今すぐ作れるクレジットカードあります!

ソニー銀行の振込は無料で即時に送金される!振込機能のまとめ

「ソニー銀行の振り込みはお得?」
「ソニー銀行で振り込みするメリットは?」

このように、ソニー銀行の振り込みをお得に利用する方法をお探しではないでしょうか?

ソニー銀行の振り込みは、手数料無料で即時に入金反映させることが可能です。

そこで今回は、振込手数料から振込方法、WEB振込決済機能まで、ソニー銀行の振込機能をお得に使う方法を徹底解説していきます。

ソニー銀行の使い方を知り、お得に利用しましょう!

ソニー銀行の振込手数料は月に1〜2回まで無料

ソニー銀行の振込手数料は、送金先によって異なります。

送金先がソニー銀行宛ての場合は振込手数料が無料他行宛ての場合は毎月1回まで振込手数料が無料となっています。

  • ソニー銀行宛て:振込手数料無料
  • 他行宛て:毎月1回まで無料

他行宛ての場合、2回目以降は1回の振込毎に216円の振込手数料が発生します。

また、他行宛ての振込手数料の無料利用回数を増やすことが可能可能です。

ソニー銀行の優遇プログラム「Club S」の会員は、最大10回まで振込手数料が無料となります。

さらに、VISAデビット機能付きのカード「Sony Bank WALLET」利用者は、無料で利用できる回数が毎月1回増えます。

例えば、Sony Bank WALLETの利用者で、Club Sの会員ではない人は、毎月2回まで振込手数料が無料で利用できることになります。

ソニー銀行は24時間365日即時に振込ができる

ソニー銀行は2018年10月、全銀システム稼動時間の拡大に伴って、振込取り扱い時間を24時間365日に拡大しました。

以前までは、平日15時以降および休日の振り込みは翌営業日扱いとなっていました。

しかし、振込時間が改定された現在は、平日夜間・休日にかかわらず、24時間365日振り込みが即時反映されます。

即時入金の反映は振り込み先金融機関も全銀ネットのモアタイムシステムに参加している必要があります。

2019年3月時点で全銀ネットのモアタイムシステムには、ジャパンネット銀行や楽天銀行のネット銀行をはじめ、多くの地方銀行、都市銀行が参加しており、計504の金融機関で即時入金が可能です。

そのため、振り込みが平日の15時を過ぎてしまって入金が翌日になってしまうといった事態はほとんどないでしょう。

ソニー銀行は提携ATMでの振込が可能

ソニー銀行の振り込み方法は以下の3パターンになります。

  • インターネットバンキングからの振り込み
  • モバイルバンキングからの振り込み
  • 三井住友銀行ATMからの振り込み
  • 公式アプリ「ソニー銀行アプリ」から振り込み

ソニー銀行の公式アプリは2種類あり「Sony Bank WALLETアプリ」からの振り込みができないので、必ず「ソニー銀行アプリ」から行いましょう。

また、ソニー銀行は提携ATMのうち、三井住友銀行のATMでのみ振り込み操作ができますが、三井住友銀行ATMから振り込みを行う際は、振り込み手数料に注意が必要です。

ソニー銀行のATM手数料とは別に、三井住友銀行所定の振り込み手数料が発生します。

そのため、仮にソニー銀行ATM手数料の無料利用回数を全て消費していた場合、ソニー銀行のATM手数料+三井住友銀行所定の振り込み手数料がかかります。

ソニー銀行で振り込みをする際は、便利で簡単なインターネットやアプリからの振り込みがおすすめです。

ソニー銀行の振込限度額は調整可能

ソニー銀行の口座開設当初に設定されてある振込限度額は1日100万円までとなっています。

ただし、1日の振り込み限度額は、0円〜1,000万円の範囲内であれば1円単位で設定ができます。

設定方法はインターネットバンキングにログイン後。「各種手続」>「出金制限の設定ご変更」から行います。

モバイルバンキングでも同様に設定が可能です。

万が一、1,000万円を超える金額で設定したい場合は、ソニー銀行のカスタマーセンターへの問い合わせが必要です。

また、ATMからの振り込み上限金額は、引き出し金額と振り込み金額、借り入れ金額の合計が200万円までとなっており、こちらは変更することができません。

資産運用にはソニー銀行の「WEB振込決済」がおすすめ

WEB振込決済とは、ソニー銀行の資産運用に関連する加盟店を利用する際、代金の支払いや振り込みがインターネット上で安全かつ簡単にできるサービスです。

加盟店にはマネックス証券や、松井証券、WealthNaviなどがあります。

WEB振込決済の特徴は、主に以下の4点です。

  • 簡単
  • 安全
  • 無料
  • 即時

加盟店への振込手続きは振込先情報が自動的に表示され、手数料無料で振り込みができます。

さらに、24時間365日即時振り込みとなっているので、送金完了後すぐに振り込み先で入金が反映されます。

ただし、モバイルバンキングでは利用できないうえ、加盟店がまだ少ないので利用機会が限られている点がややデメリットに感じられます。

WEB振込決済の手続きの流れ

WEB振込決済の手続きの流れは以下の通りです。

  1. 加盟店サイトで手続き
  2. WEB振込決済サービス専用ログイン
  3. 振込内容の確認
  4. 再確認
  5. 受付完了

ソニー銀行で振り込みをする際は、まず加盟店サイト側の入金ページにて、入金額を入力し、振込先金融機関としてソニー銀行を選択します。

WEB申し込み決済サービス専用のログイン画面が表示されるので、「店番号」「口座番号」「ログインパスワード」を入力してソニー銀行にログインします。

すると、振り込み人名や振込額などの振り込み内容が表示されるので、問題がなければ「取引暗証番号」入力のうえ「振り込み決定」をクリック。

最後に、本人の振り込みであることを確認するために、ユーザーが設定している認証(スマホ認証方式・ワンタイムパスワード方式・合言葉方式)を入力して「確認」をクリック。

ここまでの操作に問題がなければ、振込受付の完了です。

完了画面が表示されるので、必ず「加盟店に通知」をクリックして終了しましょう。

ソニー銀行の振込まとめ

ソニー銀行の振り込み手数料はソニー銀行宛ての場合は何度でも無料、他行宛ての場合は月に1〜2回無料です。

無料回数は人それぞれ異なり、Club S会員は最大で月10回まで振込手数料が無料になります。

毎月10回以上振り込みを行うという人は多くないと思われるので、月に1〜2回でも無料で振り込めるのは嬉しい点と言えるのではないでしょうか?

また、ソニー銀行はインターネットとアプリの他に、三井住友銀行ATMからの振込が可能ですが、手数料が二重にかかるので、ATMからの振り込みはあまりおすすめできません。

2018年10月から24時間365日即時振り込みが可能になったソニー銀行、便利で簡単なのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください