【11/18迄】2019年最後の8000ポイント入会キャンペーン

ANAマイレージとは?登録からANAマイルの貯め方・使い方まで徹底解説

ANAマイレージ
お得に海外旅行にいく方法…それはANAマイレージクラブ会員になってANAマイルを貯めることです。

そこで、
・ANAマイレージクラブとは
・ANAマイルの貯め方や使い方

など、ANAマイレージクラブとANAマイルについて気になる部分を詳しく解説します。

ANAマイレージクラブとは?

ANAマイレージクラブとは、ANAのポイントプログラムです。ANAマイレージクラブ会員になると、ANAマイルを貯めることができ、さまざまな特典と交換ができます。

入会資格や年齢制限

ANAマイレージクラブに入会資格や年齢制限はありません。誰でも入会が可能です。例えば2,3歳の幼児であってもANAマイレージ会員に入会し、ANA便に小児運賃を支払って搭乗すればマイルを貯めることができます。

入会金や年会費

ANAマイレージクラブは入会金も年会費もすべて無料です。誰もが無料で利用できる会員プログラムです。

ただし、海外旅行へ無料で行くぐらいにマイルを本格的に貯めていくとなると、後述する年会費が必要なクレジットカードが必要になってきます。

ANAマイレージクラブの入会方法

ANAマイレージクラブへの入会はWebより数分で行うことができます。特に必要なものはありません。

  • 手順1
    専用サイトにアクセスする
  • 手順2
    会員規約を確認し、同意にチェック
  • 手順3
    送付先・在住国/地区の入力
  • 手順4
    お客様情報を入力
    氏名・性別・生年月日・カード種別・住所・メールアドレス
  • 手順5
    記入情報を確認し、「登録する」をクリック

ANAマイルを詳しく知ろう

ANAマイレージに入会する目的は、ANAマイルを貯めてさまざまな特典と交換することにあります。制度としては、他のポイントカードと同様です。

ANAマイルの主な貯め方

ANAマイルにはいくつかの貯め方がありますが、メインとなるため方は下記となります。

  • フライトで貯める
  • 提携サービスの利用で貯める
  • クレジットカードの利用で貯める

ANAマイルを貯める方法はこの3つが軸となります。効率的にたくさん貯めていく方法については後ほど解説します。

フライトマイルは路線と運賃種別で決まる

クレジットカード以外の方法では、フライトで貯める方法がメインになります。

このフライトで貯まるフライトマイルは、搭乗路線ごとに決まっている区間基本マイレージに運賃種別ごとに決まっている積算率を掛け合わせて決まります。

区間基本マイレージは距離に比例して多くなり、積算率は運賃種別のランクが高いほど高くなります。

搭乗路線の区間基本マイレージの一例と各運賃種別の積算率を一覧にしました。

区間基本マイレージ

搭乗路線区間基本マイーレージ(片道)
東京-札幌510マイル
東京-大阪420マイル
東京-沖縄984マイル
東京-上海1,111マイル
東京-ハワイ3,831マイル
東京-パリ6,194マイル

マイル積算率(国内線)

国内線はチケット種別で積算率が決まっています。

対象運賃種別積算率
プレミアム運賃
プレミアム小児運賃
プレミアム障がい者割引運賃
ANA VALUE PREMIUM(Child)/ANA SUPER VALUE PREMIUM(Child)
プレミアム@Biz
プレミアムビジネスきっぷ
150%
ANA VALUE PREMIUM 3
ANA SUPER VALUE PREMIUM 28
プレミアム株主優待割引運賃
プレミアム小児株主優待割引運賃
125%
ANA FLEX
ビジネスきっぷ
出張@割
ビジネスリピート
小児運賃
障がい者割引運賃
介護割引
ANA VALUE (Child)/ANA SUPER VALUE(Child)
ANA SUPER VALUE EARLY(Child)
各種アイきっぷ
プレミアム個人包括旅行割引運賃
@Biz
100%
ANA VALUE 1
ANA VALUE 3
ANA SUPER VALUE 21
ANA SUPER VALUE 28
ANA SUPER VALUE 45
ANA SUPER VALUE 55
ANA SUPER VALUE 75
ANA VALUE TRANSIT
ANA VALUE TRANSIT 7
ANA VALUE TRANSIT 28
ANA SUPER VALUE EARLY
株主優待割引運賃
小児株主優待割引運賃
いっしょにマイル割(同行者)
ANA SUPER VALUE 75 & JR きっぷなど
75%
個人包括旅行割引運賃
包括旅行DP割引運賃
訪日包括旅行DP割引運賃
DP限定旅行用特割運賃(包括旅行MDP割引)
スマートU25
スマートシニア空割
ANA SUPER VALUE SALE
50%

マイル積算率(国際線)

国際線はチケットごとに予約クラス振り分けがあり、そのクラスに応じて積算率が決まっています。

予約クラス積算率
F、A(ファーストクラス)
J(ビジネスクラス)
150%
C、D、Z(ビジネスクラス)125%
G、E(プレミアムエコノミークラス)
Y、B、M(エコノミークラス)
100%
P(ビジネスクラス)
N(プレミアムエコノミークラス)
U、H、Q(エコノミークラス)
70%
V、W、S、T(エコノミークラス)50%
L、K(エコノミークラス)30%

ANAマイルの主な使い方

ANAマイルの使い方も豊富にありますが、メインとなる貯め方は下記となります。

  • 特典航空券と交換する
  • 座席をアップグレードする
  • 国際線超過手荷物料金の支払いに充当する
  • ANA SKY コイン
  • 厳選商品と交換する
  • 他のポイントと交換する

こちらも後述しますが、ANAの使い方でもっともおすすめなのは、特典航空券との交換です。それ以外の使い方はANAマイルの価値を下げることになってしまいます。

特典航空券との交換がもっとも価値が高い

ANAマイルの使い方で最も価値が高いのが特典航空券との交換です。

特典航空券とはANAマイルと交換できる航空券とのことで、国内線は5,000マイル〜、国際線は12,000マイルと交換が可能です。特典航空券との交換は時期によって価値が変動しますが、少なくても1マイル2円以上の価値にはなります。

国内線は区間や時期指定の「トクたびマイル」を活用するとさらにお得になります。

区間時期現金購入(往復)ANAマイル(往復)1マイルの価値
成田-ホノルルローシーズン約90,000円35,000マイル約2.57円
ハイシーズン約250,000円〜43,000マイル約5.81円
成田-北京ローシーズン約45,000円12,000マイル約3.75円
ハイシーズン約70,000円18,000マイル約3.89円

ANA SKY コインは最大で1マイル1.7円

特典航空券に次いで価値が高くなる交換方法が、ANA SKY コインで、最大1マイル1.7円となります。

しかし、最大の交換率である1.7倍になるためには、ANA会員ランクがブロンズ以上で50,000マイル以上の交換が条件となるため、かなりハードルが高いです。現実的な交換率で言うとANAカード会員が40,000マイル以上を交換する際の1,5倍になります。

また他の交換方法では、超過手荷物料金充当が1マイル1円、ポイントの交換は1円以下と、どれも特典航空券よりは価値が下がってしまいます。

ANAマイルの有効期限は36ヶ月

ANAマイルには有効期限があり、獲得の36ヶ月後末となります。この期間の間に必要マイル数を貯めないと、不本意な交換になってしまい、マイルを貯める意味がなくなってしまうため、期間内に効率的にマイルを貯めう必要があります。

ANAカードを使うと日常からマイルが貯められる

ANAマイルは飛行機に乗って貯めていくことがメイン思われることも少ないですが、実はクレジットカードがメインの積算になります。そして、ANAマイルが貯めやすいクレジットカードの代表格がANAカードです。

参考おすすめのANAカード徹底比較!マイルが貯まりやすい特徴やメリットを把握しよう

ANAカードで航空券を買えばボーナスマイルがもらえる

ANAカードで航空券を購入すると、通常のフライトマイルに一定倍率を掛けたボーナスマイルがもらえます。倍率はクレジットカードのランクが上がるほど高くなり、プラチナカードランクになると+50%分のフライトマイルが積算されます。

カードランクフライトボーナスマイル
一般カード+10%
学生カード+10%
交通系カード+10%
ワイドカード+25%
ワイドゴールドカード+25%
プレミアムカード+50%

下記はフライトボーナスマイル分でどの程度追加でマイルがもらえるのかの一例です。

搭乗路線区間基本マイーレージ(片道)フライトボーナスマイル
ANA一般カードANAカードプレミアム
東京-札幌510マイル+51マイル+255マイル
東京-大阪420マイル+21マイル+210マイル
東京-ハワイ3,831マイル+384マイル+1,916マイル
東京-パリ6,194マイル+620マイル+3,097マイル

更新時にも必ずマイル付与がある

またANAカードの強みとしては、毎年必ずボーナスマイルがもらえることです。一般ランクのANAカードでも毎年1,000マイルもらえるため、国内線の特典航空券の最低マイル数の5分の1にあたるマイルが必ずもらえることになります。

カードランク入会/継続ボーナスマイル
一般カード1,000マイル
学生カード1,000マイル
交通系カード1,000マイル
ワイドカード2,000マイル
ワイドゴールドカード2,000マイル
プレミアムカード10,000マイル

通常マイル還元率も高い

ANAカードを使って貯まるのは、発行元や提携先のポイントで、そのポイントをマイルに移行させることでマイルを貯める形になります。

ANAカード以外のクレジットカードの場合、ポイントをマイルに交換するとポイント2に対してマイル1のように、2:1のレートになる場合が多いです。

一方でANAカードの交換レートは手数料を払うことで、1:1にあげることが可能なため、カード利用におけるマイル還元率を高めることが可能です。

カード名獲得ポイントマイル交換実質のマイル還元率
楽天カード100円で1ポイント50ポイント=25マイル0.5%
Orico Card THE POINT100円で1ポイント1,000ポイント=600マイル0.6%
エポスカード200円で1ポイント1,000ポイント=500マイル0.25%
ANA JCBカード1,000円で1ポイント1ポイント=10マイル1.0%
ANA JCBカード プレミアム1,000円で1ポイント
+ボーナスポイント1ポイント
1ポイント=10マイル
1ボーナスポイント=3マイル
1.3%

ANA JCBカードは入会キャンペーンで海外旅行へ行ける

ANAカードの中でもANA JCBカードは入会キャンペーンでもマイル付与が大きく、一般カードでも2万弱のマイル獲得が可能です。そのため、入会キャンペーンで得たマイルで海外旅行も可能です。

キャンペーン名ANA JCBカード マイルプレゼントキャンペーン
キャンペーン期間2019年10月16日(水)〜2020年4月30日(木)申し込み分まで
適用条件【1】新規入会orアップグレード
【2】WEB明細サービス「MyJチェック」登録
【3-1】カードの利用10万円以上
【3-2】カードの利用50万円以上
【3-3】カードの利用100万円以上
特典内容ANA JCBカードプレミアム:最大36,700マイル相当
ANA JCBワイドゴールドカード:最大27,200マイル相当
ANA JCBワイドカード:最大23,900マイル相当
ANA JCB一般カード:最大22,900マイル相当
ソラチカカード:最大24,900マイル相当

ANAカード以外でもたくさんANAマイルが貯められる

ANAマイルを貯めるには、ANAカードが絶対に良いかと言うわけではありません。ANAカード以外にもANAマイルが貯まりやすいクレジットカードはあります。

今から紹介する2枚は、使い方によってはANAカードよりもANAマイルが貯まりやすいクレジットカードです。

SPGアメックスなら通常マイル還元率1.25%

SPGアメックスは100円につき3ポイント貯まり、3ポイントを1マイルとして交換できます。ただし、60,000ポイントをまとめて交換する場合、15,000ポイントが上乗せされ、その合計がマイルとなります。

すなわち、60,000ポイント分で25,000マイル獲得できるため、クレジットカード利用からのマイル還元率に直すと1.25%となるのです。

年会費31,000円+税
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
キャンペーン中!!
・今なら入会後3ヶ月以内に10万円以上の利用で30,000ポイント入会キャンペーンを実施中!!
SPGアメックスの特徴
  • SPGおよびマリオットリワードの会員資格「ゴールドエリート」を提供
  • 最高1億円補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付帯
  • 毎年の継続ごとにSPGおよびマリオットリワード参加ホテルの無料宿泊特典(一泊一室2名)をプレゼント
  • SPG参加ホテルの直営レストランならびにバーの飲食代金が15%オフ
  • 貯まったポイントは40を超える航空会社のマイルに交換可能&60,000ポイントのマイル移行ごとに5,000マイルのボーナスも

スカイ・トラベラー・カードなら高還元率+航空券が3倍

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、100円で1ポイント貯まり、1,000ポイントを1,000マイルに交換できるので、通常マイル還元率は1.0%となります。

これだけでも十分な還元率ですが、その他のマイル特典にも注目です。まず、カード入会1年以内に対象航空会社の航空券を購入すると5,000ポイント(マイル)が自動的に付与されます。さらに、対象航空券をスカイ・トラベラー・カードで購入すると、ポイントが3倍になります。

いずれの対象航空券にもANAは含まれます。

年会費10,000円+税
申込資格20歳以上
発行時間2週間程度
国際ブランドアメックス
キャンペーン中!!
・今なら新規入会で3,000ボーナスポイントもらえる入会キャンペーンを実施中!!
カードの特徴
  • JAL、ANAを含む対象航空会社28社で利用するとポイント3倍貯まる(100円=3ポイント)
  • 最高3,000万円補償される海外/国内の旅行傷害保険
  • ポイントの交換先である提携航空パートナーマイルの豊富さ
  • 充実したトラベルサービス
  • 貯まったポイントの有効期限は無期限

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください