今なら楽天カード入会で7,000ポイントもらえる🚀

ワイモバイルとは?ワイモバイルのエリアについて解説します!

ワイモバイルとは?ワイモバイルのエリアについて解説します
この記事ではワイモバイルのエリアについての紹介をします。ワイモバイルは、格安SIMだから繋がるのとか気になる人もいるかと思います。
ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドで回線もソフトバンクの回線を利用しているため使用可能な地域が多いです。中には回線速度や繋がらない場所もあります。
ワイモバイルのエリア検索、ポケットWi-Fi603HW最新の性能などもまとめてご紹介します。

ワイモバイルエリアとは?

ワイモバイルエリアとは、ソフトバンクと同じ回線になります。そのためエリアが広くて安定した高速回線を利用することが可能です。3つの技術があり、5G有力技術としてMassiveMIMOと4×4MIMOと256QAMになります。

ワイモバイルエリアのMassiveMIMOとは?

ワイモバイルエリアのMassiveMIMOとは、従来のアンテナ本数とは大きく異なり最大128本のアンテナの数により高度なビームフォーミングなどの技術を使えて通信速度がどうしても遅くなるエリアだった駅や繁華街なども快適にモバイル通信ができます。対応機種は、4G(AXGP)に対応機種で、2014年以前の製品は、東名阪以外のエリアは通常4Gでの通信になります。
提供開始は、2016年9月16日からです。

ワイモバイルエリアの4×4MIMOとは?

ワイモバイルエリアの4×4MIMOとは、従来の2×2MIMOでは回線速度も十分に出ませんでした。
4×4MIMOにすることで同時通信エリアを増やし回線速度の安定と速度を上げることができました。これの対応機種は、現在ポケットWi-Fi603HWになります。

ワイモバイルエリアの256QAMとは?

ワイモバイルエリアの256QAMとは、64QAMから256QAMに増やすことで6ビットから8ビットになり今までの通信速度が約1.3倍になりました。256QAM対応だと、受信の最大速度が高速化します。対応している機種はポケットWi-Fi603HWになり、4G(AXGP+TDD-LTE)612Mbpsが最大速度になります。

ワイモバイルエリアのポケットWi-Fi603HW性能とは?

ワイモバイルエリアのポケットWi-Fi603HW性能とは、ワイモバイルが販売するポケットWi-Fiの中では最速の下り最大612Mbpsの高速通信に対応しています。

複数の周波数を束ねてキャリアアグリゲーションと送信用と受信用に各4本のアンテナを使い複数のデータを同時に通信する技術が、4×4MIMOや一度に運べるデータ量を増加させる256QAMなどの技術が搭載されています。新たに3.5GHzと1.5GHz帯にも対応で安定した高速通信ができます。すでに提供中の1.7GHz、2.1GHz、2.5GHz、900Mhzに加えて二つで6つの周波数帯に対応することでより安定した高速通信を実現しています。

使いたいときにすぐ使える高速起動、省電力により安心の長時間利用が可能です。

ワイモバイルエリアのポケットWi-Fiの603HWエリアとは?

ワイモバイルエリアのポケットWi-Fiの603HWエリアは、標準モードとアドバンスモードの利用が可能です。

標準モードは対応エリアは広く、電波の届きやすさは建物を回り込む、最大通信速度は350Mbps、回線は、ソフトバンク4G-LTEで通信方式は、FDD-LTEで周波数帯は、900Mhz.1.5GHz.1.7GHz.2.1GHzになります。
アドバンスモードは、対応エリアは狭く電波の届きやすさは建物に弱く、最大通信速度は612Mbpsで回線はソフトバンク4Gで通信方式はAXGP/TD-LTEで周波数は、2.5GHz、3.5GHzになります。
標準モードは多くの基地局が対応しているため電波のキャッチがされやすくアドバンスモードは一部の基地局でしか対応していないため繋がりにくいです。

ワイモバイルエリアの検索方法について

まず、ワイモバイルの公式ページを開き、エリアをクリックするとエリアを確認したいスマホの製品が出てきます。端末選んで次は調べたい地域を選択します。その後具体的な地域名やキーワード検索などで住所を入力し検索します。そうすると赤やピンクで塗られているエリアが対応エリアになります。
赤は、快適に通信できるエリアでピンクはちょっと遅いが通信が利用できるエリアで色なしは対応エリア外と判断されているエリアになります。

ワイモバイルエリアのLTE人口について

ワイモバイルのLTE人口は99%を達成しています。
ワイモバイルはソフトバンク回線と同じためソフトバンク回線が使える場所はワイモバイルも使える感じになっています。人口カバー率とは、通信サービスを提供されているエリアで人がどれくらい住んでいてどれくらいの割合をカバーしているのかを表す数値になります。

ワイモバイルエリアの通信規格

ワイモバイルエリアの通信規格で、3G,4Gなどよく聞くようになったと思います。
3Gは、第3世代の通信規格でソフトバンクは、W-CDMAという通信規格を使用しています。
ワイモバイルでも現在使用されている通信規格になります。
4G(LTE)は、4世代の通信規格となり、赤色と表記されたエリアでは4G回線が快適に使用できますが、ピンク色の場所では、3G回線になることもあります。
周波数帯で大手キャリアでも速度が異なります。
4Gの中には、VOLTEがあります。こちらは、聞き取りやすい通話が可能になる規格に一つになります。

ワイモバイルのエリアの見方

ワイモバイルエリア検索をするとわかりやすく書いています。赤は、4G全般に対応しており4Gに対応しているスマホなど問題なく通信ができます。
オレンジは、4Gの中でもLTEのみに対応で、通話に難が出やすいエリアでVOLTEに対応している端末でもLTE通信を利用した通話は可能です。
ピンクは、4G回線が利用できません。メールや通話は可能ですが動画やウェブサイトやアプリを見るときに時間がかかります。

ワイモバイルエリアの口コミ

繋がるという人と全然つながらないという人に分かれています。様々な口コミがあります。
回線速度が下り30Mbps出たとかゲームに強いとか地下やリフトから降りたときに4G回線とか良い口コミから悪い口コミは、遅いから繋がらないから3Gなるとか圏外になるのか様々です。時間帯や曜日や場所によって回線速度は落ちる傾向もあります。
よい評価だけではなく悪い評価もあります。

まとめ

ワイモバイルエリアを書きましたが、ソフトバンク回線を利用しているため回線速度に関してや品質に関してはソフトバンクと同じように使えます。
ワイモバイルに限らず格安SIM系は、繁華街や地下とか高い場所などでは回線速度が落ちる傾向があり、時間帯で変わることもあります。エリアが入っていても端末の対応周波数帯などで4Gから3Gでしか利用できない場所もあります。ポケットWi-Fiの603HWのワイモバイルエリアを紹介しましたが標準モードとアドバンスモードでは、繋がる場所と回線速度などを視野に入れると標準モードがいいかと思いました。月に使えるデータ量は少ないですが回線速度やエリアを考えての答えです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください