今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

ヤフーカードのポイントとは?ポイントがたまる意外と知らない8つの方法

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)は、Tポイントがたまる年会費無料クレジットカードです。
還元率が1.0%ありポイントをためやすいと言われていますが、もっとポイントがたまったら嬉しくないですか?

Yahoo!JAPANカードのポイントをためる方法は、ショッピングだけではありません。
よりポイントをためる方法がいくつもあります。
いろいろな使い方をして、ポイントをどんどんためましょう。

ヤフーカードのポイントとは?還元率は1.0%

クレジットカードはショッピングをすると、ポイントがたまります。
Yahoo!JAPANカードは、100円に1ポイント付与です。
付与されるのはTポイントとなり、1ポイント=1円相当の還元率1.0%になります。

クレジットカードのポイント還元率は平均0.5%です。
Yahoo!JAPANカードは2倍の1.0%ありますので、実店舗でもネットショップでもポイントはたまりやすいでしょう。

ポイントの付与は都度行われます。
端数は切り捨てとなり、利用金額が350円なら3ポイント付与、999円なら9ポイントが獲得できます。

ヤフーカードのポイントとは?ヤフーショッピングとロハコで3倍

Yahoo!JAPANカードの大きな魅力となるのが、ヤフーショッピングとロハコではポイント3倍になる特典です。

ヤフーショッピングとロハコでは、通常ポイント1.0%+ヤフーカード特典1.0%+ストア・ロハコポイント1.0%=合計3.0%のポイントが獲得できます。
いつでも毎日3倍になってしまいますよ。

そしてヤフープレミアム会員は+4倍、ソフトバンクユーザーは+5倍、5日・15日・25日の5のつく日は+5倍となり、条件をすべて満たすとかなりのポイントをためられるでしょう。

ヤフーショッピングでお得なセール価格で商品を購入し、Yahoo!JAPANカード支払いでポイントをざっくり獲得すれば、ダブルでお得になります。

ただヤフーカード特典で付与されるポイントは、期間限定ポイント。
通常ポイントより期限が短いので、期限切れに注意してくださいね。

ヤフーカードのポイントを新規入会でためる方法

Yahoo!JAPANカードでは新規入会をすると、5,000~10,000の期間限定ポイントが進呈されるキャンペーンを行っています。

入会をすると4,000ポイント、利用をすると+αのポイントがもらえる仕組みです。
発行したら寝かしておくのではなく、使うことでよりポイントをゲットできることになります。

年会費無料クレジットカードは、入会特典目当てで発行しても全く使ってくれないケースが少なくありません。
せっかく発行したなら使ってほしいということで、Yahoo!JAPANカードは利用をすれば特典ポイントがよりもらえるシステムを取っていると思われます。

ヤフーカードのポイントをnanacoでためる方法

Yahoo!JAPANカードは、nanacoチャージでポイント付与があるクレジットカードです。
nanacoチャージでは200円ごとに1ポイントが付与され、還元率は0.5%です。

セブンイレブンでは、nanacoで税金の支払いができます。
税金支払いはnanacoポイントの付与はないのですが、Yahoo!JAPANカードでチャージをすれば税金の支払いでも間接的にクレジットカードポイントを獲得できてしまうのです。
チャージをするなら、現金よりもYahoo!JAPANカードがお得です。

以前はJCBブランドしかnanacoチャージに対応していなかったのですが、2018年2月28日よりVISA、マスターカードブランドでもできるようにっていますよ。

ヤフーカードのポイントをapple payでためる方法

Yahoo!JAPANカードは、Apple Payに登録して使えるクレジットカードです。
Apple Pey支払いをしても、100円に1ポイント、還元率1.0%のポイントを獲得できます。

Yahoo!JAPANカードは、QUICPay加盟店でApple Pey支払いができます。
ただVISAブランドはウェブページ上でのApple Pey支払いに対応しておらず、利用できるのはリアル店舗のみ。
ウェブ上でもApple Pey支払いをするなら、JCBかマスターカードブランドのYahoo!JAPANカードがおすすめです。

ヤフーカードのポイントをSuicaでためる方法

Yahoo!JAPANカードは、モバイルSuicaのチャージでもポイントがたまります。
チャージ100円に1ポイント、還元率は1.0%と満額付与なのが嬉しいですね。
またApple PeyのSuicaへのチャージも可能で、1.0%のポイントをためられます。

ただ、モバイルSuicaは年会費954円+税が必要となります。
モバイルSuicaの年会費を無料にするには、ビューカードでチャージをしなければなりません。
Yahoo!JAPANカードチャージでSuicaを使うなら、年会費無料となるApple Peyがおすすめです。

ヤフーカードのポイントをetcでためる方法

高速道路を割引料金で走行できるETCカードでも、Yahoo!JAPANカードはポイントをためられます。
ETCの利用料金はYahoo!JAPANカードの利用分なるので、100円で1ポイントを獲得できます。

還元率が高いYahoo!JAPANカードは、ETCカードでもポイントをためやすくなっています。
ただETCカードは500円+税と年会費有料になってしまいます(発行手数料は無料)。
あまりETCカードを利用しない人は、年会費負担が気になってしまうかもしれません。

ヤフーカードのポイントを公共料金でためる方法

どの家庭でも毎月必ず発生するのが公共料金ですが、還元率の高いクレジットカードで支払をすれば毎月一定のポイントがたまりお得です。
Yahoo!JAPANカードは還元率1.0%と高いので、公共料金の支払いにもおすすめでしょう。

Yahoo!JAPANカードで支払いができるのは、電気、ガス、水道、携帯電話、固定電話、新聞、放送料金、国民年金保険料など。
Yahoo!JAPANカードなら、50,000円使えば500ポイントもたまります。
公共料金だけでも、たくさんのポイントをためられますね。

ヤフーカードのポイントをファミマなどでためる方法

Yahoo!JAPANカードには、Tカード機能が付帯しています。
Tポイント加盟店ならクレジットカード払いをしなくても、提示するだけでポイントがたまります。

TSUTAYA、ウェルシア、ファミリーマートなどでは100円に1ポイント、ロッテリア、ENEOS、マルエツなどでは200円に1ポイントが獲得できます。
クレジットカード払いをすれば1.0%+提示ポイント0.5%~1.0%、合計1.5%~2.0%ものポイント還元率になるのでお得です。

ヤフーカードのポイントをリボでためる方法

Yahoo!JAPANカードでは、支払い方法を選択できます。
ポイントを獲得しやすい支払方法はリボです。

Yahoo!JAPANカードの一括払い利用分を後からリボ(後リボ)に変更すると、金額の10%がポイントで還元されます。
50,000円を後リボにすると、5,000ポイントももらえてしまうことになりますね。

そしてYahoo!JAPANカードでは、自動リボに登録をすると3,000~5,000ポイントがもらえるキャンペーンを実施していることもありますよ。

ヤフーカードのポイントをためる方法まとめ

Yahoo!JAPANカードは還元率1.0%と高く、ポイントをためるチャンスがたくさんあるクレジットカードです。

ヤフーショッピングとロハコでは、いつでも3倍のポイントが付与されます。
公共料金の支払いやApple Peyでも、1.0%のポイントを獲得できます。
またnanacoやSuicaのチャージにも対応しています。
ポイントがたまりやすくお得なクレジットカードが欲しいなら、Yahoo!JAPANカードは最適でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください