今日すぐクレジットカードが欲しい方はこちら🚀💨

【例文あり】ホテル業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

目次

ホテル業界へ転職する際に登録しておきたい転職エージェント

志望動機を自分だけで考えていると「本当にこれでいいのだろうか…」と不安になってくるものです。

そこでここでは志望動機の書き方をサイト内で紹介していたり、実際にアドバイスをしてくれるようなおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

全てのエージェントで登録は無料ですのでまずは実際に登録してみることをおすすめします!

志望動機の書き方・例文も紹介しているリクナビNEXT

リクナビNEXT
サービス種類転職サイト
非公開求人数2万社超
利用者層20代〜30代
得意領域営業・事務・管理
リクナビNEXTの特徴
  • 転職者の約8割がリクナビNEXTを利用している
  • 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能が人気
  • 30分かけて自身の強みを分析する「グッドポイント診断」が便利
  • 女性・第二新卒者も就職・転職支援のサポート強化
  • 設備・工事の技能工から小売・外食まで幅広い職種が強み

ホテル業界トップクラスの求人数を誇るdoda

転職サイトのdoda
サービス種類求人サイト、転職エージェント
非公開求人数13万件超
利用者層20代〜40代
得意業種営業・マーケティング・エンジニア
dodaの特徴
  • 業界最大級の求人数を誇る転職サイト
  • 年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーなどのサポートツールが豊富
  • 職種・業界特化のキャリアコンサルタントの徹底サポート
  • キャリアアップを目指す女性の転職支援のサポート強化
  • 若手から中堅層に圧倒的な支持

転職成功実績NO1でホテル業界でもおすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント
サービス種類転職エージェント
非公開求人数16万件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・技術職・事務
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 業界最大級の非公開求人はなんと16万件以上
  • 中国・東南アジア・インドをはじめとした海外企業への転職案件も多い
  • 新卒や未経験から正社員への転職サポートも充実
  • とりあえず転職を始めてみる人におすすめ

外資系ホテルの求人にも強いビズリーチ

ビズリーチ
サービス種類転職エージェント
非公開求人数11万件以上
利用者層20代〜30代
得意領域IT・ゲーム・デザイン業界、経営・管理・人事
ビズリーチの特徴
  • ビズリーチは完全非公開ハイクラス向け転職サイト
  • 厳正な審査を通過した1,700名以上の一流ヘッドハンターとマッチング
  • 転職成功の秘訣はプレミアムプラン(2,980円+税/月)加入でヘッドハンターからのスカウトに返信してコミュニケーションを取ること
  • 高年収・経営ボードなどのキャリアアップをを望むハイクラス層におすすめ
  • 20代ならキャリトレがおすすめ

志望動機コンテンツが充実しているパソナキャリア

パソナキャリア
サービス種類転職エージェント
非公開求人数23,000件以上
利用者層20代〜40代
得意領域営業・事務・管理・エンジニア・技術職
パソナキャリアの特徴
  • 転職者後の年収アップ率は67.1%
  • 取引社数が16,000社以上と転職業界の先駆者だからこその強み
  • 業界特化の専任キャリアアドバイザーが親身に転職活動をサポート
  • 利用者の6割以上が男性だが、最近は女性の転職支援も強化
  • 時間がない方も「スカウトサービス」を使って適した求人通知をもらえる

ホテル業界ってどんな業界?

サービス業の一つであるホテル業界ですが、宿泊施設は旅行や出張などで実際に使うこともあって身近に感じる人も多いのではないでしょうか?
日本の景気回復や海外からの観光客増加に伴ってホテル業界は拡大傾向にあり、将来が明るいと言われています。
特に外国人観光客の増加が著しく、さまざまな言語のパンフレットや看板を設けたりと、外国人に向けてのサービスが充実しています。
都心ほど客室の稼働率は高くなっていますが、地方でも海外からの観光客にその土地に残る伝統や日本文化を伝えようと、観光、宿泊施設は盛り上がりをみせています。
昔に比べてインターネットで手軽に予約できるようになったのも、ホテル業界が賑わいをみせている理由の一つでしょう。
交通機関と提携して交通費と宿泊費がセットでお得に買えることも、大きな魅力として人気を集めています。

ホテル業界での主な職種

第一に思い浮かべるのは受付をはじめとした接客業ですが、ホテル業界はそのほかにも欠かすことのできないいろいろな業種があります。
自分に合った職種はどれなのか、もしくはやりたいことができそうな職種は何なのか考えるうえで、参考にしてみてください。

人と接することが好きな人にぴったりのサービス職

表で利用者に接し、利用者がどれだけ気持ちよくサービスを受けられるかに大きく関わる職種です。
直接人と関わるので、仕事内容もイメージしやすいのではないでしょうか?
フロントに立ってチェックイン、チェックアウトの対応をしたり、客室への案内、客室の管理などが主な仕事です。
また、挙式サービスを行うホテルでは、結婚式までのコーディネートをするブライダルコーディネーターや、結婚式当日のテーブルをコーディネートするテーブルコーディネーターといった役割があります。

結果を得ながらバリバリ働く営業職

ホテルのサービスも顧客なしには始まりません。
利用者を増やすために働くのが営業職で、大きく分けて宿泊者を得る部門と宴会の利用者を得る部門に分かれます。
宿泊者を増やすためにアプローチするのは、主に旅行代理店や法人です。
代理店には宿泊プランの提案を行い、法人は近隣の会社などに対して社内旅行や出張などで利用してもらえるようにアプローチします。
社交性が高く顧客の獲得などの結果が分かりやすいものにやりがいを覚える人には、向いているのではないでしょうか###新しいものをつくりたい人には、創造力を活かせる開発
利用者を増やすためには、スタッフによる最高のサービス、そして宿泊施設自体のイベントやプランが充実していなければなりません。
営業の人が相手にプランを提案するうえでも、魅力的な内容でなければなかなか顧客を得ることにはつながりません。
ほかのホテルと差をつけるためにも、利用者の目線に立った新しい企画を生み出すのが開発職です。
チャレンジ精神があったり、新しいものをつくりたい人にはやりがいが見つけられそうな仕事です。

ホテル業界で働くメリット・デメリット

どこの業界でもそうですが、実際に働くうえでやりがいとなるポイント、辛いと感じる可能性があるポイントは押さえておきましょう。
イメージと違ったからすぐに転職、ということがないようにしてください。
今回は、サービス職に焦点を当ててみていきましょう。

世界中のいろいろな人と接することができるサービス職の最高峰

ホテルの接客はどの角度からみても、サービス業のなかでトップクラスと言えるでしょう。また、国内にいながら世界各国から訪れるさまざまな人と接することができるので、英語を活かしたい、たくさんの人と触れ合う仕事がしたいという人には、楽しさを覚える仕事となりそうです。
さらに、提携のホテルなどで社割が効いたり、旅行が好きな人には嬉しい福利厚生があるところも多いようです。

労働環境は厳しく離職率も高い

最高のサービスを提供するので、規律など厳しいところもあります。
また、土日休みの会社員と比べてしまうと、年末年始をはじめとしたイベントシーズンが繁盛期があ休みをとることが難しく、シフト制のため休みが連続で取りにくかったり友人や家族と予定が合わないことも珍しくありません。
ただ逆に、繁忙期をずらして平日に休みを取ることができるので、福利厚生の割引を利用してゆっくり旅行に行く、ということもできます。

給与は低い傾向にある

全体的に、ホテル業界の給与は相場が低くなっています。
休日が少ない傾向にあり、労働環境もハードなのに給与が見合わずに嫌気がさすということもあるようです。
しかし、個々のホテルによるので、希望の給与、労働時間、残業代の仕組みなど納得のいくところを探すことで不満は解消されるでしょう。
昇進によってどれだけ給与が上がるかなどの給与形態を面接できいておくのも一つの手でしょう。

ホテル業界に転職ってどうなの?

ホテルはシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテルなどテイストによって分かれ、働く、みられますが、未経験や他の業界からの転職というのは、どのような境遇になっているのでしょうか?

未経験でも比較的入りやすい

ホテル業界は、比較的に未経験であったり前職が全く無関係の業界でも入りやすい環境にあると言えます。
その理由としては、ホテル需要の増加に反して離職率が高めで人手不足がみられることにあるのです。
次々に新しいホテルが建設されていくなかで、厳しい傾向にある環境で給与もそこまで高くないホテル業界で働く人はそう多く。はないのです

ホテル業界にたどり着く理由はさまざま

転職を考えて何社も受けたものの、なかなかうまくいかずにホテル業界にたどり着いたという人、接客経験や語学の能力を活かしたくて転職を望んでいる人など、志望の動機はさまざまです。
どのような人でも、ホテル業界への転職は考えやすいと言えます。

人と接する仕事がしたい、ほかに活かすスキルがある人におすすめ

人手が求められている業界とは言え、ある程度の適正がなければ継続して働くことは難しくなります。
クレーム対応など覚悟をしてでも人と接する仕事がしたい、飲食などで学んだ接客のスキルを上げたい、などホテル業界で働くうえで活かせる強みがあるといいでしょう。
スキルを上げやすい環境なので、どんどん成長したい人にはぴったりです。

ホテル業界の志望動機をつくるポイント

志望動機をつくる際には、その業界だからこそ、という理由を考えましょう。
ホテル業界で言えば最高レベルのサービス業であるということを、頭に入れてみてください。

接客、人が好き、もしくはやってみたい気持ちを伝える

なにより大事な志望動機のポイントの一つに、人と関わりたいという気持ちがあることです。
何度も触れてきましたが、ホテル業界はお客さまありきの業界なので、相手の視線で物事を捉えられる姿勢が求められるでしょう。
そうして感謝されたときの喜びなど、人と関わるからこそ学び、得られるものを求めてホテル業界にたどり着くというのは、理にかなった動機になります。
また、仕事をするうえで関わるのは、利用者だけでなく多くのスタッフです。
異なる役割を担ったスタッフとの連携なしに、最高のサービスを提供することはできません。
人と人とのつながりをより円滑なものにし、さらに効率的な仕事ができるようにしたい、というのも理由としては適切でしょう。

活かせるスキルがあればアピールする

接客経験、対人スキルの高さにまつわるエピソードなどがあれば、どんどんアピールしましょう。
ほかに他業種でも活かしてきた性格における強みなど、ホテル業界で磨き上げていきたいポイントがあれば、どのようにして貢献につながるかを伝えましょう。

ホテル業界を特別視する

サービス業でチームワークを活かして働く、という希望は大きな志望動機になりますが、ホテル業界だからこそ、というエピソードも盛り込みましょう。
たとえば、サービス業のなかでも最高レベルなのでスキルを磨くのに最適だった、利用したホテルのスタッフ対応に憧れた、など「数ある中でもホテル業界」を志望した理由をはっきり伝えなくてはなりません。

ホテル業界の志望動機の例文

ポイントがつかめたら、次の例文を参考に志望動機を作ってみましょう。
自分の考え方に最も近いものでイメージをふくらませてみてください。

過去の経験を活かして、サービス業を極めたい

私は3年間、都内の有名レストランでホールスタッフとして働いてきました。
クレーム対応が時に辛いこともありましたが、お客さまが喜んで「ありがとう」などの声をかけてくださった時の幸せな気持ちが、今でも強くサービス業を続けていきたいという思いにつながっています。
ホテル業界はサービス業の頂点と認識していますので、さらなる接客スキルを磨きたいという気持ちから、転職を希望いたしました。

ホテル自体に思い入れがある場合、エピソードを盛り込んで

旅行が好きでホテルに泊まることが多いのですが、いつもきめ細やかな気配りと対応をしてくださるスタッフに憧れ、ホテル業界で働くことを考えはじめました。
とくに、こちらのホテルでは客室の清潔さ、スタッフの親しみある対応によって素晴らしい旅の思い出をつくることができました。
当時対応してくださったスタッフのようになり、同じように気持ちよく利用できる人がひとりでも増えるように貢献したいと思っています。

自分の可能性を求めて他業種からのチャレンジ

ホテル業界、またサービス業での職務経験はございませんが、これまで人と接するスキルを活かして多くの成果をあげてきました。
相手の気持ちに立って考えることにおいては自信があります。
人と関わるうえでの長所をもっと伸ばしていける職場を探していたところ、サービス業界の最高峰であるホテル業界にたどり着きました。
お客さまだけではなく、スタッフ、チームの気持ちをくんで働いていきたいです。

ホテル業界で働く前に覚えておきたい業界用語

業界用語は、その業界をどれほど調べているか知識を問われるポイントともなります。
仕事に関係した重要な内容も多いので、ある程度は踏まえておきましょう。

アイドルタイム

ホテルでは宴会がしばしば行われますが、決してアイドルのショータイムではありません。
朝、昼、夜の食事の間で原価だけが空費する時間帯のこと。

カバナ

リゾートホテルなどでよく使われる用語です。
ビーチやプールに面した客室のことで、直接外に出てリゾートを満喫できる部屋です。

ケータリング

利用したことのある人も多いでしょう。
フードの出前、または部屋などに出張して調理を行うようなサービスを言います。

ラン・オブ・ザ・ハウス

ホテルでは部屋を指定できるのが一般的ではありますが、部屋を指定できないような受付の方法もあります。そうした受付方法のこと。

ホワイエ

公共スペースのことで、宴会場をはじめとした会場についている、参加者が休憩に利用したりします。

まとめ

ホテル業界への転職についてさまざまな面からみてきましたが、働いていくイメージはつかめましたでしょうか?
どの職場にも 良いところだけでなく辛いところはありますが、自分に合った職場であればどんどん成長していくことができるでしょう。
ひと口にホテル業界といってもさまざまなホテル、さらにそのなかでサービス、営業、開発など業種が分かれていますので、もっとも働きやすそうな職場を探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください