【8月26日まで!!】楽天カード8,000ポイント入会特典✨

自己啓発とは?自己啓発のメリット・デメリットや方法を具体例でご紹介

最近よく耳にする「自己啓発」。
ビジネスでスキルアップするためというイメージが強い言葉ですが、自己啓発に関する本を見かけることも多く、どういうことか気になっている人もいるかと思います。
「仕事として特別必要なわけではないけれど…」そんな人にも分かりやすく、自己啓発とはなにか、メリットやデメリットを具体的に説明します。

自己啓発という言葉の意味は?

自己啓発という言葉の意味を調べてみると以下のように書かれています。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。
出展:Wikipedia

仕事に関する知識,技能,経験などを他律的な形式に支配されずに自主的に向上,啓発していくこと。
出展:コトバンク

言葉の意味を踏まえて、自己啓発とは一体どんなことでしょうか。

自己啓発とはなにか?自分を向上させよう

自己啓発とは、自ら自分自身の能力や精神面の向上を目指すことです。
技術や知識をつけたり精神的に成長することで、自分の人間としての魅力が高まり充実した人生を送ることができます。

自己啓発と聞くと「バリバリ働くビジネスマンが読んでいる本」というイメージが強い人もいるかと思います。
それは決して自己啓発がビジネスに必要だからということではなく、思考力を向上させたり心を成長させることもビジネスで成果をあげることに繋がるからです。

技術や知識をつけたり、精神や思考力を高めることで日々の過ごし方や環境に変化が表れます。
仕事だけでなく、自分の生活にとっても自分と接する周りの人にとってもメリットがあります。

自己啓発のメリットとは?良い循環が待っている

「自己啓発」という言葉は仕事のイメージが強く、自分が本当に取り組むべきか迷っている人もいるかもしれません。
自己啓発のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。自己啓発のメリットは例えば以下です。

  • 自分に自信が持てるようになる
  • 人の意見をいろんな視点で考えられるようになる
  • ストレスが減り精神が安定する
  • やる気がでる
  • ポジティブになる

その他メリットは多種多様ですが、一つ成長することで良い循環が始まります。
ポジティブな考え方は仕事の取り組み方や人間関係の築き方にプラスの影響を与え、結果自分が更に過ごしやすくなります。
では、自己啓発の方向性による具体例を考えてみましょう。

精神面に関する自己啓発とは?取り組むとどうなる?

「好きなことから始めてみる」「自分を大切にする」など精神面に関する自己啓発に取り組んだ場合、ストレスが軽減されたりやる気が出るなどがあります。
ストレスが軽減されると仕事や家事がはかどったり、多少のことでイライラすることがなくなります。ストレスが原因で発症する病気もあるため、実際に健康になることもあるでしょう。
自分と関わる人も影響を受けて前向きになったり、楽しい気持ちになるなど、精神面の改善効果は図りしれません
具体的に磨きたい技術がない人は、自分がどんな人でありたいかを考え、精神面から成長してみましょう。

思考力に関する自己啓発とは?取り組むとどうなる?

「鈍感力を鍛える」「成功する人の考え方」など思考力に関する自己啓発に取り組んだ場合、人との関わり方や仕事の取り組み方に変化があるかもしれません。
思考力があがると、今まで気づかなかったことに気づいたり、新たな視点で考えられるようになります。
仕事で企画を思いついたり、効率的に結果を生み出すスキルがついたりします。
また人間関係では、様々な人の気持ちに寄り添えるようになり、多くの人と濃い関係を築けることもあります。
一度観たことのある映画がまた違って見えるなど人生の楽しみが広がるかもしれません。

技術や知識に関する自己啓発とは?取り組むとどうなる?

技術や知識を身につけることで、仕事の幅が広がるだけでなく、自分に自信が持てるようになります
特に資格や免許は第三者にも伝わりやすいためオススメです。得意なことがあるということはとても自信になります。
更に、技術や知識が身につき自分に自信が持てると、仕事で新しい提案をしようと行動力が向上し評価があがることがあります。
また、積極的にコミュニケーションがとれるようになり素敵な出会いに繋がることもあるでしょう。
仕事で評価を得たい、転職先を広げたい、自分に自信を持ちたい、そんな人はスキルアップを目指してみるのがよいでしょう。

自己啓発のデメリットとは?初めて取り組む人が陥りやすい罠

では一方で自己啓発のデメリットはなんでしょうか。
自己啓発が直接デメリットに繋がることはありません。なぜなら自分自身を成長させることは悪いことではないからです。

しかし、「本を読んだから視野が広がった」「セミナーに参加してモチベーションがあがったから自分は変わった」など、自己啓発に取り組んだ気で満足していると「意味がない」と思ってしまう結果に繋がります。
自ら行動しなければ、いくら本を読んでも話を聞いても、結果がついてくることはありません。しっかりと自分の中に吸収し、応用して行動し続けることが大切です。

また、本の内容やセミナー講師が全て正解だと思うことも危険です。
読んだ本によって内容が違って混乱したり、自分のキャラクターとのミスマッチが多く実践できないなどの困難に直面することがあります。
今までの自分に一つ足すイメージで、無理なく取り入れることが大切です。

自己啓発の取り組み方法とは?基本的な手段とは

実際に自己啓発に取り組もうと思ったとき、果たしてどうすれば良いのかと悩む人もいるかもしれません。

自己啓発の方法には以下などがあります。

  • 自己啓発本を読む
  • セミナーに参加する
  • インターネットで調べる
  • SNSで情報を集める

その他にも様々な方法がありますが、大切なのは「自分に合っているかどうか」です。
自分の伸ばしたい分野を自分が吸収しやすい方法で学んでいくことが大切になります。
自分を成長させることは簡単なことではありません。
そのため、合わない方法で嫌々続けても効果はあまりありません。

自己啓発の自分に合った始め方とは

では自分に合った始め方とはどういうことなのでしょうか。

「SNSなら毎日見れる」という人ならまずは自己啓発に関する記事をアップしている人をフォローすることから始めると、自然と目に入るようになり、次のステップへの行動を起こすきっかけができます。

漫画が好きな人は、漫画で読める自己啓発本から始めるとよいでしょう。
活字より読み始めのハードルが低く、初心者にもオススメです。

また、自分の得意なことを更に向上させることから始めるのも効果的です。
苦手なことを延々と続けていても気持ちが億劫になり、自己啓発なんて必要ないと思ってしまいます。
まずは興味のあることを好きな方法で初めてみることが大切です。

改めて考える自己啓発とはなにか

自己啓発は、自ら自分自身の能力や精神面の向上を目指すこと。即ち取り組んだことによる効果や影響は無限大です。
自ら能力を高めたいという意欲を企業が実現させ、企業の成長に繋がるためだとしても、決して自分にメリットがないわけではありません。
「バリバリ働くビジネスマン」だけでなく、自分を変えたい、何か楽しいことを見つけたい、そんな人にも効果的です。
自分自身の能力や精神面を向上させることは、この先の自分の人生がより楽しくなることに繋がります。
興味のあることを好きな方法で、始めてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください