【特別企画】コロナ対策インタビュー🎤

dポイントとは?お得な貯め方や交換方法(使い方)を完全ガイド

dポイントとは

dポイントは、dカードd払いiD払いなどのお得な決済サービスを展開するNTTドコモの共通ポイントサービスです。dポイントはドコモのサービスだけでなく、加盟店でも貯めたり、使ったりすることができます。

そこで、
・dポイントとはどんなポイント制度か
・dポイントの貯め方や使い方(交換方法)
・お得にdポイントを貯める方法は?
など気になる点も多いでしょう。

今回は、dポイントの貯め方から使い方まで、完全攻略するために詳しく解説していきます。

dポイントを攻略する

dポイントとは?

dポイントとは、NTTドコモが提供する共通ポイントプログラムです。同様のポイントサービスには、楽天スーパーポイントやTポイントなどがあります。

dポイント会員になることで、dポイントの加盟店やドコモ関連サービスでdポイントを貯めることができ、さまざまな特典と交換ができます。

入会資格や年齢制限

dポイントに入会資格や年齢制限はありません。誰でも入会が可能です。NTTドコモのポイント制度ですが、ドコモ回線以外のユーザーでも問題なく利用できますし、ドコモ回線を利用していないから全然貯まらないといったこともありません。

入会金や年会費

dポイントは入会金も年会費もすべて無料です。誰もが無料で利用できる会員プログラムです。

ただし、会員登録は必要になるので、dポイントを貯めていきたい方はdポイントクラブへの入会手続きを必ず行いましょう。

dポイントクラブの入会方法

dポイントクラブへ入会するためには、まずdアカウントを作成し、その後にdポイントクラブへ申し込む形になります。

dアカウントを作成する

dアカウントはdポイントだけでなく、d払いやdマーケットなど、ドコモのあらゆるサービスに登録する際に必要なので、1つ作っておくと大変便利です。

  • 手順1
    dアカウントのサイトにアクセスする
  • 手順2
    「無料のdアカウントを作成」をクリック
  • 手順3
    メールアドレスを選択する
  • 手順4
    dアカウントIDを決める
  • 手順5
    基本情報を入力する
    パスワード、氏名、フリガナ、性別、生年月日など
  • 手順6
    登録内容を確認し、規約に同意したら完了

dポイントクラブへ申し込む

dアカウントが作成できたらdポイントクラブへの申し込みをしましょう。

  • 手順1
    dポイントクラブサイトにアクセスする
  • 手順2
  • 手順3
    dアカウントでログインする
  • 手順4
    必要情報を確認し、必要項目にチェックする
  • 手順5
    内容を確認し、完了

dポイントカードの種類

dポイントカードにはいくつかの種類があります。ご自身に合うdポイントカードを使っていきましょう。

dポイントカード(プラスチックカード)

シンプルなポイント機能のみの専用プラスチックカードです。dポイントの加盟店で提示することで、ポイントを貯めたり、使ったりすることができます。

モバイルdポイントカード(バーコード)

バーコードタイプのモバイルdポイントカードはさまざまなアプリの中に実装されています。アプリ内のdポイントカードバーコードをレジに提示することで、dポイントを貯められます。

dポイントカードが使えるアプリ

モバイルdポイントカード(おサイフケータイ/Google Pay)

おサイフケータイやGoogle Payにdポイントを設定すれば、レジでバーコードやカードの提示をしなくても、専用読み取り器にかざすだけでdポイントを貯めたり、使ったりできます。

dカード/dカード GOLD

dカードdカード GOLDは決済時に、dポイントが100円につき1ポイント貯まりますが、dポイントカードの機能もあるので、提示することでもdポイントを貯められます。

参考dカードの詳細【2020年10月版】 参考dカード GOLDの詳細【2020年10月版】

dカードプリペイド

dカードプリペイドもdカード/dカード GOLD同様に決済時にdポイントが貯まり、提示でも貯まります。還元は200円ににつき1ポイントとなります。

参考dカードプリペイドの特徴とメリットまとめ

dポイントの貯め方

dポイントにはいくつかの貯め方がありますが、メインとなる貯め方は下記となります。

  • ドコモ回線の利用で貯める
  • dポイント加盟店で貯める
  • ドコモの決済サービスを使って貯める
  • ドコモ関連サービスで貯める
  • キャンペーンやプログラムでポイント還元率を上げる

ドコモ回線の利用で貯める

ドコモのケータイおよび「ドコモ光」の契約をしている方は、1,000円につき1ポイント貯まります。ただし、支払い方法をdカード GOLDにしている場合は、1,000円につき10ポイントとなり、通常の10倍のポイントが貯まります。

ドコモユーザーの方であれば、間違いなくdカード GOLDがおすすめです。

参考dカード GOLDの詳細【2020年10月版】

dポイント加盟店で貯める

dポイントの加盟店でdポイントカードを提示すると、dポイントが貯まります。貯まるdポイント数は店舗により異なり、0.5%〜1.0%が一般的で、キャンペーンなどでさらに貯まる場合もあります。

参考dポイントが使える・貯まるお店まとめ【2020年10月版】

ドコモの決済サービスを使って貯める

NTTドコモでは、dカード・d払い・iD払い(dカード)などの決済サービスを展開しています。

それぞれの決済で下記の通常還元がありますが、dカード/dカード GOLDやiD(dカード)では特約店での利用でボーナスポイントが貯まり、d払いではキャンペーンによるポイント付与が大きいなどの特徴があります。

決済方法還元率
dカード/dカード GOLD100円(税込)につき1ポイント / 1.0%還元
d払い街:200円(税込)につき1ポイント / 0.5%還元
ネット:100円(税込)につき1ポイント / 1.0%還元
iD払い(dカード)100円(税込)につき1ポイント / 1.0%還元

ドコモ関連サービスで貯める

NTTドコモは、ケータイやインターネット回線、決済サービスの他にもさまざまなサービスを展開しています。

dマーケットと呼ばれるサービスの中にある、旅行予約サイト「dトラベル」、出前・宅配サービス「dデリバリー」などの利用でもdポイントを貯めることができます。

キャンペーンやプログラムでポイント還元率を上げる

ドコモのサービスジャンルは幅広く、種類も豊富なため、それぞれが連携したお得なキャンペーンやプログラム制度を設けています。それらをうまく使いこなすことで、dポイントはどんどん貯まっていきます。

ドコモの決済サービスを利用されている方は、「dポイントスーパー還元プログラム」は必ず理解しておきましょう。

またドコモユーザーであれば、dカード GOLDの入会と家族カードの発行(ご家族でドコモ回線に契約している場合)、「dカードお支払割5%還元キャンペーン」が重要になってきます。

その他、d払いのキャンペーンiDのキャンペーンdカードの特約店などについては随時チェックしておくとdポイントが貯まりやすくなります。

dポイントの主な使い方

dポイントの使い方も豊富にありますが、メインとなる使い方は下記となります。

  • dポイント加盟店で使う
  • d払いで使う
  • dカードプリペイドにチャージする
  • マイルや他のポイントと交換する
  • dマーケットの支払いに使う
  • ドコモ料金の支払いに使う

dポイント加盟店で使う

dポイント加盟店の中で、dポイントが使える店であれば、dポイントカードを提示して1ポイント=1円として利用できます。

一部をポイントで支払って、残りを現金で支払うことは可能です。しかし、残りをクレジットカードや他のポイントで支払うなどはできません。

d払いで使う

d払いに支払う際に、「dポイントを利用する」にチェックを入れれば、優先的にdポイントが使用されます。

この方法を使えばdポイント加盟店でなくても、d払いが使えるお店でも間接的にdポイントを使っての決済が可能です。

dカードプリペイド

dカードプリペイドは、Mastercard(クレジットカード)払いとiD払いができるプリペイドカードです。

貯まったdポイントをdカードプリペイドにチャージすれば、マスターカード加盟店やiD加盟店で使えるようになります。

また通常ポイントでお買い物をする場合、dポイント付与の対象外となりますが、一旦dカードプリペイドにチャージしてから使うことにより、200円につき1ポイントがさらに貯まります。

若干ではありますが、そのままポイントを使うよりもdカードに一度チャージした方がお得になります。

参考dカードプリペイドの特徴とメリットまとめ

マイルや他のポイントと交換する

dポイントはマイルや他のポイントへの交換が可能です。

交換先交換レート備考
JALマイル5,000ポイント→2,500マイル※5,000ポイント単位
※1ヶ月で40,000ポイントまで
Pontaポイント5,000ポイント→5,000ポイント※交換手数料250ポイント/口
※同一年度内に2口まで
スターバックスカードチャージ3,000ポイント→3,000円分※1ヶ月で3,000ポイントまで
ドトールバリューカードチャージ3,000ポイント→3,000円分※1ヶ月で3,000ポイントまで

dポイントの有効期限は48ヶ月

dポイントには、dポイントカードの提示やdカードの利用で貯まる通常dポイントとキャンペーンなどで貯まるdポイント(期間・用途限定)があります。

通常dポイントの有効期限は48ヶ月となっています。dポイント(期間・用途限定)は獲得したサービスによって異なり基本的には数ヶ月となります。

またdポイント(期間・用途限定)は下記の通り、使い方にも制限があります。

ポイント利用先通常dポイントdポイント(期間・用途限定)
街・ネットのお店でつかう
dマーケットでつかう
d払いでつかう
ドコモ商品でつかう
ドコモケータイの支払いにつかう
データ量の追加につかう
スゴ得のクーポンにつかう
商品が当たる抽選につかう
商品の交換につかう
寄付につかう
チケットの優待購入につかう
(4thステージ以上)

dポイントクラブのステージ制度がある

dポイントクラブには利用実績に応じたステージ制度がありますが、上から2つ目の4thステージ以上にならないと大きな恩恵は受けられません。そのため、そこまで意識しなくてもいいですが、4thステージ以上に到達した方は特典については理解しておきましょう。

ステージの種類と決まり方

ステージは5種類に分かれており、dポイントの貯まり方やドコモ回線の契約年数に応じて決まります。両方の条件を満たす必要はなく、どちらか一方を満たせばステージ認定されます。

ステージドコモ回線契約年数 or dポイント獲得数(6ヶ月間)
プラチナ15年以上 or 10,000pt以上
4th10年以上 or 3,000pt以上
3rd8年以上 or 1,800pt以上
2nd4年以上 or 600pt以上
1st4年未満 and 600pt未満

キャンペーンなどで獲得するポイントは対象外

dポイント獲得数の判定基準となるdポイントは、キャンペーンで貯まったポイントなどは対象外となり、dポイントカードの提示やdカード決済で貯まったポイントが対象となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください