MONEY PRESSの想い

運営者情報はこちら
 

MONEY PRESSとは

数あるクレジットカード・お金のメディアからMONEY PRESSを見つけ、選び、そして読んでいただき誠にありがとうございます。

MONEY PRESSは支払い方法にフォーカスをあてて、ワクワクする”お金と時間の使い方”を日本一考えるメディアとして、正しい情報を発信し、より便利でお得なキャッシュレス化を推し進めるのを目的として、2014年9月にスタートしました。

当初はクレジットカードの情報サイトだったMONEY PRESSもサイトの名称とともに、取り上げるジャンルを少しずつ広げてまいりました。(まねぷれ → おすすめのクレジットカード情報局 → MONEY PRESS)

本ページでは、我々がどのような想いとポリシーでこのサイトを運営しているか、できるだけ分かりやすいようにまとめてみました。

皆様のMONEY PRESSについてのご理解を深めていただく場となれば幸いです。
 

MONEY PRESSをはじめたきっかけ

MONEY PRESSは当初まねぷれとして発足し、現編集長であるウェブズキのちょっとした想いから始まった情報サイトです。

「親族がリボ払いで困っていた」
「兄弟がキャッシング利用をきっかけに債務を膨らまして自己破産した」
「(広告代理店当時は)入会キャンペーンをフックにリボ専カードの入会促進に疑問を思っていた」
「カード会社の督促業務を行って、普段見ることのない世界を経験した」
「自分がおすすめしたカードなのに、友人の質問に答えたれなかった」

これまで楽天カード事業部と大手信販会社のWEB広告代理店、そして現在と合計10年以上に渡って携わってきて感じたのは、クレジットカードのミスマッチによって悲しい思いをしている人がたくさんいるということです。

JCBカードの統計(2017年度版)によると、クレジットカードの平均保有枚数は3.2枚と日本国民の3倍にもなります。

すべてがミスマッチであるとは言いませんが、クレジットカードの付帯サービスも多岐にわたりますので、ほとんどの人にとって持て余している状況であると考えられないでしょうか。

しかも今はクレジットカードだけではなく、電子マネー、プリペイドカード、現金、QRコード決済、仮想通貨など様々な決済手段も用意されており、ユーザーにはなおのこと金融リテラシー、それらを使いこなす、使い分ける能力や知識が必要になっているのが現実です。

だからこそ、少しでもわかりやすい言葉で、そして中立的な立場で、クレジットカードをはじめとした支払い方法について不安や恐怖を取り除き、もっと”お金と時間をワクワクして使える”ようなきっかけ作りをMONEY PRESSを通じて皆さんに届けられればと思います。
 

これから訪れるキャッシュレス社会と向き合うために

経済産業省はキャッシュレス・ビジョンにおいて、将来的に世界最高水準のキャッシュレス比率80%を目指すと明記しています。

2019年のラグビーワールドカップ、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪・関西万博と世界的なビッグイベントが続く日本において、今後訪れるキャッシュレス化は不可避なのです。

もしかしたら想像以上にキャッシュレス化が進むかもしれません。

まずは小さな支払いでも構いません。現金払いをクレジットカードや電子マネーにしてみてはいかがでしょうか?

MONEY PRESSはそんなあなたをサポートします。

2018年 6月11日 MONEY PRESS運営メンバー 一同

スポンサーリンク


公開日:

PAGE TOP ↑