学生におすすめのクレジットカード特集🌸

おすすめのANAカード徹底比較!マイルが貯まりやすい特徴やメリットを把握しよう

おすすめのANAカード

ANAカードを検討されている方は、ANAマイルを貯めていこうと考えているのではないでしょうか?もしANAマイルを貯めると決めてない場合は、他のクレジットカードの方がお得になります。

そこで今回は、ANAカードを使ってANAマイルを貯めていきたい方に
・ANAマイルを効率的に貯めていく方法
・ANAカードの特徴やメリット
・自分におすすめのANAカードはなにか
について詳しく解説していきます。

目的から絞り込みたい方はこちら

主要ANAカードの基本スペック一覧

まずは主要ANAカードの種類や年会費、ボーナスマイル、旅行保険などの基本スペックをカードランクごとに一覧表でまとめました。

プレミアム
国際ブランドJCBVISAアメックスダイナース
年会費70,000円+税70,000円+税150,000円+税155,000円+税
入会・継続
ボーナスマイル
10,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+50%
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高1億円
ワイドゴールド
国際ブランドJCBVISAMasterCardアメックスダイナース
年会費14,000円+税14,000円+税14,000円+税31,000円+税27,000円+税
入会・継続
ボーナスマイル
2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%
海外旅行傷害保険最高1億円最高5,000万円最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円最高1億円
ワイド
国際ブランドJCBVISAMasterCard
年会費7,250円+税
入会・継続
ボーナスマイル
2,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+25%
海外旅行傷害保険最高5,000万円
国内旅行傷害保険なし最高5,000万円(航空保険)
一般
国際ブランドJCBVISAMasterCardアメックス
年会費初年度無料 / 2年目以降2,000円+税7,000円+税
入会・継続
ボーナスマイル
1,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+10%
海外旅行傷害保険最高1,000万円最高3,000万円
国内旅行傷害保険なし最高1,000万円(航空保険)最高2,000万円
学生
国際ブランドJCBVISAMasterCard
年会費在学中無料
入会・継続
ボーナスマイル
1,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+10%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険なし最高1,000万円(航空保険)
交通系
国際ブランドJCB
(ソラチカカード)
VISA
(ANA VISA Suica)
MasterCard
(ANA Tokyuカード)
年会費初年度無料/2年目以降2,000円+税
入会・継続
ボーナスマイル
1,000マイル
フライト
ボーナスマイル
+10%
海外旅行傷害保険最高1,000万円
国内旅行傷害保険なし最高1,000万円(航空保険)

クレジットカードでANAマイルを貯める方法

クレジットカードでANAマイルを貯める方法は2つあります。

  • ANAカードで直接マイルを貯める
  • 他のクレジットカードで貯まったマイルをANAマイルに交換する

ANAマイルの場合は、前者のように直接ANAマイルが貯まるクレジットカードは少なく、基本的には他のポイントをANAマイルに交換する形になります。

ANAカードも一部を除き、他のポイントが貯まるクレジットカードになっています。しかし、ANAカードの場合は、ANAマイルへの交換レートが良いため、ANAマイラーにとって効率的なクレジットカードとなっているのです。

ANAカードがANAマイラーにおすすめの理由

ANAマイラーの方は、マイルを特典航空券に変えて旅行に行こうと考えている方が多いでしょう。そんな方にANAカードがおすすめできる理由がいくつかあります。

  • ANAカード入会キャンペーンでのボーナスマイル付与
  • 毎年ANAカード継続時のボーナスマイル付与
  • 通常のフライトマイルに追加でボーナスマイル付与
  • ANAカードマイルプラス加盟店でマイル付与

詳細は後述しますが、とにかく他のどのクレジットカードよりもANAマイルが貯まりやすく、使いやすいのがANAカードなのです。

ANAマイルの効率的な使い方とANAカードの重要性

自分にあったおすすめのANAカードを選ぶ前に、ANAマイルをもっとも効果的に使う方法とそのためにANAカードが必要であることを説明します。

ANAマイルは特典航空券交換がもっとも価値が高い

ANAマイルはさまざまな使い方がありますが、もっとも価値が高い使い方は特典航空券との交換です。それ以外の使い方の場合は、1マイル=1円相当がほとんどで、多くても1.5円程度です。

ANAマイルの使い方一例
  • 特典航空券と交換する
  • 国際線の座席をアップグレードさせる
  • ANA SKY コインに交換する
  • 国際線超過手荷物料金の支払いに充当する
  • ANAのおすすめ商品に交換する
  • 提携ポイントに交換する

特典航空券との交換なら最低でも1マイル2円以上の価値に

ANAマイルを特典航空券と交換する場合は、少なくても2円以上の価値になります。ANA航空券を通常購入する場合とANAマイル交換する場合の比較表を作ってみたので、その価値を見比べてください。

区間時期現金購入(往復)ANAマイル交換時(往復)マイルの価値
成田-ホノルルローシーズン約90,000円35,000マイル2.57円
ハイシーズン約250,000円〜43,000マイル5.81円
成田-北京ローシーズン約45,000円17,000マイル2.64円
ハイシーズン約70,000円23,000マイル3.04円

トクたびマイルならもっと高い価値に

国内航空券限定になりますが、マイル交換できる航空チケットを限定することで、通常よりもお得なマイル数に設定にしている「トクたびマイル」といった制度もあります。

トクたびマイルを利用すれば通常だと往復10,000マイル以上かかる国内の往復航空券が、半分程度の6,000マイルで獲得可能です。

参考JALの「どこかにマイル」を完全攻略ガイド!未知との出会いを楽しもう

特典航空券交換必要マイル数はフライトだけでは貯められない

そもそもANAマイルはクレジットカードがなくても、ANAマイレージバンク会員になれば、飛行機に乗るだけで貯めていくことができます。

しかし、特典航空券と交換するための必要マイル数をフライトマイルだけで貯めるのは少々無理がある話です。

往復獲得マイルハワイ特典航空券に
必要な往復回数
東京-ホノルルエコノミークラス
(value運賃)
2,298マイル15.2回
ビジネスクラス
(value運賃)
9,576マイル3.6回
東京-那覇普通席
(SUPER VALUE 75)
1,476マイル23.7回
プレミアムクラス
(SUPER VALUE PREMIUM 28)
2,460マイル14.2回

ANAマイルの有効期限は原則36ヶ月になるので、ビジネスクラスでも東京-ハワイの往復を年に1回以上しないとハワイに無料で行ける特典航空券分のANAマイルを貯めることはできません。

そこで日常のスーパーやコンビニでのお買い物や公共料金・携帯電話料金での支払いでもマイルが貯まるANAカードが必要になるというわけです。

ANAマイルを効率的に貯める方法

ANAマイルを特典航空券に使うことで、マイルを貯めていくメリットはご理解いただけたかと思います。あとはマイルをいかに効率的に貯めていくかが重要です。ANAマイル有効期限内に必要マイル数(ハワイなら40,000マイル)を貯めなくてはいけません。

ANAカードはキャンペーンでのマイル付与がすごい

ANAカードは全クレジットカードの中でも群を抜いて入会キャンペーンでのマイル還元が高いクレジットカードです。楽天カードの8,000ポイントも目ではありません。

まずはANAカードの入会キャンペーンを一覧でご覧ください。

キャンペーン名ANA JCBカード マイルプレゼントキャンペーン
キャンペーン期間2019年10月16日(水)〜2020年4月30日(木)申し込み分まで
適用条件【1】新規入会orアップグレード
【2】WEB明細サービス「MyJチェック」登録
【3-1】カードの利用10万円以上
【3-2】カードの利用50万円以上
【3-3】カードの利用100万円以上
特典内容ANA JCBカードプレミアム:最大33,400マイル相当
ANA JCBワイドゴールドカード:最大20,600マイル相当
ANA JCBワイドカード:最大37,100マイル相当
ANA JCB一般カード・ソラチカカード:最大19,600マイル相当
一般カード
ソラチカカード
ワイドカードワイドゴールドカードプレミアム
【1】入会特典マイル1,000マイル2,000マイル2,000マイル10,000マイル
【2】「MyJチェック」登録
特典マイル
1,200マイル相当1,200マイル相当4,500マイル相当6,000マイル相当
【3】カードの利用
特典マイル
10万円以上:1,500マイル相当
50万円以上:6,000マイル相当
100万円以上:17,400マイル相当
※上記のいずれか
合計
特典マイル
最大19,600マイル最大20,600マイル最大23,900マイル最大33,400マイル
特記事項
・JCB受付処理からカード発行まで約2~3週間かかります。
・申込書で入会される場合、JCB到着まで時間を要する場合があります。「お申し込み期間」最終日に申込書が到着した場合、翌日以降の受付処理となり、キャンペーンの対象とならない場合があります。申込書は各キャンペーンお申し込み期間終了の1週間前までに郵便ポストへ投函をお願いします。
・年会費有料のカードへの新規入会または切り替えの方は、カードの有効期限月の翌月10日のお振り替え時に年会費をお支払いになった場合にキャンペーンの対象となります。
・カードの入会に際しては、所定の審査があります。また、WEBでANA JCBワイドゴールドカードを申し込みされ、ご希望に沿えない場合はANA JCB一般カードを発行します。
・カード利用には各種年会費、ANA QUICPay + nanaco発行手数料、ショッピングリボ・分割・スキップ払いの各手数料、マイル移行手数料、キャッシングサービス利用分などは利用合計金額に含まれません。

クレジットカードの利用特典によるマイル付与になるためややハードルは高いですが、一般カードでも最大19,600マイルと、ハワイの半分相当のマイル獲得が可能になっています。以前はJCBのキャンペーンに加え、ANAでもキャンペーンを行なっていたため、最大で5万マイル以上が還元される時期もあったほどです。

ANA JCBワイドカードANAカードのキャンペーンまとめ!新規入会で最大36,700マイル【2020年1月最新】

マイル交換は10マイルコースで

ANAカードは先述した通り、クレジットカードのポイントをANAマイルに交換する形でマイルを貯めていきます。この際に無料で交換が可能な、5マイルコースと年会費がかかる10マイルコースがあります。

マイルを効率的に貯めるなら、必ず10マイルコースを選びましょう。

交換レート移行費用
5マイルコースANA JCBカードなら1OkiDokiポイントを5ANAマイルに交換無料
10マイルコースANA JCBカードなら1OkiDokiポイントを10ANAマイルに交換6,000円+税
※交換が発生した年のみ

ちなみに10マイルコースでかかる年会費は毎年かかるわけではありません、ポイントをマイルへ移行した年のみかかるので、2年に1回の交換であれば実質の年会費は3,000円+税になります。

身近なANAカードマイルプラス特約店で貯める

ANAカードには「ANAカードマイルプラス」と呼ばれる特約店があり、ANAカードマイルプラス店舗でANAカード決済をすれば通常より0.5%〜1.0%分追加でANAマイルが貯まります。セブンイレブンなどの身近にある店舗もあるので、しっかりと貯めていきましょう。

下記が主な店舗と追加貯まるマイルの一覧です。

店舗名追加積算マイル
セブンイレブン200円につき1マイル
マツモトキヨシ100円につき1マイル
ヤマダ電機LABI200円につき1マイル
大丸・松坂屋200円につき1マイル
高島屋200円につき1マイル
阪急百貨店200円につき1マイル
阪神百貨店200円につき1マイル
ENEOS100円につき1マイル
出光200円につき1マイル
ANAカードマイルプラスとは?特約店舗一覧とANAマイル増額数まとめ

ANAカードの種類

前置きが長くなりましたが、ここからANAカードについて詳しく解説していきます。ANAカードは大きく6つのランクに分けられ、そこから選ぶ国際ブランドでさらに特典が変わっていきます。

種別特徴
ANA一般カード・ビギナー向けANAカード
・低年会費で使いやすい
ANAワイドカード・手頃な年会費
・ゴールドカードに近しいマイル還元
ANAゴールドカード・一般カードの倍程度のマイル還元
・マイル交換手数料が無料
・付帯機能が充実
ANAカードプレミアム・ANAカードの最上位ランク
・ゴールドカードの1.5〜2倍程度のマイル還元
・充実の付帯機能に加え、VIP特典多数
ANAカード(学生)・学生限定
・在学中年会費無料
・マイル移行手数料無料(JCB)
交通系IC一体型カード・SuicaやPASMO一体型
・電車での乗車でもマイルを貯められる
・オートチャージ機能付き(マイルも貯まる)

ANAカードの年会費

ANAカードの年会費はカードランクと提携ブランドの組み合わせで下記のように決まります。

カードランク提携先本会員年会費家族会員年会費
ANA普通カードJCB
MasterCard
VISA
初年度無料
2年目以降2,000円+税
初年度無料
2年目以降1,000円+税
アメリカン・エキスプレス7,000円+税2,500円+税
ANAワイドカードJCB
MasterCard
VISA
7,250円+税1,500円+税
ANAゴールドカードJCB
MasterCard
VISA
14,000円+税4,000円+税
アメリカン・エキスプレス31,000円+税15,500円+税
ダイナース27,000円+税6,000円+税
ANAカードプレミアムJCB70,000円+税4,000円+税
VISA70,000円+税4,000円+税
アメリカン・エキスプレス150,000円+税無料(4枚まで)
ダイナース15,5000円+税無料
ANAカード(学生)JCB
VISA
MasterCard
在学中無料設定なし
交通系IC一体型カードTo Me CARD PASMO JCB
TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
初年度無料
2年目以降2,000円+税
初年度無料
2年目以降2,000円+税
VISA Suicaカード初年度無料
2年目以降2,000円+税
設定なし

自分にあったANAカードの選び方

自分にあったANAカードを見つけるためには、下記の選び方のポイントを抑えて選ぶようにしましょう。

  1. 低年会費で日常生活でコツコツとANAマイルを貯めたい
  2. 年会費・マイル還元・付帯機能でバランスの良いカードが欲しい
  3. マイル有効期限を気にせずにじっくりとANAマイルを貯めたい
  4. 海外旅行も多いから海外旅行時の付帯機能が充実したANAカードが欲しい

低年会費で日常生活でコツコツとANAマイルを貯めたい

クレジットカードに年会費をかけたくない方や日頃の生活の中でしっかりとマイルを貯めていきたい方におすすすめのANAカードは、交通系IC一体型ANAカードの3券種です。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)は特に優秀で、東京メトロユーザーで年会費を抑えてANAマイルを貯めたい方に一押しのクレジットカードです。

東京メトロの乗車ごとにメトロポイントが貯まり、そのメトロポイントをANAマイルに交換できたり、定期券購入時にはANAマイル(OkiDokiポイント)とメトロポイントがWで貯まるので、還元率1.4%だったりと低年会費にもかかわらず、マイルを貯める機会が多くマイルが貯まりやすいクレジットカードです。

年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間通常2週間
国際ブランドJCB
付帯機能ANAマイレージクラブ,PASMO,東京メトロポイント,SkiPサービス
キャンペーン中!!
・今なら最大19,600マイルがもらえる入会キャンペーンを実施中
ソラチカカードの特徴
  • Oki Dokiポイント、ANAマイル、メトロポイントの3種類のポイントを貯められる
  • 毎年の継続ボーナスマイルや搭乗ボーナスマイルがもらえる
  • PASMOのオートチャージ対応の定期券一体型クレジットカード
  • 最高1,000万円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • チェックイン不要の国内線「SKiPサービス」も利用可能
注意
※年会費は初年度無料、2年目以降は2,000円+税

年会費・マイル還元・付帯機能でバランスの良いカードが欲しい

クレジットカードの機能・マイルの貯まりやすさが申し分なく、それでいて年会費が高すぎないクレジットカードであれば、ANA JCBワイドゴールドカードがおすすめです。

年会費は14,000円+税かかりますが、通常6,000円+税かかるANAマイル移行手数料が無料になるため、実際はそこまで高くは感じません。特典面でも国内外の旅行保険が最高5,000万円付帯、空港ラウンジの無料利用など、充実した内容となっています。

年会費14,000円+税
申込資格20歳以上(学生不可)
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
マイル還元率1.0%
キャンペーン中!!
・今なら最大23,900マイル相当がもらえる入会キャンペーンを実施中
ANA JCBワイドゴールドカードの特徴
  • 入会ボーナスマイル・継続ボーナスマイルそれぞれ2,000マイルずつ
  • 搭乗時のボーナスマイル+25%
  • 楽天Edyチャージ時にもマイルが貯まる
  • マイル移行手数料が無料
  • 海外旅行傷害保険最高1億円&国内旅行傷害保険最高5,000万円
  • ショッピング保険が海外と国内共に最高500万円

マイル有効期限を気にせずにじっくりとANAマイルを貯めたい

36ヶ月のマイル有効期限がきになる方は、ANAアメックスがおすすめです。ANAアメックスはANAマイル移行前のポイント有効期限が無期限のため、実質ANAマイル有効期限が無期限のクレジットカードです。

ANA JCB 一般カードよりも海外旅行傷害保険の最高額が2,000万円高くなっており、ANA航空券購入時の追加マイルも多くなっています。(一般カードで100円につき1.5マイル、ANAアメックスは100円につき2.5マイル)

年会費7,000円+税
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
付帯機能楽天Edy,ANAマイレージクラブ
キャンペーン中!!
・今なら最大35,000マイル相当もらえる入会キャンペーンを実施中
ANAアメックスの特徴
  • 継続・フライト・提携店でのボーナスマイルが充実
  • 最高3,000万円補償される海外/国内の旅行傷害保険
  • 充実したトラベルサービス
  • 貯まったポイントの有効期限は無期限にも
  • 貯まったポイントはANA・スターアライアンスメンバーの提携航空会社の特典航空券(国際線可)に交換

海外旅行も多いから海外旅行時の付帯機能が充実したANAカードが欲しい

マイルを効率的に貯めつつ、海外旅行も充実したものにしたい方には、ANAアメックスゴールドがおすすめです。

ANAアメックスゴールドは最高1億円の海外旅行傷害保険の他に、アメックスのゴールドランク以上にしかないキャンセル・プロテクションとリターン・プロテクションが付帯されています。

キャンセル・プロティションは急な事情での旅行やコンサートのキャンセルを、リターン・プロテクションは店舗が受け付けてくれない返品を、それぞれアメックスが補償してくれる保険制度です。

年会費31,000円+税
申込資格20歳以上(学生不可)
発行時間通常1週間
国際ブランドアメックス
マイル還元率1.0%
キャンペーン中!!
・今なら最大60,000マイル相当がもらえる入会キャンペーンを実施中
ANAアメックスの特徴
  • 入会ボーナスマイル・継続ボーナスマイルそれぞれ2,000マイルずつ
  • 搭乗時のボーナスマイル+25%
  • ポイント有効期限が無期限だから実質マイル有効期限が無期限
  • マイル移行手数料が無料
  • 海外旅行傷害保険最高1億円&国内旅行傷害保険最高5,000万円
  • ショッピング保険が海外と国内共に最高500万円
  • 急な出張や病気・怪我でキャンセル下旅行やコンサート代金の損害を年間10万円まで補償(キャンセル・プロテクション)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください