今すぐ作れるクレジットカードあります!

Suicaの履歴はどうやって確認するの?Suicaの履歴を知る方法を紹介!

あなたは通勤や通学でどのような交通系ICカードを使っていますか?
現在では様々な交通系ICカードが普及していますがその中でSuicaは最もシェアを誇るカードです。Suicaはタッチするだけで電車に乗ることができ、JRだけでなく私鉄でも利用できます。また、Suicaが使えるお店では、チャージしておけばお買い物がスムーズできる便利なカードですそんなSuicaは電子マネーであるため、過去に使った履歴を見ることができます。
そこで今回はSuicaの履歴を解説します。Suicaの履歴をしっかり確認したい人は参考にしてください。

Suicaの履歴を知る前にSuicaの基本を知っておこう

Suicaの履歴を知る前にSuicaの基本を学んでおきましょう。Suicaは、鉄道、バス、お買い物などで利用できるJR東日本のICカードです。パスケースに入れたまま改札にタッチするだけで電車に乗ることができ、定期券にもできる交通系の電子マネーで、Suicaにお金をチャージして使うことになります。券面の印字情報を書きかえられるリライト機能を採用しているので、一枚持っていれば繰り返し使うことができます。「Suica定期券」、「My Suica(記名式)」、「Suicaカード」の他にもモバイルSuicaがあり、スマホ一つで利用可のです。ほぼ日本全国の鉄道で使える上に、お店でも使え、Suicaポイントも貯まります。生活に密着したICカードと言えるでしょう。

Suicaの履歴とは?

Suicaの履歴とはどのようなことでしょう?Suicaは切符のように使用したら無くなってしまうものではなく、繰り返し使えるICカードなのでSuica自体に利用した履歴が記録されています。Suicaの履歴を見れば、過去に自分がどの路線の駅を利用したか、いくら使ったのか判断できるので会社の経費の計算や電車に乗ったことを証明することができ、とても便利です。Suicaの履歴を確認する方法はいくつかあるのでそれぞれ紹介します。

Suicaの履歴の確認方法とは?

Suicaの履歴を確認するためには、駅の券売機や多機能券売機で確認する方法とアプリやサイトで確認する方法の二通りがあります。

【駅の券売機や多機能券売機で確認する方法】
①Suicaマークのある自動券売機や多機能券売機にSuicaを挿入する
②「履歴表示」「履歴印字」メニューを選択

【Suicaアプリで確認する方法】
①Suicaアプリを開く
②Suicaアプリ画面下にある「SF履歴」をタップする

Suicaの履歴内容とは?

Suicaの履歴を駅の券売機やアプリで確認したときはざまざまな情報を見ることができます。主な履歴情報は下記の通りです。

  • 利用日
  • 利用金額
  • 利用駅
  • 降車駅
  • 残高
  • Suicaを利用したお店
またこのほかにもバスを利用したら利用したバス会社名、Suicaエリア・PASMOエリアで履歴確認したときに相互利用されている以外のエリア(Kitacaエリア、TOICAエリア、manacaエリアなど)の時は事業者のみ表示されるので注意しましょう。

Suicaの履歴を確認するにはアプリが便利

Suicaの履歴確認をするときに駅の券売機や多機能券売機では、その場に行く必要がありますが、Suicaアプリだと自分のスマホから確認できるのでおすすめです。また、自宅で付属品であるリーダーを使えば印字もできます。

【Suicaアプリで履歴を確認する方法】
①Suicaアプリを開く
②トップ画面の「その他」タブを選択
③「SF(電子マネー)利用履歴」を選択
④利用履歴が表示

【パソコンで履歴を確認する方法】
①パソコンのモバイルSuicaのサイトを開く
②IDとパスワードを入力し、ログイン
③「会員メニュー」の「Suicaご利用状況照会」から「SF(電子マネー)利用履歴」を選択
④表示したい日付を入力し、利用履歴を検索

過去のSuicaの履歴はいつまで

Suicaの履歴を確認すると利用日を見ることができます。しかし、過去の使用した履歴はどのくらい遡れるのでしょうか?Suicaは最大で26週間前まで遡って見ることができます。およそ半年前までの履歴しか確認することができませんので、それよりは前の履歴は確認するときは注意しましょう。特に昔使っていたSuicaの履歴を確認したい時は覚えておきましょう。

Suicaの履歴を印字する

Suicaの履歴を照会するのに便利な機能が印字です。自分で仕事で使った経費を証明するためや記録として残しておくレシートを出す方法は以下の通りです。

  1. 駅の券売機や多機能券売機にSuicaを挿入する
  2. 「履歴表示」「履歴印字」メニューを選択
  3. 履歴を印字する
※履歴印字は、直近の利用分最大100件まで出すことができ、1日の利用が2回以上の場合や改札機にしっかりタッチしていない場合等は印字できない場合があります。

Suicaの履歴の印字の見方

Suicaの利用履歴を印字した時は、入場や出場は略字になって表示されます。それぞれの略字の意味が分からないと言う人のために詳しく紹介します。

「入」
Suicaで乗車した場合

「*入」
一旦改札を出て、同じ鉄道事業者や他の鉄道事業者に乗り換え、または乗り継ぎぎした際に、全区間通算の運賃、または乗り継ぎ割引運賃が適用される条件を満たした場合

「出」
Suicaで出場した場合

「定」
定期券区間外と区間内相互間を乗車した場合

「バス等」
バス(IC運賃機)で利用した場合

「現金」
Suicaにチャージした場合

「オート」
Suicaにオートチャージした場合

「購」
他の乗車券類と引き換えた場合

「精」
窓口等で精算した場合

「物販」
Suicaを電子マネーとして買い物した場合

それぞれの略字の意味を知っていれば、より詳しく履歴の意味がわかるので覚えておきましょう。

Suicaの履歴を削除できるの?

Suicaの履歴が確認できることは便利な反面、履歴を残したくないと思っている人も多いのではないでしょうか?そんな時に履歴を削除できれば嬉しいですよね。果たしてSuicaの履歴を削除できるのでしょうか?結論から言えば自分の意思でSuicaの履歴を削除することができません。一度履歴を印字しても削除されませんので覚えておきましょう。また、みどりの窓口の職員に削除をお願いしても対応してくれませんので注意しましょう。

定期券Suicaの履歴

Suica定期券の払い戻し履歴や購入する履歴も会社の経費や証明するために必要になっくることもあるかもしれません。モバイルSuicaの場合は、Suica定期券の履歴が確認することができます。Suica定期券の履歴を確認する方法は以下の通りです。

【スマホでSuica定期券の履歴を確認する方法】
①スマホでモバイルSuicaのアプリを開く
②利用中の定期券はトップ画面に表示される
③定期券(有効期間外のものも含む)について、「種類」「区間」「有効期間」「金額」「経由」などを確認できる

【パソコンでSuica定期券の履歴を確認する方法】
①モバイルSuicaのサイトを開く
②「会員メニュー」の「Suicaご利用状況照会」から「ご利用明細書(領収書)/払戻計算書」を選択
③画面に対象履歴が一覧表で表示される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください