【1/28まで】今なら楽天カード入会で7,000ポイント🚀🌟

介護パートの面接に落ちる人の特徴を紹介。面接に落ちないために必要な要素とは?

介護パートの求人に応募しても落ちる方は原因があるはずです。
なぜ落ちるのか、どこを改善すればいいのかをよく考えてみましょう。
介護パートの面接に落ちる人には共通点がありますから、ぜひ知っておきたいところ。
ここでは、介護パートの面接に落ちる人の特徴と面接で言ってはいけない言葉、面接合格のために必要なことを紹介します。

介護パートの面接に落ちるのはこんな人

介護パートの面接に落ちる人には共通の特徴がありますので、ここで紹介します。
これから介護パートの面接を受ける方は気をつけるようにし、介護パートの面接に落ちることが多い方は自身の面接を振り返るようにしましょう。

身だしなみに気を使わない人

身だしなみに気を使わない人は面接で落ちるでしょう。
介護パートの面接はスーツでなくても構わないことが多いですが、清潔感と社会人らしい雰囲気は必要です。
シワだらけの服を着ている、靴が泥だらけで汚れてる、肩にフケが落ちているなど、接客業としてふさわしくない身だしなみになっていないか気をつけましょう。

笑顔がなく面接官の目を見て話せない人

介護パートは利用者や家族と直接関わる仕事なので、笑顔がなくて不愛想な人や、面接官の目が見て話せないくらいに人見知りするようでは落ちる可能性が高いです。
面接では緊張して顔が引きつってしまうかもしれませんが、口角を上げて明るい雰囲気で話すように意識しましょう。
面接官の目が見れない場合は、目を凝視するのではなく、面接官の鼻や口元あたりを見るようにするといいですよ。
面接官から見ると目線を合わせているように見えるため、緊張が伝わりにくくなります。

希望ばかりで何ができるのか分からない人

パートで介護の仕事をする方は、家庭と仕事の両立を希望するケースが多く、残業や夜勤ができないなど、さまざまな制限があります。
どの時間帯に働ける応募者かは面接官にとっても知りたい内容なので、希望を伝えることは問題ありません。
しかし、一方的に希望ばかり伝えてしまうと、「自己中心的な人」という印象を与えることになって落ちるでしょう。
自身の希望を伝える前に、まず応募先の施設でどんな仕事ができる人材なのかをアピールすることが大切です。

人手不足だから必ず受かると思っている人

介護業界は人手不足が深刻化しているため、介護なら落ちるはずがないと思って軽く捉えている人もいます。
こうした人はパートの面接で挨拶がきちんとできなかったり、志望動機を明確に答えられずに落ちることがあります。
介護の仕事は大変な面が多く誰にもできる仕事ではありませんし、誰でも受かるならそもそも面接などしないでしょう。
「人手不足だから必ず浮かる。」と思っている人は面接官に見抜かれて落ちるでしょう。

コミュニケーションが苦手な人

介護パートは、利用者だけでなく、家族や他職員とコミュニケーションを取ることが多い仕事です。
ときどき「自分はコミュニケーションが苦手です。」など言ってしまう人がいますが、コミュニケーションが苦手だと、介護業界では致命的な落ちる要素になります。
人と接することに苦手意識のある方は、コミュニケーションスキルを鍛える努力をするなどしないと、介護の面接では落ちることが多くなってしまうでしょう。

応募先のことを何も調べてきていない人

施設側は「応募先でどうしても働きたい。」と意欲を感じられる人を優先的に雇いたいと考えます。
意欲は口先だけの言葉ではなく、行動で伝えることが大切。
パートの面接前に応募先のことをよく調べ、気になる点は積極的に質問するなどすると、意欲が高い応募者だと思われます。
反対に、施設のHPで調べればわかるようなことを質問する人は「事前準備をしてきていないから意欲が低い。」と思われて落ちることになるでしょう。

介護パートの面接で落ちる「地雷ワード」とは?

介護パートの面接では、これだけは言ってはいけない「地雷ワード」があります。
面接全体がどれだけよく出来ていても、地雷ワードを述べることで面接官の心に引っかかり、落ちる可能性が高まりますから、よく気をつけるようにしましょう。

「〇〇しかできません。」

介護パートの面接では具体的なスキルを知るために「〇〇はできますか?」と聞かれることがあります。
できることとできないことを伝えることは大切ですが、「〇〇しかできません。」と、断言すると落ちるでしょう。
「これしかできないし、やるつもりもないけど雇ってください。」と、自己都合を押しつけているだけ。
できないことを伝えるときは、「〇〇の業務は経験がありませんが、先輩方の姿を見ながら自分でも学ぶようにして積極的に覚えていきたいです。」のように、前向きに取り組んでいく姿勢を見せましょう。

「介護の仕事ならできると思いました。」

自分に自信がない人が謙遜する意味も込めて言ってしまうことがあるこの発言。
良かれと思って発言するのでしょうが、介護の仕事を馬鹿にしているように捉えられます。
介護職への適性を伝えたいときは、「介護の経験を通じ、〇〇の面で貢献できると感じました。」など、どんな貢献ができるのかを施設側目線で述べるようにしましょう。

「自宅から近く時給が良かったので選びました。」

パートでの介護を希望する方は主婦の方も多いため、自宅から通いやすいなどの利便性や、効率よく稼ぐために時給を理由に応募先を選ぶこともあるでしょう。
選び方として間違ってはいませんが、施設側にストレートに伝えても落ちる可能性が高いです。
条件や待遇だけで応募してくる人に対して、仕事への意欲や介護職への適性があるとは思えないからです。
本音と建て前を上手に使い分けて、条件や待遇以外の応募理由を伝えるようにしましょう。

介護パートの面接に落ちる人に必要なこと

介護パートの面接に落ちる方は、面接全体を通じてどんなことを意識すればいいのでしょうか。
ここでは、介護パートの面接突破のために必要なことを紹介します。

何より大切な「感じのよさ」

横柄で上から目線、否定的な発言が多いなど、どこか感じが悪いと思われてしまうと、どんなにすごい学歴や経験があっても面接で落ちるでしょう。
介護業界は人柄が重視される業界なので、表情や姿勢、話し方などトータルで見て感じのいい人が好まれます。
感じよく見せるには笑顔で声のトーンに気をつけることが大切。
目元口元の表情筋をほぐすようなイメージで、口調がきつくなっていないかを普段から意識するようにしましょう。

社会人としての一般常識がある

正社員でないからと言って、敬語が使えない、面接の時間に遅れてくるなど、社会人としての一般常識がない人は落ちることになります。
介護の仕事は利用者とフランクに話をすることもあるため、面接でも敬語が使えなくなってしまう人もいます。
場面に応じて使い分けできるようにし、面接では丁寧な敬語で話すようにしましょう。
面接の時間に遅れるのはもってのほか。
介護職は決められた時間通りに行動することも大切なので、時間にルーズだと敬遠されますよ。

協調性がありチームの雰囲気を保つことができる

介護パートの仕事は、他の職員と協力しながらおこないます。
チームがバラバラだと結局は利用者の方に迷惑をかけてしまうことになり、サービス向上につながりませんよね。
協調性があってチームの雰囲気を保つことができそうな介護パートの方は、施設にとって「ぜひ欲しい人材」です。
面接ではこれまでの仕事の中で、チームと協力してきたエピソードなども交えて話すようにすると好印象ですよ。

目標を持って仕事に取り組む姿勢

介護パートとして目標を持って仕事に取り組む姿勢を見せると、将来性に期待され、長く働いてもらいたいと思われます。
たとえば、介護業界では段階的に資格を取得してステップアップしていく人も多いため、「介護福祉士資格の取得を目指しています。」など具体的な資格名を伝えるのも1つ。
介護福祉士資格があると仕事の領域が広がって施設側としても助かるため、採用したいと思ってくれる施設も多いですよ。

介護パートの面接に落ちるなら振り返りが重要!

介護パートの面接に落ちる方は、これまでの面接をよく振り返って次に活かすことが大切です。
介護パートの面接に落ちる人の特徴に該当していないか、「地雷ワード」を発していないか考えてみましょう。
これから介護パートの面接を受ける方は、落ちる人の特徴を把握して注意しておくことで、採用に一歩近づくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください