💡最大7,000円相当のPayPayボーナス💡

Apple Pay(アップルペイ)とは?特徴や使い方、設定方法、対応カードまで徹底解説

Apple Payとは?

キャッシュレス化がどんどん進んでいく日本の中で、クレジットカードコード決済サービス、Apple PayやGoogle Payなどのスマホ決済サービス、などをこれから積極的に使っていく方も多いでしょう。

そこで
・Apple Payとはどんなサービス?
・Apple Payの使い方は?
・Apple Payに登録できるカードは?
など、使いはじめる前にわからないことが多く不安もあるかもしれません。

そこで、今回はApple Payの使い方や設定方法、使えるお店、登録できるカードなど、細かい部分まで詳しく解説していきます。

目次

Apple Payとは?

Apple Payは「Apple製の対応デバイスで使えるスマホ決済サービス」です。

Apple Payが使えるデバイス

  • Face ID 搭載モデルの iPhone
  • Touch ID 搭載モデルの iPhone (iPhone 5s を除く)
  • Face ID 搭載モデルの iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini
  • Touch ID 搭載モデルの iPad Pro、iPad Air、iPad、iPad mini
  • Apple Watch Series 1 および 2 以降
  • Apple Watch (第1世代)

公式サイトにはこのように記載がありますが、もっとも利用頻度の高い、店舗と交通機関(Suica)が使えるデバイスは、iPhone 7/7 Plus以降のiPhoneとiPhone 5以降とペアリングしたApple Watch Series 2以降のApple Watchとなります。

その他の古いモデルやiPadなどは、ネット決済などの限定された場所でのみ利用可能となるので注意が必要です。

製品交通機関店舗app内Web上
iPhoneiPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、日本国内で販売されたiPhone 7とiPhone 7 Plus
iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE××
上記以前のモデル××××
Apple WatchApple Watch Series 5、Apple Watch Series 4、Apple Watch Series 3、日本国内で販売されたApple Watch Series 2×
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)×××
iPadiPad(第7世代)、iPad(第6世代)、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini(第5世代)、iPad mini 4、iPad mini 3××
上記以前のモデル××××
Mac2012年以降に発売されたMacのモデル×××
上記以前のモデル××××

支払い方法はiD・QUICPay・Suica

Apple Pay初心者の方が間違えやすいのは、「Apple Pay」が使える店で「Apple Pay」と店員に伝えて支払うと思ってしまっていることです。

実際の店舗では、iD」・「QUICPay」・「Suica」のいずれかで支払うことになります。すなわち、それらいずれかの支払い方法に対応している店舗がApple Payが使えるお店となります。

どの支払い方法になるかは登録する決済手段による

上記の3つの支払い方法のどれになるかは、登録した決済手段ごとに決まっています。

Suicaを登録していれば当然Suicaですが、クレジットカードはカードごとに異なります。例えば三井住友カードイオンカードdカードなどはiD決済ですが、楽天カードJCBカードオリコカードなどはQUICPayとなります。

またANAカードでも、ANA VISAとANA マスターカードはiDですが、ANA JCBとANAアメックスはQUICPay、ANAダイナースは未対応など、国際ブランドによって異なる場合もあります。

Apple Payのメリット

Apple Payの主なメリットは、下記5点です。

Apple Payのメリット
  1. 複数の決済方法を一括管理
  2. 高いセキュリティでプライバシーを守る
  3. 利用停止が素早くできる
  4. クレジットカードでSuicaチャージが可能に
  5. 決済サービスと連動したキャンペーンが豊富

複数の決済方法を一括管理

キャッシュレス決済が普及してきた昨今ですが、それぞれの決済会社からキャンペーンが展開されており、店舗ごとにお得な決済方法がことなります。そのため、複数の決済方法を使い分ける必要が出てきました。

しかし、決済方法が増えた分だけ、決済ようのカードなどが増えてしまうと管理が難しく、安全面にも不安が出てきます。

Apple Payなら複数の決済方法をiPhone1台に格納できるので、お得でスタイリッシュな支払いを可能にしてくれます。

高いセキュリティでプライバシーを守る

Apple Payに登録されたカード情報などは、実際の決済時には使われず、デバイス固有の番号と独自の取引コードを使用します。

そのため、複数の店舗にカード番号などが共有されて漏洩のリスクを増やす必要がなくなります。

利用停止が素早くできる

とはいえ、iPhoneなどのデバイスを自体を紛失してしまった場合には、不正利用に不安が出てきます。

そのような場合でも、他のデバイスからApple ID のアカウントページへアクセスすればすぐに利用停止が可能です。

クレジットカードなどのオペレーターに繋いで、事情を説明してからの停止するパターンよりも、圧倒的にスピーディーに対策が可能です。

クレジットカードでSuicaチャージが可能に

Suicaにクレジットカードチャージするためには、ビューカードを利用するか、定期券購入時に同時チャージするか、年会費のかかるモバイルSuica(2020年2月26日より無料)に登録して行うか、の3つしかありません。

Apple Payなら年会費無料で簡単にSuicaへのクレジットカードチャージが可能になります。

※モバイルSuicaは、2020年2月26日より年会費が無料になります。

決済サービスと連動したキャンペーンが豊富

クレジットカード会社各社では、Apple Payと連動したキャンペーンを随時実施しています。

例えば、Apple Payの新規登録&利用でもれなく2,000円分が無料になる三井住友カードやApple Pay(スマホのQUICPay)利用で20%キャッシュバックのJCBカードなどがあります。

Apple Payのデメリット

Apple Payの主なデメリットは、下記3点です。

Apple Payのデメリット
  1. 電源が切れると使えない
  2. VISAブランドはネット決済・Suicaチャージができない
  3. クレジットカードの特約店などの対象外になる場合もある

電源が切れると使えない

Apple Payはネットワークにつながっていない状態でつかえますが、電源が切れていると基本的に使えません。そのため、Suicaなどで改札内に入り、電車に乗っている間に電源が切れてしまうと、駅員さんに対応してもらわないと出られなくなってしまいます。

バッテリーの駆動時間も長くなってきているので、特に大きな弊害にはなりませんが、電源が切れている状態でもある程度は利用できるGoogle Payには劣る部分となります。

VISAブランドはネット決済・Suicaチャージができない

Apple Payに登録しているクレジットカードがVISAブランドの場合、インターネット決済には利用できません。

Suicaチャージやアプリ内決済を含めたインターネット決済を利用する場合は、MasterCard・JCB・アメックスブランドのクレジットカードである必要があります。

クレジットカードの特約店などの対象外になる場合もある

各クレジットカードにはポイントUPや割引などが受けられる優待店舗がありますが、一部のクレジットカードではApple Pay経由での決済は対象外となる場合があります。

例えばJALカードの場合、ENEOSやロイヤルホスト などの一部を除く特約店では、Apple Payによる決済はマイル積算の対象外としています。

Apple Pay対応カードまとめ

Apple Payにはクレジットカードだけでなく、デビットカードやプリペイドカード、電子マネーなどが登録可能です。

クレジットカード使える9割近いクレジットカード
使えないダイナースクラブなどの一部のクレジットカード
デビットカード使えるみずほ銀行のSmart Debit
使えないその他のデビットカード
プリペイドカード使えるauWALLET、ソフトバンクカード、dカードプリペイド、ANA VISAプリペイドカードなど
使えないKyash、バンドルカード、LINE Payカード
交通系電子マネー使えるSuica
使えないPASMO、ICOCA、TOICA、manaca、PiTaPa、Kitaka、nimoca、はやかけん、SUGOCAなど
電子マネー使える
使えないWAON、nanaco、楽天Edyなど
コード決済使えるメルペイ
使えないPayPay、d払い、楽天ペイ、LINE Pay、au PAY、Origami Pay、ゆうちょPayなど

Apple Payに登録できるクレジットカード

Apple Payにはクレジットカードの9割近くが登録可能となっているため、ほとんどのクレジットカードがApple Payに登録して使えます。それぞれのクレジットカードのHPに使えるかどうかは記載されているので、確認してみましょう。

デビットカードみずほ銀行のSmart Debitのみ

Apple Payに登録できるデビットカードは、みずほ銀行のSmart Debitのみとなっています。

三菱UFJ VISAデビットやSMBCデビット、楽天銀行デビットカードをはじめとする、その他すべてのデビットカードが2019年11月現在は未対応となっています。

プリペイドカードはauWALLETやdカードプリペイドに対応

Apple Payに登録できるプリペイドカードは、auWALLETやソフトバンクカード、dカードプリペイドなどとなっています。

Kyashやバンドルカードなどは未対応

Kyashやバンドルカードなどのバーチャルプリペイドカードや、LINE PayカードなどはApple Payに登録して使うことはできません。

交通系電子マネーはSuicaだけ対応

電子マネーでApple Payに対応しているのはSuicaのみとなります。

PASMOをはじめ、ICOCA、TOICA、manaca、PiTaPaなど、その他すべての電子マネーがApple Payに登録して利用できません。

WAON・nanaco・楽天Edyなどの電子マネーは未対応

電子マネーで対応しているのは、交通系電子マネーのSuicaのみで、WAON・nanaco・楽天Edyなどの主要電子マネーはApple Payに登録して使うことができません。

コード決済はメルペイのみ

コード決済サービスでApple Payに登録できるのはメルペイのみとなっています。

PayPayd払い楽天ペイau PAYLINE Payなどのコード決済サービスはApple Payに登録して使うことができません。

Apple Payが使えるお店


Apple Payが使えるお店は、Suicaが使えるお店iDが使えるお店QUICPayが使えるお店となります。具体的には店頭に上記のいずれかのマークがある店舗がApple Payが使えるお店となります。

Apple Payの店舗での使い方

先述しましたが、店舗では「Apple Payで支払います」と伝えても対応できません。支払い方法はSuica・iD・QUICPayのいずれかとなるので、登録しているカードの対応決済方法を伝えるようにしましょう。

Touch IDを使った支払い方法

  • 手順1
    レジにSuica・iD・QUICPay・Apple Payいずれかの決済マークがあるか確認する
  • 手順2
    店員に支払い方法を伝える(Suica・iD・QUICPay)
  • 手順3
    店員がレジ準備完了後にTouch IDに指を乗せたままデバイスをリーダーにかざす
  • 手順4
    画面に「完了」が表示され、決済音が鳴ったら離す

Face IDを使った支払い方法

  • 手順1
    レジにSuica・iD・QUICPay・Apple Payいずれかの決済マークがあるか確認する
  • 手順2
    店員に支払い方法を伝える(Suica・iD・QUICPay)
  • 手順3
    iPhoneのサイドボタンをダブルクリック
  • 手順4
    スクリーンを見て認証を解除する
  • 手順5
    店員がレジ準備完了後にデバイスをリーダーにかざす
  • 手順6
    画面に「完了」が表示され、決済音が鳴ったら離す

Apple Payの設定方法

Apple Payに決済方法を設定する方法は簡単です。いくつかパターンがあるので、それぞれ解説していきます。

iPhoneやiPadに決済方法を設定する(Walletアプリ)

まずはiPhone内のWalletアプリから決済情報を設定する方法です。

  • 手順1
    Walletアプリを開き「カードを追加」をタップ
  • 手順2
    「クレジットカード/プリペイドカード」or「Suica」を選択
  • 手順3
    カードをスキャンする(うまくいかない場合は手入力)
  • 手順4
    スキャンできなかった残りのカード情報を入力
  • 手順5
    Apple Pay特約を確認し、同意する
  • 手順6
    「次へ」をタップ
  • 手順7
    カードの認証方法を選択
  • 手順8
    選択した認証方法の手順に沿って認証を行う
  • 手順9
    「完了」をタップして終了

iPhoneやiPadに決済方法を設定する(決済方法のアプリ)

クレジットカードなどの登録は、クレジットカードのアプリからでもApple Payに登録が可能です。楽天カードを例に解説していきます。

  • 手順1
    楽天カードアプリを開き「Apple Payをはじめる」をタップ
  • 手順2
    「Payを設定」をタップ
  • 手順3
    ワンタイムパスワードを送信
  • 手順4
    認証キーを入力
  • 手順5
    楽天カードのセキュリティコードを入力
  • 手順6
    カード情報を確認し、問題なければ「次へ」をタップ
  • 手順7
    Apple Pay利用規約を確認し、同意する
  • 手順8
    「完了」をタップして終了

Apple Watchに決済方法を設定する

Apple WatchでApple Payを利用できるように設定するためには、iPhoneでの操作が必要です。

  • 手順1
    iPhoneでApple Watchアプリを開く
  • 手順2
    「マイウォッチ」→「WalletとApple Pay」をタップ
  • 手順3
    「カードを追加」をタップし、「続ける」をタップ
    ※既にカード情報をWalletアプリに登録している場合は、そのカード横の「追加」をタップし、セキュリティコードを入力し、7へ
  • 手順4
    「カードの種類」を選択
  • 手順5
    カードをスキャンする(うまくいかない場合は手入力)
  • 手順6
    スキャンできなかった残りのカード情報を入力
  • 手順7
    Apple Pay特約を確認し、同意する
  • 手順8
    「次へ」をタップして終了

Apple Payキャンペーン

最後にApple Payを使うとお得になるキャンペーンをご紹介します。

今ならJCBカードのApple Pay決済で20%キャッシュバック

JCBカードがスマホ決済で20%還元

JCBカードをApple PayもしくはGoogle Payに登録しお店で利用すると、支払い金額の20%がキャッシュバックされるキャンペーンです。

キャッシュバック上限は10,000円となっているので、最大50,000円分のお買い物が20%還元の対象となります。

1人で複数枚のJCBカードを所有している方、家族カードの方もそれぞれキャンペーン対象となりますので活用しましょう。

キャンペーン名JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!
キャンペーン期間2019年8月16日(金)〜2019年12月15日(日)
適用条件キャンペーンエントリー後に対象のJCBカードが登録されたApple PayもしくはGoogle Payで支払い
特典内容利用合計金額の20%をキャッシュバック(最大10,000円まで)
主な対象カードJCB CARD W・JCB一般カード・JCBゴールド・JCBプラチナ・JCB CRAD R・ANA JCB・ソラチカカード・リクルートカード・JCBデビットなど
対象店舗全国のQUICPay加盟店
キャンペーンのポイント・複数枚のJCBカードを持っている場合はそれぞれがキャンペーン対象
・家族カードも個別に対象になる
・還元は3月利用分からマイナス。3月に利用がない場合は振込
・リボなどの各種手数料やキャッシング利用分は対象外
年会費永年無料
申込資格18歳〜39歳
発行時間最短3営業日
国際ブランドJCB
付帯機能海外旅行傷害保険,JCBのハワイ特典
JCB CARD Wの特徴
  • WEB入会&18歳〜39歳限定のJCBカード
  • Amazonやセブンイレブン等の優待店舗が充実
  • スターバックスカードのオンラインチャージはポイント10倍
  • ETCカードの発行手数料&年会費無料
  • 最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が利用付帯
  • 女性におすすめのJCB CARD W plus Lも用意

三井住友カードはApple Payを新規設定&利用で2,000円分がタダ

三井住友カード×Apple Pay
三井住友カードをApple Pay/Google PayのiDに新規設定するだけで、Apple Pay/Google PayのiD利用2,000円分がタダになるキャンペーンです。

新規入会者なら他キャンペーンと合わせて16,000円分のキャッシュバックが受けられます。

キャンペーン名 Apple Payまたは Google Pay™ のiDを新規設定で2,000円分のお支払いがタダ!
キャンペーン期間2019年10月1日(火)~2020年2月29日(土)
適用条件期間中、三井住友カードにご入会いただきApple Payまたは Google Pay のiDを新規設定およびエントリーされた方
特典内容Apple Payまたは Google Pay のiDご利用代金2,000円分を上限として「iDバリュー」で値引き
特記事項
参加にはVpassにログインしてからエントリーが必要
値引きはApple Pay新規設定およびエントリー後、約3ヵ月間有効
年会費初年度無料
申込資格18歳以上
発行時間最短5分発行
国際ブランドVISA,マスターカード
付帯機能iD
キャンペーン中!!
・今なら最大8,000円の入会キャンペーン実施中
三井住友カードの特徴
  • マクドナルド、セブンイレブン、ファミマ、ローソンはポイント5倍
  • 対象店舗一覧からポイント2倍で両手できる適用店舗を3つ選べる
  • ETCカード年会費は実質無料(初年度無料、年1回以上の利用で翌年無料)
  • 最短翌営業日のスピード発行
  • 2枚持ち(デュアル発行)が可能
  • ICチップと選べる顔写真付きカード発行で不正利用をWブロック
  • 最高2,000万円補償の海外旅行保険が利用付帯!+250円の年会費で国内旅行保険の追加付帯と海外旅行保険をグレードアップ可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください