【平成最後🌅】楽天カードの8,000ポイント入会特典🚀

30代での転職失敗は致命的!失敗する30代の特徴と失敗しないためのコツ

転職市場の活性化に伴い、30代で転職を成功させる人が多い一方で、転職を失敗してしまう30代も多くみられます。

30代という年齢的に、転職失敗が今後のキャリアの致命傷となる可能性もあるため、転職活動は慎重におこなわなくてはなりません。
ここでは、30代の適切な転職活動方法を知るために、30代での転職失敗パターンや失敗する人の特徴を紹介します。

→30代での転職を失敗しないための転職サイト・エージェントはこちら

30代の転職で多い失敗はこれ!

30代の転職ではどんな失敗が起きるのでしょうか。
今30代で転職を考えている方は、自分が同じ失敗をしないように知っておきましょう。

ここでは、30代の転職で多い失敗を紹介します。

活動が長期化して経済的に困る

経済的に困るのは、転職先を見つける前に今の会社を辞めてしまった30代に多い失敗です。

30代の転職活動期間は一般的に3ヶ月~半年くらいが多いですが、個人差はあり、中には1年以上かかる人がいます。
活動が長期化すれば、失業手当を受け取り終わり、貯金も底をつくなどして、生活に困ってしまうでしょう。

仕事が忙しくて時間がないとの理由で退職を優先させた場合でも、結局はアルバイトをせざるを得なくなり、転職が失敗に終わってしまいます。

条件にこだわり過ぎて転職先が見つからない

30代は転職において、仕事内容のほか、年収や待遇、通勤距離など、さまざまな条件を持つ人が多い世代です。
納得のいく転職を叶えるためには条件設定も必要ですが、こだわり過ぎることで、そもそも応募できる求人が見つからないという失敗があります。

最終面接まで行っても、条件面での折り合いがつかずに採用に至らないケースも見られます。

家族の理解が得られず転職できない

30代になると職場で責任ある立場を任されるようになるだけでなく、家庭においての役割も重要になります。

一家の大黒柱として家計を支えたり、家庭の事情で勤務地域に制限があることも。
30代になると転職は自分だけの問題だけでなくなるため、転職を家族に引き止められて失敗することがあります。

周囲のやり方やスピードについていけない

30代の転職が成功したか失敗したかは、転職した後の活躍にかかっていると言ってもいいでしょう。

無事に内定をもらって転職できたとしても、転職先のやり方に納得できない、スピードについていけず力を発揮できないことがあります。
乗り切った先には成功が待っているかもしれませんが、再度辞めてしまう30代も多いため、結局は転職が失敗だったと言えるのです。

転職先の人間関係がうまくいかない

職場の人間関係は本人の性格や相性もあり、なかなか難しい問題ですよね。
転職した後の悩みで多いのは、やはり職場の人間関係

前の職場の人の方が丁寧に指導してくれた、転職先では派閥があって苦労したといった声はよく聞かれます。
人間関係がうまくいかないとストレスの原因となり、転職が失敗だったと気づくことがあるでしょう。

転職に失敗する30代の特徴

30代の転職は、成功する人と失敗する人とが大きく分かれる傾向にあります。

では、転職に失敗する30代とはどのような人なのでしょうか。
失敗する人には共通点があり、それを知ることで転職失敗を回避することにつながります。
ここでは、転職に失敗する30代の特徴を紹介します。

転職理由が曖昧

転職を失敗する30代は、転職理由が曖昧です。

転職市場が活気づく中、自分も転職した方がいいような気がしたり、友人や同期が転職する姿を見て妙に焦る気持ちが生まれたりします。
しかし、キャリアは周りがどうかではなく、自らの頭で考えて築き上げていくもの

転職面接では明確な転職理由がある人材かどうかを必ずチェックされますから、面接失敗の確率も高いでしょう。
運よく内定をもらったとしても、転職後にさまざまな不満をもつことになり、転職を繰り返してしまう失敗を犯すのもこのタイプの人です。

転職市場での価値を見誤っている

30代の転職では、将来性や伸びしろではなく、現在の価値を元に判断されます
転職市場での価値がどの程度かによって、希望の企業に転職できるかが変わってくるわけですが、30代で失敗する人のほとんどは、自身の価値を見誤っています。

それほどの実績や経験もないのに根拠のない自信をもって失敗するタイプと、役立つ経験やスキルを持っているのに自分を過小評価し、妥協して転職して失敗するタイプとがあります。
身の市場価値は、高く見積もり過ぎても低く見積もりすぎてもダメで、適正な価値を判断しなくてはなりません。

現状への不満だけで打開策をもっていない

転職を考えるきっかけとして現職への不満はあるでしょうが、不満や愚痴を言うだけで打開策をもたない、行動しないタイプの人材は、転職を失敗します。

転職面接で前職への不満をあらわにして面接官に敬遠されたり、転職しても何かと会社への不満を口にして満足感が得られないのです。

前の会社の常識を持ち込む

30代で転職に失敗する人の口癖は「前の会社は〇〇だった。」です。
広く一般社会で通用する常識とは別に、会社の中だけで通用する常識も存在しますが、そのことを理解していないがために出てくる言葉。
転職先には転職先の仕事のやり方があり、前職と全く同じ手順や方法が通じるわけではありません。

前の会社の常識を転職先に持ち込む人は、周囲から浮くようになり、本来の力を発揮できないようになります。

年収ダウンを許容できない

30代は年収が気になる年代ですが、転職して年収アップできるのは30代転職者のおよそ半数です。

30代になると年収キープでも悪くはなく、そのほかの満足度が上がれば年収ダウンだっていいことも。
特に、経験が少ない分野へ転職する場合、転職直後は年収ダウンを許容し、長期的に見た年収アップを考えることも必要でしょう。

しかし、30代で転職を失敗する人は年収ダウンがどうしても耐えられず、転職できない、年収以外の点で苦労するといったことが起こります。

30代が転職を失敗しないためには何が必要?

30代の転職失敗ケースと失敗する人の特徴を踏まえ、30代が転職を失敗しないためには何が必要なのでしょうか。

ここでは、30代の転職失敗を防ぐための方法を紹介します。

徹底した自己分析とキャリアの棚卸

30代は、やみくもに転職活動を始める前に、自己分析とキャリアの棚卸を徹底的におこないましょう

不満の先にある本当の転職理由は何か、自分のスキルや経験を活かせて活躍できるステージはどこなのか、自分は転職市場でどんな価値があるのか、といったことを掘り下げて考えておくべきです。
曖昧な転職理由や条件だけで求人探しをおこなっても貴重な時間が無駄になり、失敗につながりやすくなるでしょう。

今の会社に残ることも選択肢の1つ

自身のキャリアと真剣に向き合い、市場価値を判断した結果、今の会社に残る方がいいと分かることもあります。
年齢的に失敗を取り戻すのが難しい30代ですから、転職しないと決断できれば、それはそれで成功したと言えるのです。

周囲が転職したり、転職市場が求職者優位に動いていたとしても、自分にとっての正しい選択をしましょう。

転職先を見つけてから辞めること

30代の転職失敗を回避するための絶対条件は、転職先を見つけてから今の会社を辞めることです。

仕事と転職活動を並行するのは大変ですが、気持ちに余裕があり、経済的な不安もない在籍中の転職活動なら、納得できる転職先を見つけることができます。
時間を上手にコントロールし、忙しい中でも転職を成功させた30代は大勢いますよ。

譲れないポイントを決めておく

定時帰りで休日も多く、給与や賞与、福利厚生にも恵まれている、さらには仕事にやりがいを感じられて楽しい仕事があったら最高ですよね。
しかし、実際には希望をすべてを叶える企業を見つけるのは困難です。

自分にとって何がもっとも大切なのか、譲れない条件を決めておくことが大切
いくつかの条件がある場合は、優先順位をつけておく必要もあるでしょう。
30代の転職は、適切な落としどころを見つける作業でもあるのです。

謙虚な姿勢を忘れないこと

転職先での人間関係構築で何より大切なことは、いつどんな相手にも謙虚な姿勢を忘れないことです。

転職者はただでさえ新参者扱いなので、横柄で上から目線、前職を比較対象に持ち込むような人は敬遠されます。
少しでも早く新しい馴染む努力や積極的に話しかける姿勢も必要になりますよ。

30代で転職失敗を回避するコツを身につけよう!

30代の人材は企業側から熱い視線を注がれている世代

転職活動のやり方やキャリアとの向き合い方を間違えなければ、いい転職ができる可能性が高いと言えるのです。
30代で転職を失敗してしまう人の特徴や失敗例を参考にして、転職失敗を回避するコツを身につけていきましょう。

30代で転職を成功に導いた実績の多い転職サイト・転職エージェント

30代で転職を成功させるためにも、一緒に取り組んでくれるキャリアコンサルタントがいる転職エージェント選定は非常に大切です。転職エージェントは必ず2,3社に登録し、自身にあったキャリアコンサルタントを探しながら絞り込んでいくとストレスなく、成功率の高い転職活動に取り組むことができますのでおすすめです。

求人数No1のdoda

転職サイトのdoda
サービス種類求人サイト、転職エージェント
非公開求人数13万件超
利用者層20代〜40代
得意業種営業・マーケティング・エンジニア
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職サイト
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーなどのサポートツールが豊富
  • 職種・業界特化のキャリアコンサルタントの徹底サポート
  • キャリアアップを目指す女性の転職支援のサポート強化
  • 若手から中堅層に圧倒的な支持

エージェントにはない求人掲載があるリクナビNEXT

リクナビNEXT
サービス種類転職サイト
非公開求人数2万社超
利用者層20代〜30代
得意領域営業・事務・管理
リクナビNEXTの特徴
  • 転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している
  • 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能が人気
  • 30分かけて自身の強みを分析する「グッドポイント診断」が便利
  • 女性・第二新卒者も就職・転職支援のサポート強化
  • 設備・工事の技能工から小売・外食まで幅広い職種が強み

IT転職に強いマイナビエージェント

マイナビエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数2万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域営業・ITエンジニア・ものづくりエンジニア
マイナビエージェントの特徴
  • 全国に配置されたマイナビの法人営業担当が全国の大手上場企業からベンチャー企業までの人事担当者と太いネットワーク
  • 就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など多岐にわたる人材情報サービスのノウハウを活用
  • 応募書類の添削や面接対策など転職活動をトータルサポートしてくれるキャリアコンサルタント
  • 年収アップやキャリアアップを目指すPMやエンジニアにもおすすめ
  • とりあえずリクルートエージェントと合わせて登録しておくべき転職エージェント

外資系転職にめっぽう強いJACリクルートメント

JACリクルートメント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数9,000件以上
利用者層30代-50代
得意領域経営・管理職・技術職・専門職
JACリクルートメントの特徴
  • 1988年から転職活動の支援実績は40万人超
  • 高い専門性を備え、業界出身者も多いキャリアコンサルタントはまさに転職のプロフェッショナル
  • 650名ものコンサルタントが直接企業とコンタクトをとり、求人のスペックだけではなく社風や部・課・チームの雰囲気なども伝えられる
  • 外資系や日系大手グローバル企業への転職にも強み
  • とりあえずリクルートエージェントと合わせて登録しておくべき転職エージェント

即戦力人材として攻めるならビズリーチ

ビズリーチ
サービス種類転職エージェント
非公開求人数11万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域IT・ゲーム・デザイン業界、経営・管理・人事
ビズリーチの特徴
  • ビズリーチは完全非公開ハイクラス向け転職サイト
  • 厳正な審査を通過した1,700名以上の一流ヘッドハンターとマッチング
  • 転職成功の秘訣はプレミアムプラン(2,980円+税/月)加入でヘッドハンターからのスカウトに返信してコミュニケーションを取ること
  • 高年収・経営ボードなどのキャリアアップをを望むハイクラス層におすすめ
  • 20代ならキャリトレがおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください