【9月24日迄!!】楽天カードの7,000ポイント特典✨

QRコード決済サービスを比較【2019年9月最新】おすすめポイントと開催中のキャンペーン

QRコード決済を比較
「QRコード決済のキャンペーンもたくさんあってどれを選ベばいいか迷っちゃう!」
2018年12月に開催されたPayPayの100億円キャンペーンを皮切りに、続々と大型キャンペーンを携えて参入してくるQRコード決済サービス。

ですが、
・QRコード決済ごとに違いはあるの?
・お得なキャンペーンはどれ?
・デメリットはないの?
など気になることも多いはず。

そこで、この記事ではおすすめのQRコード決済が分かる比較コンテンツと開催中の各キャンペーンをまとめました。

後半では加盟店向けのコンテンツと中国の決済事情についても簡単にまとめましたので、2020年の東京オリンピック、2025年の大阪・関西万博の海外旅行客を見据えている事業者はぜひ参考にしていただければと思います。

事業者向けのQRコード決済の比較

目次

QRコード決済の最新ニュースまとめ

まずQRコード決済にまつわる最新ニュースを3つピックアップしたいと思います。

9月のワクワクペイペイに合わせて大型スーパーが続々と参加しています。

d払いの20%還元スタート!9月14日(土)から

d払いの人気キャンペーンである20%還元が帰ってきました。

開始は2019年9月14日(土)からになりますので、d曜日と合わせてお得な週末にしてください。

注目!!d払いのキャンペーンとクーポンまとめ!最大27%dポイント還元

楽天ペイのセブンイレブン導入が決定!10月1日(火)から

2019年10月1日(火)からセブンイレブンに楽天ペイ・au Pay・d払い・ゆうちょPayが導入されることが決定しました。

これまでPayPay・メルペイ・LINE Payの3社合同キャンペーンなど行ってきたセブンイレブンの次のキャンペーンに注目が集まります。

注目!!セブンイレブンで使えるQRコード決済サービスのまとめ!キャンペーンも

JCBがQRコード決済に参入!2020年夏から

クレジットカード大手のJCBがQRコードを使ったスマホ決済に参入されることが発表されました。

2020年夏にもカード会員向けにサービスが開始される予定とのことです。

他コード決済7社との連携も発表しており、これによってメルペイau PAYを使えるお店も一気に拡大することが見込まれます。

2019年注目!QRコード決済の比較表

早速ですが、注目してほしいQRコード決済は次の10種類です。

それぞれ大型のキャンペーンを1ヶ月1本以上のペースで実施しているため、上図に使い分けると月の出費を10〜20%程度は節約できるでしょう。

QRコード決済通常還元率支払い方法1回当たりの限度額
銀行チャージクレジットカードその他
PayPay0.5%対応対応Yahoo!マネー5,000円〜25万円
LINE Pay0.5%〜2.0%対応非対応LINE Payボーナス
LINEポイント
10万円〜100万円
楽天ペイ0.5%非対応対応楽天ポイント
楽天キャッシュ
〜50万円
メルペイ対応非対応メルカリの売上10万円〜100万円
d払い0.5%対応対応引き落とし
ゆうちょPay対応非対応〜200万円
Origami Pay2.0%〜3.0%対応対応10万円〜100万円
au Pay0.5%対応対応au WALLET5万円
7pay0.5%対応対応現金
nanacoポイント
10万円
FamiPay0.5%非対応対応現金
FamiPayボーナス
2万円

キャッシュレスポイント還元事業で一律5%に!?

キャッシュレス消費者事業還元

2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)まで、キャッシュレスの赤いマークがある店舗で利用するとポイント還元率が2.0%もしくは5.0%になるキャッシュレス・消費者還元事業が始まります。

QRコード決済キャッシュレスポイント還元事業通常還元率フランチャイズ傘下の中小・小規模店舗でのお取引フランチャイズ以外の中小・小規模店舗でのお取引
PayPay適用0.5%2.0%〜3.5%5.0%〜10.0%
LINE Pay適用0.5%〜2.0%2.5%〜4.0%5.5%〜7.0%
楽天ペイ適用0.5%2.0%5.0%
メルペイ適用2.0%5.0%
d払い適用0.5%詳細未定詳細未定
ゆうちょPay適用2.0%5.0%
Origami Pay適用2.0%〜3.0%4.0%〜5.0%7.0%〜8.0%
au Pay適用0.5%詳細未定詳細未定
FamiPay未適用0.5%ファミリーマートの2.5%還元のみ

QRコード決済とは

QRコード決済とは各サービスのQRコード決済アプリにクレジットカードを登録したり、登録した口座からチャージすることでスマホ1つで支払いを済ませることができるサービスです。

QRコード決済には大きく分けて2パターンに分けられます。

  • 利用者のスマホに表示されたQRコードを店舗が読み取るパターン
  • 店舗に掲示された、もしくは表示されたQRコードを利用者が読み取るパターン

予めQRコードがPOPやレジに掲載されているお店はスマホで読み取り、支払い金額を入力するだけで支払いを終えられますので、レジで待たされることなく時間を有意義に使うことができます。

バーコード決済との違い

バーコード決済は、スマホに表示された縦線と14桁前後の数字で表示されるものを読み取って支払いが完了するサービスです。

ほとんどのQRコード決済アプリで利用することができ、コンビニなどではバーコード決済が主流です。

総じてコード決済と呼ぶ

QRコード決済、バーコード決済を総じてコード決済と呼びます。

コード決済は中国で主流の支払い方法になっておりますので、中国人観光客がますます増えるであろう将来において日本でもコード決済は加速度的に利用できるお店やサービスが拡大していくことでしょう。

コンビニ各社の利用状況を比較

各QRコード決済の主要コンビニエンスストアの対応状況を一覧表にしました。

セブンイレブンファミマローソンミニストップセイコーマート
PayPay使える使える使える使える使える
LINE Pay使える使える使える使える使える
楽天ペイ10/1開始使える使える使える使える
メルペイ使える使える使える使える使えない
d払い10/1開始使える使える使える使えない
ゆうちょPay10/1開始使えない使えない使える使えない
Origami Pay使えない使えない使える使える使える
au Pay10/1開始使えない使える使える使える
7pay使える使えない使えない使えない使えない
FamiPay使えない使える使えない使えない使えない

PayPayか楽天ペイがおすすめ

2019年10月1日(火)から楽天ペイがセブンイレブンに導入されることになり、利便性の点において差がなくなりました。

そのため、この2つのQRコード決済を選ぶ判断材料としては何のクレジットカードが使うかが重要な要素となります。

QRコード決済カード名還元内容
PayPayヤフーカードワクワクペイペイ対象店舗で5%還元
楽天ペイ楽天カードいつでもどこでも5%還元

セブンイレブンで毎週300円が終了

セブンイレブンの3社合同キャンペーン

セブンイレブンでは2019年9月15日(日)まで、PayPayを始めとした3つのQRコード決済を使い分けることで毎週300円分の還元を受けられるキャンペーンを行っていました。

2019年10月1日(火)からはd払い、楽天ペイ、au Payも加わりますので、今後のキャンペーン展開に期待しましょう。

キャンペーン名【終了】毎週最大300円相当!お得な5週間
期間2019年8月12日(月)〜2019年9月15日(火)
内容PayPayメルペイLINE Payのコード決済でそれぞれ100円相当の還元
還元内容の上限内容各社500円相当の還元分(3社合計1,500円相当)まで
還元方法PayPay101円(税込)以上のお支払いで100円相当のPayPay残高が翌月20日に付与
メルペイ101円(税込)以上のお支払いで100円相当のポイントが翌日付与
LINE Pay101円(税込)以上のお支払いにクーポン選択で100円引き

QRコード決済のキャンペーン一覧表

現在開催しているお得なキャンペーンはどこなのか、各QRコード決済が開催しているキャンペーンをまとめました。

QRコード決済キャンペーン内容
PayPay10時〜14時は対象スーパーで最大10%還元になるワクワクペイペイ
LINE Payセブンイレブンで毎週100円オフクーポンを配信
Payトク第三弾は未定
楽天ペイ楽天カード登録でずーーっとポイント5倍
メルペイ税前にまとめ買い!半額ポイント還元キャンペーンを開催
d払い最大27%還元と毎週おトクなd曜日
ゆうちょPay先着100万名が500円もらえるデビューキャンペーン
Origami Payはじめて利用で500円オフクーポン(キャンペーンコード:fpogm1908)配布中
au Pay9月3日13日23日の三太郎の日もお得
7pay9月30日でサービス終了
FamiPay初回会員登録で人気商品の無料クーポンをプレゼント
ファミペイすげー得チャレンジ開催は未定

PayPayのキャンペーン「ワクワクペイペイ」【2019年9月】

ワクワクペイペイ

2019年9月のPayPayは対象店舗の食品スーパーの買い物が最大10%還元になります。

キャンペーン名10時~14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭PayPay決済ご利用で戻ってくる!
開催期間2019年9月1日(日)~2019年9月30日(月)各日10:00〜14:00
キャンペーン特典対象店舗にてPayPayの支払いで5%〜最大10%還元
ボーナス還元の上限500円相当/回〜1,000円相当/回
期間中合計30,000円相当まで
対象の店舗イトーヨーカドー、オーケーストア、西友、サミット、ライフ 等
注目!!ワクワクペイペイの対象店舗まとめ!2019年9月はスーパーマーケットでお得

PayPayの基本情報

PayPay(ペイペイ)
還元率0.5%
クレジットカードVISA,マスターカード,JCB
銀行チャージ
開催中のキャンペーン

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ

PayPayの銀行口座登録キャンペーン

今ならPayPayの新規登録から1週間以内に銀行口座登録を行えば1,000円相当のPayPayボーナスを貰える上に、ジャパンネット銀行ならさらに100円多くもらえます。

銀行口座チャージで利用するならジャパンネット銀行がおすすめなので、PayPayメインで利用する方は口座開設をしておきましょう。

キャンペーン名PayPayに新規登録から1週間以内の銀行口座登録でもれなくPayPayボーナス1,000円相当プレゼント
キャンペーン期間終了日未定
特典条件新規登録日から1週間以内にPayPayに銀行口座登録を行い、PayPayアプリの「支払方法の管理」画面から登録口座の確認をされた方
特典内容もれなく1,000円相当のPayPayボーナス
ジャパンネット銀行ならさらに100円相当を追加
PayPay(ペイペイ)が使えるお店と加盟店の最新情報まとめ

LINE Payの「Payトク」!2019年9月に開催なるか!?

Payトク第2弾はコンビニでお得

2019年6月30日(日)までLINE Payが各コンビニで最大20%還元になるPayトク「コンビニ祭り」を開催していましたが、今後のPayトク開催は未定です。

参考Payトク第2弾は終了!第3弾キャンペーンにも期待

LINE Payの基本情報

LINE Pay
還元率0.5%
クレジットカード非対応
銀行チャージ対応
開催中のキャンペーン

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ

楽天ペイのキャンペーン【2019年9月】

楽天ペイと楽天カードのキャンペーン

2019年5月15日(水)〜2019年7月1日(月)までの期間中ポイント5倍になっていたキャンペーンですが、第二弾として2019年9月30日(月)まで延長されることが決まりました。

キャンペーン名楽天カードを設定したお支払いでずーーっと実質最大5%還元キャンペーン
期間第一弾:2019年5月15日(水)10:00〜2019年7月1日(月)9:59
第二弾:2019年7月1日(月)10:00〜2019年9月30日(月)23:59
対象店舗楽天ペイの加盟店
参加条件楽天ペイ楽天カードを設定し、キャンペーンにエントリーする
特典の詳細・キャンペーン特典:200円につき7ポイント
・楽天ペイ還元:200円につき1ポイント
・楽天カード還元:100円につき1ポイント
→合計:200円につき10ポイント(5%還元)
特典の上限1人あたり5,000ポイントが上限
参考ローソンで楽天ペイがお得!2019年7月1日(月)から初回利用で400ポイント

楽天ペイの基本情報

楽天ペイ
還元率0.5%
クレジットカードVISA,マスターカード,楽天カード
銀行チャージ楽天銀行のみ
開催中のキャンペーン
  • 楽天カード設定でずーーっと5%還元

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
10/1~
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
××
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ
×

メルペイのキャンペーン【2019年9月】

増税前まとめ買いラストチャンス

メルペイが2019年9月18日から2019年09月30日まで、増税前の半額ポイント還元キャンペーンを開始します。

キャンペーン期間中にメルペイ残高払いまたはメルペイあと払いで支払いをすると、翌日にお支払い額の50%相当のポイントが還元がされますので、本人確認を済ませてメルペイあと払いの使い方を確認しておきましょう。

キャンペーン名増税前にまとめ買い!半額ポイント還元キャンペーン
開催期間2019年9月18日(水)00:00〜2019年09月30日(月)23:59
キャンペーン特典メルペイ残高払いまたはメルペイあと払いでの支払いで翌日に支払い額の50%相当のポイント還元
ポイント還元の上限期間中合計3,000ポイントまで
キャンペーン基本適用条件メルペイあと払いを設定して支払いした方
参考メルペイのキャンペーンとクーポン情報まとめ!2019年9月もお得に!

すすメルペイ


はじめしゃちょーとヒカキンとメルカリがコラボしたすすめるペイキャンペーンを開始しました。

キャンペーン名すすメルペイ
開催期間2019年8月30日(金)〜2019年10月3日(木)
キャンペーン特典招待した方・された方それぞれに1,000ポイント
適用条件専用コードからメルペイの本人確認をする

メルペイの基本情報

メルペイ
還元率キャンペーン時のみ
クレジットカード登録不可
銀行チャージ
開催中のキャンペーン
  • 松屋・プロント・マクドナルド・温野菜で使えるお得なクーポンを配信

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ
一部店舗

d払いのキャンペーン【2019年9月】

d払いの20%キャンペーン

2019年9月14日(土)から2019年10月14日(月)までd払いの買い物で20%還元になるキャンペーンが復活します。

dポイントスーパー還元プログラムも併用すれば最大27%還元となりますので、ぜひお見逃しなく!

キャンペーン名d払い20%還元キャンペーン
開催期間2019年9月9日(月)10:00~2019年10月14日(月・祝)23:59
キャンペーン特典d払いの利用で20%還元
ポイント還元の上限①決済1回あたり1,000ポイント
②キャンペーン期間中合計3,000ポイント

d曜日はオンラインショッピングがお得

d曜日

毎週金曜日と土曜日はd曜日が開催されており、Amazonなどオンラインショッピングが最大25%還元になります。

実店舗利用とオンライン決済どちらも25%還元を超えるのはd払いだけのお得なキャンペーンとなっています。

キャンペーン名毎週おトクなd曜日キャンペーン
開催期間毎週金・土曜日
キャンペーン特典対象サイトで3%還元、3サイト以上の利用で6.0%還元
ポイント還元の上限10,000ポイント/月
参考d払いのキャンペーンとクーポンまとめ!最大27%dポイント還元

d払いの基本情報

d払い
還元率0.5%
クレジットカード対応
銀行チャージ対応
開催中のキャンペーン
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元
  • 対象店舗のd払い決済で20%還元

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ

ゆうちょPayのキャンペーン【2019年9月】

ゆうちょPay

ゆうちょPayは「ゆうちょPay デビューキャンペーン」以外のお得なキャンペーンは開催しておりません。

ただ公式Twitterのキャンペーンが毎日開催されておりますので、フォロー&リツイートで参加しましょう!

キャンペーン名ゆうちょPay デビューキャンペーン
開催期間2019年5月8日(水)~2019年9月30日(月)
キャンペーン特典先着100万名様に現金500円プレゼント
キャンペーン基本適用条件ゆうちょPayをダウンロードして初期設定を完了させる
参考ゆうちょPay(ゆうちょペイ)が使えるお店と加盟店まとめ

ゆうちょの基本情報

ゆうちょPay
還元率なし
クレジットカード登録不可
銀行チャージゆうちょ銀行のみ
開催中のキャンペーン
  • 先着100万名様が現金500円もらえるデビューキャンペーン

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
×××
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
×××
マクドナルド松屋すき家吉野家
×××
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ
××

Origami Payのキャンペーン【2019年9月】

Origami Payの初めて利用キャンペーン

Origami Payを初めて利用する方には500円オフになるクーポンが配布されております。

キャンペーンコード「fpogm1908」をOrigamiアプリに入力してクーポンをもらいましょう。

キャンペーン名Origamiアプリではじめてお支払いをする方に、500円OFFクーポンをプレゼント
開催期間2019年8月19日(月)〜2019年9月30日(月)
キャンペーン特典店舗で利用できる500円OFFクーポン
参考Origami Payを使えるお店まとめ!店舗カテゴリごとに更新中

Origami Payの基本情報

Origami Pay
還元率2.0%割引
クレジットカードVISA,マスターカード
銀行チャージ対応
開催中のキャンペーン
  • ヤマダ電機・ビックカメラ・エディオン・ケーズデンキの初回支払いが10%オフ

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ

au Payの三太郎の日【2019年9月】

2019年9月の三太郎の日

2019年9月に行われるau Payの「三太郎の日」は最大20%還元に加えて、マクドナルドの対象商品を無料でもらえるクーポンを配布しています。(auスマートプレミアム会員が対象)

毎月3日、13日、23日は還元率がアップし無料クーポンの配布もありますので、月会費があるauスマートプレミアムでもお得です。

キャンペーン名三太郎の日
開催期間2019年9月3日(火)、2019年9月13日(金)、2019年9月23日(月)
キャンペーン特典au Payの支払いで最大20%還元
3日:マックシェイク
13日:マックナゲット
23日:シャカチキ
キャンペーン基本適用条件au STAR会員:5%還元
auスマートパスプレミアム会員:20%還元+マクドナルドの無料クーポン
参考三太郎の日!2019年9月もマクドナルドとau PAYでお得に!

au Payの基本情報

au Pay
還元率0.5%
クレジットカードVISA,マスターカード,JCB
銀行チャージじぶん銀行のみ
開催中のキャンペーン
  • 毎月3日・13日・23日に最大20%還元&無料クーポンがもらえる三太郎の日

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
マクドナルド松屋すき家吉野家
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ

7payは2019年9月30日(月)でサービス終了

2019年7月1日から開始された7pay(セブンペイ)は2019年7月3日(水)に発生した第三者の不正アクセス、不正利用によって現在は利用できません。

2019年9月30日(月)にサービスが完全に終了します。

参考セブンペイ(7pay)のサービス廃止が決定!2019年9月30日(月)で終了【不正利用の補償中】

7payの基本情報

7pay(セブンペイ)
還元率0.5%
クレジットカードVISA,JCB,マスターカード
銀行チャージ
開催中のキャンペーン
  • 不正利用により利用停止中

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
×××
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
××××
マクドナルド松屋すき家吉野家
××××
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ
××××

FamiPay(ファミペイ)のキャンペーン【2019年9月】

FamiPay(ファミペイ)

7payと同じく2019年7月1日から開始したFamiPay(ファミペイ)は様々なキャンペーンを行いました。

無料会員登録でもらえるクーポン、チャージ還元キャンペーンに加えて、1日1回の参加で無料クーポンがもらえるくじ、それからテレビやSNS連動企画等もありましたが、2019年9月はキャンペーンの告知は行っていません。

続報を待ちたいと思います。

キャンペーン名・ファミペイ初回会員登録で人気商品の無料クーポンプレゼント
・チャージ金額に対して最大15%還元
開催期間2019年7月1日(月)〜7月31日(水)
キャンペーン特典チャージ金額(上限2万円)に対して最大15%のFamiPayボーナスを還元
キャンペーン基本適用条件・現金もしくはファミマTカードでチャージすると10%還元
・さらにファミマTカードなら5%分の還元
参考ファミペイ(FamiPay)のキャンペーンまとめ!7月5日(金)にテレビCMキャンペーン実施!

ファミペイすげー得チャレンジ

ファミペイすげー得チャレンジ

第1回目の「ファミペイすげー得チャレンジ」は2019年7月5日(金)の朝8時台にTBS系列で放送されるファミペイの特別CMとファミリーマート公式Twitterで開催されました。

2019年8月も開催されることを予想しますが、果たして開催日はいつになるのか注目したいですね。

キャンペーン名ファミペイすげー得チャレンジ
開催期間2019年7月5日(金) AM8:00頃
キャンペーン特典最大100,000人にファミチキなどの人気商品の無料クーポン
キャンペーン基本適用条件ファミペイの特別CM&ファミリーマート公式Twitterwチェック

FamiPay(ファミペイ)の基本情報

ファミペイ
還元率0.5%
クレジットカードファミマTカードのみ
銀行チャージ不可
開催中のキャンペーン
  • チャージ金額に対して最大15%還元

よく使うお店の対応状況

セブイレローソンファミマミニストップ
×××
マツキヨウエルシアサンドラッグツルハ
××××
マクドナルド松屋すき家吉野家
××××
ガストダイソーヤマダ電機ビックカメラ
××××

コンタクトレス決済も普及する

一方で、アメリカや欧州では国際ブランドのコンタクトレス決済が主流です。

例えば上の三井住友VISAカードの右上にWi-Fiのようなマークがコンタクトレス決済対応のクレジットカードで、店頭ではかざすだけでクレジットカード決済が完了します。

カードリーダーに挿入することもなく支払いを終えられる上に、店員に渡す必要がなくなりますのでプライバシーの観点でも安心して利用できます。

注目!!コンタクトレス決済とは何?コンタクトレス決済の意味と特徴まとめ

QRコード決済の決済手数料を比較!導入するならどこがおすすめ?

一般消費者が多くのQRコード決済のキャンペーンに参加して利用している昨今、事業者としてはどの決済手段から導入すべきか悩ましい問題ではないでしょうか?

ここではQRコード決済を導入できる決済事業者の決済手数料や導入できる支払い方法について一覧表にまとめました。

決済事業者名初期費用月額費用決済手数料入金タイミングQRコード決済の種類カード決済導入電子マネー決済導入
PayPay無料無料無料最短翌日PayPay,AliPay無し無し
楽天ペイ無料無料3.24%〜3.74%最短翌日楽天ペイ、au Payありあり
Airペイ無料無料3.24%〜3.74%月3回〜月6回d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Payありあり
Coiney無料無料3.24%〜3.74%月6回WeChart Payありあり
LINE Pay無料0円〜1,500円無料最短翌営業日LINE Payなしなし

PayPay

PayPayの加盟店 PayPay導入で中国・台湾・香港に約8億人のユーザーが利用するAlipay(アリペイ)も決済手数料0円で導入できますので、この機会に加盟店登録を行いましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料無料(※1)入金手数料無料(※2)
締め日当月末締め入金タイミングジャパンネット銀行:翌日
その他金融機関:最短翌々営業日
注意
※1.2021年9月30日までユーザーが読み取る支払いのみ対象
※2.2020年6月30日まで無料。以降はジャパンネット銀行のみ対象。
PayPayの加盟店申し込み

楽天ペイ

楽天ペイの加盟店 楽天ペイは楽天グループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済など多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがあります。 楽天ペイは楽天銀行だと最短翌日、他金融機関でも最短翌営業日に入金のある短い支払いサイクルが魅力的でもあります。 今なら決済端末の無償貸与や端末代金の全額キャッシュバックキャンペーンや優待価格販売もありますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日楽天銀行:毎日23:50、他金融機関:毎日23:30入金タイミング楽天銀行:翌日、他金融機関:翌営業日
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、楽天ペイ、au Pay、楽天Edy、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

Airペイ(エアペイ)

Airペイ Airペイ(エアペイ)はリクルートグループが運営する決済サービスで、クレジットカード 電子マネー・QRコード決済・ポイントなど多少な決済サービスをまとめて導入できるメリットがります。 今ならiPadとカードリーダーが無料になるキャッシュレス0円キャンペーンを実施しておりますので、キャッシュレス決済の導入を検討している事業者の方はこの機会に契約するのがおすすめです。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料無料
締め日メガバンク:月6回、その他の金融機関:月3回入金タイミングメガバンク:月6回払い、その他の金融機関:月3回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、d払い、PayPay、LINE Pay、AliPay、WeChart Pay、交通系電子マネー
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER、Apple Pay、iD、QUICPay
対象外の決済ブランドGoogle Pay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

Coiney(コイニー)

Coiney(コイニー)のタダノリキャンペーン Coiney(コイニー)は中国人観光客にも対応できるWeChat Payを導入できる決済事業者です。 他にも主要国際ブランド、交通系電子マネー導入できますので、キャッシュレス決済の導入を検討している方はCoineyも検討しましょう。
初期導入費無料月額固定費無料
決済システム利用料3.24%〜3.74%入金手数料10万円未満:200円
10万円以上:無料
締め日月6回入金タイミング月6回払い
加盟店手数料3.24%の対応ブランドVISA、マスターカード、アメックス、セゾンカード、交通系電子マネー、WeChatPay
加盟店手数料3.74%の対応ブランドJCB、ダイナース、DISCOVER
対象外の決済ブランドApple Pay、Google Pay、iD、QUICPay、WAON、nanaco、楽天Edy
注意
キャッシュレス・消費者還元制度期間中の2019年10月〜2020年6月は加盟店手数料が2.16%均一で利用可能です。

キャッシュレス決済を導入するメリット

QRコード決済をはじめとしたキャッシュレス決済全般を導入するメリットは2つあります。

  • キャッシュレス・費者還元事業の還元
  • 商業プラットフォームからの送客効果

消費者還元事業の還元!加盟店手数料は2.16%均一に

キャッシュレス・消費者還元制度期間中に対象の決済手段を導入すると、2019年10月〜2020年6月はどの加盟店手数料も2.16%均一になります。

クレジットカードブランド・電子マネー・QRコード決済すべてが対象となりますので、最大1.5%以上の決済手数料がお得になるのです。

キャッシュレス・消費者還元制度の期間中に決済手数料のコストが増えても、ビジネスとして成立できる事業展開の機会として活用してみてはいかがでしょうか。

商業プラットフォームからの送客効果

QRコード決済のメリットは楽天・au・ドコモ・ヤフー・LINEなど、国内指折りのプラットフォーマーからユーザーの送客を期待できることです。

  • PayPay:国内3位の携帯キャリアであるソフトバンク、国内最大のポータルサイトであるYahoo!JAPAN及び関連サービス
  • LINE Pay:コミュニケーションツールのLINE
  • 楽天ペイ:楽天市場、楽天カード、楽天銀行など楽天IDを基盤とした関連サービス群(2019年秋は携帯事業に参入)
  • d払い:国内最大の携帯キャリアであるdocomo
  • au Pay:国内2位の携帯キャリアであるau

各事業者が巨大なユーザー群を囲い込んでおりますので、ポイント還元による消費が活発で、巨大資本によるキャンペーンによって多くのユーザー送客が見込まれます。

決済手数料や支払いサイクルのバランスだけでなく、コード決済を導入することによってどのくらいの売上増、客単価増が見込めるか、それによって利益額がどれだけ増えるかを検討しなければいけないでしょう。

中国のQRコード決済導入の必要性について

そもそもQRコード決済サービスが広まったのは中国です。

中国では日本以上にQRコード決済が広く浸透し、非常に速いスピードでキャッシュレス化が進んでおります。

特にAliPayとWeChatPayが中国で最も利用されているQRコード決済サービスなので、年々増え続けている中国人観光客に向けて決済サービスの充実も検討しましょう。

AliPay

Alipay(アリペイ)とは、中国のアマゾンとも呼ばれる大手ネットショップのアリババ株式会社が提供する決済サービスです。

決済方法はコード支払い・読み取り支払いの両方に対応しています。さらに個人間の送金が手数料無料で即時に反映されるほか、水道代や電気代といった公共料金の支払い、タクシーの支払い、飛行機やホテルの予約、出前注文の支払いなどマルチに対応できている点が大きな特徴です。

中国の都市部では現金よりも当たり前に利用されている決済方法です。

WeChatPay

WeChatPay(ウィーチャットペイ)は中国の大手企業テンセントが提供しているQRコード決済サービスです。WeChatPayはAlipayに次ぐ中国で2番目のQRコード決済システムで、利用者数は約6億人にも上り、LINE Payの20倍もの人が利用しています。

WeChatPayの魅力はQRコード決済とSNSを融合させたその拡散力でしょう。例えばお店の商品をお客さんがWeChatPayで支払いをした場合、そのお客さんにWeChatを通して新着情報の配信をすることができます。

WeChatではそのお店の情報が購入者を通して一気に拡散され、さらなる来客が期待できます。

LINEも同様に拡散力はありますが、WeChatPayの利用者6億人という数にはかないません。

AliPayとWeChatPayを導入できる決済事業者

中国人観光客にとって馴染みの深いAlipayとWeChatPayですが、日本でも導入することは可能です。

しかし、日本人ユーザーがAlipayとWeChatPayを利用するためには中国内にある銀行の口座を開設する必要があり、日本では実用的ではありません。

さらにAlipayとWeChatPayの両方に対応した代理店が日本には少なく、日本人ユーザー側としては決済方法の一つにはなり得ないと思われます。

中国人観光客向けAliPayやWeChatPayw導入するなら、PayPay・Coiney・Airペイから選ぶと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください