【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

Origami Payとは?使い方から特徴・メリットまで詳しく紹介!

今は会計が便利にできる時代になってきましたね。

昔は現金で会計することしかできなかったのですが、今ではクレジットカード、電子マネー、おサイフケータイなど、さまざまな方法が出てきました。

どの方法も現金が必要ないといった特徴があり、スムーズな決済ができる仕組みとなります。

そんな中で登場したのがOrigami Payです。
Origami Payはスマホのアプリを利用したQRコード決済の仕組みです。

そこで今回はOrigami Payとはどんなものなのか。
特徴からメリットまで詳しく紹介します。

Origami Payとは

Origami Payとは、全国2万店以上で利用ができる決済方法のことです。
利用すぐ側は初期登録費用もかからない、年会費なども必要なく、完全無料で利用することができます。

事前にアプリでクレジットカード、銀行口座を登録しておくことで、引き落としはそこからになります。
クレジットカードのような感覚で使ってもらえたと思います。

今までクレジットカードを利用していた場合、お店でサインもしくは暗証番号の入力が必要だったと思います。

その作業のひと手間が必要なくなります。
アプリの中にはクレジットカード情報が複数登録できるため、利用先によってカードを切り替えたりすることができます。

利用するときもスマホ内のアプリを立ち上げるだけなので簡単です。
Origami Payのアプリを立ち上げて、QRコードを読み取るだけで完了します。
サイフを出さなくていいため、スマホを触りながらそのまま会計できてしまいます。

Origami Payとは店舗独自の割引がある

Origami Payには店舗独自の割引制度があります。
他のペイシステムの場合は、ポイントが貯まるというものでしたが、Origami Payではポイントは貯まりません。

そのかわり、割引が適用されるようになっています。
Origami Payとは割引が適用されるアプリ決済システムと思ってください。

Origami Payの割引もききますし、クレジットカードのポイントも貯まるため、一石二鳥のサービスです。

Origami Payを使うだけで常に2%の割引となります。
お店によっては50%オフなど期間限定のサービスも存在します。

Origami Pay公式のものから、店舗独自のキャンペーンもあるため、自分にあったものがあれば、利用することができます。

過去に行ったキャンペーンの場合、プレミアムフライデーとコラボして多くの店舗が10%オフといった特典をつけていました。

Origami Payとはクーポンが取得できる

Origami Payはクーポンが取得できます。
これが割引クーポンということになります。

店舗で利用できるクーポンは、20円引き、50円引きといったように定期的に発信されます。

店舗によって割引に幅があるため、よいクーポンにあたれば、お得に利用することができます。

クーポンの取得方法は簡単です。
アプリ内のメッセージという欄にクーポンが届きます。
届いたクーポンをタッチすると、利用することができます。

必ずクーポンの詳しい内容をチェックしてください。
お店独自のもののため、小さい文字で1回きりですとか書かれています。

もしくは○○円以上利用といった文字もあるため、クーポンの割引だけ見るのではなく、全体的に詳しく見るようにしましょう。

Origami Payとはおサイフいらずの便利もの

Origami Payの特徴はおサイフいらずの便利なものといったものです。

今までサイフを出していたものが、スマホで決済ができてしまいます。
サイフからクレジットカードを出す、現金を出すといった手間がなくなります。

しかも先ほど紹介したように割引も用意されています。
常に2%割引って大きいですよ。

ポイントカードの場合、平均的な付与率は1%です。
それと比べると1%も多く、しかも割引として適用されますからね。

並んでいるときにレジにいくまでに多くの方はスマホを触りながら待っていると思います。
そして今まではサイフを出して会計するのですが、それがそのままスマホで会計できてしまう便利ものです。

Origami Payとはセキュリティ強化が可能

Origami Payはセキュリティ面でも向上していると思います。

今までお店でクレジットカードを使う場合、お店側にクレジットカードの歴が残っていました。
もちろんお店側もセキュリティには気をつけているでしょうが、不正利用される可能性は広がってしまいますよね。

複数の店舗を利用すると、それだけクレジットカード情報がお店に渡っていることになります。
Origami Payの場合、Origami Payの中でしかクレジットカード情報は使われません。

お店で決済したとしても、お店側にクレジットカード情報がいくことはありません。

複数の店舗に情報がいくことがないため、不正利用の観点から幅が狭くなったと考えることができます。

Origami Payとはスマホならどれでも使える

Origami Payであれば、アプリをダウンロードできるスマホであれば基本的にどれでも利用することができます。

Origami PayはiOS 9.0以上またはAndroid 4.0.3以上のスマホなら利用可能です。

他のペイシステムは、おサイフケータイの機能が入っているものしか利用できないといった制限があります。

Origami Payは今まで使いたかった電子マネー機能が使えることになるため、スマート決済が可能になります。

Origami Payとはデメリットもいくつかある

ここまでいくつかOrigami Payの特徴やメリットをあげてきましたが、そうはいってもデメリットも存在します。

その1つに加盟店が少ないことがあげられます。
他の電子マネーの場合、今やコンビニならどこでも使えるようになっていると思います。

Origami Payはまだそこまでの普及率にはなっていません。
現在、全国で2万店なので、まだまだこれからといったところでしょうか。

ただ、こういった便利機能というのは、浸透力が強いです。
利用者が便利と思えば、どんどん広がりを見せていき、加盟店も増えてくることでしょう。

加盟店側は今までと同じようにクレジットカード決済の手数料だけなので、新たに費用は発生しません。
QRコードを表示するための端末は必要になってきますが。

Origami Payとはバーコード読取は2種類

Origami Payの会計時のバーコード読み取りは2種類あります。

ユーザースキャン方式

こちらは利用者側がQRコードを読み取る方法です。
お店側が用意したQRコードを、利用者側のアプリ内のカメラ機能を使ってスキャンして会計を行います。

ストアスキャン方式

こちらは利用者がQRコードを用意する方法です。
利用者側が用意したQRコードを、お店側がスキャンして読み取る方法で会計をします。

どちらもアプリ内で完結するものなので、特に特別なことはないと思います。

Origami Payとは加盟店が増えている

先ほどデメリットの部分でOrigami Payの加盟店が少ないことをデメリットとしてあげましたが、今でもどんどん増え続けています。

1番大きな加盟店はローソンと吉野家ではないでしょうか。

この2つの加盟店が2018年に相次いで加盟したため、これからOrigami Payは広がっていく可能性が高いです。

特にコンビニのローソンが導入したのは大きいです。
ローソン本体だけでなく、100円ローソン、ナチュラルローソンといったグループ全体で使えるため、あなたの家の付近にもあるのではないでしょうか。

ローソンはコンビニなので、コンビニ業界で広がっていくかもしれません。
今やどこのコンビニでも主流になったコーヒーメーカーの導入はご存知ですよね。

これも最初は1つのコンビニが始めて広がりを見せて、今ではどこのコンビニでも導入しているものになりました。

それ以外にもドーナツを店頭に置くといったことも、今まではなかったのに、今ではどこのコンビニでも導入しています。
便利なものはすぐに始めるといった浸透力が強いですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください