今日すぐ使える即日発行カード特集🚀💨

d払いの特徴・メリット・使い方を完全ガイド【2019年最新】iDやApple Payの利用が可能に?

d払いとは何?

さまざまなコード決済サービスがしのぎを削る中で国内最大の通信会社NTTドコモが仕掛けるd払い。

この記事ではd払いの特徴や詳細をまとめて紹介します。

関連記事

目次

【最新ニュース】d払いがApple Pay対応間近!

NTTドコモは11月19日より、d払いでiDが段階的に使えるようになることを発表しています。最終的にはApple Payにd払いを登録して使えるようになる模様です。

まずはdカードminiの改称でドコモユーザーが利用できる

NTTドコモは従来ドコモの電話料金合算払いでiD払いができる「dカード mini」を提供していましたが、まずはこれを「d払い(iD)」に名称変更する形でd払いとiDの統合を進めます。

11月19日に行われるのは、基本的にサービス名の変更のみで、サービス自体に今までと大きな変化はありません。iDアプリ上の券面画像の変更やd払いアプリからiDアプリに遷移できる同線の新設など、が少し変更された部分です。

d払いの口座残高も開放し、全ユーザーも利用可能に

d払いとiDの統合は段階的に行われ、次はd払いの口座残高でiD決済ができるようになる模様です。すなわち、ドコモユーザー以外でもd払いによるiD決済が可能になります。

Apple Payもd払いに対応

さらにはApple Payにd払いを登録して使えるようにもなる模様です。Apple Payにd払いが使えるようになれば、コード決済サービスのApple Pay対応はメルカリに続く2つ目となります。

d払いとは?

通常還元率0.5%
還元内容dポイント
クレジットカード対応(VISA,マスターカード,JCB,アメックス)
銀行チャージ対応
支払い方法バーコード/QRコード決済
利用上限クレジットカードの上限金額による
ウォレット機能のチャージ上限は1,000円〜50万円/回
キャンペーン中!!
今ならコンビニで10%還元!(キャンペーン一覧
対象店舗還元事業による還元※d払いによる通常還元スーパー還元プログラム合計還元率
中小店舗5%0.5%最大7.0%12.5%
フランチャイズチェーン2%0.5%最大7.0%9.5%
対象外店舗なし0.5%最大7.0%7.5%
注意
※中小小売、飲食、宿泊などでの支払いは5%還元
※コンビニ、外食、ガソリンスタンドなど大手系列のチェーン店での支払いは2%還元
d払いの特徴
Google Play
App Store

年会費永年無料10,000円+税
国際ブランドVISA,MasterCard
通常ポイント還元率1.0%還元1.0%還元
ドコモ料金の支払いで10%還元
d払いに加算されるポイント還元率+1.0%
ドコモの引き落としに設定すればさらに+1.0%
付帯電子マネーiD
スマホ決済Apple Pay(iD)
付帯保険ショッピング保険:年間最大100万円
ケータイ補償:購入後1年間、最大1万円
ショッピング保険:年間最大300万円
ケータイ補償:購入後3年間、最大10万円
海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円

d払いとはドコモが提供するコード決済・スマホ決済サービスです。

クレジットカードを登録するか、セブン銀行ATMや銀行口座から事前チャージを行うことで、d払い加盟店で支払いが可能になります。

ドコモ払いとの違いは何?

d払いとドコモ払いの違い一覧表

d払いは誰でも実店舗・オンライン店舗でも利用できるのに対し、ドコモ払いはドコモ携帯契約者のみが利用できるオンライン決済サービスです。

ドコモ払いは電話料金と合算して支払われる時にポイントが付与しますので、支払い時のポイント付与はありません。

ドコモユーザーじゃなくても使える

先述した通り、d払いはdアカウントさえ作成すれば利用することができます。dアカウント自体はドコモケータイユーザーでなくても作成が可能なので、d払いはドコモの携帯を使っていない人でも使える決済サービスになっています。

d払いの年会費や入会金などの費用

d払いを利用するにあたり、入会金や年会費などの費用は一切かかりません。決済時の決済手数料も店舗負担となるため、お買い物代金以外に利用料金を気にする必要はありません。

しかし、ウォレットの口座残高からご自身の銀行口座へ出金する際には、払い出し手数料がかかります。詳細は送金・出金機能部分でご説明します。

d払いの特徴やメリットまとめ

d払いの特徴やメリットをまとめると下記の通りです。

  1. お得なキャンペーンが豊富
  2. dポイントが貯まる・使える
  3. チャージ・クレジットカード支払い・ケータイ料金合算払いに対応
  4. 送金と出金機能がある
  5. ミニアプリで加盟店サービスの予約や事前決済ができる

それぞれ詳しく解説していきましょう。

d払いはお得なキャンペーンを随時開催中!

過去にはPayPay(ペイペイ)が100億円還元キャンペーンを実施して、注目されましたが、d払いでも負けず劣らずのキャンペーンを展開しています。

キャンペーンは随時更新されていくため、過去に実際に開催されたキャンペーンをご紹介します。今開催中のキャンペーンは随時確認していってください。

参考【2019年最新】d払いキャンペーンまとめ!コンビニで+10%還元実施中

d払い20%還元キャンペーン

なんとd払いが使えるほとんどの店舗で、20%還元になるキャンペーンを過去には何度も開催していました。例えば、基本的に定価で販売されるコンビニなども対象となっており、通常ではお得に買うことが困難な商品やサービスがd払いによってお得買うことができたのです。

キャンペーン名「d払い20%還元キャンペーン」
キャンペーン特典ポイント還元対象期間中にd払い(街・ネットのお店)で買い物したら、お買い上げ金額の20%のdポイント(期間・用途限定)を還元 ※要エントリー
キャンペーンエントリー期間2019年9月9日(月)10:00~2019年10月14日(月・祝)23:59
ポイント還元対象期間2019年9月14日(土)0:00~2019年10月14日(月・祝)23:59
ポイント還元の上限1回あたり:1,000ポイント
期間合計:3,000ポイント
キャンペーン対象外店舗ラクマ(旧フリル)、無印良品ネットストア、はがきデザインキット、スマホで年賀状2019、宅配型収納CARAETO(カラエト)

d払いはじめてボーナスで1,000ポイント

d払いをはじめて利用される方限定で、アプリのダウンロードと利用設定で100ポイント、初回決済月に2回以上お買い物(合計2,000円以上)で900ポイントの合計1,000ポイントがもらえるキャンペーンです。

キャンペーン名はじめてボーナス!d払いでdポイント1,000円分還元!キャンペーン
キャンペーン特典ポイント還元対象期間中にd払い(街・ネットのお店)で買い物したら、お買い上げ金額の20%のdポイント(期間・用途限定)を還元 ※要エントリー
キャンペーン期間2019年9月1日から2019年10月31日
キャンペーンの内容キャンペーン期間中にエントリーし、以下の条件をそれぞれ達成した方にdポイント(期間・用途限定)を合計1,000ポイント進呈。
【1】ご利用設定ボーナス:d払いアプリのはじめてのご利用設定で100ポイント
【2】初回決済ボーナス:d払いアプリではじめて支払い、かつはじめて支払いが発生した月内に2回以上の決済(はじめて支払いした月のご利用金額総額が2,000円(税込・ポイント充当分を除く)以上)で900ポイント
獲得ポイントの
有効期限
ポイント発行から4ヶ月間

dポイントが貯まる・使える

d払いは支払いごとにdポイントが貯まり、街の実店舗で利用すると200円につき1ポイント、ネットショップの利用では100円につき1ポイント貯まります。

dポイントカード機能も付帯

またd払いにはdポイントカードの機能も付帯されているため、dポイントカード加盟店ではd払いアプリ内のdポイントカードバーコードを読み取ってもらえば、dポイントの二重取りが可能です。

dカード GOLDを登録すればポイントの三重取りも可能

さらにd払いの支払い方法にdカードdカード GOLDを登録することで、クレジットカード分も貯まるため、dポイントの三重取りも可能です。

選べる支払い方法

d払いでは利用分の支払い方法を3つから選ぶことができます。

  • 電話料金合算支払い
  • クレジットカード支払い
  • 事前チャージ

電話料金と合算して支払いできる

携帯キャリア会社サービスならではのメリットとして、d払いではドコモケータイ料金と合算して支払うことができます。d払いで使った分は月々のケータイ料金と一緒に請求される形になります。

電話料金合算払いの場合の利用限度額は、最大でも月々10万円までとなっているので、他の支払い方法に比べると大きくはありません。

d払いを電話料金で支払いする場合の上限金額はこちら

クレジットカードを登録できる

d払いでは、クレジットカードを登録することで、クレジットカードによる支払いが可能です。使える国際ブランドは、Visa・MasterCard・JCB・アメックスの4ブランドとなっており、ダイナースやディスカバーなどは利用できません。

また本人認証サービス(3Dセキュア)が使えるクレジットカードのみで、バーチャルプリペイドカードなどの3Dセキュア未対応カードは利用できません。

クレジットカード支払いの場合の利用限度額は、それぞれのクレジットカードごとの利用限度額に準ずる形となります。

参考d払いの限度額とは?クレジットカードや変更方法について

事前チャージによる支払いも可能

d払いでは、2019年9月よりウォレット機能を追加したことにより、事前チャージによる支払いにも対応しました。

チャージ方法は、銀行口座・セブン銀行ATM・コンビニでチャージの3種類が用意されています。口座へチャージできる最大金額は合計100万円までとなっており、1度での最大チャージ金額はチャージ方法によって異なります。

参考d払いのチャージ方法まとめ!2019年12月2日(月)からセブン銀行ATMでお得
チャージ方法銀行口座・セブン銀行・コンビニ
合計最大チャージ金額100万円まで
1度での
最大チャージ金額
銀行口座1,000円~10万円/回
セブン銀行ATM1,000円~50万円/回
コンビニ2,000円~10万円/回
手数料無料

ウォレット機能追加で送金と出金も可能

ウォレット機能の実装でチャージ以外にも送金と出金ができるようになりました。

参考d払いのウォレット機能とは?【2019年12月最新】

送金は手数料無料で操作も簡単

送金は、1円以上1円単位から送金可能で、手数料無料で、最大20万円/月まで送金が可能です。また、チャージしているドコモ口座残高だけでなく、貯まっているdポイントを送ることも可能です。送金方法も簡単で、ドコモユーザーであれば携帯番号、d払いのみのユーザーであれば口座番号がわかればすぐに送れます。

出金には手数料がかかる

銀行口座登録を行えば出金が可能になります。1回の上限金額が2万円までとなっており、200円+税の払い出し手数料がかかります。またdポイント残高を出金することはできません。

ミニアプリが便利すぎる

d払いでは2019年11月よりミニアプリをリリースします。ミニアプリとはd払いアプリ内に他サービスのアプリを実装し、d払いアプリでまとめて操作・利用できるようになる画期的なサービスです。

ミニアプリでは主に以下のようなことが可能になります。

  • d払い内に他サービスアプリを実装(ログインなどを一元化)
  • サービスの事前注文や事前決済
  • サービスのクーポン

ミニアプリにより、複数のアプリをダウンロードする必要がなくなり、今までサービスや店舗ごとにアプリを立ち上げていましたが、d払いアプリを立ち上げるだけでOKになります

また事前注文や事前決済をミニアプリ内で行えるようになるため、あらゆるサービスの利用や注文がオンライン注文&完全キャッシュレスで利用できます。

参考d払いのミニアプリが11月28日より提供開始!使い方やお得なキャンペーン情報をご紹介

d払いが使える店舗

d払いを使える店は順次拡大を続けています。大手コンビニは全て導入が完了し、ドラッグストア、家電量販店、飲食店での拡大も順調です。

d払いが使える店舗一例
コンビニ
セブンイレブンローソンファミリーマートミニストップ
ドラッグストア
マツモトキヨシトモズウェルシアサツドラ
セイムスココカラファインスギ薬局薬王堂
ツルハドラッグダックススギヤマコクミン
家電量販店
ケーズデンキビックカメラエディオンジョーシン
飲食店
松屋てんやファーストキッチンフレッシュネスバーガー
上島珈琲店かっぱ寿司ガスト(一部)ジョナサン(一部)

Amazonなどオンライン決済も

d払いはAmazonでの決済にも利用することができAmazon利用でのキャンペーンも継続的に実施しています。

Amazonで使えるd払いの支払い方法は、電話料金合算支払いのみになるため、Amazonではドコモユーザーしか利用できません。

参考d払いはAmazonで使える!最大69%還元になるキャンペーン詳細

d払いとiD払いの違い

NTTドコモではd払いの他にもiDとクレジットカード(dカード・dカード GOLD)の2つの決済サービスを展開しています。クレジットカードはすでに親しみがある方が多いかもしれませんが、d払いとiD払いに関してはあまりよくわからない方も多いかもしれません。そこで両決済サービスの違いを表でまとめました。

iDd払い
運営元NTTドコモNTTドコモ
支払い方式ポストペイ式
&
プリペイド式(チャージ式)
ポストペイ式
&
プリペイド式(チャージ式)
店舗での決済方法非接触型決済コード読み取り
使える端末AndroidOS5.0以降のスマートフォン
iPhone 7/7 Plus以降のモデル
d払いアプリが使えるスマホ
ポイント還元クレジットカード決済ポイントのみd払いの0.5%~1.0%
+
クレジットカード決済ポイント
d払い決済でもiD決済でもポイントアッププログラムあり
使える店多い(100万店舗近く)少ないが主要チェーンは使える
ネットショップ使える使える
使い方おサイフケータイ
iPhone/Apple Watchなど
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
wena wrist(スマートウォッチ)
スマホアプリ
請求方法クレジットカード
前払い(プリペイドカード)
即時払い(デビットカード)
クレジットカード
電話料金合算

大きな違いは店舗での決済方法、ポイント還元、使える店舗の3点です。

参考d払いとiDの違いとは?d払いでiD決済も可能に!

決済方法は異なるが両方ともスピーディ

d払いの店舗での決済方法はバーコードやQRコードを読み取ってもらうか、店舗のQRコードを読み取って金額入力して支払うかのいずれかになります。店舗側に読み取ってもらうパターンの方が多く、かなりスピーディーな決済が可能です。

一方でiDの場合は、非接触型読み取り機で読み取る形で非常にスピーディです。SuicaやPasmoなどの交通系ICカードなどを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。既存の決済方法の中では最速級にスピーディな決済方法です。

iDに独自ポイントはなし

d払いは200円につきdポイント1pt(ネットは100円につき1pt)付与のポイント制度を導入しており、クレジットカード支払いの場合はさらにクレジットカード決済ポイントが貯まります。

一方でiDの場合は、基本的にiD支払いによるポイント付与はなく、クレジットカードを紐づけている場合のみ、クレジットカードの決済ポイントが貯まります。ちなみにプリペイド式のdカードプリペイドは200円につき1pt貯めることができます。

使える店舗はiDが圧倒的に多い

2005年からサービスを展開しているiDの使える店舗は100万店舗近くにも上ります。一方で2018年のリリースでまだ日が浅いd払いの使える店舗数は、iDに大きく劣ります。しかし、キャッシュレス社会が進む日本においてd払いが使える店舗は飛躍的に増えていくでしょう。

d払いと相性が良いクレジットカード

d払いと相性が良いクレジットカードはdカードdカード GOLDのみとなります。

チャージ機能でクレジットカードのポイント還元が改悪

その大きな理由はキャンペーンなどのでの還元が他のクレジットカードで受けられなくなるからです。従来はどのクレジットカードを登録しても20%還元などのキャンペーン特典が受けられましたが、ウォレット機能の追加でチャージが可能になったことにより、dカードおよびdカード GOLD以外のクレジットカードを支払い方法として登録しているd払いは還元対象外となります。

キャンペーンでの還元を受けるためには電話料金合算支払いか、チャージによる残高支払い、dカード・dカード GOLDの3つの方法しかありません。電話料金合算支払いはドコモユーザーしか利用できませんし、チャージによる残高支払いはポイントの二重取りができないので、dカードを登録して支払う方法がもっともお得なのです。

ドコモユーザーなら10%還元があるdカード GOLD

ドコモユーザーの方であれば、dカード GOLDは必ず持っておきたいクレジットカードです。なぜならドコモケータイ料金の10%分をポイント還元してくれる特典があるからです。さらには最大10万円までのケータイ補償もついているため、紛失・破損時にも安心です。

年会費永年無料10,000円+税
国際ブランドVISA,MasterCard
通常ポイント還元率1.0%還元1.0%還元
ドコモ料金の支払いで10%還元
d払いに加算されるポイント還元率+1.0%
ドコモの引き落としに設定すればさらに+1.0%
付帯電子マネーiD
スマホ決済Apple Pay(iD)
付帯保険ショッピング保険:年間最大100万円
ケータイ補償:購入後1年間、最大1万円
ショッピング保険:年間最大300万円
ケータイ補償:購入後3年間、最大10万円
海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円

d払いに限らずさまざまなコード決済サービスを比較する

記事ではd払いを紹介してきましたが消費者としてはさまざまな視点でコード決済サービスを比較し利用店舗側の情報もうまく使い分けていけるキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください