三井住友カードとGooglePayの気になる相性とは??

三井住友カードを知る前に…Google payとは?

Google PayとはGoogleが提供するサービスで、電子マネー、ポイントカード、クレジットカードを登録することで、一元管理することが可能です。

Google payで利用することができる電子マネーはSuica、Nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPayの5種類、利用できるポイントカードはTポイントとDポイントの2種類、クレジットカードはKyash、JACCS、JCBの3つのカード発行会社が発行しているクレジットカードとなります。(2018年10月29日現在)

また、クレジットカードの場合は、クレジットカード自体を登録するのではなく、ポストペイ(後払い)の電子マネー、QUICPayの支払い方法として登録することで利用することができます。

ですので、クレジットカードはQUICPay対応店舗のみで利用することが可能です。(QUICPayの利用できる店舗はこちらから確認することができます)

また、ネット通販のようなインターネットでのお支払いは、Google アカウントに登録したすべてのクレジットカードで支払いが可能です。

また、Google PayはiPhoneユーザーは使うことができなず、アンドロイドユーザー向けというデメリットがあります。

そもそも、楽天Edyとnanacoしか使えなかったGoogle Payですが、最近では対応する電子マネーも増えてだいぶ使いやすくなりました。

三井住友カードとGoogle Payの相性について

結論から言うと、三井住友カードとGooglePayの相性はふつうと言えます。

Google Payを店頭で利用する際は、QUICPayに登録してある支払い先(Kyash、JACCS、JCBの3つのカード発行会社が発行しているクレジットカード)のみしか使えませんが、ネット通販でしたら三井住友カードもGoogleアカウントに登録してさえいれば使うことができます。

ただし、GooglePayが使えるweサイトがそんなに多くないというがネックです。

また、モバイルSuicaを利用している場合、オートチャージなどのチャージの際に支払いカードに三井住友カードを指定していると、「SMBC CARD Suica」「ANA VISA Suica」を登録している場合を除き、「ワールドプレゼント」のポイントが付与されません。

「ワールドプレゼント」とは三井住友カードを1000円分利用するごとに1ポイント(還元率0.5%)貯まる、三井住友カードのポイント制度のことです。

貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやiDなど別のポイントへの移行や、ジェフグルメカードやamazonギフト券などのギフト券への交換することができます。

そしてこのポイント、「SMBC CARD Suica」「ANA VISA Suica」を登録している場合以外にも、Google Pay経由でのSuicaチャージを行うとポイントが付与されるんです。

ですので、まだ三井住友カードを使って利用できる範囲が狭いというのもあり、三井住友カードとの相性はふつうといえます。

正直「Google Pay」の場合は、三井住友カードよりもQUICPayの支払いカードに指定できるJACCSやJCBが発行するクレジットカードと相性がいいと言えます。

三井住友カードはGoogle PayよりApplePayの方が相性がいい?!

Googple Payに似て非なるサービスに「Apple Pay」があります。

「Apple Pay」とは、Appleが提供する決済一括管理サービスです。

こちらはすでに持っているクレジットカード、SuicaをApple Payに登録すると、そのクレジットカードやSuicaのカード本体が無くても全国のバス、電車などの交通機関、ショッピングでの支払ができててしまうというサービスです。

Apple Payですと三井住友カードも登録できるクレジットカードに含まれます。

Apple Payは、コンビニなど利用できる店舗が多く、また紛失・盗難された際にも安心のサービスがついています。

どういうサービスかというと、もしApple Payで三井住友カードを含むたくさんクレジットカードを登録しててそのiPhoneを落とした、盗まれた場合、すぐに「紛失モード」に設定して他の人のアクセスを防止することができるんです。

紛失モードとは、ほかの人がアクセスできないようにするためにiPhone、iPad、Apple Watchをパスコードでロックして一時的に使用停止にすることです。

こうすることで、Apple Payを使っての支払いはできなくなります。

紛失モードを設定する方法としては、自身のパソコンで「icloud.com/find」にサインインするか、ほかのiPhone、iPadで「iPhoneを探す」App を使うことで、「紛失モード」の設定画面にいくことができます。

もし、ファミリー共有が設定されている場合は、ファミリーメンバーのデバイスから「紛失モード」を有効にすることもできます。

ただし、「Google Pay」がアンドロイド端末からしか使えないように、こちらを使うにはiphone、Apple Watch、iPad、Macなどを持っている必要があります。

三井住友カードとGooglePayまとめ

  • Google PayとはGoogleが提供するサービスで、電子マネー、ポイントカード、クレジットカードを登録することで、一元管理することが可能
  • 結論から言うと、三井住友カードとGooglePayの相性はふつう(Google Payを店頭で利用する際は、QUICPayに登録してある支払い先(Kyash、JACCS、JCBの3つのカード発行会社が発行しているクレジットカード)のみしか使えないが、ネット通販だと三井住友カードもGoogleアカウントに登録してさえいれば使うことが可能、など)
  • 正直「Google Pay」の場合は、三井住友カードよりもQUICPayの支払いカードに指定できるJACCSやJCBが発行するクレジットカードと相性がいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください