金券、あるいは他社のポイントやマイルなどと交換でき、さまざまなシーンで有効に活用することができるので、作りたい1枚です。

初めて作りたいと思っている人でもクレジットカード払いで公共料金の支払がラク

生活の上で最低限必要不可欠な出費である公共料金については、例えば電気代などで使い過ぎを抑えるため、引き落としでなく請求書払いで、月々の料金をチェックする人も多いでしょう。

しかし毎月の電気、ガス、水道などの使用量がほぼ変わらなければ、クレジットカードで公共料金を引き落とすことで、支払いが遅れずに済むメリットがあります。

またショッピング同様に引き落としの際ポイントが加算されるカードもあり、そうした種類を使えばよりお得でラクに支払いを済ませられ便利です。

公共料金の支払い用としても、クレジットカードは作りたいですね。

現金が無くても作りたいクレジットカードさえあれば大丈夫!国際ブランドが利用できる

そもそもクレジットカードは、さまざまな場面で現金の持ち合わせがない場合、代わりにスムーズに支払いを行う手段として誕生したもの。そうしたクレジットカード決済を可能にするのが、現在世界多くの国に加盟店を持つ国際ブランドで、クレジットカード発行に際し付加されるものです。

これにより国内や国外の加盟店において現金なしでも支払いを行えるだけでなく、もろもろの優待サービスや特典を受けられるメリットがあります。

代表的な国際ブランドはVISAやJCB、MasterCard。その他American Express、Diners Club、Discover、UnionPay(銀聯)など豊富に種類が揃っています。

作りたいクレジットカードのおすすめはVISA

国内では日本初のブランドJCBが馴染み深いですが、世界最大シェアの国際ブランドVISAも、近年加盟店が増えてきているようです。

また国内でのVISAブランドで有名なのが、三井住友VISAクラシックカード。銀行系カードで信頼性があり、かつポイントも1%からの高還元。また若年層向けの三井住友VISAデビュープラスカードではポイントが2~5倍付与されるので、社会生活のスタートラインに立つカード初心者におすすめです。

作りたいクレジットカードとしても、人気となっています。

旅行好きな人にはうれしい!保険が付帯しているクレジットカードを作りたい

昨今では海外がぐっと身近になり、長期休暇で気軽に海外旅行を楽しむ人も増えてきています。しかし実際には、旅先での慣れない生活で持ち物の紛失や盗難に遭ったり、あるいは体調を崩したりといったケースが少なくないよう。そうした場合に備え、主要なクレジットカードの多くには、疾病治療費や、事故による賠償などを補う旅行傷害保険が付帯されており、大手クレジットカード会社の場合は、おおむね最高で3,000万~1憶円の補償がついてきます。ただ補償内容の内訳はカードによりさまざまなので、入会時によくチェックしておくようにしましょう。

初めて作りたいと思っている人でも盗難補償付きのクレジットカードを作りたい

キャッシュ代わりに支払いを行えるクレジットカードは、いわばひとつの財産、資産ともいうべきものです。

しかし一方で、手のひらサイズの薄いクレジットカードは、ともすれば落としたり、なくしたりしやすい面があります。もしも万一紛失してしまい、それが他社の手に渡り勝手に使われでもすれば、損害を蒙るような事態になりかねません。

そのため、盗難補償付きのクレジットカードを作りたいところです。

また情報漏洩が叫ばれる昨今では、クレジットカードをなくしていないのにクレジットカード情報が洩れ、不正利用されるケースもあるそう。そうしたことに備えて、新規カード発行の際は、紛失保険および盗難保険が自動付帯されます。しかしつい見落としてしまいがちなカードの管理は、普段から自覚をもってしっかりと行うことが重要です。

キャッシュが財布にも口座にも無い人も大丈夫!クレジットカードは支払を先延ばしできるから作りたい

もしも月々の返済が滞れば、利用者の信用情報に影響を及ぼします。

しかしクレジットカードを利用する間に残高が不足し、かつ入金が間に合わないようなことになった場合、大手の主要なカードであれば、HP上の手続きでその月の返済額を減らして先延ばしすることが可能です。

また引き落とし日までに残高不足に気づかなかった場合は、日を改めて再度引き落としを行う旨の通知が届くので、それまでには確実に入金を済ませておきましょう。

信用情報を守るためにも、慢性的な残高不足による遅延は避けるようにしたいものです。

クレジットカード払いで初めて作りたいと思っている人でも通販で手数料がかからない

ネット社会の普及に伴い、急速に浸透してきているのがネット通販やオンラインショッピング。店頭まで出向くことなく、24時間いつでも買い物ができるので、生活サイクルの目まぐるしい社会人や主婦層に中心に人気を集めています。

実はそうしたネットショッピングでの支払におすすめなのがクレジットカード決済。方法としては他に銀行振込やコンビニ払いなどがありますが、いずれも手数料が発生し、余分に料金がかかります。

しかしクレジットカード決済なら、ショップ側との直のやり取りのため手数料がかかりません。

また多くの場合ネットショッピングでは、クレジットカード決済で通常の何倍ものポイントが加算されるので、クレジットカードを利用すればするほどお得になるのもポイントです。

通販を利用するなら、クレジットカードを作りたいですね。

一人暮らしの人にはうれしい!クレジットカード利用で家計簿代わりに作りたい

成人を迎えて親元を離れ独り暮らしが始まり、またそこで新たなクレジットクレジットカードを作れば、カードの引き落としをはじめ家賃や税金などの支払を、基本全て自分で管理していかなければなりません。

そうした状況を家計簿さながらに細かく記録するのは、慣れないうちはなかなか大変なもの。

そんな場合は、クレジットカード利用で家計簿代わりに作りたいですね。

そこで多くの種類のクレジットカードでは、月ごとに書面もしくはWeb上で利用明細が作成され、利用状況の詳細を分かりやすく確認することができます。月々のさまざまな出費をクレジットカード決済にまとめれば、まさに家計簿同様に出費状況を管理することができ大変便利です。

クレジットカードは年会費無料でコスパの良いカードを作りたい

現在国内で発行される多くのクレジットカード、なかでも他企業と提携する提携クレジットカードには、年会費無料のものがたくさんあります。

またセゾンカードやエポスカード、さらに日本発の国際ブランドJCBといったメジャーなクレジットカードにおいても、おもに若年層向けに、比較的負担のかからない年会費の種類が続々登場してきています。

そしてそうした類のクレジットカードは年会費の安さに比して、おおむねポイント還元が充実しており、提携先の量販店やカラオケ店など、身近な店舗の利用がお得にできるのが魅力です。一枚持てば、便利で身近なアイテムとして作りたいですね。

クレジットカードを作りたい人が、申し込む上で特に注意すること

申込者の信用において契約を行うクレジットカードでは、個人情報申告の際情報を偽らず、また先の支払状況、返済状況にクレジットカード会社が疑念を持ち、審査に影響しないようにするために、申込時にできるだけ安定した生活環境を整えておくことが大切です。最後にそうした注意すべき点を述べておきます。

作りたいクレジットカードの申込み基準を再度確認しよう

多くの種類の一般クレジットカードは、18歳以上であれば誰でも申込めますが、なかには一定の収入があることが条件となるクレジットカードも少なからずあります。

作りたいと思っても、条件が見合ってなければ作れません。

収入に関する条件が特になければ、アルバイトをしていない未成年や学生、また専業主婦などは、収入ゼロと申告して差し支えありません。

しかしもしそうした未成年や学生のうちから将来の人生設計を考え、ステータスの充実したグレードの高いクレジットカードに申込む場合、申込み基準を再度確認することが重要です。

例えば近年登場している若年層向けゴールドクレジットカードなどは、申込み年齢が20歳以上で、安定収入があることが必須条件となる種類が多くあります。入会の際は、どのような目的でクレジットカードを作るのかを明確にし、申込みの基準や資格をきちんと把握することが大切です。

作りたいクレジットカードがステータスの高くて審査落ちすることのないようにしましょう。

作りたい。でも注意しよう!クレジットカード審査で年収は偽らない

申込み後の審査において、申告した年収が多いほど生活環境が安定しているとされ、審査を通過しやすいという声がありますが、実際は必ずしもそうとは限りません。昨今では収入が不安定もしくはゼロであっても、未成年なら親の、専業主婦なら配偶者の収入を見込まれ無事審査を通過できるケースも多くなっているようです。
問題視されるのは例えばサラリーマンなどで、勤務先企業の業績規模と明らかに釣り合わない年収を申告した場合です。そうした際は何らかの不正意図あるものと見なされ、作りたいと思っても審査落ちする確率が高くなります。虚偽の申告は露顕すれば必ずマイナスに働くので避けるようにしましょう。

クレジットカードをたくさん作りたいと思っても複数申し込むのは避ける

クレジットカードの持つ長所やメリットは多種多様で、またそれを活かせるシーンも日常においてさまざまです。あらゆるシチュエーションにおいて、それぞれに活用できるクレジットカードを複数枚揃え、有効に使いこなしている人も多いとか。

ただクレジットカード初心者が、作りたいと思っていきなり多数のクレジットカードを作るのは危険が大きいといえます。慣れないうちからカードをたくさん持てば、それぞれの返済額や残高を正確に把握しづらくなるうえ、持ち歩く際落としたり、なくしたりするリスクも大です。悪くすると盗難による不正利用、また滞納や遅延などでトラブルを抱え、生活に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。

まずは使いやすそうな作りたいクレジットカードを1枚作って、徐々に慣れていくことから始めるのが良いでしょう。

クレジットカードを作りたい!!でも審査落ちになる可能性は他にもある…

上記のように、申込時にまず重要なのは虚偽申告や多重申込みを行わないこと。またそれ以外にも、身辺状況によって信用情報に影響し、審査落ちの可能性が出てくる場合があります。言うまでもないことですが、信用情報を守るには、月々の返済をしっかり確認し、滞りなく行うことが大切です。

作りたいと思っても、実は初めてでも審査に落ちやすい

一般に、それまで滞納などの履歴がないクレジットカード初心者は、おおむね審査に通りやすいといわれますが、作りたいと思っても入会時の居住年数や勤務年数によっては、審査に通りにくくなるケースがあるようです。

一つ処に定住せず引っ越しを繰り返したり、また勤務が長く続かず転職を重ねるような状況の場合は、収入が安定せず家賃滞納などの問題があるのではと懸念され、審査に影響を及ぼす恐れがあります。

作りたい場合は、勤務状況に関しては、人間関係などでさまざまにうまくいかなくなるケースもありますが、新たなクレジットカードを作るにあたっては、できる限り身辺状況をしっかり整えておくようにしたいものです。

クレジットカードが作りたいけど作れない!信用情報に問題有り

クレジットカードが作りたいけど作れない場合に、信用情報に問題有りの場合があります。

作りたいと思っても、、それまでにローン返済で滞納履歴があるなど本人の信用情報に問題があったり、また未成年などで、親はじめ家族のカード利用履歴に問題があったりすれば、収入状況や返済状況にクレジットカード会社が疑問を抱き、審査落ちするケースがままあるとされます。

また状況によっては、40~50代になって初めて作りたいと思ってクレジットカードを作るような場合、そうした年齢に達するまでカード利用履歴がないということが逆に問題視され、審査に通りづらくなることもあるそう。

繰り返しますが、クレジット契約は信用取引であるので、作りたい場合は先の返済を少しでも不安視されないために、信用情報をきちんと整えておくようにしましょう。

作った後にクレジットカードの支払いを遅滞しないようにしよう

せっかく作りたいと思ったクレジットカードが入手できても、延滞して利用停止になってはたまりません。

先に返済日までに入金が間に合わず残高不足の場合、返済を先延ばしできると述べましたが、信用情報に瑕がつかないようにするために、できる限り月々の返済を滞らせずしっかりと行い、滞納履歴を残さないようにすることが肝腎。

滞納、遅延の履歴が重なれば最終的にカード利用ができなくなるばかりか、将来マイホームやマイカーなどの長期ローンを組む際にも少なからず影響を及ぼします。

作りたいと思ったカードのスムーズに返済を続けていくために、月々のさまざまな出費を考慮し、無理のない範囲で確実に返済ができるよう、しっかりと計画を立ててカード利用を行うようにしていきましょう。

クレジットカードを作りたい人のためのあれこれまとめ

クレジットカードを作りたい。そんな思いを現実のものにできそうでしょうか。この記事では、クレジットカードを作りたいと思ったあなたに、少しでもオトクに、スムーズにクレジットカードを作ってもらえるような、役立つ情報を解説しました。

作りたいクレジットカードを見つけ、少しでも自分に合った1枚を発行できると良いですね。

[おすすめのクレジットカードランキング下部]

SNSでシェアしよう!

SHARE

この記事を書いたユーザー

スポンサーリンク

関連する記事

RELATED


Parse error: syntax error, unexpected 'wpp_get_mostpopular' (T_STRING) in /home/moneypress/money-press.info/public_html/wp/wp-content/themes/stinger-child-money_press/sidebar.php on line 29