【5/27まで!!】今なら楽天カード入会で8,000㌽❗

バンドルカードとは?バンドルカードのサービスについて徹底解説

バンドルカードとは、ネットショッピングや、店頭での買い物において支払いの際に利用することができる、Visaのプリペードカードとなっています。
そんなバンドルカードとは何なのか、またどんなサービスを利用することができるのかを詳しく見ていきます。
便利なバンドルカードの利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

バンドルカードとは?

まずはバンドルカードはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。
バンドルカードは 誰でも利用することができる、 Visaプリペイドカードとなっています。
登録も簡単で、アプリから簡単にネットショッピング専用のバーチャルカードを発行することができ、 チャージをすればすぐに利用が可能となります。
また、リアルカードを発行すると、店舗の買い物などでも利用が可能となります。

【バンドルカードとは?】使うメリット

バンドルカードのサービスを利用するメリットについても詳しく見ていきましょう。

メリット一点目誰でも利用することが可能で、審査や年齢制限もなく簡単に利用をはじめられます。
この点は一番大きなメリットとしてご紹介したいと思います。
クレジットカードを発行するとなると、審査が厳しく未成年では発行が難しい場合や手間がかかる場合などがありますよね。
そんな時に便利なのがこのバンドルカードなんです。
プリペイド式のものとなりますので、未成年の方が利用するケースでは特に利用するメリットが大きいのではないでしょうか 。
メリット二点目は、無料で利用することが可能で、 入会費や年会費もかからないのが嬉しいポイントです。
メリット三点目は、使える店舗が多く、世界中のVisa加盟店で利用できるサービスである点もメリットとしてあげられます。

【バンドルカードとは?】便利な機能

バンドルカードの便利な機能についてもご紹介していきます。
便利な機能の一つ目は、チャージ手段が多くあることです。
コンビニやドコモ払い、ビットコインやATM、ネット銀行などでチャージすることができるので、いつでも簡単にチャージが可能となっています。
場所やタイミングも自由に選択できるのが、嬉しいポイントの一つです。
便利な機能の二つ目は、ポチっとチャージという機能です。
アプリでもチャージすることが可能で、この機能を利用すると、金額を指定して操作をするだけで即座にチャージすることができ支払いを行うことができます。
お金を持っていなくても、すぐにチャージを行えば支払いが可能となります。
便利な機能の三つ目は、簡単に明細を確認することができ、利用の停止などをすぐに行えることです。
アプリから明細を確認することが可能で、さらにはアプリやwebから利用の停止や開始も即座に行うことができます。

【バンドルカードとは?】3種類のカードのタイプ

バンドルカードで使用できるカードですが、実は3種類に分かれています。
それぞれのカードの違いについて、詳しく見ていきましょう。
カードはバーチャル、リアル、リアル+の3種類に分かれています。
無料で利用できるものもありますが、発行手数料が発生するものもあります。
それぞれのカードの違いについては、この後詳しくご紹介していきます。

【バンドルカードとは?】バーチャルカードって何?

バーチャルカードはアプリをインストールしてアカウントを登録すると発行されるもので、無料で利用が可能です。
利用可能店舗は、国内及び海外のVisa加盟店(オンライン)となっています。
発行手数料は無料となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。

【バンドルカードとは?】リアルカードって何?

リアルカードはアプリからリアルカード発行手続きを行うと 発行されるもので、無料で利用が可能です。
利用可能店舗は、国内のVisa加盟店(実店舗含む)、海外のVisa加盟店(オンライン)となっています。
発行手数料は300円となっており、一回のチャージ金額の上限は3万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は12万円となっています。

【バンドルカードとは?】リアル+カードって何?

リアル+カードはアプリからバンドルカード リアル+(プラス)の発行手続きを行うと発行されるもので、無料で利用が可能です。
利用可能店舗は、国内及び海外のVisa加盟店(実店舗含む)となっています。
発行手数料は600円となっており、一回のチャージ金額の上限は10万円、一ヶ月のチャージ金額の上限は200万円となっています。

【バンドルカードとは?】使えない店舗

バンドルカードですが、使うことができない店舗もあります。
ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、定期支払い・定期購買、保険料の支払い、高速道路料金、機内販売、自動券売機など暗証番号の必要なお店、本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店などでの利用は不可となっていますのでご注意ください。
なお、リアル+カードをご利用の場合はイレギュラーでガソリンスタンド、宿泊施設での利用も可能となっています。

【バンドルカードとは?】バンドルカードを使ってみよう!

ここからはバンドルカードの使用方法について見ていきましょう。
まずはバンドルカードのアプリを利用した場合の使い方です。
アプリをダウンロード後、生年月日・電話番号を登録し、バーチャルカードを発行します。
最後にお金をチャージすれば、すぐに買い物でバンドルカードを利用することが可能となります。
ネットで利用する場合は、ネットショップにリアルカード、リアル+カードの情報を登録すれば、クレジットカード決済で買い物もすることが可能です。
また、店舗で買い物を行う際はクレジットカードでの支払いを伝えてリアルカード、リアル+カードを提示すればバンドルカードを利用することができます。

【バンドルカードとは?】バンドルカードを使ってみよう!

バンドルカードとはどんなサービスなのか詳しく見ていきました。
ネットショッピングや、店頭での買い物において支払いの際に利用することができる、Visaのプリペードカードとなっており、無料で利用することが可能です。
審査や年齢制限もないため、誰でも利用できるのが大きなメリットの一つとなっています。
未成年の方が所持する場合は、クレジットカードと異なり審査などもなく発行できるため、とても利用しやすいものとなっています。
またチャージ方法も多岐にわたり、様々な方法でチャージできるのも嬉しいポイントです。
利用できる店舗が多く、世界的に見ても大手のVisaの加盟店であれば利用できるというのも非常に魅力です。
それゆえに海外でも利用可能なのも、大きなポイントといえるでしょう。
3タイプに種類が分かれていますが、発行手数料がかからずアプリで利用できるものもあります。
バンドルカードの利用を検討されている方は、まずはバーチャルカードの利用からはじめてみてもいいかもしれませんね。
バンドルカードを、この機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください