【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

PayPayとは?スマートフォンひとつで買い物ができる新しいスマートフォン決済サービスについて解説

「100億円あげちゃうキャンペーン」で大々的にテレビコマーシャルが流れ、また店頭のキャンペーン広告でも話題になりました「PayPay(ペイペイ)」。
(このキャンペーンは、2018年12月13日で目標の100億円相当に達したため終了になっています。)

スマートフォン決済サービスはスマートフォンひとつあれば、キャッシュレスで簡単に支払いができる便利なサービスです。

近年、「Line Pay」、「Origami Pay」、「楽天Pay」など、いろいろなスマートフォン決済サービスが出てきていますが、2018年10月からサービス開始になりました新しいスマートフォン決済サービスが「PayPay」です。

「100億円あげちゃうキャンペーン」をきっかけに「PayPay」を使ってみようかなと考えている方も多いと思います。
そこで、PayPayとはどんなサービスなのか? どのように使うのか? どこで使えるのか? メリット/デメリットは何か?などをご説明します。

PayPayとはどんな会社が運営しているの?

PayPayとは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社が出資して設立したPayPay株式会社が提供している「モバイル電子決済サービス」です。
2018年10月からサービスを開始しています。

PayPayとはどのようなサービス?

スマートフォンにアプリをダウンロードすることにより、そのスマートフォンひとつで簡単にキャッシュレスで支払いができるサービスです。
サービス利用料は無料です。

スマートフォンひとつあれば、加盟店のお店で商品購入の代金支払いができます。
加盟店ならば、スマートフォンで瞬時に決済ができて、支払額に応じてポイント還元を受けられます。

ただし、2018年12月現在、オンラインショッピングの決済については使用できません。
オンラインショッピングの決済については、ヤフーが運営する「Yahoo!ショッピング」「ヤクオク!」「LOHACO」の決済手段として、2019年2月ごろから順次利用できるようにしていくと発表されています。

PayPayとはどのように使うの?

PayPayを初めて使う際には、スマートフォンにアプリをダウンロードして、決済方法等を登録する必要があります

以下の方法を説明します。

①スマートフォン用アプリ「PayPay」をダウンロードします。

アプリダウンロードについては、PAYPAY公式サイトをご覧ください。
PAYPAY公式サイト

②支払い方法を選びます。

PayPayでは、次の3つ支払い方法の中から選びます。

  • PayPay残高(銀行口座から簡単にチャージできます)
  • Yahoo!マネー
  • クレジットカード

新規登録をすると、PayPay残高500円相当がプレゼントされますので、まず登録するだけでもお得です。

③PayPay加盟店で使ってみましょう。

決済方法には2種類の方法があります。
お店によって違いますので、お店の店員さんが指示する方法で決済を行います。

  • お店に提示があるQRコードを読み込む方法

スマートフォンでお店のQRコードを読み込みます。
自分で支払金額を入力します。
お店の店員さんがスマートフォン画面を確認し、支払い終了です。

  • スマートフォンに表示させたバーコードを店員さんに見せる方法

お店の店員にスマートフォンに表示させたバーコードを見せます。
お店の店員がバーコードを読み込み、支払いが終了です。

PayPayとはどこで使えるの?

2018年10月からサービスが開始されてまだ間がありませんので、PayPayが使用できるお店は限定されています。

  • 家電量販店(ビックカメラ、ヤマダ電機、ベスト電器、エディオン、コジマ等)
  • コンビニ(ファミリーマート等)
  • 飲食店・居酒屋(白木屋、和民、笑笑等)
  • ホテル(H.I.S.等)
  • ファッション・アパレル(earth music & ecology等)等々

PayPayが使用できるお店の詳細については、公式サイトをご覧ください。
PAYPAY公式サイト

使用できるお店の最新情報は、スマートフォンのPayPayアプリからでも確認できます。
使用できるお店は、今後多くなっていくものと思います。

PayPayのメリットとはなに?

PayPayを使用するメリットについて説明します。

①簡単に使用できます。

スマートフォンと銀行口座/クレジットカード(両方の登録でも良いが、どちらか片方の登録でも良い)があれば、PayPayが利用でき、スマートフォンだけで簡単に決済できます。
私個人の感覚ですが、レジでの必要な時間については、クレジットカード決済より早いですが、SUICAなどの電子マネー決済よりは時間がかかるように感じています。

②現金を持ち歩く必要がありまん。

スマートフォン一つで買い物ができますので、現金を持ち歩く必要がなくなります。
おつりの小銭もないため、かさばる小銭を持ち歩く必要もなくなります。

②ポイント還元があります。

決済額に応じてポイント還元があります。(0.5%)
クレジットカードを登録してクレジットカード支払いとしておけば、クレジットカード側のポイントもついてお得です。

③Yahoo!マネーからの支払いができます。

Yahoo!サービスでしか利用できなかったYahoo!マネーがPayPayでも使用可能です。

PayPayのデメリットとはなに?

それでは、逆に、PayPayを利用する際のデメリットは何でしょうか?

①スマートフォン紛失時あるいは盗難時、他人に不正利用される恐れがあります。

他人の不正使用防止のために、他人にばれないようなパスワードを設定しておきましょう。

②スマートフォンで決済しますので、スマートフォン故障時はもとより、スマートフォン電源切れ時も使用できません。

スマートフォン電源切れ対応のため、予備のバッテリーを忘れないようにしましょう。

③PayPayが使える加盟店が少ない

PayPayサービス開始が2018年10月と新しいサービスのため、利用できるお店の数が少なく、限定されています。
加盟店を順次拡大ですので、今後のPayPay加盟店拡大に期待です。

③PayPay登録者一人ひとりに割り振られたQRコードが盗撮等で盗まれた場合、他人に不正使用される恐れがあります。

他人に自分のQRコードを見せたり、QRコードを盗撮されないように注意して使用しましょう。

PayPayとは?最後に

日本では、クレジットカードや交通系電子マネーに比べて、スマートフォン決済サービスについては知名度が低く加盟店が少ないため、利用者も少ないのが現状です。
中国やインドなどでは急速に関連サービスが普及しているのに比べて、日本は出遅れているようです。

ただ、日本政府も2019年10月の消費税増税時に、キャッシュレス決済に最大5%分を還元する優遇策を検討しており、PayPayのようなスマートフォン決済サービスがその主役になることが期待されています。

皆さんも、将来を見越して「食べず嫌い」にならずに、スマートフォン決済サービスのメリットとデメリットを理解したうえで、まず小額から利用してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください