💡最大7,000円相当のPayPayボーナス+1%還元💡

楽天TVで録画することは出来る?録画できない場合の代替策は?

楽天TVでNBAやパ・リーグの試合を見ていると、この試合を録画したいと思うこともありますよね。

録画出来たら好きなところだけ見るということも出来ますし、すごく便利です。

でも実際に楽天TVを録画するということは出来るのでしょうか?

出来ないとしたら、録画の代替策はあるのでしょうか?

ここではそんな楽天TVの録画の可否や、録画できない場合の代替策について見ていきます。

楽天TVで録画することはできない

まず結論から見ていくと、楽天TVでは、コンテンツを録画することはできません。

確かにNBAの試合やパ・リーグの試合を録画して、それを編集して好きなプレーだけを集めた動画を作りたいと思うこともあるでしょう。

それをあとで見返した時、好きなプレーばかりが飛び込んできてテンションが上がるのはわかります。

でも、たとえば「Rakuten NBA Special」の公式ヘルプに「映像はストリーミング配信なので録画することはできない」と明記されているので、録画することはできないのです。

楽天TVでは録画は規約でも禁止されている

楽天TVでの録画は、公式に「録画することはできない」と明記されているだけではなく、規約でも禁止されています。

公式の規約の第10条禁止事項に、利用者は以下のことをしてはならないという記載があります。

  • コンテンツを複製すること
  • コンテンツの複製防止機能を解除すること

禁止事項にはこれ以外にもいろいろと記載がありますが、こと録画に関しての禁止事項として大きいのはこの二つです。

規約で明確に禁止とされているわけですから、録画しようとするのはよくありません。

楽天TVでは録画したら賠償の可能性も

楽天TVの規約の16条には「規約違反した場合には損害賠償の請求やサービスの提供停止をすることがある」と記載があります。

ということは、録画してしまったらそのせいで最悪の場合損害賠償請求されてしまう可能性もあるということになります。

私的録画することが楽天TV側の損害につながることはそうそうないとは思いますが、まわりまわって損害が発生する可能性だって0ではありません。

余計なリスクを負いたくないならば、録画はしないべきなのです。

楽天TVでは録画の代わりにVODがある

楽天TVではここまでに見てきた通り、たとえ私的利用であっても録画が出来ません。

でも録画が出来ない代わりに、VODサービスがあるんです。

VODサービスとは、わかりやすくいえば見逃し配信のこと。

NBAでもパ・リーグの試合でも見逃し配信がありますし、2018年のパ・リーグの試合でいえば、2019年の3月中旬であっても400試合以上視聴可能になっています。

録画できなくても、これを活用すればいいだけの話なのです。

楽天TVでは録画の代わりにダウンロード可能

楽天TVでは、録画が出来ない代わりに、ダウンロード機能もあります。

録画の良さは後でゆっくり見ることが出来るという点にあるでしょう。

ただ、ダウンロードさえしてしまえばオフラインで再生できるダウンロード機能でも、十分ゆっくり見ることは可能です。

オフラインで好きなタイミングで再生できるので、試合を録画するのと同じように楽しむことが出来るんです。

ダウンロードはアプリでしか使えない機能にはなりますが、アプリで見れば問題ありません。

楽天TVでは録画の代わりにお気に入りもある

楽天TVにはお気に入りの機能もあります。

確かにNBAの試合だって、パ・リーグの試合だって、気に入った試合は1試合ではなくたくさんあるでしょう。

それを膨大な数のVODの中から探していくのは面倒かもしれません。

でもお気に入りの機能を使えば、VOD配信されている試合の中で、たくさんの好きな試合をキープしておくことが出来るんです。

しかもパソコンのお気に入りのリストはアプリともすぐに連携されるので、ダウンロードもしやすいです。

楽天TVには録画にはない便利な再生機能もある

楽天TVの「Rakuten パ・リーグ Special」には、イニングごとに再生するという便利な機能があります。

イニングごとに再生することが出来れば、見たいシーンをすぐに再生することも可能ですよね。

しかも録画したものを編集するのは面倒ですが、イニングごとに再生するというのは、ワンタッチで可能です。

いちいち録画して編集するよりも、より楽にたのしめるようになっているんです。

楽天TVでは録画する必要がない

このように楽天TVでは、番組を録画することも出来ませんし録画は規約違反となっていますが、そもそも別に録画する必要などないのです。

録画しなくても録画同様に楽しむことが出来ますし、編集しなくても編集したのと近い感じで楽しむことだってできます。

だから、録画はできないけれど、それで残念がる必要はありません。

録画せずに、提供されている機能を活用して健全に楽しんでいくことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください