【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

d払いのチャージ方法まとめ【2020年2月最新】

d払いのチャージ方法まとめ【2020年2月最新】

数あるおすすめのQRコード決済の中でNTTドコモが運営する「d払い(ドコモ払い)」。

2020年2月現在d払いにウォレット機能が実装されています。

この記事ではウォレット機能実装により可能になったd払い(ドコモ払い)のチャージ方法や使い方について解説します。

d払いにチャージ機能が追加

2019年9月26日(木)より新たにd払いウォレット機能が実装されました。

ウォレット機能の実装により下記の3つが可能になりました。

  1. d払いへのチャージ
  2. d払い残高の送金
  3. dポイントの送付

d払いにチャージ機能が実装

d払いは従来、クレジットカード支払いかドコモケータイ料金合算支払いの2種類で対応していたのですがウォレット機能が実装されたことでチャージもできるようになりました。

口座支払いや送金も可能に

ウォレット機能の実装により、口座引き落としによる支払いや口座からの送金も可能になります。

dポイントを送ることも可能に

送金機能はチャージした金額だけでなく、dポイントクラブで保有しているdポイントも送付することができるようになっています。

d払い(ドコモ払い)のチャージ方法の種類

それでは新たに実装されたd払い(ドコモ払い)のチャージ方法をご紹介していきます。チャージ方法は3つとなっています。

  • 銀行口座でチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • コンビニでチャージ

クレジットカードのチャージは不可

d払いにクレジットカードでチャージすることは不可です。

KDDIが運営するau PAYのチャージ方法はクレジットカードチャージも可能になっています。

銀行口座でチャージ

銀行口座でチャージするためには、銀行口座登録が必要になります。

  • 手順1
    d払いアプリを起動
  • 手順2
    ホーム画面「チャージ」をタップし、「銀行口座から」をタップ
  • 手順3
    SMS or メールアドレスに送付される認証コードを入力
  • 手順4
    「チャージに関する注意事項」を確認し、必要事項を入力。さらに注意事項・利用規約を確認し、「同意して進む」をタップ
    ※必要事項:住所・職業・利用目的
  • 手順5
    登録する銀行口座を選択
    ※登録できる銀行口座は次の見出しを参照
  • 手順6
    口座情報を入力し、「次へ」をタップ
  • 手順7
    金融機関のサイトにて認証を行う

ここまでで銀行口座登録が完了し、続いてチャージへ進みます。

  • 手順1
    再度d払いアプリで「チャージ」をタップし、「銀行口座から」をタップ
  • 手順2
    チャージ金額を入力し、「チャージ」をタップして完了

チャージ対応できる銀行口座

2020年2月現在チャージ機能実装時点では下記の銀行口座などが登録可能となっています。今後増えていくことに期待しましょう。

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 紀陽銀行
  • 静岡銀行
  • 七十七銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 八十二銀行
  • 福岡銀行

※すべて記載できてない場合もございますので最新の情報が入り次第更新していきます。

セブン銀行ATMでチャージ

d払いでは、スマホがあればセブン銀行ATMのチャージにも対応しています。

  • 手順1
    セブン銀行ATMで「スマホでの取引」をタップ
  • 手順2
    d払いアプリを起動し「チャージ」をタップ
  • 手順3
    「セブン銀行ATMから」をタップ
  • 手順4
    アプリのカメラで、セブン銀行ATMに表示されているQRコードを読み取る
  • 手順5
    アプリに表示されたコードをATMに入力
  • 手順5
    チャージ金額を入金し、完了

セブン銀行で1,000円相当もらえる!2020年2月3日(月)から

2020年2月3日(月)からセブン銀行ATMでdポイントもらえる

2020年2月3日(月)からセブン銀行ATMからのd払い残高チャージでお得なキャンペーンが実施されています。

※本キャンペーンは抽選です。

キャンペーン内容セブン銀行からd払いチャージすると抽選で1,000円相当もらえる
キャンペーン特典期間中に1回1万円以上チャージすると抽選で1,000円相当のdポイントがもらえる
キャンペーン期間2020年2月3日(月)から2020年2月29日(土)まで
キャンペーン対象QRコード決済d払い/PayPay/au PAY(au WALLET残高)/LINE Pay/メルペイ
キャンペーン当選者数5万人(5社合計)
キャンペーン特典付与時期2020年3月下旬(予定)

コンビニでチャージ

コンビニ端末を用いて、チャージの手続きを行い、レジにてチャージを完了させる方式ではないかと予想されます。

  • 手順1
    d払いアプリを起動
  • 手順2
    ホーム画面「チャージ」をタップし、「コンビニから」をタップ
  • 手順3
    SMS or メールアドレスに送付される認証コードを入力
  • 手順4
    コンビニでの入金に関する利用規約を確認し、「同意する」をタップ
  • 手順5
    入金金額を入力し「次へ」をタップ
  • 手順6
    入金金額と手数料を確認して、「次へ」をタップ
    ※コンビニ入金で手数料はかかりません。
  • 手順7
    入金するコンビニを選択する
  • 手順8
    コンビニの専用端末を操作して、レシートを持ってレジにて入金を行う

コンビニチャージに対応している店舗

コンビニチャージに対応しているのは、ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・セイコーマート・デイリーヤマザキの5つです。

チャージ上限金額と手数料

それぞれのチャージ上限金額と手数料は下記のようになっています。

銀行口座からチャージセブン銀行ATMからチャージコンビニからチャージ
手数料無料
1回にチャージできる上限金額1,000円~10万円1,000円~50万円2,000円~10万円
1ヶ月にチャージできる上限金額30万円制限なし
※ただしドコモ口座上限が100万円
30万円

d払いと相性が良いクレジットカード

d払いはNTTドコモの決済サービスであるため、同じNTTドコモのクレジットカードであるdカード/dカード GOLDとの相性が良いです。dカード/dカード GOLDをd払いに登録すれば、d払い時のdポイント還元率はどこでも1.5%になります。

さらにドコモのケータイをご利用中であればdカード GOLDの特典がお得ですのでぜひ検討してみてください。

d払いにおすすめのクレジットカードはどれ?d払いとの相性をチェック
年会費永年無料10,000円+税
国際ブランドVISA,MasterCard
通常ポイント還元率1.0%還元1.0%還元
ドコモ料金の10%ポイント還元
d払い時のポイント還元率1.5%還元1.5%還元
付帯電子マネーiD
スマホ決済Apple Pay(iD)
付帯保険ショッピング保険:年間最大100万円
ケータイ補償:購入後1年間、最大1万円
ショッピング保険:年間最大300万円
ケータイ補償:購入後3年間、最大10万円
海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円

チャージ以外の支払い方法

d払い(ドコモ払い)では、チャージ以外にも下記の支払い方法があります。

  • 電話料金合算払い
  • クレジットカード払い
  • dポイント払い
  • ドコモ口座払い

電話料金合算払い

ドコモの回線契約をしている方が利用できます。毎月の携帯代金に合算してd払い(ドコモ払い)分も支払います。

クレジットカード払い

クレジットカードを登録することで、クレジットカード払いができます。登録できるクレジットカードは、VISA・MasterCard・American Express・JCBのクレジットカードになります。VISAやJCBであればデビットカードも登録可能です。

dポイント払い

dポイントクラブの会員でdポイントを保有していれば、d払い(ドコモ払い)に充当できます。

ドコモ口座払い

ドコモの回線契約をしていて、ドコモ口座に残高がある方は、その残高をd払い(ドコモ払い)に充当できます。

d払い(ドコモ払い)の拡大に期待

2019年9月末の拡充によりユーザーの利便性は飛躍的に広がるでしょう。

消費者としましてはd払い(ドコモ払い)に限らず、お得に使いこなせるキャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。

NO CASHLESS NO LIFE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください